11/12/28 02:56

高橋亮先生、誕生

多少時期を逃したけれど。

むろん30歳台の調教師さんは何人もいるわけだけど、デビューから騎手としてみている人が調教師になるというのは、ほぼ同年代の自分にとって少なからずショックではある。もうそんなに月日がたったのか、と。
もう10数年たっているんだけれど、自分の中では彼は「レディータイクーン(アイリッシュダンスの妹)をなかなか勝たせきれないアンちゃん」のイメージのままである。同世代の福永・和田・古川吉とかとはなぜか違う。すみません。

そういえば、ダイタクリーヴァ乗り替わり事件の原因となった落馬事故は場外で見ていました。
落ちた高橋亮騎手にテンザンデヘアが接触したパトロールビデオは今でも思い出します。
当時は真っ青になったものでした。

カテゴリ[ 競馬その他]   コメント[0 ]   トラックバック[0]