19/06/14 03:15

ブラックホール

シジュウカラの雛は元気に育っている様子ですが、巣立ちはまだです。


少し前の話ですが、ブラックホールを直接観測に成功!と話題になりましたね。
昔々の天文雑誌に掲載されていたこのイラスト、結構な傑作です。

ブラックホールはその強い引力で、光さえも吸い込んでしまう。
それで真っ黒なので見えないわけですが、
周囲の星の状態を観測することによって、存在が推定される場所がたくさんあります。
何百光年という大きなスケールの現象なので、
昔SFにあった「地球や太陽の近くに小さなブラックホールが突然現る!?」
などという心配はないので、ご安心ください。

ブラックホールが観測されたという、
その話題の天体M87を撮影してみました。
場所はおとめ座の上の方です。
明るいのですぐ見つかりました。
中央の丸いぼやけた星がM87です。
右側のほうにも子分のようなのが2個見えています。
何も面白くありませんね。
小さい望遠鏡でも見えますが、渦を巻いているわけでもなく、ただ丸くぼんやり見えるだけです。

ここに掲載した写真はすべて自分で撮影したものです。
難しい撮影機材も使こなせるようになってきて、面白い写真が次々と撮れるようになり、楽しいです。
昔フィルムの時代にも撮ったことがありましたが、こんなに撮れるなんて当時からすると夢のようです。
ちなみに、デジカメは10年以上も前の物ですし、天体望遠鏡も古い物なので、お金はかかっていません。

今後ますます楽しみが増えました。
5月は星が見える夜が多くて収穫が多かったです。

「ウルトラマンの故郷」とされているのはM78星雲ですが、
台本の誤植でM87だったはずがM78になってしまい、「マアいいか」ということでそのままGOになったのだそうです。
M78星雲はオリオン座に実在し暗いぼんやりしたガス星雲で、これもあまり面白くない天体です。
M78には宇宙人は住めそうにないですが、M87ならばたぶんいるのではないか、と思います。

M87ですが、この天体は強い電波を放っており、我々の銀河系に比べるとずっと大きい巨大な天体です。
それで中心部では猛烈な活動(爆発・収縮)があるらしく、すべてが潰されてしまって巨大ブラックホールができたとのこと。
無限に潰れて行って、すべての物を吸い込んでそれが永遠に続くのだろうか?
吸い込まれた物質(星々)の出口はないのだろうか?
わかりませんねぇ。
粉々に潰されてしまって、高熱で融けて、また新しい星が生まれるのだという話もあります。

丸いM87の本体から尻尾のようなジェットが出た写真を見たことがありますが、ブラックホールから吐き出された物質かもしれません。
いや、逆に吸い込まれて行く物質かもしれません。
残念ながら私の写真には写っていません。

M87は巨大なのでブラックホールが最初に観測できたわけですが、
他にも似たような天体はたくさんあります。
どれもこれも、中心部にはブラックホールがあるのではないかと推測されています。

春の空には面白い天体(銀河)がたくさんあります。
これらは何千万光年の彼方にあり、
それでも大きく見えるのですから、実際の大きさは巨大です。
直径が10万光年以上もあります。
この中には太陽や地球のような天体が無数にあり、宇宙人は必ずいるはずです。

黒目銀河と呼ばれるM64です。
初めて撮影に成功しました。
黒い部分がクセモノですね。
暗黒星雲と呼ばれるガス星雲で、背後からの光をさえぎっています。
何万光年という規模です。
この中にもブラックホールがあるのでしょうか。

左上のM82銀河ですが、中央部がくびれたようになっています。
大爆発が起きているらしく、たぶんブラックホールがあるでしょう。
赤外線で撮ったという大爆発の写真を、どこかの本で見た記憶があります。
右下はM81です。場所は北斗七星のひしゃくの左下あたりで、この2つは明るいので澄んだ空なら小さな双眼鏡でも見えます。

形が美しいやまねこ座のNGC2683(左)
おとめ座のソンブレロ銀河(右)

しし座の棒渦巻状銀河NGC2903

しし座の銀河団
こういうのが、それこそ無数にあります!

 

ピンクのレンゲツツジです。
右上にUPしたのはタニウツギです。
私の故郷では見られませんでした。日本海側の山地にしかないそうです。
大阪から来た人が喜んで庭に植えていました。

庭の小さな池にモリアオガエルが産卵しました。
木の枝に産み付けて、オタマジャクシになると池に落ちるようになっています。
嬉しいことに毎年来てくれます。
でもヒキガエルは今年は来ませんでした。
親ガエルが死に絶えてしまったのかもしれません。

梅雨の合間にトラちゃん、お外でくつろいでいます。
この手は何?お医者さんの聴診器みたいだ。
病気があるかないか、診察してくれるのかな?

カテゴリ[ 天体]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ブラックホールも不思議ですが、宇宙そのものも不思議です。
宇宙の果てって何処でしょう。
果てがあったら、その向こうは?
考えるとますますわからなくなりますね。
トラちゃんも考え込んでいるのかも?( *´艸`)

猫のシステムトイレは砂の入っている部分の底がスノコになっています。
チッコはスノコから下に落ちて、そこに敷いてあるシートや吸収するマットに吸われます。
だから普段はうんPを拾うだけなんですよ。
投稿者: なっつばー   19/06/15 01:44
なっつばー様
コメントありがとうございます。
宇宙に果てはあるか?
最新の理論は知りませんが、昔読んだ本によると、
「宇宙に果てはないが限りはある。宇宙には地平線がある。」とのことでした。
空間が曲がっているので、その先は見えないのだとか。
100億光年が限界だそうですが、最近は150億光年とかいう数字も見たような気がします。
とにかく、わかりません。

光の速さでも100億年かかるわけですから、光で見ている限りそれ以上は無理だということでしょうか。
現在の姿は見えないわけで、100億年前は宇宙の創成期ですから原始宇宙で、ビッグバンが始まったばかり。
その前は何もない世界だったのでしょうか?
空間が曲がっているのなら、ずっと遠くを見ると自分の姿を後ろから見ることになってしまうのかな?

猫には人間に見えない物が見えるようですね。
じっと何かを見つめていることが多いですが、その視線の先を見ても何もない。
人間にはない不思議な能力があるのでしょうね。

質問に丁寧にお答えくださり、ありがとうございます。
なるほど、よくわかりました。
システムトイレなら猫砂の消費量が減って良いですね。
それ専用の猫砂があって、水洗いしてお掃除すれば良いのですね。
投稿者: ロッド   19/06/15 10:33
シジュウカラの巣立ち、まだでしたか〜。
来週あたりでしょうか。とっても楽しみです(*^-^*)

ブラックホールって、私にとっては、異次元に繫がる大きな穴のイメージで、その存在自体が不思議です。
吸い込まれた物が、どこへ行くのか?どうなってしまうのか?いつか解明される日が来るのでしょうか。

ピンクのレンゲツツジ、きれいな色ですね〜!
トラちゃん、今日のお顔は渋いですね(*´艸`*)
投稿者: pil   19/06/15 17:43
pil様
コメントありがとうございます。
シジュウカラ、今日も元気に餌を運んでは大きい健康そうな糞を運び出していたので、雛は元気のようです。
一日中雨だったので、巣立ちは延期でしょう。
明日こそは!

ブラックホールは穴というより、大規模な爆発現象の中心部なんです。
あまりにも強烈なので、すべてが潰されてしまって光さえ外に出られなくなっています。
吸い込まれた物質はペチャンコになって、さらに無限に潰れて行きます。
高熱を発して凄い事になっているらしい。
ですが、そういう所から新しい星が生まれて来るのではないか?
とも言われています。
地球や太陽も大昔にブラックホールの中から生まれて来たのかもしれません。

しかし驚いた事に、アインシュタインだったか?
大昔にブラックホールの存在を理論的に予言していたと言いますから、優秀な頭脳の人はすごいですね!!

レンゲツツジってとても魅力的な花です。
ここに来るまでは気がつきませんでした。
県内にはレンゲツツジの名所が多く、2000m近い高原ではこれからなので、盛大にツツジ祭りが行われます。

トラちゃんは表情豊かです。
何を考えてるんでしょう?
よくおしゃべりしますが、猫語がわからない(^_^;)
こっちの言うことはわかってるみたいですけどね。
投稿者: ロッド   19/06/15 19:45
やっぱり宇宙には???ばかりですね。
考えると眠れなくなるやつです。(笑)

システムトイレの砂はある程度たったら交換します。
洗えないのです。
でも、長持ちしますよ。
チッコ吸収のシートも1にゃんなら週一交換で大丈夫です。(*^^)v
投稿者: なっつばー   19/06/16 21:44
pil様
ブラックホールを予言したのは、調べてみたらアインシュタインではなくて、シュワルツシルドでした。
やはりドイツの人で、1916年というから大正時代のことです。
「シュワルツシルドの解」という摩訶不思議な数式を発表しました。
数学者か物理学者です。
数学の世界も宇宙と同じで摩訶不思議ですね。

ちなみに私は数学が大の苦手で、高校では文系を選択しました。
投稿者: ロッド   19/06/17 10:08
なっつばー様
再びありがとうございます。
宇宙と言っても月とか火星のレベルなら、今はもう地学の延長みたいな感じですが、
ブラックホールの話になると!
今回私も久々にこの世界に思いを馳せましたが、これが本当の宇宙論の面白さなんですね。
月や火星を見ても大して面白くないですが、
このような深宇宙を実際に自分の眼で見ることができる!
今回は久々に感動を味わいました。
今後の楽しみが増えました。

水洗いの話は下のトレイの事です。そこにはシートを敷くのですか。
固まる猫砂はホコリがたっていけません。
それが原因か?トラちゃん咳が出ます。
ホコリの立たないシステムトイレのほうが良いですね。
投稿者: ロッド   19/06/17 10:08
銀河の写真全部ロッドさんが撮ったのですか!?
小さく見えますがそれぞれの銀河はとてつもなく大きいのでしょうね。
光さえ吸い込んでしまうブラックホール・・
黒く見えるはずです。
不思議な宇宙のことを人間がよく解明できたものだと感心します。
イラスト、レトロな味わいで面白い♪
光さんが吸い込まれるほど魅力的なお姉さんでもないですけどね(^^;
投稿者: NEccoSun   19/06/18 21:01
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
そうなんですよ!自分で撮りました。
ここまでの道のりが長かったです。
とは言っても、早い話ヤル気がなかっただけの事。
デジタル時代に乗り遅れていましたが、やっと門戸を叩いたというところです。
機械は好きですが、電気系統が苦手なので (^_^;)
デジカメの扱いもそうですが、星の動きを正確に追尾する「電動追尾」が苦手なんですよ。
アナログ人間なので電動ではなく手動でないと(汗)
調整も難しくて、練習が必要でした。
しかし苦手苦手と言っていては何も始まらないので、ちょっと頑張ってみました。
まだまだ発展途上です。

小さく貧弱な機材ですが、昔の天体写真集に載っている写真より良く撮れたのにはビックリでした。
時代は変わったんだな、とあらためて実感。
今後撮りたいテーマがたくさん出てきて、新しい境地を開拓できた気分です。

昔はブラックホールは珍しいと思われていましたが、実はかなり多い、どこにでもあるらしい。
しかしブラックホールの近くでは地球や太陽のような平和な環境は保てないでしょうから、生物は生存できないと思います。
地球は平和で良いな、と思います。
こんな星は珍しいですよ。

このイラストの女性、私には魅力的に見えます.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。
男性と女性の視点は違うんでしょうね。
だから、この絵を描いた人は男性だと思います。
投稿者: ロッド   19/06/19 08:45
猫砂は鉱物系ですか?
それだと埃が立ちやすいですね。
固まる砂にも木製やオカラ、紙があって鉱物系より埃は立ちません。
私はオカラ製が良かったのですが、食べちゃう仔が居たので諦めました。(^▽^;)
スノコの下はシーツタイプと、マットタイプがあります。
一長一短ですね。

サクラさんも瞳孔不同があったのですね。
テンは鼻の奥に悪性のリンパ腫が出来て、それにより神経の圧迫のために瞳孔不同が現れたようです。
リンパ腫の発見から約7か月頑張ってくれました。
投稿者: なっつばー   19/06/21 01:52
なっつばー様
猫砂は鉱物系です。安いのが利点です。
ウッド系も使ったことありますが、軽いので散らかっていけません。
昔、外で飼ってたときは天然の川砂を使ってました。
本当はこれが一番良いのですが、室内で使うと、そこらじゅうジャミジャミになってしまいますね。

テンちゃんは鼻の奥に腫瘍ですか。それは大変!
サクラの瞳孔不同は何年も前から続いていて、これは子猫のとき川に落ちて溺れて意識不明になったので、脳に障害を負ったのかもしれません。
最後の2年間は泌尿器系の病気でした。
投稿者: ロッド   19/06/21 07:01


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません