19/05/17 04:33

桜前線の終着点

15日の朝、戸隠牧場へ行って来ました。
車で15分。
いったん下ってまた上がります。
うちより少しだけ標高が高い。
しかし車で行ける一番の奥地です。
ここから先は戸隠連峰や高妻山への登山道になります。
大変険しい道だそうです。

戸隠山の谷には残雪があります。
これは大量の雪が上から崩れて来て、場所によっては深さ10mぐらいになっていると思われます。

牧場の小径を歩いて行くと、正面にピンク色の大きな桜が見えて来ました。

見事な大木です!
これは紅山桜(大山桜)という品種です。
葉っぱと花が同時です。
花はピンクで、葉っぱも赤いので、全体でより一層紅が際立ちます。
北海道も釧路あたりではソメイヨシノが育たないので、桜の基準木(エゾヤマザクラ)はこれと同じ品種だそうです。

ちょうど満開でした。
過去に何度も行きましたが、ちょうど満開だったのは今回が初めてです。
ラッキーでした。
これで今年の桜は見納めです。
北海道の一番遅い地域と同じぐらいでした。
でも意外と知られていないらしく、東京や名古屋から近いのに観光客は来ません。
ひっそりと静かです。

戸隠牧場には桜の他にも、
コブシ、水芭蕉、カタクリ、ニリンソウ・・・花々の素晴らしい楽園でした。
写真が多すぎて、ご紹介できなくて残念です。

戸隠牧場から少し離れた場所からの景色です。
尖った高い峰は高妻山(2353m)
私は勝手に「東洋のマッターホルン」と思っています。
戸隠牧場は高妻山の登山道入り口です。

ギザギザの山脈は戸隠連峰です。

拡大して見ると、
下に見える家々の感じもなんとなくヨーロッパ的です。
この山の向こう側は新潟県。
雪が5メートル以上も積もります。世界一の豪雪地帯です。

こちらは湖畔の桜。
うちから車で5分ぐらいの場所です。
この桜がこの地区では一番遅い。5月13日に満開でした。

湖畔の桜からちょっと行くと広大な農場になります。
キャベツや白菜など高原野菜を作っています。
冬が長いので農作業ができるのは5月から10月まで。
赤い屋根の農機具小屋、ピンクの枝垂れ桜、遠くに見える北アルプスが綺麗でした。

うちの庭の純白の桜もその後満開になりましたが、載せるスペースがなくなってしまいました。

 

一気に春になり、山菜が次々と出始めました。
左からコゴミ、タラノメ、オヤマボクチです。
コゴミは茹でてマヨネーズで。
タラノメとオヤマボクチは天ぷら。
オヤマボクチは十割蕎麦のつなぎに使う、別名ヤマゴボウです。
(漬物のヤマゴボウとは別物)

妻の畑ではウドができすぎて困るので持って行ってくれ、とのこと。
季節は1ヶ月先を行っています。
根本の白い部分が美味しいので、土の中から掘って収穫。
酢味噌和えにして食べました。冷蔵庫で保存して3日間美味しく食べられました。
サッパリして美味しいので、サラダ感覚でカレーの付け合わせに良かったです。
焼肉やトンカツにも良さそうです。

サンチュも見事に育っていました。
なんと、こぼれ種から自然に育って冬を越した物です。
レタスの仲間ですが、こちらのほうが味があって好きです。
苦味はほとんど感じません。

木の根を夢中でかじるトラちゃんです。
マタタビのように無限大の魅力があるみたいです。
薬効があるのかも。
何の木なのか?
たぶんリョウブではないか、と思います。
このあたりにはたくさん生えていて、
新芽を天ぷらで食べるとお茶のような味がします。
初夏に咲く花は真っ白で綺麗で、とても良い香りがします。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

厳しい自然の中で咲き誇る桜、力強く美しいですね。
戸隠連峰、いったいいくつの山が連なっているのかと思いながら拝見しました。
山菜の季節到来ですね。
オヤマボクチの天ぷら、どんな香りが楽しめるのでしょう(#^.^#)
菜園の収穫物も立派!
新鮮なウドは、香りも格別でしょうね。
トラちゃんも春のお味を楽しんでいるのかしら(*´艸`*)
投稿者: pil   19/05/17 15:51
pil様
コメントありがとうございます。
樹齢何年ぐらいになるのでしょう?
すごいオーラを感じました。
これを書くに当たってネットで調べてみたんですが、北海道の基準木と同じ種類だと知って嬉しくなりました。
うちの庭にも同じのがあるんですよ。
寒冷地に適した品種だそうです。

戸隠連峰は迫力の岩山です!
昔から神の山とされて、修験者が集まってきたのも納得です。
北アルプスに比べるとずっと低いのですが、登山には高度な技術が必要で、遭難事故が多いです。
人を寄せ付けない山なんですね。

今日も山菜天ぷらを作りました。
行者ニンニクも食べましたよ。
オヤマボクチは噛みしめると、なんとも言えない良い味がします。
カラッと揚げるとお煎餅のようになって筋は気になりません。
早い話がゴボウの葉っぱの天ぷらだと思うんですが、
そちらにも似たような山菜はあるはずと思います。

ウドは良かったです。
これは買った土地に元々あった物で、昔誰かが山のウドを植えたのではないか、と言う話です。
でも一般には人気がないそうで、友達にあげても喜ばれないそうです。

トラちゃんは自然の中で自分で美味しい物を見つけます。
前から何だろう?と思っていましたが、今年ようやく正体が判明しました。
今日はまたカツオを食べました(=^・^=)
投稿者: ロッド   19/05/17 19:42
これはかなりの標高ですね。
ほんとにスイスかどこかみたい。
見事な桜が遅い春を楽しんでいるようです。
ウドができすぎて困るなんてうらやましい!
少し前スーパーにも出回っていたので食べましたよ。
ダンナは三杯酢にしたものを”これはうまい”と言って食べていました。
ウドはくせもないし美味しいものですね。
トラちゃん、その木は美味しいの?
自然の中には宝物がいっぱいですね(^^)
投稿者: NEccoSun   19/05/17 22:56
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
この桜は「長野市民新聞」というミニコミ紙に載ったので知りました。
Gaviちゃんご一家のキャンプ場すぐ隣です。

「チロルの若者は♪」
という歌が似合う風景です。
地元生まれの私でも、あまり知らない世界でした。
この場所に住んでみて初めてわかりました。
冬は長くて厳しいですけど、春は本当に素晴らしいです。

「ウドの大木」
と言いますが、放置するとそのようになってしまいます。
ドンドン切り取って食べないと!
ウドはくせがない?その人の好みの差でしょうか。
妻の話ではくせがあって友達には不評なので、私にもらってくれと。
切って皮をむいてから10分ほど水にさらしたほうが良いみたいですね。
酢に漬けて3日後にはアクも抜けて美味しくなりました。
ウドの新芽の緑の部分は天ぷらにしたら美味しかったです。

トラちゃん夢中の木の根っこは、雑草のようにたくさん出て来るリョウブの苗を私が抜いた物です。
新芽は人間が食べても美味しいし、根は猫には薬効があるのかも。
猫の健康に良い植物を知ることは、メリットが多いですよね。
猫好きの皆さんに教えてあげたら喜ばれます。
投稿者: ロッド   19/05/18 00:06
満開ですね〜🌸ホント大木!
見たことないです。
いったい何本伸びているのか…見事ですね。
高さもかなりありそう。

残雪もある山々の景色も素晴らしいですね!
戸隠連峰、ドイツやオーストリアの山々のような?
行きたくなっちゃいます(*´ω`)
実は海より山派デス(笑)

山菜がたくさんヽ(^o^)丿
そう言えばしばらく山菜を口にしていないようなぁ。。。
山菜の天ぷらなんて最高ですもんね。
採りに行けたら最高ですが、、、さっそく八百屋さんで見つけてきます♪
美味しいお蕎麦に山菜の天ぷらが脳裏を過ってまーす(*^。^*)

トラちゃん、夢中ね(*^^*)
天然の珍しいものは最高なんだニャ、と聞こえてきそうです(笑)♡
投稿者: まりん   19/05/18 22:59
まりん様
コメントありがとうございます。
すみませんm(_ _)m
このブログFC2と違って機能が貧弱なので、絵文字は文字化けしてしまうんです。
本当はFC2にすれば良いのですが、長年お世話になっている親切な業者なので、義理でお付き合いしています。

この前の神代桜もそうでしたが、自然界にある古い一本桜の魅力です!!
福島県三春町の滝桜が有名ですよね。

長野市戸隠(旧戸隠村)の戸隠神社奥社はパワースポットと言われるようになってから人気が高まり、
観光客が大挙して押し寄せていますが、この戸隠牧場はそのすぐ近くなのにひっそりしていて穴場です。

戸隠蕎麦が有名で、たしかに美味しいですが、観光地なのでお値段高いです。
少し離れた場所なら安くて、しかし同じように美味しいです。
季節の山菜天ぷらが付くのも嬉しいです。

しかし山菜って旬が短いですね。
この私でさえ食べそこねてしまう事があります。
スーパーにもコゴミなど地元産の山菜が並ぶことがあります。
意外と安いので忘れずに買わないとネ。

トラちゃんが夢中になるほどなので、何か薬効があるのかもしれません。長寿の薬かな?
根はちょっと無理ですが、新芽のところを食べてみます。
投稿者: ロッド   19/05/19 01:59
桜だけでなく、他の木々の様子もいいですね。
観光客が来ないとのことですが、この素晴らしい景色を楽しむためにはあんまり多くの人がやって来ない方がいいかも?
日本は美しい景色のところにはいつも人がうようよといっぱいで、あの様子は私は苦手です(^^;
アルプスの眺めもいいですね〜。
ウドは私は食べたことないかも?カゴの上の山菜も未経験です。
日本でも山菜摘みなどの経験がなかったので、今こっちで、種類は少ないけど春はベアラオホ、秋はキノコを摘んでる自分にびっくりです(笑)。
トラちゃん、ガシガシと楽しそうですね^^
投稿者: alpenkatze   19/05/20 01:15
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
昔は山菜にはほとんど無縁だったのですね。
pilさんの影響は大きいと思います。
私も影響を与え合っているような。

山菜は旬が短いので難しいです。
コゴミなんか3日で終わりました。また来年のお楽しみ。
今またウドの皮むきをして酢漬けにしたところです。
捨てる部分が多く、手がかかります。
でも美味しいんですよね。

私も山菜について知ったのはは最近です。
本を見ていろいろ試してみましたが、食べられる山菜の種類が多いわりに、美味しいのはごく一部です。
トラちゃんも外に出て草など食べるのが楽しみです。
幸いここにはマダニは少なくて、数年に1回しか見ないので一応安心です。

戸隠牧場、とても良い場所で気に入りました。
今回ご紹介できなかった写真も、次回UPするのでご期待ください。
桜以外にもいろいろありますよ。
戸隠神社の奥社がすぐ隣にあるんですが、そちらのほうはテレビ等で有名になったので観光客が押し寄せて来て、まるで都会がそのまま引っ越してきたようです。
駐車場も車がぎっしりで、ギスギスしたムード。昔は無料だったのに今は有料化されました。
せっかく良い自然環境の場所に来ても、これでは価値ありませんよね。
やっぱり静かな環境でのんびりしないとネ。
投稿者: ロッド   19/05/20 12:30
桜の花がみごとですね。
どんな木でも、大きな木は、強いパワーと威厳を感じます。
私が桜を見てたのはいつだったかなぁ(笑)
桜も山の景色も、どこか外国の話のようです。
ところ変われば、本当にいろんな違いがあって面白いですね。
日本各地には観光地になってない魅力的な風景がたくさんありそうです。

コゴミとタラの芽は食べたことがあるけれど、オヤマボクチは見たこともありません。
こちらには自生していないのかもしれません。
先日テレビ番組でオヤマボクチを使った蕎麦を俳優さんが食べていました。
どんなふうに味が違うのか、一度食べてみたいと思います。
投稿者: woojyan   19/05/21 20:18
woojyan様
コメントありがとうございます。
この記事を書いてから一気に季節が進み、今はもうすっかり葉桜です。
桜の花が美しかったのは、もうずっと昔のような気がしてしまいます。
観光地ではないが、美しい場所を見つけるのが私の楽しみです。

オヤマボクチは私も最近初めて知りました。
うちの庭に突然生えて来たんですが、種はタンポポのように綿毛で飛んで来ます。
長野県では北部の豪雪地帯に多いらしく、飯山市では蕎麦のつなぎに使うそうです。
実はこの私も、その蕎麦は食べたことがありません。
中野市にその蕎麦が食べられるお店があって、店主は新潟県出身だそうです。
いつか食べに行ってみたいものです。
投稿者: ロッド   19/05/22 00:09
コゴミは山菜の中でもアクが無いので簡単に食卓に出せるのが嬉しいですね。
我が家には旦那様の実家の新潟からたくさん送ってもらえるので、たいへん嬉しく思っています。
ウドも捨てる部分がなくっていいですね。
ウドの先端にある芽の部分は天婦羅にすると、タラの目にも負けないくらい美味しいと思っています。
皮はきんぴらいして美味しいですね。
出来すぎて困るなんて、勝っている人が聞いたら羨ましいでしょうね。
サンチュもこぼれ種から育つんですね。
きっと土づくりをしっかりした良い畑なんでしょう。
トラちゃんは良い香りに夢中なんでしょうか。
夢中になれるものがあって退屈知らずで良かったね。
投稿者: なっつばー   19/05/22 02:41
なっつばー様
コメントありがとうございます。
コゴミは今年はごくわずかでした。うっかりしていたら時季を逃してしまいました。
アッという間に葉っぱが開いて食べられなくなってしまいました。
スーパーにも売られていましたが買いませんでした。
残念!

ウドは今年は大量収穫です^^¥
天ぷらと酢漬けにして冷蔵庫に保存してあります。
サッパリした爽やかな香りが素晴らしいです。

今の季節は美味しい物がいっぱい(^O^)/
一年分楽しまないと。

雨が去って今朝は快晴です。
トラちゃんお外で遊べます(=^・^=)
投稿者: ロッド   19/05/22 09:35


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません