19/12/06 00:24

ゲテモノ珍味(^_^;)

最初からいきなりゲテモノでは何なので、
美しい赤カブをどうぞ(^_^)/
出来は悪かったんですが、良い物だけ選んで収穫しました。
残りはそのまま畑に残しておいて来春に菜の花を咲かせます。
フリーザーバッグで塩・醤油・酢でお手軽漬物を作りました。
お正月には白いお餅と紅白で(^◇^)

さて、キノコの話です。
ドイツ在住のpilさんは大のキノコマニア。
pilはドイツ語でキノコだそうです。
ドイツにはキノコがとても豊富で羨ましいです。
日本と同じのもあるけど、日本では見られない種類も多い。
とても楽しませていただいています。かなり影響受けてます。
https://pilpil44.blog.fc2.com/
もうシーズン終了ですが、最後の残り火のごとく・・・
シモフリシメジやエノキタケは初冬のキノコですが、
夏のキノコ、スッポンタケが出ましたw(*゚o゚*)w

コレが食用だと知る人は少ない(笑)
図鑑を数冊見ても
「食毒について詳しいことはわからない」と書かれていました。
「食用」は1冊だけでした。

pilさんの調査では「食用」
しかし、当のご本人は食べた経験がない。
なぜならば悪臭がすごいからです (≧ω≦*)
家に持ち込んだら家族に大ヒンシュクだったとか。
どんな悪臭なんだろう?
ちょっと興味がありました。

たしかに悪臭がありました。
表現のしようがない悪臭です。正露丸のような薬臭さ。
「茹でこぼして悪臭を抜き、柄の部分だけ食べる」
と書いてありましたが全部食べてみようと思い、丸ごと水に入れて洗ったら大変 (@_@;)
黒緑色の水がいくらでも出てきて、収拾がつかなくなりました。
この黒緑色は胞子だそうなので、洗い流した水は庭に撒きました。来年もまた出てくれるように願いを込めて。
先っぽの部分は食べるのを諦めて捨てました。
ですが、悪臭が柄の部分まで付いてしまいました。
茹でこぼしたら悪臭は減って爽やかな生姜のような香りになり、中華スープにしたらとても美味しく食べられました。
最高級の珍味です。中華では昔から珍重されてきたそうです。

後からまた2本出て来たので、今度は悪臭を持ち込まないように先っぽの部分は現場で切り落として柄だけを収穫しました。
近寄るだけで悪臭がただよって来ます(~_~;)
雪が積もってしおれてしまいましたが、まだ腐っていなくて美味しく食べられました。
新鮮なセロリのようなシャキシャキ食感で美味しいです(^◇^)
風味もセロリに似ているような。
素晴らしい珍味!来年にまた期待です。
こんなゲテモノを食べた人は少ないと思います。
山の暮らしの特権ですね(笑)

こちらは天然エノキタケです。
冬のキノコなので雪を掘っての収穫。

シモフリシメジもありましたが、もう古くてしなくれていました。もう少し早く見つければ良かったのに残念!
今年は暖かいので12月なのにまだキノコが出ています。

クリタケも。これは鮮度が良くて美味しかった。

 

トラちゃんは羽毛布団にどっぷりつかっています(笑)
鳥さんに囲まれて寝るってどんな気分?
鼻が低い所がチャームポイントです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

読んでいるだけで凄い臭いがしてきそうな・・
悪臭は生き残るための戦略でしょうか。
柄のところは美味しいなんて不思議です。
キノコに詳しい人には文字通り宝の山ですね(^^)

羽毛布団は気持ちいいよね♪
サスケもいつも私の羽毛布団の上ですよ。
中身を見たら興奮しちゃうかなぁ。
ん?トラちゃんお鼻が低い?
大丈夫。うちのにゃーにゃーも鼻ぺちゃです!
投稿者: NEccoSun   19/12/06 15:12
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
本を見たところ、悪臭はハエを集めて胞子を付着させるためだそうです。
ハエが胞子を遠くまで運んでくれます。そしてこのキノコが増えるのです。
しかし、これが食べられると知った人は偉大です。
たぶん中国の人ですね。中華料理は奥が深いです。

猫は本当に良い寝具を知っていますね。
遠慮なしに独占してしまいます。とっても幸福そうな顔をしているので許してしまいます(*^o^*)/
前いたミケちゃんも鼻が低かったです。洋猫系(ペルシャやチンチラ)は鼻が低くて可愛いですね。
一方、江戸時代の絵を見るとわかりますが日本猫は鼻が高くて顔が長いです。人間とは逆ですね。
投稿者: ロッド   19/12/06 16:47
ご紹介いただきましてありがとうございます(*^-^*)
ちなみにキノコはpilにzが付きます(Pilz)
私はあの臭いに怖気づいてしまいましたが(笑)、
さすがロッドさん!勇気がありますね〜!
ロッドさんの感想を聞いた今は、ちょっと食べてみたい気持ちになってます(*´艸`*)
シャキシャキ食感が非常に気になります。
エノキタケが寒さに強いのは知っていましたが、
スッポンタケが、雪の後にも生長したことに驚いています。
結構寒さに強いのですね。
クリタケも美しい(*´▽`*)
あら、トラちゃんは鼻ぺちゃでしたか。
私と一緒ですね。(笑) 
投稿者: pil   19/12/06 19:47
pil様
コメントありがとうございます。
zの有無でどう違うのか?ドイツ語は難しくてわかりませんねぇ。複数形ではないみたいだし。
まあ、そんな事どうでもいいっか。

中華料理の食材はゲテモノが多いですよね。とくに広東料理。
ゲテモノでも美味しく調理してしまう、料理人の知恵と技術は素晴らしいと思います。
勇気?この種のキノコには猛毒菌はないので安心です。
臭いと言ってもそんなに気持ち悪い臭いではありませんでした。
でも1m以内に近寄ると臭いが漂っていましたねぇ(苦笑)

ちょっと大げさだったかもしれませんが、シャキシャキ食感はセロリみたいで、他のキノコとは別世界という感じ。
まさに珍味です。臭いは完全には消えないのでゴマ油と豚肉と一緒に中華料理にすると臭いは感じなくて相性良いです。
もっとたくさん採れると嬉しいんですけどね(笑)
少量だったので旨味を感じるほどではありませんでした。上手に調理すれば良いダシが出るんだろうと思います。

しかしこの時季にスッポンタケ?
今年は異常に暖かかったんですが、不思議です。
来年はいつ出るでしょう?楽しみです。

クリタケは長い期間出続けてありがたいキノコです。
この地のクリタケは特徴があって一目でわかるので、毒キノコと間違える心配がありません。

私は長い顔で鼻が高いので、逆のタイプの人に魅力を感じます。
昔の青森県では丸顔で鼻の低い人は高貴な身分で、面長な人(太宰治など)は身分の低い人だったそうです。
太宰の場合は大金持ちの息子でしたが、親は新興財閥でした。
丸顔の人は昔「北前船」で日本海を渡って関西から移住して来たらしいです。それで高貴な身分なのでしょう。
長野には面長で鼻の高い人が多いです。これは縄文人?
民俗学の研究も面白いですね。
面白いサイトを見つけました。大阪から北海道を結ぶ北前船の解説です。
https://www.kitamae-bune.co...
投稿者: ロッド   19/12/06 22:23
赤かぶの漬物は美味しいですよね〜^^
ウチも年末に向けて仕込もうかな。

キノコは知識と好奇心がないと扱えないですね(笑)
栽培ものしか食べたことありませんが、
長野で買ってきたなめこは美味しかったです。

トラちゃん、低いお鼻がカワイイですね。
もーちゃんもぺったんこですよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
投稿者: しーな   19/12/06 22:36
しーな様
コメントありがとうございます。
「赤カブ検事」ってテレビドラマありましたよね。
食べだすと美味しくて止まりません(笑)
昔借りてた畑ではとても良くできたんですが、ここでは全然ダメなんです。
来年に向けて土作り頑張ります。

野生キノコは難しくてスリルがあるのが面白いところです(笑)
猛毒種だけ良く覚えておけば良いんですが、食用と書いてあってもゲテモノが実に多い (≧ω≦*)

さすがお目が高い!栽培物で天然物との差が一番少ないのがナメコです。
うどんや味噌汁、冬には嬉しいキノコです。天然のナメコも冬のキノコで、雪が降る頃に出るそうですが、私はまだ一度も見たことがありません。

トラちゃん、年をとるごとに顔が丸くなって可愛くなってきたような。
子猫の頃はもう少し長い顔だったような。
もーちゃんも丸顔で可愛いですね(^◇^)
投稿者: ロッド   19/12/06 22:56
スッポンタケ、2年前に一度だけ隣の森で見つけたことありますが、臭いと聞いてたのでニオイを嗅ぐ勇気はなかったです(笑)。
ただ、キノコ展で展示されてた時に、その周辺だけがやけに臭かったんです(笑)。
だからこのキノコは見つけても食べるのは無理だなあと思ったのを思い出します(^^;
なるほど〜、食べられるのは柄だけなんですね。
それも生姜の香りになるとは興味深い。
今年はキノコ狩りには出かけられませんでしたが、もし来年出かけて見つけたら、挑戦したいような、したくないような…です(笑)。
でもこのキノコの”柄だけ食べる”と気づいた人には、キノコへの執念を感じるというか…、感心します(^^;
投稿者: alpenkatze   19/12/07 01:49
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
スッポンタケ、そちらには多いみたいですね。
こちらには少なくて、私は今回が初めてでした。

ニオイは意識して嗅がなくても、イヤでも臭って来ますよ(汗)
こんな物をキノコ展に展示なんて!キノコ展だから種類が多いほうが良いのはわかりますが、室内に展示したら臭くて大迷惑です (≧ω≦*)

食べる時は生姜というよりセロリに近い香りでした。
上にも書きましたが、収穫時には先っぽをナイフで慎重に(手で触れないように)切り落として柄だけ持ち帰るよう気をつけてください。
臭いが付くと後が面倒です。
これを高級食材にした中国の人は美食への執念がありますね!
世界ではフランス料理と中国料理が二大美食と言われていますが、なるほどです。
投稿者: ロッド   19/12/07 11:12
ゲテモノですか。
みんなの迷惑になるような臭いなのですね。
臭いは画像からはわからないので、よかったと思う反面、ちょっと嗅いでみたい(笑)
臭いけど美味しいものっていっぱいありますよね。
クサヤとかギンナンとか。
匂いだけで判断せず、食べてみなければわからないってことはあるけれど・・・
普通はイヤなニオイがするものは、食欲をなくします。
確かにそれを高級食材にした人の執念はスゴイですね。

うちのエルもトラちゃんと同じ鼻ペチャ系です。
チョモはノルウェージャンの血が入ってるのか、鼻筋がスーっと高くて長い長野県民顔をしてます。
そして私は、どうやら高貴な身分の血統のようです(笑)
投稿者: woojyan   19/12/07 22:57
赤カブが美味しそうです。
野沢温泉に言ったらンざわなと赤カブを食べるのが楽しみでした。
キノコは本当に種類が多いですね。
pilさんのところでは、珍しいものも紹介されていて面白いです。
私には知識が無いので、野山で発見しても???ばかりで、面白いとは思うのですが、その先がありません。(笑)

↓寄生虫を利用してダイエットなんて言うのもあるらしいですね。
くわばら、くわばら。
一番怖いのは、毒キノコでも寄生虫でもなく人でしょうね。(^▽^;)
投稿者: なっつばー   19/12/08 00:27
woojyan様
コメントありがとうございます。
悪臭のするキノコ、私は初めてでした。
話に聞いたときはギンナンのような臭いを想像していましたが、全然違いました。
「慣れると旨いクサヤの干物」と言われますね。
そういう物に比べたら、このキノコはまだマシなほうだと思います。
でも最初に食べた人は偉いと思います。

姉妹のサクラは長い顔で全然違いました。
サクラは母親似でトラは父親似のようです。
人間の顔も、純粋な日本人でも大きく分けて3種あるような気がします。
弥生人と縄文人ですが、縄文人の中にも2種あるような。
今はもう全国どこでもごちゃごちゃでわかりませんね。
投稿者: ロッド   19/12/08 13:32
なっつばー様
赤カブ、美味しく漬かると良いのですが。
野沢菜もカブの一種なので葉っぱの味は似ていると思います。
野沢菜には薄紫色のカブができるので、それも食べられます。
野沢温泉では温泉のお湯でお菜を洗うそうです。

ドイツにはキノコが多くて面白そう。
日本で馴染みの松茸とかシメジなんかはなくて、ヤマドリタケが美味しいらしいです。
なっつばーさん、去年だったかカラカサタケを見つけましたね。
傘をフライにすると美味しいキノコだそうですが、あれは毒カラカサタケのほうだったかもしれません。
見分けが難しいです。

昔は人間にも寄生虫がいるのが普通でしたが、その頃はアレルギー疾患が少なかったのです。
これは寄生虫の効能だったと言われています。
ですが、ある種の寄生虫は脳にまで入り込んで脳腫瘍そっくりの腫瘍を作るそうなので危険です。
投稿者: ロッド   19/12/08 13:32
正露丸のにおいのきのこさん!@@!
ゆでこぼすとにおいなくなるですか!
柄だけを食べるってなんかツウですよぉ!

トラちゃんふかふか羽毛布団さんがうれしい季節になりましたねぇ!
キュッのねんねかわいいですよぉ!
Gavi&TibiTibiはなび様
コメントありがとうございます。

たしかにコレは”ツウ”のキノコですね(汗)
でも中華料理では高級食材だそうですから、中華の食文化は奥が深いと思いました。
酢豚とか八宝菜に入れたら美味しいだろうな、と思います。

トラちゃんは今も羽毛布団の中に沈んでいますよ(^◇^)
今日はお天気よくて暖かかったのでお外遊びして、心地よい疲労感なのでしょう。
自分で玄関押し開けて逃げてしまいましたが、すぐに捕まりました(汗)
投稿者: ロッド   19/12/09 22:22


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません