21/04/16 05:32

お花見ドライブ

川向うに桜の並木道が見えます。
国道406号の小鍋地区、桜のトンネルです。
行ってみましょう。
4月12日のお花見ドライブです。

深く険しい渓谷の間に遠く真っ白い山が!
北アルプス唐松岳です。

大阪造幣局の桜の通り抜けは有名ですが、ここも桜の通り抜け。楽しいドライブですね。

たまにしかバスが来ない田舎のバス停。
向うの山の中腹には菜の花と桜がいっぱい!

さっき走ってきた道が見えます。街へ買い物に行くときはいつもこの道を通ります。

 

谷間の川べりまで下りて行くと、前から気になっている古民家があります。背景の岩山が凄い!

ずいぶん前から空き家になっていて、数年前までは三絃教授という看板がありましたが今は撤去されています。
三絃は三味線の別名だそうです。
渓谷の川沿いに三味線の音が静かに響くのは良い風情だったでしょうね。
壁に描かれた紋様は家主がご自分で描かれたのでしょう。良い趣味だと思います。

今度は高い所まで行って見ると、
険しい崖の上の山に集落が点々と見えます。
こんな所にも人々の生活があります。
昔は外界からは隔絶された場所だったので、忍者の里だったという話もあります。
近くに平家の落人伝説の村もあります。
ちなみに私の家は、この山の向こう側ずっと上の奥のほう車で30分で、こことは標高差が500mあります。

次は神代桜へ行きます。市街地にほど近い高台にあります。
いつもなら旧天皇誕生日の4月29日に見頃だったのに、今年は異常なくらい早いです。
右上の写真も神代桜に変更しました。
樹齢1500年とか2000年とか言われています。
この桜はソメイヨシノではなく野生種のエドヒガンです。
だから長命なのです。

長野市の市街地が眼下に見えて来ました。
お花見の名所城山公園が中央に見えますが、桜はもう終わっている様子で赤っぽい色に見えます。

 

家に帰って来ると、近所の家の裏庭にフキノトウがこんなにたくさん!
もう花が咲いてしまっていて食べられません。ここは別荘なので家主は夏しか来ません。
雪が全部消えるのはまだ先です。

この丸太が最近のトラちゃんのお気に入りです。
上で見張りをしたり爪とぎをします。
綱渡りの練習も(笑)
体操選手なら得意種目は平均台かな。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

こんにちわ〜
たっぷり里山のお花見堪能させていただきました
良いところですね〜
雪も解けてこれからしばらく良い季節が続きそうですね
空気が美味しそう!

こちらはハナミズキとツツジの季節です
よそのお庭にはモッコウバラの黄色が目立ちます
我が家にはないです〜
明日からお天気下り坂らしいですよ
投稿者: misako   21/04/16 15:25
misako様
コメントありがとうございます。
この場所は有名な観光地ではないですが、とっても良い所です。
お花見も混雑しない場所のほうが良いです。
自分のお気に入りの場所を見つければ良いんですよね。
里山のお花見シーズンはこれで終了。
これからは桜前線は高原にやって来ます。
花が次々と咲いて嬉しい季節ですね。
ハナミズキとツツジは長野市内でも道路に植えられています。
そろそろ咲く頃かと思います。

今日は暖かくなる予報でしたが、ハズレでした。
時折小雨がぱらついて外の作業はほとんどできませんでした。
明日はかなり降るらしいですね。雨の日もたまには良いものです。野菜や花たちには良いお湿りになるし、私は室内で落ち着いて手仕事ができます。
物を作るってほんとに楽しいですね。
昨日は小鳥の巣箱を完璧に仕上げてハシゴをかけて設置しました。これからが楽しみです。
投稿者: ロッド   21/04/16 20:13
素敵な眺めですね。
こういう景色を楽しみながらだと、いくらでも歩けそうな気がします。
実際には坂道に音を上げそうだけれど(^_^;)
神代桜、今年も拝見できて嬉しいです。ありがとうございます。
神々しいという言葉がピッタリの素晴らしい桜だと思います。
これからは新緑の美しい季節ですね。
トラちゃんも『見張り』が忙しくなりそうな(*´艸`*)
投稿者: pil   21/04/17 16:40
キレイな桜に青空、
気持ちの良いドライブが出来ましたね〜^^
お花見は見上げることが多いですが、
上から見下ろす景色もまた風情がありますね。

先週は山形に行きましたが、
桜が満開で、地元の方がひと月近く早い、と
言ってました。
今年はあちこちで早咲きですね。
そうそう、家の山椒とスダチに、もうアゲハの幼虫がいました(◎_◎;)
投稿者: しーな   21/04/17 17:09
pil様
コメントありがとうございます。
そうなんです。坂道が!
日本各地にこのような山村があって、徳島県の山中とか、海沿いの山口県尾道市とか、長崎とか、坂道が多いので有名ですね。
でも雪がなければ良いです。この場所は冬は雪と氷で凍結してスケートリンクのような状態になります。
私の実際の経験ですが、タイヤは冬用のスタッドレスでしたが止まっていても滑ってズリ落ちてしまい、コントロール不能で道路脇の雪の壁にぶつかってようやく止まりました。
相手がいなかったし、側溝に落ちなくて良かったです。
車通勤の人はとても危険です。
今は車社会ですが、明治とか江戸時代なら歩きだったので疲れるけど何とかなったのでしょう。

神代桜のすぐ近くの家が土地とともに300万で売りに出ていて、そこに住もうと思ったことがありました。
富士山が見えそうなくらい見晴らしが良くて、夢のような場所でした。
ですが伝統を重んじる古い集落は、近所付き合いが難しいようで諦めました。
神代桜は10年ぐらい前に枯れそうだったんですよ。それで樹木医に頼んで対策をいろいろと施して、今は見事に復活しました。
ここは私が一番好きな場所です。
今年は桜餅を買って行って花見をしました。

トラキチは今日の夕方も見張りで何か見つけて、窓辺で興奮していましたが、私には何も見えませんでした。
遠くのほうで小さいネズミが、地面の穴からちょっと顔を出していても見つけるほど視力が良いのでしょう。
投稿者: ロッド   21/04/17 19:05
しーな様
コメントありがとうございます。
うちの桜はまだ固い蕾なので、これからが楽しみです。
今はコロナ禍でダメ(絶対ダメということはないと思うけど)ですが、来年はツーリングに来てみてくださいね。
とても楽しいコースですよ。でも事前に下調べを入念にしておかないと道が複雑で難しい。
信州は山が高いから、上から見下ろす景色が面白いんです。

出張で遠くへ行けると、副産物で結構楽しい事もありますね。
私の若い頃は心に余裕がなくて仕事だけで限界だったので、何も楽しめませんでしたが。
毎月愛知から静岡を2週間かけて回っていました。

うちにも山椒の木がありますが、寒冷地のせいかアゲハは来ません。
害虫でも綺麗な蝶になると思えば、むやみに駆除できませんね。
ここは柑橘類は暖房の室内でないと育ちません。室内だと管理が難しくて。スダチができるのは良いですね。
投稿者: ロッド   21/04/17 19:06
青空の下快適なお花見ドライブでしたね♪
菜の花と桜は日本の春を象徴する風景だと思います。
寒い地方の人たちにはとりわけうれしい光景ですよね。
神代桜もだいぶ早く咲いたのですね。
千年以上も花を咲かせ続ける生命力には驚かされます。
その名のとおり神に近い存在なのかもしれません。
それにしてもロッドさんの近所には雪が残っていてびっくり!
昼間はけっこう気温が上がると思うのですがそれでも融けないのですね。
家主の知らないフキノトウがのびのびしているようで面白いです(^^)
投稿者: NEccoSun   21/04/17 22:05
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
ちょうど街へ買い物に行くついででした。
街との標高差が800mもあるので、走っていると季節が冬から春へと変わります。
1ヶ月か2ヶ月は季節が違いますよ。
だからお花見シーズンが長く続きます。

雪は今年は少なかったのでこんなもんですが、いつもなら倍以上は残っていて全部消えるのは5月初旬です。
半袖になるくらい暖かくても雪は消えません。量が多いですからね。
下手すると夏を通り越して翌冬まで持ち越しです。

この家の人は毎年フキノトウが生えているのを知らないのでしょうね。
これだけ出れば市場に出荷できます(笑)

神代桜は長野市生まれの父から話だけは聞いていましたが、自分の目で初めて見たのは10年前でした。
偉大な存在感に本当に感激でした。花が咲いていない季節に見てもすごいです。
昔々京都からこの地を訪れた高貴な人が植えたのだそうです。
山梨県にも同名の桜がありますが、枯れそうになっています。
この桜も一時危なかったんですが、今は見事に復活しています。
このような桜の大木はあちらこちらにありますが、どれも樹齢は300年程度です。
1500年とかいうのは本当に珍しいです。
投稿者: ロッド   21/04/18 05:23
今年はコロナ禍のため、中継ではなくドローンで撮影した美しい桜の景色をたくさん見ることができました。
日本には世界に誇れるほどの美しい桜の景色がたくさんあって、日本の良さを見直しました。
花の名所と言われるところはどこも素晴らしいのだけれど、例年だと人が多すぎて景色が楽しめなかったり、駐車場待ちで疲れてしまったり、、、
その点、季節ごとに自分だけのお花見スポットを持っていれば、人込みを気にせず1年中楽しめますね。
私も田舎暮らしに憧れています。
こんな景色がきれいでのどかなところに住めたらと思うけど、ロッドさんのおっしゃる通り、古くからの集落によそ者が入ることは非常に難しいですよね。
以前、農園で働いていたときにつくづく思いました。
同じ市内で、うちから車でたった20分の場所なのに、言葉は聞き取れないし、価値観が違い過ぎて呆然としたことが何度もありました。

こちらは明日は夏日になるらしいです。
台風も発生したようだし、なにもかもが早すぎて恐いくらいです。
投稿者: woojyan   21/04/19 23:04
山の多い地方ならではの景色ですね。
こういう景色ならもし日本に住んでたとしても興味深いです、実家地方は大きな平野部にあるので。
桜もいいけど菜の花の黄色がさらに春らしさを感じさせていいですね〜。
長野市はそういえば大きな盆地になるのですよね?
標高は高い場所にあっても夏は暑そう…。
トラちゃん、この丸太での爪とぎは最高に気持ちいいでしょうね!
お外にいるのが楽しい季節になりましたね^^
投稿者: alpenkatze   21/04/20 00:58
woojyan様
コメントありがとうございます。
ドローンの事、書こうかと思ったんですが引っ込めたんですよ。
神代桜にドローンが来ていて不快だったんです。初めて見ましたが、あれ音もうるさいんですよね。
すぐそばに操縦者がいましたが、皆に奇異の目で見られていました。

四季の美しさ。日本にいるとこれが普通ですが、実際の話を聞くとアメリカもヨーロッパも同じ温帯でありながら日本とは気候がずいぶん違うのが意外です。
しかし日本の気候も最近は変動が大きくなって、古くからの良さが失われつつあります。
桜の開花が極端に早くなると、やがて沖縄と同じように普通の桜は咲かなくなってしまうでしょう。
昨日の朝は猛吹雪で10cmの積雪がありましたが、今日は快晴。暑くなりそうです。極端なんですよね。
風が強かったのであちこちで木が倒れていました。

先日Yahooニュースで田舎暮らしの心構えを読みました。
時々そういうテーマの記事が出るんです。
けっしてしてはならないことは「自慢話」だそうです。
自慢話は勿論、自分の事を話さないのが田舎のルールだそうです。大切なのは聞き役になって相手を立てるということでしょうか。
そのくせ、ある事ない事人の噂話をよくするし、やたら人のプライバシーに踏み込んで根掘り葉掘り質問するんですよね。
これは女性特有の習性かと思いきや、男性も同じです。
私の感想では、むしろ男性に心の狭い人が多いように思います。細かい事をいつまでも気にしてグチグチ言うんです。
陰険というのかな、そういう人は男性に多いです。
嫉妬深いのも男性のほうです。
オリンピックの元会長だった森さんはどうかな?(爆)
競争心が強いのはむしろ男性のほうでは?
私は天文趣味のサイトで辟易としました。趣味だから一緒に楽しめばいいのに競争心むきだしの人が多いんですよ。
投稿者: ロッド   21/04/20 07:44
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
高校の校歌の題名が「山また山」でした。
長野以外にも山国は多いです。山ばかりなのに「山無し県」
すべって転んで「大痛県」とか(笑)

私は親元離れて関東地方へ移り住んだときには山が全然なくて周囲が地平線なので、ここは日本ではなくてアメリカの大平原?かと思いました。
道も広くて大きな車が主流なんです。長野は軽自動車ばっかり。
はい、長野市は盆地なので夏は暑いです。
ついこの前まで日本の夏の暑さの最高記録(40度)を保持していた山形も盆地です。
長野は涼しいと思っているらしく、都会から合宿に来る運動部の団体さんがいますが、暑さでバテバテになっています。
夜は若干涼しいのでよく眠れると思いますが、昼は体温より高いのが当たり前、時には40℃近くになります。
合宿なら標高1000m以上の所へ行かないとダメです。
軽井沢は標高1000mですが、都市化しているせいか最近はずいぶん暑くなり連日30度超です。
幸い私の所は都市化していないので軽井沢より涼しいです。

トラキチのお気に入りの丸太、昨日の朝は雪に埋まってしまいましたが、午後には雪も消えて外遊びができました。
喜んで爪とぎをしました。その後前の道路へ偵察に行って隣の家の庭へ侵入しようとしましたが、すぐに帰りました。

困ったことに融通が聞かない石頭(笑)なので、天気が悪くても外に出たがってダダをこねて困ります。
ワーワーニャーニャー鳴いても、10分ぐらいすると諦めて布団にもぐって寝ます。
その後天気が良くなったので外へ出そうとすると、今度は爪を立てて抵抗しますが、無理やり出してやるとすぐに機嫌を直して喜びます。
早い話、物わかりが悪いのですよ(笑)
投稿者: ロッド   21/04/20 07:45


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません