18/10/13 01:18

鉄の枕 (^_^;)

トラちゃん(=^・^=)
鉄の枕ってそんなに気持ちいい?
ヘンな趣味だねぇ。

トレーナーを脱ぎ捨てておいたら、抱きついて寝ていた。
こういう事は皆さんも経験しておられると思います。
飼い主の事が本当に好きなんだ、と微笑ましい気持ちになりますね (^^♪

 

ついに発見!何年ぶりかのベニテングタケです。
いや、何十年ぶりかも。
うちのすぐ隣の空き地に出ていました。
庭に生えてくれると嬉しいんですが。
観賞用には良いですね。

森の小人とベニテングタケ。
童話の挿絵などに使われていますね。
西洋では毒キノコなのに皆に愛され、縁起が良いとされているそうです。

食用のタマゴタケに似ていますが、タマゴタケは夏のキノコ。今はもうありません。
ベニテングタケは傘に白いポツポツがあって、柄は白いです。タマゴタケの柄は黄色でだんだら模様があります。
どちらかと言うとタマゴタケのほうが外観は毒々しいです。

隣に小さい可愛いのも顔を出していました。
卵のように見えるのはタマゴタケだけではなく、ベニテングタケも同じです。

折れた白樺の幹から生えたキノコ。
去年も同じ場所に生えました。去年は知らなかったので警戒して食べませんでしたが、その後これは食用のヌメリスギタケモドキとわかりました。
去年はもっと大きいのがたくさん出たんですが、今年は小さくて残念(-_-;)

左は去年の写真です。数日前には見事だったんですが、この時はもう腐ってしまっていました。

間違いやすい毒キノコがないので安心です。
別名キナメコ。
ナメコに似ていますが、より美味しいと思います。
シンプルに醤油だけで食べました。
とても結構なお味でした。
またひとつ食用キノコを覚えました。

 

妻の畑でミニトマトがたくさんできたので、トマトソースを作って、ナポリタン(??)
を作ってみました。
ナポリタンには市販のケチャップを使うのですが、あれは甘くて美味しくないです。
でもそれがナポリタンの味なのですよね。

ですが、今回は辛目の味にしました。
ナポリタンにソーセージとピーマンは必須。
ブラウンマッシュルームも。
青いピーマンは家でできた物、赤いパプリカは買った物です。
パプリカから甘味と旨味が出ました。イタリアンパセリを散らしました。
アサリも入れて、コンソメスープを入れたのでとても美味しくなりました。
食欲無限大になってしまいます。いくらでも食べられます(*^o^*)/

しかし、いくら食べても体重が増えず。
減る一方で心配になったので、3ヵ月前から筋トレを始めました。
そしたら確実に効果が表れ、少しずつ体重が増えて理想の体型になってきました。
運動不足だったのですね。運動って大切なんだと実感しました。
その話は今度またいつか。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

18/10/08 00:20

村の駅 つくし食堂

家の西の窓から見た景色です。
紅葉が進んできました。
真っ赤なのはヌルデです。ウルシに似ていますが毒はなく、実(灰色で固い)は食べられます。塩分があると言われており、食べると塩辛いのが不思議です。
冬にはシジュウカラ科の小鳥が喜んで食べています。

リンドウが咲いています。
右上の所にUPしてある写真は、夏の終わりに咲いた別種のリンドウ(園芸種?)ですが、こちらが本命です。
光線の加減で、写真の撮り方で色が違って見えます。

本当に天然の、山に自生しているリンドウです。
リンドウは長野県の県花ですが、平地では見られません。標高1000m以上の高原に咲きます。
晩秋から初冬に霜が降りるまで、昼に開花し夜には閉じてを繰り返しながら長期間咲き続けます。
宿根草なので一度植えると同じ場所に何年でも咲きます。
細かい種がこぼれて自然に増えますが、発芽して花を付けるまで年数がかかります。
大切に保護しているので、この10年で庭にずいぶん増えました。

ズミです。別名コリンゴ。
森にたくさん自生しています。今年は良質の物が大豊作です。
リンゴの原種のような物でよく似た味ですが、とても酸っぱくて種が80%、食べられた物ではありません。
ホワイトリカーに漬け込むと、風味豊かで美味しい果実酒ができます。漬けると甘味が出てくるのが不思議です。

この前のウワミズザクラとは違い、低い所にあるので簡単に採れます。
たくさん収穫しました。
トラちゃんも「珍しい物が来たな」興味を示しました。
寝ているように見えますが、実は鳥に盗まれないように監視しているのですよ(笑)
忠実な相棒です^^¥

 

究極のうどんに出会いました!
「おぶっこ(ぶっこみうどん)」が名物の旧中条村、
いわゆる”オリンピック道路”沿いにある小さな食堂。
”村の駅つくし”可愛い名前ですね。
通称「つくし食堂」
地元の人の話では、ここが一番美味しいとのこと。

親子ぐらいの年齢差の女性2人でやってます。
おばあちゃんがお料理をして、中年の女性がウエイトレスです。
「村の駅」という名前は「道の駅」を意識しているのかな。中条道の駅とは同じ道沿いで1kmぐらいで近いのです。
ライバル同士というのではなく、互いに協力してやっているような感じですが、よくわかりません。

道の駅には「つくしブランド」の商品も売られていたと思うし、別棟の野菜直売所がこのグループの経営らしいです。道の駅の中にも野菜直売コーナーがあるのですが。
競争原理で品質向上、そういう事なのかも。

驚いたのは注文を受けてからうどんを打つ、本物の手打ちだったこと。
ガラス張りになっていて外から見えるんですよ。
おばあちゃん、うどん打ちは力仕事なのに頑張ります。
この地区では昔から「嫁はうどんが打てて一人前」
と言われているそうです。
おばあちゃん、そうやって修行を積んだのでしょう。

待ち時間が少々長いですが、味は他とは全然違いました。工場で作るうどんと違って新鮮だからでしょうね。保存のための添加物も入っていませんし。

いろいろ食べ歩いたけれど、こんなに旨いうどんは初めてです。「新鮮なお刺身のようなうどん」と言う表現が良いと思いました。
これなら讃岐うどんとも勝負できます。
コシが強くてアゴの筋肉が疲れました。アゴが発達して顔が四角くなってしまいそうだ(笑)

スープは田舎風の味噌汁そのものです。
味噌汁にうどんを入れた物が「おぶっこ」なのですね。
かぼちゃ・大根・キャベツ・人参・キノコ
野菜がたくさん入っていて、とても良いダシが出ています。キャベツが入っているのはユニークです。これが美味しさの秘訣かも。
油揚げが入ってるのできつねうどんですね。

右下の小皿の唐辛子味噌とネギを薬味にします。
こんな豪華な美味しいうどんは初めてです!!
肉や魚介類を使わずに豪華にしているのが凄いです。
材料費は安いと思いますが、人件費(手間と工夫)がかかっています。
料理って奥が深いなぁ、と思いました。

右上の小鉢は良いサービスですね。
菜の胡麻和え、きゅうりの漬物、中華風野菜炒めです。豚肉抜きの酢豚という味でした。
とても良い味付けで、美味しかったです。
肉や魚はまったく使われていないので、完璧な精進料理ですね。

これ、600円でした。
量が多くて満腹になりました。体が温まって汗びっしょり!
手間がかかっているので、人件費も考えるとほとんど儲けなしだと思います。
もし街中の食堂ならば800円でも行列ができると思います。

壁に貼られたメニューを見ると「おとうじ」というのがあるので「これ何ですか?」
聞いてみたら、醤油味の細いうどんだそうです。
ワッフルやコーヒーもあるのは良いですね。
カレーも食べてみたい。

手作りパンも1個100円で売られていました。
クルミとドライフルーツが入った丸いパン。これも素晴らしく美味しかった。残念!写真撮るの忘れました。

おやきが売り切れなのは残念でした。人気があるので早々と売り切れてしまうようです。

この地区は小麦粉で作る料理「粉物文化」が昔から盛んなので、小麦粉の旨味を生かすワザを良く知っているのでしょうね。
ここでは米は必ずしも主食ではないのです。
これは江戸時代以前からの、何百年もの伝統文化なんだと思います。
縄文時代の遺跡からも、似たような郷土料理の痕跡が発見されているそうです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/10/03 01:07

秋の美味しい物(^O^)/

食欲の秋と言いますが、私の場合は年じゅうです(笑)
秋も深まり、美味しい物がたくさん出回るようになりましたね。

野菜直売所へ行ったら大きなキャベツが100円!!
直径22cmありました。
巨大パプリカも買ったので、庭で収穫したクリタケも入れてキャベツたっぷりのソース焼きそばを作りました。タマネギ・人参・辛子マヨネーズ、最高に美味しかった(^◇^)
パプリカはナポリタンを作りたくて買いました。(ピーマンでも良かったんですけどね)昭和の喫茶店の懐かしい味を自宅で作ろうという計画です。
チキンライスやオムライスも食べたいですねぇ。

リンゴは津軽です。津軽は早生品種で保存がきかないので、これで食べ納めです。
売れ残りなので100円値引き、3個で200円でした。期待以上に新鮮で美味しかった。

さてさて、キノコ狩りにいざ出陣^^¥
と思いきや、自宅の庭でスバラシイ物を発見!w(*゚o゚*)w
白樺の切り株からクリタケが大量に出ています!!
雨上がりなのでピカピカに光っています。
去年はここには無かったので、今年初です。
驚きました。
来年も同じ場所に出ると思います。

上質な物がこんなに採れました。
虫食いがなくて綺麗です。

サッと茹でこぼして保存しておけば、どんな料理にも使えます。
上質なキノコなので、シンプルに醤油を付けて食べるとか、大根おろしで食べると美味。

近所に毎年クリタケが出る場所があるので行ってみました。
すごい!こんなにたくさん(@_@;)
全部採るような事はしません。大きく育った物だけ採って来ましたが食べきれないので保存用にしました。

別の場所へ行ったら巨大クリタケ?
こんなのは初めて見ました。
2倍ぐらいの大きさですが、特徴はクリタケと同じ。
まあ、危険をおかして食べることもないだろうと、これは撮影のみ。

右はクリフウセンタケ。シメジに匹敵する上等なキノコです。
クリタケとは違って土から生えます。

虫食いのない汚れの少ない物だけを選んで収穫しました。
左からショウゲンジ・ヤマイグチ・ハナイグチ・クリフウセンタケです。

全部一緒に茹でこぼしてアクを取り、味噌汁にしました。種類の違うキノコの味比べができて楽しいです。
ショウゲンジも正露丸のような味はあまり感じませんでした(笑)キノコがまだ若かったのと、味噌味でカモフラージュされたのでしょうね。

茄子を入れると毒キノコの毒消しになるという話がありますが、これは完全に迷信です。
ですが、茄子と一緒だと美味しいんですよね。
味噌汁は地味な料理ですが、美味しい味噌汁は一番のご馳走かもしれません。
アイデア次第でいろんなのができて、豚汁など具だくさんの味噌汁も良いですが、シンプルなのが美味しいですよね。

老夫婦がやってる古い食堂があって、昭和にタイムスリップした雰囲気なので入ってみました。(これは数年前の事です)
食品サンプルが昭和レトロですよね。これは希少価値!!
豪華なパフェが目を引きますが、一番下にあるお子様ランチが泣かせます.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。
大人が注文しちゃ、いけないんでしょうか?

さらに驚いたのは「みそ汁定食」
味噌汁が主役の定食なんて、他では見たことがありません。
東京にいた頃、大きな丼に入った具だくさんの味噌汁が名物の定食屋がありました。

そういうのを期待して注文したんですが、
単なる「目玉焼き定食」でした。
味噌汁には具が入ってない!?
ちょっと期待はずれでした。

 

先日の台風は直撃でした。
飛来物で窓ガラスが割れるといけないので、板戸を締めました。
朝になって板戸を半分外して、外の様子を見ます。
いろんな物が吹き飛ばされて散乱していましたが、倒木はなく被害はありませんでした。

トラちゃんの横すわりです。
やっぱり女の子ですね。
前半分は模範的なスフィンクスですが、後ろ半分は人魚姫です(笑)

とても珍しい美しい蝶を見ました。生まれて初めて見ました!
平地のほうです。
調べてみたらウラギンシジミ。
暖地性の蝶だそうなので、気候温暖化で進出して来たのでしょう。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/09/28 01:28

スズメバチの駆除

ハチのムサシは死んだのさ♪
この歌を知ってる人は同世代です。中学生の頃流行ってましたが、意味のわからない歌でした (^_^;)

今回はちょっとグロテスクな画像があるので、そういうのが苦手な人はスルーしてください。
小さいサイズにして一番下の方に回しました。
怖いもの見たさで興味のある人はジックリと見てくださいな(汗)

とりあえず、軽い話題から行きます。

クーラーバッグを干していたら、
トラちゃんが入ってしまいました(≧m≦)ぷぷ

 

庭に咲いているウメバチソウと小菊(ノコンギク)です。

食欲の秋!
妻の友人がコンビニ経営者なので、お土産に持って来てくれました。こんなすごいのがあるとは知りませんでした(@_@;)
「1日1食までにして下さい。カロリー摂取基準を上回る恐れがあります」だそうですΣ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
フタを開けてみると、4人前ぐらいの量です!!
夕食に1人で全部食べてしまいました。食欲は絶好調です^^¥
野菜が足りないので追加しました。
とても美味しかったのですが、さすがに最後のほう飽きて来ましたが、時間をかけたら完食できました。
皆さんは真似しないようにしてください(^_^;)
私は最近痩せてしまったので、遠慮なく食べて1日おきに筋トレ(スクワット)をやっています。体調が良くなり2ヵ月目で少し体重が増えました。

ちなみに、トラちゃんも食欲絶好調です。
今まで1週間で食べていたカリカリ1袋を5日で食べてしまいます。
ですが体重は増えません。年のせいかな?

 

庭の畑、ジャガイモを収穫した後に美味しそうなキノコがたくさん生えて来ましたw(*゚o゚*)w
左の栗のようなのはキノコの子供です。他にもたくさん生えています。
引き抜いてみたら根がこんなに長い!
図鑑を見たらツエタケというのがあって、根がすごく長いのですが、これとは色も形も違う。
他にもナガエノスギタケが似ていますが、やはり色が違う。どちらも食用だし似たような毒キノコはありませんが、食べないことにしました。
保健所へ持ち込めば無料で鑑定してもらえますが、今年はキノコが大豊作なので混み合っていることでしょう。

珍しいツバアブラシメジ。傘のぬめりがすごいのが特徴です。シメジとは名ばかりで、実はフウセンタケ科。
20年以上前には同じ場所にたくさん生えたが、なぜか今は希少価値。
クセがなくて美味しい。何の味もしないと言ったら言い過ぎですが、そんな感じです。
クセが強い野生キノコの中では珍しいです。
食感は抜群に良いです。
地元のキノコ名人の話では、これはこの土地で採れるキノコでは最上級だそうです。
今年は1本だけですが、食べることができて幸運でした。茹でてシンプルに醤油だけで食べました。
今回のは小さかったですが、昔は大きいのがボコボコ出たんですが、知らないキノコだったので捨ててしまいました。残念!
いやぁ、キノコって本当に奥が深くて面白いですね♪


さて、本題のスズメバチです。
幸い今年は近くに巣はありません。蜂の数は少ないです。ですが、一応「蜂取り器」を仕掛けてみました。

ペットボトルで作ります。上に蜂の入り口があり、中に甘い酒を入れておきます。
雨水が入らないように上に屋根を付けました。

中で旨い酒を飲んでいるうちに、酒の海で溺れてしまうのですよ(笑)
入り口の大きさが重要です。大きすぎると逃げてしまうし希少な蝶まで入ってしまいます。15mm角が良いです。
甘い酒は日本酒に砂糖を溶かして、酢も少々入れます。

仕掛けても最初のうち蜂は入りませんでした。ハエのような小さな虫が入り、液体が腐って臭いを発してきたら蜂が入り始めました。1ヵ月ぐらいかかりました。
蜂が入り始めたら次々と仲間がやって来てドンドン入りました。

2日でこんなにたくさん!中がいっぱいになってしまうので、2日ごとに取り出して酒を補充します。
まだ生きていて刺されると大変なので緊張します。蜂は夜間は活動しません。一晩置いて早朝なら大丈夫です。

もちろん素手では触りません。死んでいても刺されることがあるそうです。
巣はどこにあるのか?遠くから来るのかもしれません。

たまに入り口の穴から逃げ出す者がいます。
そして巣に帰って「あそこに旨い酒があるぞ」と仲間に教えるのかもしれません。
ミツバチの場合は「8の字ダンス」で餌の方角を仲間に教えるそうです。
しかし蜂は頭が悪いので危険なワナとはわからずに、再びやって来ます。

しかも蜂というものは、仲間が危機に瀕して苦しんでいると集まって来る習性があるそうです。
だから、蜂を中途半端にいじめてはいけないのです。
一発でしとめて、すぐにその場を立ち去らないと、とくに巣の近くでは仲間が集まって来て集団攻撃を受けます。
ワナを仕掛けるときは、この習性を利用します。

ワナにかかったのはほとんどがキイロスズメバチですが、1匹だけオオスズメバチがいました Σ( ̄□ ̄;)
4cm以上あります。これは働き蜂なので女王蜂はもっと大きいです。何度も捕まえたことがありますよ!セミと同じぐらいの大きさで世界最大の蜂だそうです。
体が重いので低空をゆっくりと、ブーンと迫力の低音で飛びます。「来たな!」音でわかります。

女王蜂がかかると良いのですが、働き蜂ばかりです。
働き蜂は冬を越せずに全員死に絶えてしまうので、駆除してもあまり意味がありません。巣は1年限りで、同じ巣にはもう来ません。
女王蜂だけが越冬して来春に巣を作ります。
ですから蜂の駆除は、春に出て来た女王蜂を捕殺すれば効果絶大なのです。
しかし、春に蜂取り器を仕掛けても蜂は全然入りませんでした。

それで、スキを狙ってハエ叩きで叩いたり、虫捕り網で1匹ずつ捕まえて駆除しました。危険がともなうので冷や汗ですが、慣れて上手になってきました (・_・;)  
今年の春は14匹捕まえました。蜂が少ないのはその効果と思います。

ビールの空き缶にも入りました(°◇°;)
入るのを目撃したので入り口を布でふさぎ、足で踏み潰しました。
恐る恐る缶を切り開いてみたら、中でお陀仏になっていました。逆襲されなくて良かったです。
屋外で缶ビールや甘いジュースを飲むときはフタをしないと危ないです。ハンカチをかける程度で防げます。
中に蜂がいるのに知らずに飲んで、口の中を刺された人がいるそうです。

しかし蜂は必ずしも害虫ではなく、益虫でもあります。
蜂は芋虫などの害虫を食べてくれます。だから蜂を駆除してしまうと畑や木々に害虫が増えてしまいます。
ですが人間が蜂に刺されると大変なので、駆除します。
生態系って複雑で、一筋縄では行きませんね。

これから蜂が活発になる季節です。皆さん気をつけてください。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

18/09/23 00:22

ひょうたん島(=^・^=)

秋深し
ひょうたん島
タオルケットの海で眠りにつく .+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。

 

美しいブルー系のタテハチョウの撮影に成功!
ルリタテハです。この前の孔雀蝶よりも珍しい。
タテハチョウの仲間は成虫のまま冬越しをして、来春に子孫を残します。
雪深い土地では薪置き場などに隠れています。

 

ウワミズザクラが実って収穫しました。これはかなりの老木でした。
家の庭にも小さい木が2本ありますが、実が収穫できるまでにはかなり年数がかかるようです。
黒光りしたピカピカの実は美しいですね!

サクラという名には似合わない、春にはこのような花穂を咲かせます。
これも天ぷらや塩漬けなどで食べられますが、何と言っても秋に実った赤黒い実が美味しいのです。

ホワイトリカーに漬け込んで果実酒を作ると素晴らしく香り高く、色鮮やかです。
漬けて3日でこんな綺麗な色になりましたが、3ヵ月以上熟成させると完成です。2年熟成だとさらに美味しい。
しかし、この実は高い所にあるので収穫は高枝切りハサミを使って上を見上げて大変な作業になります。
低い所にはなかなかありません。

今年はキノコが大豊作(^◇^)
これはショウゲンジです。飯田市にある正源寺の和尚さんが村人に広めたのが由来だとか。
見た目が良く食感が良いですが、味はイマイチ。それで、味がわからないようにゴマ油で味噌炒めにしてみたら結構美味しく食べられました。
まるで正露丸のようだった悪臭や苦味が消えて、キノコ独特の旨味が出ました。
野生のキノコは、なかなか難しいです。
一般の方々には、スーパーで売られている栽培物のほうが良質でずっと美味しいと思います。

今後は秋本番で、美味しいクリタケやシメジ類が期待できます。
しかし、もうキノコは多すぎて飽きてきました(^_^;)

 

心機一転、パソコンが新しくなりました^^¥
容量は160GBですが、私の場合は10年前からの画像ファイルなどなど全部保存されていて、それでもまだ半分は空いているので余裕です。

いや、新しくなったのは中身のソフトウェアだけなんですが、パソコンを買い替えたのと同じ効果です。これで2年後まで安泰です。
今年の4月に出た最新版「Lubuntu18.04」をインストールしました。
もう少しサポート期限が長いと嬉しいのですが。
前の情報はすべて消去されてしまうので、メールや画像・文書ファイルなどなど個人データの引っ越しが面倒でした。
そのまま「アップグレード」もできるようですが、その方法だとシステムトラブルまで引き継がれてしまう心配があります。
全部消去してインストール(クリーンインストール)すれば新品のように好調なパソコンに生まれ変わります。

私が使っているのはLinux系のLubuntuというマイナーなOSなんですが、UbuntuというメジャーなOSならサポート期限は5年間です。
しかしUbuntuは重いので新しい高性能なパソコンに買い換えないと動きません。使い方もWindows10に似ているらしいので慣れるのが大変です。
Lubuntuの場合はWindowsXP世代のパソコンでもまだ実用になります。すごい省マネー効果です。

旧版と使い方がほとんど変わらないのも安心です。前と95%同じでした。動きは前より軽く鋭敏になったような気がします。
壁紙は銀河の星のようなデザインに変わりました。

気になったのは字体(フォント)が変わった事です。前のほうが良かった。

上が旧版、下が新版。
字体は使っているソフトウェアの違いによって微妙に変わるんですよね。
だから私がこちらで見ている字体と、皆さんがそちらで見ている字体は違うかもしれません。
たとえばFC2ブログでもサイトによって違います。
好みのフォントをインストールして字体を変える事もできますが、面倒なのでこれに慣れる事にします。

私の場合WindowsはMeが最後で、その後のXPは少ししか使ったことがなく、Vista以降は触れたことさえありません。
今使っているLubuntuは慣れ親しんだWindowsMeとほとんど同じ使い方で行けます。

11年前にLinux系に乗り換えたときはFedora7というアメリカの会社の物で入門し、これは意外にもトントン拍子で順調にでき、なによりネット接続の設定が簡単で、自力で一発で成功したのは幸運でした。
Windowsのときは難しくて大苦戦だったのでした。Meはなんとかできましたが、XPはネット接続が結局できずに諦めました。今はWindowsも改良されて簡単になったのでしょうね。
Fedora7はとっても使いやすく安定性に優れていたので、フリーズに悩まされたWindowsMeとは別世界!
これは記念に残しておくべきでしたが、消してしまいました。残念!
これを消して何を入れたかと言うと、イギリスの会社のUbuntu8.04(2008年4月リリースという意味)でした。これまた最高に優れたOSで今でも使える状態に保っています。これが何と無料なんですから信じがたい事です。

この鳥は不死鳥のように見えます。
WindowsMeだったノートPCにインストールしてあります。もちろんWindowsMeは消去してしまいました。
18年も前のPCですが故障もなく、ちゃんと使えます。しかしUbuntu8.04もサポート期限がとっくに切れているので、セキュリティの問題でネットには繋げません。

パソコンがどんどん高性能化してソフトウェアも新しくなるのは、便利な機能の獲得というよりも、セキュリティの問題への対処なんですよね。
ネット犯罪が増える一方ですから。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]