17/06/25 11:52

季節の話題いろいろ

今朝地震がありましたが、ガタガタと細かく揺れただけで大した事ありませんでした。震源地は遠いです。

前回の記事を書いた翌日に雨が降り
モリアオガエルが産卵しました(*^o^*)/
やっぱり雨が降るのを待ってたんですね。

でも、その後またカラカラ天気。
カマキリの卵のように表面が乾いてしまいました。
でも中までは乾燥しないので大丈夫だと思います。
今朝また雨が降ってくれました。
やがて中でオタマジャクシが生まれると、ポトリポトリと下の池に落ちて泳ぎ出します。
そういう珍しいカエルなのです。
ちゃんと下に水がある、一番良い場所を選んで卵を産み付けるのですから大したものです!

産卵が終わったら、親ガエルは忽然と姿を消してしまいました。
森の奥深くへ帰って行ったのでしょう。

 

トラちゃんは玄関横で涼んでいます。
午後はこの場所が一番快適。
夕方になると、北のほう1900mの山頂から冷たい風が下りて来るんです。

鉄を枕に(^_^;)
冷たいので気持ちが良いのでしょう。
シマシマあんよはアメショーみたい。
高貴な血統なのですね(笑)

 

庭のアヤメが咲きました。
とてもおめでたい事です。
植えてから5年以上咲きませんでした。日本古来の品種は弱いです。

前回のアヤメは別の場所のです。
山の気候はちょっとの移動でも変わります。
同じ地区内でも私の家が花が一番遅く咲きます。雪の量も一番多いです。
それだけ気候に恵まれていない最悪の場所なのでしょう。
年中ジメジメと湿気が多いです。
今年はサクラソウの類は結局咲かずじまいでした。
葉っぱだけは出ていますが。

真っ赤で美しいウグイスカグラ。小さな実です。
これは甘くて美味しい(^^♪
野山で採れる果実では一番美味しいかもしれません。
道端に小さな木が1本だけあります。
毎年5〜6粒しかなりません。
春先に咲く可憐な花もお見せしかたったんですが、今年は撮りそびれてしまいました。


この前ここでご紹介した自作の天体望遠鏡は左側のですが、
今度は右側手前のを作りました。
望遠鏡の製作はライフワークです。
次々と改良し、良い物が生まれます。

今度のは口径は少し小さい112mmですが、性能はこれまで作った中で最高!
天体は長年見ていますが、この望遠鏡は何もかも驚くほど良く見えて新鮮な感動!!
重さは5.2kgしかなくて、とても軽快に持ち運んで使えます。
(普通は10kgぐらいあります)
しかもガタがなく頑丈で振動が少ない。
こんな物はどこにも売られていません。
安定を良くするために三脚は短く、見るときは手前の角材を椅子として使用します。
楽な姿勢で、とても快適に落ち着いて観測することができます。

私の場合は彗星観測が目的ですが、それに適した望遠鏡は売られていないので、自作しなければなりません。
小学生の頃から自作していますが、実用になる物が作れるようになったのはつい最近です。
それまでは壊すのが専門でした(苦笑)

最初に作った物は、組み立てたら
「ギギー」という音とともに傾いて、倒れてしまいました(笑)
いつも材木をノコギリで切って、キリで穴を開けたりしていたので、
父に「お前、大工になるのか?」
と言われました。
今は木材ではなく金属加工です。
でも三脚だけはレトロな味を大切にしたいので木で作ります。
全部自作ではなく、中古パーツを寄せ集めて改造した物です。最近は中古品が格安で入手できるので助かります。

「石の上にも3年」とか言われますが、
それは親方について修行した場合の話で、我流で趣味でやっている場合には3年では全然ダメで、ン十年もかかりました。
私は元々不器用でしたし。
不器用でも訓練すれば器用になりますね〜

昔は新彗星を発見するのが夢でしたが、今は素人にはほとんど無理なので、60年代のスタイルを真似てご気楽な懐古趣味で楽しんでいます。
本当はもっと専門的な観測をしてデータを学会に報告したいのですが、それは機材にかけるお金と観測の労力が大変なので諦めています。
将来に向け淡い希望は持っていますが。

星の写真は手間がかかって面倒なので、スケッチです。
これは乱雑に見えますが、概略図です。
スケッチとは言っても美術ではなく科学なので、星の明るさと位置を正確に記録して、彗星の移動の様子を知るのが目的です。
このジョンソン彗星は今地球に接近していますが、3月初旬の暗くかすかだった頃から追跡し、何十枚もスケッチしています。
これが60年代のスタイル。小学生の頃から憧れていましたが、今頃になって環境に恵まれてようやく夢が叶いました。
今年は晴天が多くて嬉しいです。数年前ですが、半年間一度も晴れなかった事がありました。

写真は一枚だけ撮りました。
実際に上の望遠鏡で見たのに近い感じに撮れました。
撮影に望遠鏡は使いません。カメラのレンズですから拡大率はうんと低いです。
これ一枚撮るのに、機材の準備やら調整やら、2時間もかかりました。
6月14日22時48分撮影。340mmF5.2レンズ、中央部のみ大幅トリミングで拡大。右側が西。

今回は雑多なまとまりのない内容になってしまいました。
最後まで見てくださって、ありがとうございました。

カテゴリ[ 天体]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

地震・・そちらは被害がないとのこと
まずは・・・良かったです

日本中、どこでも地震はおきますからねぇ〜
大きな被害になることが恐ろしいです。

季節の花は・・・とても素敵!!

トラちゃん、指定席
気持ちよさそうね(*^▽^*)
投稿者: 由桜   17/06/25 14:06
地震の被害がなかったとのことで良かったです。
トラちゃん、ビックリしてませんでしたか?

ロッドさんは器用で多趣味なんですね〜。
私は丁寧な仕事がニガテなので、尊敬します!
投稿者: しーな   17/06/25 15:16
今朝に続き先ほどまた揺れました。
大きな音がして驚きましたが
何かが倒れるほどでもなくほっとしました。
ロッドさんのお住いのほうが揺れは少なかったかな?

天体観測、これで素人なんて驚きです。
ただの趣味で終わらせるなんてもったいないです。
貴重な資料なのではないですか?
投稿者: NEccoSun   17/06/25 15:38
由桜様
コメントありがとうございます。
このところ地震が少なくて静かな期間が続きましたが・・・
いきなり来ました (°◇°;)
緊急地震速報は、ちょっと大げさで、恐怖を煽るだけのように感じました。
地震そのものよりも、あの音のほうが怖いです(笑)

私はここに来て初めて季節の花に興味が出てきたんですよ〜♪
ここには人工的な物はほとんどなくて、自然が豊かなので身の回りの花など今まで気が付かなかった事ばかりです。
トラちゃんも喜んでいますよ〜(=^・^=)
窓の外に野生動物(キツネ・タヌキ・熊?など)が見えると「ワオ〜♪」と吠えます(爆)
四足動物はみんなお友達だと思っているのでしょうか?(汗)

最近はサービス過剰気味で、よくお外で遊ばせているので調子に乗っています(笑)
玄関のドアをガリガリやって外に出して〜!!
と鳴きます。
外に出すと、すぐに飽きてしまって今度はお家に入りたいとドアをガリガリ。
いちいち付き合っていると大変です(^_^;)
投稿者: ロッド   17/06/25 18:35
しーな様
コメントありがとうございます。
地震は要警戒ですね!! ほんとに、いつどこに来るかわかりません。
でも地震はもう慣れっこになってしまいました。
トラちゃんも平気です。
震度6以上になると、さすがに恐怖ですが。
首都圏は最近は静かですが、エネルギーがたまっているかもしれないので、気をつけてくださいね〜

私の場合は昔は丁寧な仕事、根気仕事が苦手でしたが、次第に性格が変わってきたようです。
今は楽しくてしょうがないんですよ〜(笑)
今も外で古い桐のタンスを、サンドペーパーで研磨していたところでした。
しーなさん、ご謙遜されてますが、お料理がとても丁寧な仕事で素晴らしいと思います!!
バイクのメンテナンスも。
投稿者: ロッド   17/06/25 18:35
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
そちらは震源に近かったので、かなり揺れたでしょう。
その後しつこい余震が来ていますが、このまま収束して欲しいものです。
でも熊本地震のように、さらに大きいのが来る事もあるので油断できません!

前回も天文の話題に嬉しいコメントをいただいたのを思い出しています。
ありがとうございます。

天文趣味、最近は高度化していて私など全然追いつけません。それだけに、向上心をかきたてる魅力的な分野です。
本式には大きな望遠鏡で写真を撮って、そこから彗星の位置を精密に測定して、学会に報告するのです。
専門家はそれらを元にして正確な軌道を求めて、地球にぶつからないかどうか!?調べるわけです(汗)
毎月何十という測定値を報告している人がアマチュアですが国内に何人もいます。
この分野、日本はアマチュアが世界的な貢献をしています。
素晴らしい事だと思って、尊敬しています。

ですが、一方では月や木星・土星など眺めて楽しむだけの人のほうがずっと多いです。
望遠鏡の性能を競っているだけの人も多いです。
都会に住んでいれば暗い星が見えないので、やむを得ないですが私の場合は地の利を生かして暗いかすかな星を観測したいと思います。貴重な資料になるよう、頑張ります。
他の人たちがあまり見ていない星ですから、娯楽として考えてもワクワク感があって楽しいですよ〜♪
今回は本当に楽しい経験をしています。
何十年もやっていますが、とても新鮮な感動です!
自作の望遠鏡もドンドンと進化しますしね^^¥

ですが、今の時代ネットが普及したおかげで、新彗星が発見されるとアッという間に情報が世界中に流れてしまうので、もし未知の星を発見した場合には、分刻みでの行動が必要です。
即座に精密な位置を測定して国立天文台に報告しなければなりません。
私にはとても無理!
投稿者: ロッド   17/06/25 18:36
望遠鏡まで手作りとは凄いですね。
それも小学生の頃からとお聞きしてびっくりです。
その頃からの夢をかなえるなんて、素晴らしいじゃないですか〜。
星のことは全くわかりませんが、最後の写真、きれいに撮れてますね^^

トラちゃん、今日の写真も気持ちよさそう。
添い寝したいです〜^^

地震があったんですね。
何度も余震が続いたようですが、今は落ち着いたんでしょうか?
このまま収束しますように。
投稿者: pil   17/06/26 06:16
pil様
コメントありがとうございます。
小学生の頃はお金がなくて望遠鏡が買えなかったので、自作を始めましたが、今は中古品が格安で買える良い時代になりました。
あの頃からすれば夢のような時代です。
ですが欠陥商品が多いですし、目的に合った物がないので大幅に改造することになります。
望遠鏡はとてもシンプルな機械で、基本的には2枚のレンズだけなので小学生でも簡単に作れます。
ですが本当に高性能で実用性が高い物を、となると、なかなか大変で奥が深いです。

写真お褒めいただき嬉しいです。
これは小彗星なので面白くない単なる記録写真ですが、もっと見栄えのする美しい写真もたくさんあります。
今度チャンスがあればお見せしたいと思います。
でも、このような地味な記録写真が一番価値あるんですよ。

トラちゃん、とても人懐っこくて添い寝OKです(^^♪
今は私の膝の上に乗って甘えています。

地震はケガ人2名だけで、大した事ありませんでした。
ですが、余震がしつこく続いていて50回ぐらいになっています。
投稿者: ロッド   17/06/26 10:36
地震、そちら揺れて・・・
でも、たいしたことなかったようでよかったにゃ。
日本はどこが揺れてもおかしくないものね・・・
しっかりみんなで準備して乗り切れるといいなぁ・・・

望遠鏡、キリで!@@!
小学生の頃からなんてすごいのにゃあ!
道具も意味がわかって使うのと、何も分からずに使うのと違うよね・・・
ロッドおにいちゃんすごいのにゃあ!

モリアオガエルさんのちびっこたち、みんにゃ孵って多くの子が育ちますように。
適度なおしめりありますように。
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。
このところ静かだったので、地震は久しぶりでした。
前日に予兆となる小さな地震が起きていましたね。
揺れが細かくて、時間が短かったので、内陸性の小さな地震だな、とわかりました。
しかし、能登半島のほうで震度4というのは不思議です。プレートが動いたのでしょうか?

望遠鏡作りで一番難しいのが、カメラ三脚で言う「雲台」上下左右に回転させる部分です。
木の板にキリで穴を開けて、太い釘とかボルトを入れて回転するように作るんですが、キリでは大きな穴は開けられないので、焼け火箸を押し当てて焼いて穴を開けたりしました。
手回し式のドリルを買ったときには嬉しかったです。

筒は紙を丸めて作ろうとしましたが、うまくできず、
缶詰の空き缶をボンドでつなぎ合わせたのも失敗。
結局塩ビパイプが簡単でした。
大きい望遠鏡は木の板で四角い筒を作りました。

去年はモリアオガエルのちびっ子、発育が遅くて秋になり、すぐに冬眠の季節になってしまいました。
過密状態だったので、別の水槽に移して金魚のエサをやったのがいけませんでした。
今年は何もせず放置しようと思います。
投稿者: ロッド   17/06/27 00:03
森の奥深くに住んでいるのに、産卵は池の上の木。
不思議ですよね。
オタマジャクシがぽとりぽとりと池に落ちて行くさまが見られるとイイですね。
天体望遠鏡を手作りされるなんて驚愕です〜〜。
双眼鏡さえ使いこなすことも出来ない私には、ただただ驚きばかりですよ。
自分で作った双眼鏡で見る星たちは、きっと格別に美しいのでしょうね。
トラちゃんは爆睡?
とっても気持ちが良さそうですね〜。
投稿者: なっつばー   17/06/27 23:30
なっつばー様
コメントありがとうございます。
去年初めてうちで産卵したんですが、3箇所に産んでしまって過密状態で大変でした。
今年は小さいの1個だけです。
このカエル、普段はほとんど姿を見せません。
雨の夜には地上に下りて餌を探します。

天体望遠鏡はとても単純な構造で、私の頃は小学生の学習雑誌の付録でした。
そんな安物でも月のクレーターが見えました。
でもまあ、シンプルな物ほど奥が深いと言いますから・・・
組み立てて調整が終わって、最初に星を見てテストするときはドキドキします。
しかし、なかなか満足の行く出来にはなりません。
今回はほとんど完璧に近い出来だったので、感激しました!

ちなみに双眼鏡は天体望遠鏡よりもはるかに複雑で、自作はほとんど不可能に近いです。
その割にお値段が安いのは、大量に生産しているからだと思います。

トラちゃん、昨日も外でお昼寝しましたよ〜=*^-^*=
投稿者: ロッド   17/06/28 11:15
地震のニュースは読んでましたが、ロッドさんところは大丈夫だったか気になってました。
たいしたことなかったんですね、よかったです。
カエル、水の中で産卵しないのってそういう仕組みになってるんですね!
すごいなあ、ちゃんと場所を分かってやってるんですね。

望遠鏡を製作とは、周りで聞いたことがない話なのでただただ驚くばかりです。
うちにも、私がここに住み始めた頃に夫が所有してたけっこう立派な望遠鏡があったのですよ。
何かの時に外に出して何かを(←忘れました、^^;)見たのは覚えてるんですが、夫も長いこと使用してなかったので詳しい使い方を忘れてしまい、その後地下室に仕舞ったまま、そして結局は処分という道をたどりました(汗)。
ロッドさんくらいの腕があったのならうちの望遠鏡も生き返ってたのかもしれません・・・。
投稿者: alpenkatze   17/06/28 22:48
alpenkatze様
地震の事お気遣いありがとうございます。
同じ県内ですが震源地が遠かったので、ここはほとんど揺れませんでした。

3年前だったか震度6に見舞われたので、たいがいの事では驚きません。
あのときは「この世の終わり!」かと思いましたが、うちは幸い被害はありませんでした。
でも翌日外に出てみたら、近所には被害がいっぱいでした。

今夜は雨模様なので、モリアオガエルがケロケロと高らかに鳴いています。歌うような鳴き声です♪
懐中電灯を手に探し回って、ようやく見つけました。
木の上かと思いきや、下にいました。
可愛いもんです。
カエルだって、結構頭が良いみたいですよ〜
ちゃんと落ちる場所を計算して卵を産み付けます。

立派な天体望遠鏡をお持ちだったのですか!
でも処分してしまわれたとは、とても残念です。
ドイツ製だとすればカールツァイス?
いや、案外日本製だったかもしれませんね。

私はドイツ製のレンズを1個だけ持っていて、虎の子のように大切に使っています。
あと、ドイツの人が書いた天体のガイドブック、日本語訳になっていてとても素晴らしい内容なのでいつも愛用しています。
ドイツにも私と同じような趣味の人、大勢いるようです。
19世紀頃から、この分野では世界をリードしていました。
ドイツ人の名前の付いたレンズや機械が、たくさんあるんですよ〜
投稿者: ロッド   17/06/29 00:17


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません