08/12/12 19:31

12月13日・14日の「空志童劇場」について

毎月第2土曜日の午前6時、翌日曜日の午後6時45分からのほっとライン有放の時間には「空志童劇場」をお伝えしています。
この番組は、妙高市文化ホール付の市民劇団・空志童の皆さんが出演する放送劇をお伝えするものです。

12月13日(土)午前6時、14日(日)午後6時45分からのほっとライン有放の時間にお伝えする今回の「空志童劇場」。
落語「扇子と手ぬぐい」でお楽しみいただきます。今回が「空志童劇場」初登場の劇団員の方もいます。どうぞお聞き下さい。

【劇団空志童とは】
妙高市文化ホール付の市民劇団。新井出身の劇作家・清水邦夫さんを迎え、新井文化振興事業団が主催して、平成14年から平成16年まで開催された演劇講座「清水邦夫とあなたが作る演劇学校」の参加者有志によって平成17年3月に発足しました。
毎年11月に開催されている「妙高演劇フェスティバル」では、オリジナルの創作劇を上演しています。今年は、11月22日の妙高演劇フェスティバルで、妙高市をモデルにした架空の街を舞台に、一人の女性の一生を描く「ミョンコルトの街で」を上演しました。

カテゴリ[ 放送日程]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=9678

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません