20/07/03 00:33

アザミ

アザミの花が咲きました。
花の絵を描く方が「大人の色」と言っていました。
そう言われてみるとなるほど、味わい深い色です。
さすがに絵を描く方は色彩に敏感ですね。

蝶が集まって来ました。アザミの蜜は美味しいらしい。
この蝶はありふれたヒョウモンチョウで、タテハチョウの仲間です。
高原にはタテハチョウがとても多いですが、平地ではあまり見かけません。
逆にここではモンシロチョウが少ないです。

ウツボグサがたくさん咲いていてとても綺麗。

アスパラが出ました。
退化して絶える寸前でしたが、肥料をやって大切にしたら何年ぶりで復活です。
右はシオデ。
アスパラと同じくユリ科で、味もアスパラそっくり。
アイヌ民族の重要な食料で、シオデはアイヌ語だそうです。
福島県会津地方でもたくさん食べるそうです。
山菜の中では一番食べやすく美味しいと思います。
ツル草です。新芽を食べても横からまた出て来るのが嬉しいです。

ウグイスカグラ、今年は15個ぐらい実りました。
来年はもっとたくさんできるでしょう。そしたらジャムを作ろうかな。

 

カタツムリはとても久しぶりに見ました。
ナメクジばかり増えてカタツムリは激減です。
梅雨どきのカタツムリは風情がありますね。

モリアオガエルの産卵、今年は大盛況!!
うちの小さな池(バスタブ利用)になんと8個も!
よくしたもので、ちょうど梅雨どきで雨の日に孵化して池に落ちます。

これが全部オタマジャクシになったら何百何千で、超過密で生きていけないと思います。
別の水槽を用意しましたが、それでも全然間に合いません。
車に乗せて行って、同種の蛙が生息する池に放流してやるつもりです。

可愛いお客様が来ました。ヒキガエルの子供です。3センチぐらいしかありません。
うちの池で生まれた子かな。生まれたときはアリのように小さかったんですよ。
ヒキガエルの子はアマガエルやアオガエルの子より小さいです。
大人になると10センチ以上になります。
しっかり生き抜いて欲しいです。

モリアオガエル以外のカエルは最近激減です。
ヒキガエル、前はよく見かけましたが今はすごく珍しくなってしまいました。
アカガエルも何年ぶりかで先日1匹だけ目撃しました。前はたくさんいたのに、絶滅してしまったかと思いました。
アマガエルも滅多に見られません。

 

黄金の毛布と羽毛布団の両方を使う贅沢な生活です。

のどを撫でると喜んでゴロゴロ言います。
仰向けに寝て胸の上に乗せると、スフィンクスのポーズをしてゴロゴロ言います。
とても良い孝行猫です。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ウツボグサが、沢山咲いていますね(*^-^*)
先日、天ぷらが美味しいと聞いて、若い花穂を探しに川沿いへ行ったんですよ。
でも、生えている場所が悪くて断念...ワンちゃんの落し物がーーー(^_^;)
モリアオガエルのタマゴが8個もw
ロッドさんのお庭は生き物に大人気ですね(*^-^*)
ヒキガエルは、見た目がちょっとグロテスクだから、オタマジャクシは大きいイメージでした。
小さいと知ってびっくりです。
黄金の毛布と羽根布団の両方に包まれ、トラちゃんご満悦の表情ですね(*´艸`*)
投稿者: pil   20/07/03 17:19
pil様
コメントありがとうございます。
ウツボグサ、食べたいと思ってるんですけど、ワラビが毎日ドンドン出るし、フキもあるし、買い置きの食料も冷蔵庫にたくさんあって、まだ食べていません。
明日こそは!

モリアオガエルの卵が8個ということは、8つがいということですが、カエルはメス1匹に対してオス3匹ぐらいですから、全部で30匹以上ものカエルが来たということです!!
大人気でまったく嬉しい悲鳴です。

ヒキガエルは日本のカエルで一番大きい。アメリカから来たウシガエルはもっと大きい。
ウシガエルはオタマジャクシも子蛙も大きいですが、ヒキガエルはとても小さいんですよ。オタマジャクシはアマガエルよりも小さいんです。
それこそ蟻のような小さな蛙が10年もかかって大きな蛙になるんです。

猫は贅沢で、良い物を良く知っていてすぐに占領します(笑)
美味しい物もネ。明日は温存してあるタコを食べようかな。
投稿者: ロッド   20/07/03 21:51
アザミと黄色い蝶、絵になりますね。
アザミの少しピンクがかった紫が綺麗です♪
うちの”勝手に生えてきたアスパラ”はいつもより早い時期に少しずつ生えてきて毎日おやつにいただいていたら急に生えてこなくなったのですが
どういうわけか楊枝くらいのがまた顔を出しました。
今はそれなりに伸びて葉っぱを茂らせています。
古株が絶えて新たに再生したのかな?
何年か前までは庭にたくさんいたアマガエル、最近あまり見なくなりました。
周りに田んぼが減っていることと関係あるのでしょうか。
投稿者: NEccoSun   20/07/03 22:24
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
アザミが輝いて見えたので写真を撮ろうと思ったら、蝶が集まって来ました。

うちのアスパラも元々は自然に生えて来たのを移植したんですよ。
種がどこかから飛んで来るんです。
時々植え替えたり株分けしてやらないとダメみたいですね。
そうすると活性化します。
何もしないで放置していると楊枝みたいに細くなってしまいます。
うちのもそうでした。
葉っぱが茂って来ると、根本から美味しいのが出て来ます。
葉っぱが茂る前に全部食べてしまうと絶えてしまいます。
たまに肥料もやってくださいね。

増えたり減ったり、カエルの生態はミステリーです。
環境汚染が関係しているのかと思いますが。
うちも前はアマガエルがたくさんいて水たまりに産卵したことがありました。
アマガエルは今年は1回しか見ていません。
蛇に食われたのかもしれませんが、蛇は今年は一度も見ていません。
投稿者: ロッド   20/07/04 06:28
先日買ったキャベツについていた青虫を保護したら
ちゃんと蛹→羽化してモンシロチョウになって飛んでいきました^^

ヒキガエルちゃん、カワイイですねえ!
さすがに家の周りでは見かけませんが
奥多摩に行った時、オレンジ色が鮮やかな子を見ました。
水と空気がキレイだと、本人の色もキレイになるんでしょうね。

トラちゃん、朝晩は冷えるからまだまだぬくぬくね^^
投稿者: しーな   20/07/04 09:49
しーな様
コメントありがとうございます。
青虫は害虫なのに愛情を持って接しているのですね。素晴らしい。

このヒキガエルはアマガエルぐらいの大きさで可愛かったです。
私も赤っぽいヒキガエルを見たことがありましたが、調べてみたら発情期なのだとか。
でも、あれは春じゃなかったような・・・

このところ梅雨寒なので石油ストーブ稼働です。
上で料理を作ったり、部屋の空気を乾燥させて便利です。
羽毛布団はまだ当分片付けない予定です。
投稿者: ロッド   20/07/04 14:01
我が家の周辺ではツマグロヒョウモンを見かけます。
あまり人を恐れない感じもあって、撮りやすいですね。
モリアオガエルの卵や孵化は見た事がありません。
ぽたぽたと落ちていく様子は珍しい眺めでしょうね。
我が家に居るのは、たくさんのアマガエルです。(笑)
大きいの小さいの色々ですよ〜〜。
投稿者: なっつばー   20/07/05 22:08
なっつばー様
コメントありがとうございます。
ツマグロヒョウモンは暖地性なので長野県は南部だけで、北部では見られません。
モリアオガエルはたぶん愛知県では見られないと思います。
長野でも平地では見られなくて、新潟県に近い地方の山地に多いです。
私が初めて見たのは新潟県の妙高高原の燕温泉でした。
アマガエルにしてはずいぶん大きいし、全身緑色で不思議なカエルだなぁ、と思いました。
アマガエルは雨が降りそうになると鳴いて教えてくれますね。
前はうちにもいましたが、今はほとんどいません。
モリアオガエルは産卵のときだけです。他の季節には全然見られません。
隠れるのが上手いです。
投稿者: ロッド   20/07/05 23:52
アザミは今の時期の山歩き中にたくさん見るんですけど、今年はコロナのせいで全然歩いてないので見る機会ないですねぇ。
そしてエゾシロチョウというのをたまに見ますが、これがアザミに好んでやってくるそうです。
やっぱりアザミの蜜は美味しいんですね。
カエル、他の池に放流するのはおたまじゃくしになってからですか?
なかなかタイミングが難しそうですが、ロッドさん宅の池でなら頻繁にチェックはできますね^^
成長してくれる子の数が増えてくれますように〜。
投稿者: alpenkatze   20/07/06 05:43
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
ここにはアザミが多いんですよ。
秋まで長い期間次々と開花します。
これからの季節、蝶の撮影も楽しみです。
そちらではエゾシロチョウですか。リスなども北海道と似ていますね。

ここ数日雨が多くてカエルたちは喜んでいます。
池(水槽)の水も綺麗になって嬉しいです。
オタマジャクシをバケツに入れて持って行きます。
ここだと今は元気でも、毎年なぜか足がはえてカエルになる直前に死んでしまうんですよ。
何がいけないのか?わかりません。
水質悪化?餌?病気?
水は綺麗なので、他の原因だと思います。
投稿者: ロッド   20/07/06 11:55
鮮やかな蝶とアザミ、絶妙なタイミングで撮れたんですね。
最近うちの周りはやたらアメリカオニアザミばかり増えてしまってます。
葉っぱの先のとげが非常に鋭くて、まるで凶器のようです。
大きくなってから抜こうと思っても、ガーデン用の手袋では突き刺してしまうので、小さいうちに見つけ次第抜いています。
名前にアメリカとか西洋とか付いてると、やたら丈夫なものが多いような気がします。
やっぱり昔からある普通のアザミが一番いいです。

ヒキガエルの子供、小さくてもしっかりイボイボがついていて、ヒキガエルの姿してるんですね。
ここ2か月ほどの間に雨が降った夜に3回家の前にヒキガエルが来て、山の方へ戻しました。
うちのシュレーゲルアオガエルは、全員カエルになっていなくなりました。
どんなカエルでも、小さなオタマジャクシから子孫を残せるくらいまで育つのは、おそらく何千分の一なんでしょうね。
ロッドさんの池のモリアオガエルは特に貴重な種類なので、生き残って増えてほしいですね。
投稿者: woojyan   20/07/06 22:00
woojyan様
コメントありがとうございます。
この写真のアザミは食用になり、新芽がとても美味しいんですよ。
アザミにはいろんな種類があるようですね。
こちらに咲いているアザミにもいろいろあるみたいです。
外来種は一種の環境汚染(自然破壊)だと思います。
個人の趣味で切り花や鉢植えで楽しむのは大いに結構ですが、自然界にはびこってしまうと大変!
ここは山奥なので外来種は少ないほうですが、最近困ったことに北米産のハリエンジュ(ニセアカシア)が押し寄せて来ています。

生まれたばかりのヒキガエルにはイボがないですが、1歳ぐらいになると大人と同じ姿になるようです。
たぶん10年以上も長生きするんですよね。天敵に襲われる確率は高いですが。
数年前に蛇に食われかかっている大きなヒキガエルを助けたことがありましたが、それの子供かもしれません。
うちの近所には池がないのでモリアオガエルが集まって来たのだと思いますが、庭の池ではあまりに狭すぎます。
雨が小降りになったらバケツに入れて大きな池に放してあげようと思います。
投稿者: ロッド   20/07/07 09:58
こんにちわ〜
アザミ可愛いですね!
大人の色・・・わかります〜いい表現だと思います
素敵な赤紫ですよね
絵の具ではなかなか本物のようなきれいな色は出しにくいですがその昔描いた事があります
もちろん園芸種のアザミですが
花の部分が難しかった記憶が・・・

ウグイスカズラの実、可愛いですね〜
食べれるなんて・・・
ジャムにするとどんなお味なんでしょうかね?来年作れると良いですね!
投稿者: misako   20/07/07 17:51
misako様
コメントありがとうございます。
アザミ、微妙な中間色なんですよね。味わい深い色です。
絵の具で同じ色を再現するのは難しいのでしょうね。
写真も難しかったです。太陽の光の具合によって色が変わるんですよ。
何度も撮り直しましたが、本当の色は出ませんでした。
赤紫の花は他にもありますが、花によって色は違いますね。
自然が作り出す色は素晴らしいと思います。

ウグイスカグラはとても利用価値が多いです。
今まで知らなかったんですよ。ここに来てから道端で見つけて、それからです。
酸味はほとんどなくて、とにかく甘いです。
種も気になりません。
野生なので強くて、ドンドン増えます。来年に期待できます。
小さく可憐なピンク色の花も魅力的です。早春に咲くんですよ。
投稿者: ロッド   20/07/07 21:28


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません