21/05/28 06:15

イワカガミ

この土地で高山植物のイワカガミを見つけたときは驚きました。

標高1150mですが、ここだけは特殊なんだそうです。普通はもっと高い所にしかありません。
岩場に多くて葉っぱが輝いているのでイワカガミです。

ベニバナイチヤクソウが咲き始めました。蕾もまた可愛いです。これも高山植物に準ずる物で平地では見られません。
今年はギンランが1本だけ咲きました。これはめでたい!

チゴユリも綺麗ですが、あまりにも増えすぎるので今は雑草扱いです。

ヤマブキが咲いています。とっても大きな花です。
良い香りがするのに今年初めて気がつきました。

金属光沢が美しいミヤマカラスアゲハです。

晩秋のキノコであるはずのクリタケが出ました。
初めての事なので気味が悪くて、お毒味程度に少しだけ食べてみたら美味しかった。
ツヤツヤのピカピカです。生でちょっと噛んでみて苦ければ毒。ニガクリタケは春によく出るんです。色や形も違いますけどね。
クリタケは生でも食べられそうなくらい美味しい味がします。ほんのり甘味も感じます。
ですが、キノコは何でもそうですが生では食べられません。生で食べると毒というキノコが多いのです。栽培物でも。

庭のニラと菜の花を摘んでラーメンに入れたら、すごく美味しかった。
菜の花の季節はもうそろそろ終わりです。

前回の遅咲きの白い桜は、調べてみたら「ミヤマザクラ」でした。深山にしかないそうです。
近所を探してみたら、もっと大きな木があって花がたくさん咲いていました。花がブーケのように集まって咲いているので、とても気に入りました。
桜の世界って、奥が深いですね。

トラちゃんは一応5月28日を誕生日ということにしてありますが、よく考えてみたら4月ではないかと思うようになりました。
まあ、誕生日なんかどうでもいいです。今年16歳であることに変わりありません。
昨日もカツオを満喫しました。でも食べすぎに注意!

カツオはどうした!?カツオはもう出ないのか?
ダダをこねて泣き叫ぶので、
主食の高齢猫用カリカリにカツオをトッピングしてやると、人間の子供のようにピーマンだけより分けて食べるほど器用ではないので、ひと粒残らず全部食べてしまいます。素直な性格です(笑)
よく寝てよく食べてよく運動します。よくおしゃべりもしますが、何を訴えているのか?わかりません。
わかったふりして「何ですか?」「ハイハイ」と答えています(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

こんにちわ〜
イワカガミきれいですね〜
うっとりします
最近は高原や山の方に行かないので
見ることはないですね〜

ベニバナイチヤクソウもギンランも高山植物なので見る機会がないです

野草は良いですね〜
しかも現地で見るのが一番ですよね

貴重な植物見せていただきありがとうございました
投稿者: misako   21/05/28 16:43
高山植物は可憐な花が多いですね。
イワカガミも可愛らしいです。
メタリックなミヤマカラスアゲハは見たことのないようなきれいな色です。
クリタケはどうして今頃出てきたのですか?
変な時期に梅雨になったからでしょうか。

トラちゃんも16歳ですね!
カリカリにトッピングはよくやる手です。
サスケは高齢猫用フードに不満があるらしく
おかかを少しかけないと食べないことがあります。
トラちゃんもまんまと引っかかってしまいましたね(^^)
投稿者: NEccoSun   21/05/28 21:16
misako様
コメントありがとうございます。
イワカガミを初めて見たとき私も惚れ込みました。
これを鉢植えにして楽しみました。気候も土壌も合っているので良く育ちます。
うちの隣の土地(家が建ってない空き地)に群生地があるんですよ。
ベニバナイチヤクソウ群生地はNHKのニュースでも紹介されます。
図鑑には高山植物とは書いてないですが、平地では見たことないし、寄生植物なので移植してもダメだそうです。
一方ギンランは千葉県にたくさん自生している場所があるそうですよ。植えればmisakoさんのお庭にも咲くと思います。

この私、ここに来るまでは花にはあまり興味なかったんですが、庭にこんなにたくさん珍しい花が咲くと興味が出てきて大好きになりました。
投稿者: ロッド   21/05/28 21:39
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
この土地に来てまだ10年ちょっとなので、自然界の未知の事に驚く事が多いです。
平地とはまるで別世界です。

メタリックのカラスアゲハは平地ではほとんど見られません。
クロアゲハなら見られますが、カラスアゲハは珍しく、さらに美しいミヤマカラスアゲハは貴重です。

クリタケはどうして出て来たのかな?
雨が多くなったのは、ここ1週間ぐらいなので、その前から出る準備をしていたのだと思います。
自然界は不思議がいっぱいです。
もうすぐ6月ですが、普通クリタケが出るのは10月末ですから、その頃の気候と似ているのでしょうね。

16歳になるまで元気に生きていられるとは!
想像もしていませんでした。
とっても元気で頭脳明晰(??)ですが、口臭が気になります。虫歯?歯周病?
水をよく飲むので腎臓は弱っていると思います。それで毒素が全身に回って口臭になるのかも。
年が年なだけに、しょうがないですよね。
むしろ飼い主の自分の健康のほうが心配です。
投稿者: ロッド   21/05/28 23:00
トラちゃんのお誕生日おめでとうございます(^▽^)/
トラちゃん的には、美味しいカツオを食べさせてもらえるなら、お誕生日はいつだっていいのかな?
「カツオはどうした!?カツオはもう出ないのか?」(笑)
トラちゃんが駄々をこねてるところを見てみたいです(*´艸`*)

高山植物には魅力的なお花が多いですね。
チゴユリ、こんなかわいらしいお花が雑草扱いだなんて、もったいない〜。
ミヤマカラスアゲハの色は、まるで宝石のようです。
トルマリンだったかな?確かこんな色をしていました。
今頃クリタケですか!ビックリですね!
投稿者: pil   21/05/29 23:50
岩鏡はピンクの愛らしいお花なのですね。
目の前で見たらさらに美しいと感じつことでしょう。
山吹は一重なのですね。
八重のも同じように匂うのかしら?
今年は終わってしまったので来年の宿題にしますね。
トラちゃんは16歳なんですね。
我が家のフックと同じです。
わがままOK。
元気で楽しく暮らしてくださいね。
投稿者: なっつばー   21/05/30 00:50
pil様
コメントありがとうございます。
誕生日はわかりませんが、年中お盆とお正月とクリスマスですよ(笑)
16歳はまだ子供なのでダダをこねて泣き叫ぶんです(苦笑)でも案外諦めも早い。

チゴユリは高山植物ではないらしいです。
丸い黒い種ができてドンドン増えます。
最初の頃は珍しかったので喜んでいましたが、今はもう邪魔者で困っています。

このカラスアゲハは山に多いキハダの葉を食べて育つとのことですが、幼虫は一度も見たことがありません。隠れるのが上手いのでしょう。
クリタケが春に出たのは初めてですが、ニガクリタケは今年は出ていません。お互い排斥し合っている?
シモフリシメジは煮込むと肉が締まって美味しくなりますが、クリタケは逆で煮込むと不味くなってしまいます。
つまり翌日は美味しくない。新鮮なのをサッと火を通して食べると美味しいです。
投稿者: ロッド   21/05/30 12:32
なっつばー様
コメントありがとうございます。
去年はイワカガミは忘れていて時季を逃してしまいました。
家の庭のは葉っぱだけで咲かず、群生地は森の下草に隠れて目立たないんです。
このヤマブキは自然界の物なので一重なんです。
こっちのほうが花が大きいような気がします。

猫を飼い始めた頃は「苦節16年」なんて言われました。
最近の猫は長生きするから、一度飼ったら最後まで面倒を見るには覚悟が必要ということですが、苦節ではなく幸福を運んで来てくれました。
感謝感謝の毎日です。
投稿者: ロッド   21/05/30 12:32
イワカガミいいですね!可憐で美しい
自宅で愛でることができるなんて羨ましいです。

コロナ前に八ヶ岳の南沢を歩いたことが懐しく思い出されます。コイワカガミだったかもしれませんけど。また山に行ける様になるといいね〜と画像を見ながら妻と話しています。
投稿者: サジモト   21/05/30 18:23
サジモト様
コメントありがとうございます。
今夜は久々の快晴! 月明もないし春の銀河探訪ができそうで楽しみです。
二重星も見たいです。
奥様と一緒にブログを見てくださっているとは嬉しいです。

私は登山はしませんので、イワカガミはこの土地に住むようになって初めて知りました。
こんな身近な所にあるとは!まったく驚きました。
一般にはほとんど知られていない秘密の場所です。

コロナ禍でも登山自体は全然問題ないはずですが、宿泊となると山小屋は三密を避けられないし、道中の外食も問題ありなので・・・
家からおにぎり持って出かけられるような山なら良いのですが。
投稿者: ロッド   21/05/30 19:58
イワカガミ、ピンクで可愛い花ですね。
イワカガミは見たことありませんが、ギン蘭や一重咲のヤマブキならこちらにも自生してます。
どちらかというと、ギンランよりキンランの方がたくさんあります。
今の時期は淡いピンクのホタルブクロがあちこちで咲いてます。

ミヤマカラスアゲハ、きらきら光ってきれいですね。
まるで孔雀の羽のよう。
官兵衛も光に当たると、羽の部分がきれいなブルーグリーンに見えました。

まだ菜の花が咲いているくらいなのに、ニラがずいぶん大きく成長してますね。
うちのニラと同じくらいに見えます。
ニラはおいしいですよね〜。
栄養あるし、宿根するし、切って何度も食べることができるので、とっても重宝してます。

トラちゃんはロッドさんの唯一無二の相棒ですもんね。
これからも元気で長生きしてほしいですね。
投稿者: woojyan   21/05/30 21:34
woojyan様
コメントありがとうございます。
イワカガミは隣の土地(家がなくて空き地)に群生していますが、うちの庭に移植したら花が咲きません。
10年前ですが、鉢植えにしたときはたくさん咲いて楽しませてくれました。これを地植えにしたら咲かなくなってしまったんです。
ヤマブキはここには自生していませんでしたが、低い山から採って来て移植したら育ちました。

ギンランはあるけど、キンランは一度も見たことがありません。
似たようなランの仲間でノビネチドリがありましたが絶えてしまいました。残念!

カラスアゲハの光沢は鳥の仲間にも似たような色がありますね。カラスもそうですが、ドバトの首の所の緑色の金属光沢も似ています。

菜の花は今日全部収穫して処分しようと思います。
ニラはちょっと野菜が必要なときに外へ行って摘んで来ると便利ですよね。味噌汁にも炒め物にも。
しかし、ここは土が悪いので最初は糸のようなニラしかできず、ここまで来るのに5年もかかりました。

ありがとうございます。トラキチは年々懐いて可愛くなります。
今朝も起きてから外に出たいとドアをガリガリやって大騒ぎで鳴き叫んで、トイレに行ってご飯を食べて水を飲んでやっと今ベッドに行って静かになったところです(笑)
投稿者: ロッド   21/05/31 10:15
山の足元には可愛らしいお花がたくさんですね。
そしてキノコも!
下を見て歩くといいことがありますね(笑)

トラちゃんお誕生日おめでとうございます^^
16歳、ますます元気ですね!
カツオパワーのお陰かな?
投稿者: しーな   21/06/01 06:39
しーな様
コメントありがとうございます。
いよいよ嬉しいキノコの季節がやって来ました。
梅雨どきになるとたくさん出ます。
真夏にも出るし、晩秋までずっと出続けます。
今年はタケノコを食べそこねてしまいました。残念!

ありがとうございます。
16歳というと、そちらの猫ちゃんたちよりずっと上ですね。今日も元気にお散歩して、ご飯おかわり要求しました。
今はお昼寝タイムです。やっと静かになりました。
いろいろ要求が多くてうるさいんです(笑)
投稿者: ロッド   21/06/01 12:18
こんばんは
ミラーをお譲りしていただいてからR100Lイジリにハマってしまい連夜の星見です。

毎晩チョコチョコっと光軸を調整してはエアリーディスクと睨めっこの毎日。今夜もすぐに雲が出てきて今さっき撤収しましたがシーイングは最高でした!

スピカをO−5(×200)で見ましたがエアリーディスクの輝点が中央にあり内外像も真円で第一ジフラクションリングが淡く見えてます。
プルケリマも素晴らしい見え具合で第一回折リングの外側に緑色の伴星が針で突いたように見え思わず「すごっ」と声が出てしまいました。
これまで屈折党で反射は食わず嫌いでしたが
使い込むほどにほれ込んでいます。調整箇所が多く気流の乱れで見え方は変わるし最後の
詰めはたいへんでしたがビシッと決まる気持ちいいです!

小生は倍率を頻繁に変えるのでターレットリボルバが欲しくなってきましたがロッド様は何かお使いですか?お勧めがあればご教示願います。
投稿者: サジモト   21/06/01 21:43
イワカガミはこちらではイワカガミダマシ、ギンランはこちらではクゲヌマラン、そっくりな花が今の時期の山歩きで見られるので、山歩きができてない今は懐かしいです。
イチヤクソウも見られますが、これは数回しか見たことないのであちこちに咲いてる花ではなさそうです。
今の時期の高地はかわいらしい花が多くていいですよね〜。

トラちゃん、もう16歳なんですね。
もっと若く見えますよ♪
好きな食べ物があってその味のおかげで他のご飯も美味しく全部食べられるのならまだまだずーっと長生きできますね^^
いろんな猫さんをブログやらインスタやらで見るけど、やはりご飯がちゃんと食べられる、これが猫には大事だなあと感じる今日この頃です。
投稿者: alpenkatze   21/06/02 01:40
サジモト様
コメントありがとうございます。
本当はこのブログにも天文関連の話題を書きたいのですが、一般の方々にはウケが良くないんですよ。
別のブログを契約しようかとも思いますが、Facebookも放置中で忙しく、なかなか管理ができません。

お譲りした反射鏡、気に入っていただけて嬉しいです。
反射嫌いだという人が結構多いですが、本当に良い反射なら屈折と同じだと思います。
色収差と球面収差が0であるという反射の利点は大きいです。これは屈折では基本的に実現不可能な事ですから。
10cm級の反射でもドーズの限界を超えそうな事がありました。分解能1"の壁を超えたら愉快ですね!
究極の性能にチャレンジできる楽しさがあります。
昔は10cmF10でも木辺さんが磨いていたんですよ。私の高校の先輩がその鏡で月面写真で雑誌に何度も入選しました。
特注品?アストロ10cm反赤に木辺鏡が組み込まれているなんて不思議な仕様でした。

スピカを見たついでに右上のγ星もどうぞ。等光二重星で串刺し団子のように見えて綺麗ですよ。
離角は今は3”近くもありますが、昔はずっと狭くて難物でした。
先日のメールで書き忘れましたが、星像がわずかに伸びて点にならないのは光軸の狂いではなく、温度変化や気流の乱れが原因の事があります。
温度が馴染んだら自然に直ったことがありました。いじってしまうと逆に悪化したことがありました。
なかなか微妙です。

ターレットレボルバーは昔買ったビクセンですが、あまり使っていません。眼視派には欲しいアイテムですよね。
今はどこから発売されているでしょう?高橋のがまだあるのかな?
投稿者: ロッド   21/06/02 04:17
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
そちらにも似たような花があるのですね。
この前拝見した青い美しいリンドウ、こちらでもフデリンドウが今咲いていますが淡いブルーです。
ベニバナイチヤクソウはすごくたくさんあるんですよ!
とっても綺麗です。白いのもありますが、これは少ないです。
山歩きができなくて残念ですね。でも近場にも綺麗な花がたくさんありますね。

ありがとうございます。
自分を褒められるよりも猫を褒められると嬉しいです(笑)
親バカですが、実際若く見えると思います。前飼っていた三毛猫は年をとったら毛がボサボサになりました。
高齢猫用の餌が良いのかな。
あ、そういえば昨日は外に出て葦のような大きな草を食べました。太郎ちゃんと同じです。
でも年には勝てず、腎臓が弱っているようで水を大量に飲みます。これによって何とか健康を保っている様子です。
去年は少し不調でしたが、今は食欲あって好調です。
この年になると健康状態は一進一退ですね。
投稿者: ロッド   21/06/02 04:18
こんにちは!ロッド様またまた天文の話題で恐縮です。

気流の変化で星像が僅かに延びることは今回使い込んでみてよくわかりました。ミラーが温度になじむと星像も一層シャープになりますね。それとスパイダーの回折で近接重星が見にくくなることも体験できました。

木辺鏡の10センチ好条件化どんな像を結ぶのでしょうかね神格化されたミラーの見え味とても興味があります。以前原村星祭りで15センチの木辺鏡で土星を見せていただいたことがありますがかなり酔っぱらっていたのと気流がイマイチでしたので特に印象に残っていません。

ところでお譲りいただいたミラーはとてもよく見えますが何分のλ位でしょうか?面の滑らかさとつやが重要だとお聞きしていますが興味がありますので

ターレット見た目かっこいいですよね。ミーハーの小生にはぜひ手に入れたいアイテムです。タカハシは天頂プリズム内蔵タイプのがまだ販売されていますが重くてゴツイそして一番問題なのは極めて高価(笑)バーダーのものは安価ですが樹脂製で質感がイマイチかな〜と思っています。軽量なのはいいですが

R100Lで使用するつもりですからバランスを考えるとはるか昔ビクセンで販売されていた直視タイプの3連ターレットなんかがシンプルでよさそうですがオクでもまず見かけませんね〜これに幻のE20とモノコートのオルソを取り付けて星雲星団から二重星までオールラウンドに対応と楽しい妄想は膨らみます。
投稿者: サジモト   21/06/03 14:26
サジモト様こんにちは。
私の推測ですが、温度変化で星像が微妙に伸びるのは斜鏡平面の温度変化ではないかと思うんです。
また圧迫に敏感で歪みやすいのも斜鏡のほうです。

もちろん、最初のうちは主鏡も温度で大きく変化します。
最後の微妙な狂いは斜鏡ではないかと思います。
これを知ってか知らずか、斜鏡にだけパイレックスガラスを使うケースがありました。
筒内気流は空気の密度の差で屈折率にムラが生ずる現象なので、それによって焦点位置がわずかに変化します。

スパイダーは3本足だと光条が6本出るので、10cm級の場合は1本足が良いです。
高橋のI型、90年代のケンコー11cm(黒い筒)が1本足でした。

小口径の木辺鏡は珍しいので、かなり古い時代の物だと思います。
何分のλという数値は、20cm以上でないと測定値に誤差が大きくて信憑性が低いです。
また、小口径ほど高精度の鏡を作りやすいので、例えば大阪の日本特殊光器の中村鏡など1/24λというのもありました。
お譲りした鏡は星像テストの感じだと1/16λよりも良さそうです。

ターレットは売れ行きが悪かったので製造中止になってしまいました。
ごく一部のマニアしか買ってくれないのです。
私のビクセンのは4頭で36.4サイズが1個付きます。70年代には別の平面のがありました。
ただ、光路長の関係で反射に使えるかどうか?

高橋は24.5が4個付くのと、大型望遠鏡用の5頭がありました。
今はプリズム内蔵ですか?それは面白くないですね。
五藤光学のは真鍮製ですごく重いです。大型望遠鏡用でした。
幻のE20?(笑)2本持っていますが、あまり良くないですよ。ただ視野が広いだけです。アイポイントがすごく近くて、涙でレンズが汚れてしまいます。眼鏡の人は無理。
中心像は良いです。製造時期によってレンズ設計が違います。
コーティングも良くないです。昔の製品ですからね。
投稿者: ロッド   21/06/03 15:14
こんばんはロッド様

星像の変化の推測、相変わらずの博識に頭が下がります。小生にもわかりやすいです。

さすがアイピースマニアですね!E202本もお持ちですか〜しかしエルフレ20ミリあまりよくないとは残念です。アストロ、タカハシのエルフレが32ミリなのに不思議なスペックでしたね。双眼鏡の流用だったのでしょうか?

中学生の頃(1975〜78)丸暗記?したビクセンのカタログに掲載されていた記憶があります。他社と比較し安価でしたので何とか手が届きそうかもと・・・そのころ”未知の星を求めて”を図書館で読んで広角アイピースに憧れていた小生は絶対に手に入れて彗星を発見してヒーローになろうと目論んでいた夢多き15の春でした。
投稿者: サジモト   21/06/03 22:56
サジモト様
こんばんは。今ブログの新しい記事を投稿しました。
週1回ですが、これが結構大変なんです。
これでやっと気持ちと時間に余裕ができました。

先日メルアドをお知らせしたので、今後はメールのほうでお話しましょう。
私もそちらのほうが気楽に好きな事が書けて良いです。
早速この後E20やターレットなどの詳しい情報をメールします。

ビクセンのE20とか3頭ターレットとか、古い時代の事をよくご存知なので私と同年輩かと思いましたが、少し年下なんですね。
私はその頃は大学生でした。
投稿者: ロッド   21/06/04 00:47


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません