21/02/26 00:31

雪国の苦労

これは街で見つけたヒメリュウキンカです。
ヨーロッパ原産ですが、野生化しています。
普通は3月か4月開花だそうですが、日当たりの良い場所で2月22日にもう咲いていました。福寿草より早いです。
調べてみたらリュウキンカとは全然別の種で、福寿草に近い種類だそうです。
だから花が咲いて種ができた後は枯れてしまい、夏眠に入ります。葉っぱがないのでどこに生えていたのかわからなくなります。

春が近づいたので、トラちゃんの寝床にも西日が当たるようになりました。
天才バカボンのテーマソング「西から昇ったお日様が」そのものです(笑)やおら起き出してきて一日の始まりです。
二番も面白いですよね。「柳の下に猫がいる。それがネコヤナギ」
夜も見張りにも余念がありません。

リスちゃん、また来てくれました。
クルミが大好きで喜んで食べています。ピーナツは食べません。
すぐ近くの窓辺でトラちゃんが食い入るように見つめていても平気です。
リスちゃんについては次回また詳しく。

その後急激に雪解けが進みました。
今年は春が早いです。
木の周囲から丸く雪解けするのは不思議です。木が熱を発しているわけではないと思うのですが。

さて、ここからが本題ですが。
雪国の苦労を皆さんにもわかっていただきたいです。
本当は雪の話はしたくないし、雪の写真は出したくないんです。
雪についてのコメントも
「大丈夫ですか?大変ですね、ご苦労様です」という言葉を期待しても、なかなか・・・

数年前の大雪の写真を引っ張り出して来ました。
結論から言うと、雪は地震などと同じく災害なんです。
これがなかなかわかってもらえません。

長野と新潟では雪のせいで命を落とす人が毎年かなりの数に上ります。
全国ニュースで流れているはずなんですけど、関係ないと思って皆さんスルーしているのでしょう。
私の知り合いの校長先生も犠牲になりました。
伯父は半身不随になってしまいました。
雪下ろしなんかしなきゃ良かったんです。命のほうが大切です。屋根の雪は気にせず自然に落ちるまで放置すべし。家が潰れそうだったら逃げれば良い。

雪下ろしの話はタブーです。
「雪下ろし中の事故にはお気をつけください」東京の気象予報士はあまりにも気軽に口にします。
「雪下ろしは危険なのでやらないように」と呼びかけるべきです。
雪国の厳しい現実を知らなさすぎます。

思い出したくもないし、私は雪の写真を見るのが怖いです。
なんとか春まで生き延びることができました。
でもまた翌年には嫌な冬がめぐって来るのです。

前の道路まで出るために、たった10mの通路を作るだけでも大変な重労働です。
(公道は行政サービスで除雪されます)
一晩で一気に1mも積もることがあります。恐ろしい「雪の土砂降り」です!
雪かきではなく「雪掘り・雪投げ」です。豪雪地ではそう呼びます。
これをやらないと、どこへも行けません。
想像してみてください。家を出られなくて長期間孤立したら、どうなるでしょう?
食料は尽き、医者へも行けません。

1回だけでも大変なのに、せっかく苦労して作った通路もまた次の雪で埋まってしまい5回6回と同じ事の繰り返しです。
氷点下の寒さなのに暑くなってどんどん脱いでTシャツ一枚になってしまい、汗びっしょりで身体から湯気が立ち昇ります。
足腰立たないくらい疲れてしまいます。肘は痛くて曲がったまま伸びません。
お勤めしている人は職場へ行くとまた同じ作業をしなければなりません。雪の日の朝は2時間早く起きて準備しないと間に合いません。
そしてお客様の所へ配達に行くときなんか、これまた大変!

片付けた雪の持って行き場がないので高く積み上げますが、これは全部スコップで手作業です。こんなに高く自分一人で積み上げたんです。
腰を痛めたらもうオシマイです。除雪作業ができなくなれば、ここでは生きていけません。
除雪機は高価だし危険だし小回りがきかないんです。
除雪機に巻き込まれる事故が多発しています。

これは3月8日の写真ですよ! 寒いので雪は融けずたまる一方です。雪が消えるのは5月の連休明けです。
寒いのが問題なんじゃなくて、雪が問題なんです。
寒いのは暖房や防寒着で解決できますが、雪だけはどうしても解決できません。
ガスバーナーで憎き雪を融かしてやりたい気持ちになりますが、焼け石に水。ガスボンベを大量に消費するだけです。
ストーブでお湯を大量に沸かして外に撒いて雪を融かしたら?なんて考えますが、どれだけの化石燃料が必要でしょうか?
外でストーブを焚いたら?(苦笑)
誰か良い除雪方法を発明してください。
温泉水や地下水を道路に流して除雪している地域があります。これは燃料代がかからず優れた方法です。
しかし地域限定ですし、排水が悪く水がたまってしまうと大変。それが翌朝に凍ります。
一度凍ってしまうと春まで融けません。

震災ボランティアのように助け合うシステムはできないでしょうか?
「雪かきボランティア」という運動が一部では芽生えましたがコロナで立ち消えになってしまいました。

除雪作業の腰痛防止のために3年前からスクワットを始めました。
効果絶大で、体調が良くなりました。気分も明るくなります。アスリートだった若い頃学んだことが役立ちました。
(スクワット超健康法という本があるほどです)
体がなまりきっていたので最初はごく軽いので始めました。3年間でだいぶ力がついて除雪作業が楽になりました。
この姿勢が大切です。膝に負担をかけずに体幹(背骨を支える腹筋・背筋)を鍛えることができます。
スクワットは脚の運動だと思ったら間違いです。やり方を間違うと膝を痛めます。膝は直角以上曲げないように。
一般の方はバーベルを使わずに空身で行ってください。
10回×3セット、3日に一度が良いです。筋トレではなく健康体操と考えてください。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ヒメリュウキンカは、放っておくとどんどん増えますね。
以前住んでいたアパートの庭を掘りおこしたら、
小さな芋のような物がコロコロ出てきて、
何かと思ったらヒメリュウキンカの塊根でした。
トラちゃん、眩しくないのでしょうか(*´艸`*)
ネコヤナギ、こちらでは花穂が出てきました。
ほとんど雪を知らずに育ったので、
テレビで見る雪の景色は子供心に憧れでした。
今でもかまくらには憧れていますが、
こんなに雪の深い所に住んでいたら、
雪を楽しむなんて考えられないですね...(-_-;)
雪による事故、くれぐれもお気を付けください。
それにしてもハードなスクワットですね!
これを見てしまったら、私のスクワット姿は絶対にお見せできないわ〜。(笑)
投稿者: pil   21/02/26 07:06
pil様
コメントありがとうございます。
ヒメリュウキンカはまだ日本では新しいらしく、図鑑に載っていなくてネットで調べました。
イギリス原産とか。元気印の黄色い花ですが増えて困るみたいです。

雪は観光客向けのと地元の人々の苦労とは別世界です。
地元の人も心に余裕をもってたまには楽しまなきゃ、ということで「かまくら祭り」などが生まれたのでしょう。
たとえば兵庫県。日本海側の豊岡市は1mぐらいの積雪になりますが、神戸は雪に縁がないので、神戸の人は雪の厳しさをまったく知りません。
神戸に友人がいました。話がまったく噛み合わず。
やはり経験しないとわからないようです。

スクワットは3年前に始めた頃は全然ダメだったんですよ。
うんと軽い負荷なのに背骨がミシミシきしんでいました。
若い頃やって知ってたつもりでしたが、久々にやってみるとなかなか・・・
下で止める所が重要だとわかりました。止めることによって筋力が鍛えられ姿勢もできて来るのです。
昔のやり方は間違っていました。姿勢も悪かった。
最初はきつかったけど、慣れてきた今はあまりきつくありません。
スクワットは健康にとても良い運動なので続けてみてくださいね。
やり過ぎないことが大切です。週に1回でも効果があります。
投稿者: ロッド   21/02/26 12:10
こんばんわ〜
今日は又寒い一日でした
ヒメリュウキンカ
名前は知っていますが見たことない?かな?
可愛いお花ですね
春を告げる花なんですね!

リスちゃん又来てくれたようですね
本当にかわいいですね〜
クルミは剥いたものですか?
自分で割って食べてるのでしょうか?

同じ実でもピーナツは食べないなんてちょっと不思議?
投稿者: misako   21/02/26 20:04
misako様
コメントありがとうございます。
こっちは暖かい一日でした。いつもより1ヶ月春が早いです。
ヒメリュウキンカはクリスマスローズにも近い種類です。
福寿草はまだ咲いていないのに、もう咲いていました。
雑草化してドンドン増えている場所もあります。

リスちゃんと友達になれたような。嬉しいです。
クルミはアメリカ産のむきクルミです。無塩です。
塩は野生動物には有害ですので。

たぶん硬い殻が付いていても鋭い歯で噛みくだいて中身を出して食べると思います。
ピーナツは下に捨ててありましたが、クルミがない場合は少しだけ食べるようです。
投稿者: ロッド   21/02/26 20:34
あら〜リスちゃんの可愛いこと!
丸々と太って見えますね。
次回はリスちゃん特集ですか?楽しみ♪

何年か前大雪になりましたよね。
こちらでもドアが開けられないほどでした。
雪の捨て場がないというのはよくわかりますよ。
その時はうちとお隣さんの間に雪山ができてしまいました。
そして晴れの日が続くとすごい音をたてて屋根から雪が落ちる!
頭の上に落ちてきたら怪我をしますね。
雪国の雪下ろしのニュースを見るたびに大変だな〜と思いますよ。
若い人が一緒に住んでいないからお年寄りが雪下ろしをしていたり。
必ず二人以上で雪下ろしをしましょうとか言ってるけど一人暮らしだったらそんなわけにもいきません。
気軽にボランティアを頼める体制でもあればよいのでしょうがみんな自分の家のことで精いっぱいかな。
冬はいくら寒くても雪が降らないのが一番ですね。
投稿者: NEccoSun   21/02/26 21:07
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
やっとリスちゃんとお友達になれました。
毎日来ています。しかし贅沢でお行儀が悪く、クルミだけ食べてピーナツは投げ捨ててしまいます(苦笑)

このときの大雪は2年続きでしたが、ここ3年ほどは雪が少なくて結構なことです。
そちらは南部なので春先の大雪に警戒ですね。
東京に近い地方に降る雪なので「上雪(かみゆき)」と呼ばれます。
湿った重い雪が突然大量に降るので、交通がマヒしたり農業用ビニールハウスが潰れたり被害が大きいです。
でも長くは続きません。

市街地は土地が狭いので雪捨て場がないんですよね。
用水路がある場所ならそこへ流せば良いのですが、雪の量が大量だと水が溢れて大変な事になります。
青森ではダンプカーが市内を回って雪を回収して、郊外の雪捨て場に捨てに行ってくれるそうです。
こちらにもたまに来ますが不十分です。

「除雪作業は二人以上で」と言われても、それができないから困ってるんですよ。
東京の放送局が言う事はまったく現実離れしています。
机上の空論です。
現場の経験がない「偉い先生」が考えた言葉なんでしょうね。
昨日Facebookで秋田県の友人からの話ですが、今年は雪おろし業者が来てくれなかったので、自分一人でやったそうです。
業者が来ないのはコロナの影響でしょうか。
いきなり慣れない作業をやるのは危険です。

雪かきボランティアというのは観光旅行を兼ねていて、格安で温泉旅館に泊まれて豪華お料理付きという企画なんですよ。

旧満州とかシベリアのほうは寒さは厳しいですが、雪が少ないので良いです。
冬でも車が走り回っています。雪で立ち往生なんてことはないでしょうね。
それと、うんと寒いと氷上でもタイヤが滑りにくいんですよ。
投稿者: ロッド   21/02/27 07:52
ヒメリュウキンカ、見かけると春を感じます。
その他、似た様なキンポウゲ科の黄色いお花はたくさん咲いて存在感がありますね。
雪は、こちらに住み始めて嫌いになりました。
見た目だけは白くてきれいだし、一応ブログでは”降りました”と季節感を表すために写真撮ってアップはするけど、生活する上では積もると本当に困ります。
それでもそちらからするとこちらの積雪量は微々たるものだと思うし、私の場合はただ単に雪に慣れてない人間が苦労してるだけということなんですが。
温暖化とはいうものの、冬はこれだけの量が降って積もってるわけだし、やはり雪国の冬の暮らしは厳しいですね。
今年は春が早いとのことですが、3月にもなれば少しは安心できるでしょうか。
こちらはもうぽかぽか陽気で、雪が降ったとしても積もるまではなさそうです。
投稿者: alpenkatze   21/03/01 00:36
雪国の大変さは経験しないと本当のことは分からないでしょうね。
自然災害ってどれも同じことが言えるかもしれません。
コチラでは10?も積もったら交通網は大いに混乱します。
夏の猛暑はコンクリートやアスファルトに囲まれた地域では殺人的ですよね。
コレは人が作り出した災害ですが・・・。
スクワットで壊れない体つくりですか。
素晴らしいです。
膝の角度は90度以上は曲げたらいけないのですね?
膝は痛むことがあるので、日常動作でも念頭に置いて体を使いたいと思います。
心和むリスの訪問が増えてくれるとイイですね。
この季節でも小鳥の訪問もあるのでしょうか?
牛脂や落花生を木に吊るしておくと喜ぶと聞いたことがあります。
寒い時期はエネルギーになるものが必要なんですね。
投稿者: なっつばー   21/03/01 01:02
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
ヒメリュウキンカは日本ではまだ一般的ではないらしく、図鑑に載っていませんでした。
早春にはキンポウゲ科の草花が良いですね。日本では節分草や雪割草、一輪草など魅力的です。
私の地区で咲くのは4月からで、楽しみです。

美しい雪をテーマにした歌は多いし、雪は見ているだけなら良いのですが、実際そこに住んでいるとそうはいきません。
観光客はご気楽で良いですね。
ロシアの人が「温暖化は大歓迎」と言っていたので不謹慎だなぁ、と思いましたが、私も本音は同じです。
実際ここ3年は雪の量が半分以下に減っています。
でも一律に温暖化してくれなくて過激な気候変動があるので、台風とか豪雨、竜巻など災害も増えてしまいます。

今日から3月ですが、もう4月の気候ですよ。
ここ数日とても暖かい晴天で、トラキチもお散歩しました。
今年の初散歩です。
投稿者: ロッド   21/03/01 10:13
なっつばー様
コメントありがとうございます。
小学校の頃社会科で雪国の暮らしについて学びました。
しかし実際に経験しないとわかりません。
私の故郷は雪国というほどではなく積雪は最大30cmです。
ですが、この地方では一山越えると気候がまるで違います。
北に10km行くと積雪1m、さらに10km行くと3m!
苦労がまるで違います。雪に慣れている地方でも交通はマヒしてしまいます。
「飯山線不通」というニュースをよく耳にしました。
子供の頃の私は「不通」という意味がわからず「普通に動いている」と思っていました(笑)
どんなに頑張っても人間は雪には勝てません。

スクワットは単純な運動ですが、奥が深いです。
初めてやったのは高校生の頃でしたが、その後いろんな事がわかってきました。
昔のやり方は間違っていたし、いろんなやり方があって効果絶大です。
背筋を強くして良い姿勢を作る効果があるので、腰痛を防止し軽症なら治ってしまうこともあります。
この年になると何もしなくても膝が痛くなる人が多いですよね。
スクワットを上手に利用すると膝のリハビリになります。
関節はまっすぐ力を加えるなら丈夫ですが、捻ったり傾いたりすると、すごく弱いのです。
歩く姿勢が悪くて、膝や腰に長年無理をかけているケースが多いです。

重要なことは運動はなんでもそうですが、やりすぎない事です。
いきなり刺激を加えるのは厳禁。負荷は少しずつ高めていきます。ほんとに牛歩の歩みで少しずつ。

次回はリスちゃん特集の予定なのでご期待ください。
小鳥は真冬には平地のほうへ移動していたらしく、少なかったですが、
ここ数日急に増えました。シジュウカラがもう巣箱の中を覗いていたので中を掃除しておきました。
投稿者: ロッド   21/03/01 10:15
トラちゃんの眩しそうなお顔、
朝日かと思っちゃいました(笑)

ちっちゃなトトロに見えるリスちゃん
特集とは楽しみです^^

雪の苦労を知らない私には、
ロッドさんのご苦労がいかばかりか
全く想像のつかない世界で(*- -)(*_ _)ペコリ

運動不足の私にもスクワット必要ですね(;´∀`)
投稿者: しーな   21/03/02 07:46
しーな様
コメントありがとうございます。
バカボンのパパは朝日は拝まないのですよ(笑)
西から昇ったお日様はすぐに沈みます(。^p〇q^。)プッ

リスに興味が出てきて図鑑を開いて見たら、
なんと「ミケリス」を見つけたんです(=^・^=)
気になってしょうがありません。

私の故郷は雪国というほどではなく、積雪は最大30cm程度です。
積雪3mの所から来たクラスメイトがいたので、二階から出入りするとか話は聞いていたけど、実際に経験してみないとその大変さはわかりませんね。

大きな筋肉を鍛えるのが大切なんですよ。
そのためにはスクワットが全身運動なので一番です。
投稿者: ロッド   21/03/02 08:23
ヒメリュウキンカ、国内ではご存じない方が多いようでちょっとびっくりしました。
私の地域では、庭も道端もあらゆるところに侵入し、凄まじく増えてます。
ヒメリュウキンカもナガミヒナゲシもちょっとだけ咲いてると、とっても可愛いんですけどね。

リスちゃん、また会えてうれしいですね。
周りにクルミの木はあるけど落花生畑はないから、ピーナツは食べ慣れてない?
夏の間にヒマワリを育てて、タネを採っておくと喜ぶかもしれませんね。
昨日のテレビ番組でやっていたのですが、シジュウカラは人間の次に言語でコミュニケーションをする生き物かもしれないそうです。
「集まれ」「タカが来た」「ヘビが来た」など意味のある鳴き声がたくさんあるそうです。
観察していると「ロッドさんが来た」という特別な鳴き声で周りに知らせてるかもしれませんね。

何事も実際に経験してみなければわからないことがほとんどだと思います。
経験のない人がいろいろ想像してみたところで、本当の苦労はわかりません。
雪に関してではありませんが、そんなことを私もひしひしと感じている毎日です。
投稿者: woojyan   21/03/02 16:20
woojyan様
コメントありがとうございます。
雪に限らず、ですよね。
共感・同情する心に乏しい人がいます。それどころか人の不幸を喜ぶ! 茶化して笑い話にする。

シジュウカラの言語を専門に研究している人の話は、私もラジオで聞きました。
私の経験だとシジュウカラ科の他の小鳥もたぶん同様です。
ヒガラもヤマガラも。
蛇が狙っているのを知って、まだ飛べない雛に巣立ちを促しました。
ヒガラは人懐っこいです。「かわいいネ」と言うと近くへ寄って来ることがありますよ。

ヒメリュウキンカは古い図鑑には載っていないので、最近急激に勢力を拡大したのでしょう。
外来種が自然界のバランスを壊すのは困ったことですが、古くはオオイヌノフグリもそうですし、西洋タンポポも。
セイタカアワダチソウは問題視されましたが、最近は自然に減って行ってますね。
投稿者: ロッド   21/03/02 17:02


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません