21/06/04 00:27

レンゲツツジ

ツツジの季節になりました。
高原ではレンゲツツジです。
青森県へ行くと平地にもあるそうです。
オレンジ・赤・ピンクなど色変わりがあります。

こんなにたくさん咲いています。
植えられた物ではなく自然の物です。
白樺の木の下のベンチでお弁当を食べるのも良いですね。
戸隠山にはまだ雪が見えます。
大して高くない山(1900m)ですが、谷には雪が大量に集まるのでしょう。

この場所は公園になっています。家から歩いて5分です。
夏休みになると東京のほうの高校の陸上部が合宿に来て、この広い芝生を走ります。
しかしコロナ禍のためか去年は来なかったような。

もうセミが出て来ました。
小さくて可愛い(3cm以下)ハルゼミです。ミンミンではなくガヤガヤと鳴きます。

 

薄暗い部屋で物思いにふけっているトラちゃんが、
座敷童のように見えたので撮影しましたが、単なる可愛い猫に写ってしまいました。明るい座敷童です。

 

絵が大好きなのでネットでは昔から絵の関係のお友達が多いですが、今は自分では描きません。
他にやりたい事が多すぎて時間を捻出できません。また描いてみたいな、と思っています。

先日実家へ行ったので、小学生の頃の版画と絵を撮影して来ました。
今も勉強部屋に飾ってあります。もう色あせてセピア色です。
版画は小学校4年生のとき。まだ24歳と若かった担任の先生です。
これが県のほうに入選したのでお祝いに天体望遠鏡を買ってもらったのでした。
右のアズマギクは6年生か中学1年だったと思います。
中学へ行ったら先生が変わったせいか評価されなくなり、自信を失ってしまって高校では書道を選択しました。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

ツツジの季節、今年は少し遅いのでしょうか。
私が子供の頃は、近くの山にも咲いていたんですよ。
「この花がレンゲツツジだよ」と、教えてくれたのは祖母でした。
思い出の中の祖母は、いつも変わらずおばあちゃんなのですが、
考えてみると、あの頃の祖母は今の私の年齢だったのかも...(^_^;)
小学生の頃の作品とは思えない、お上手ですね!
入選するだなんて凄いじゃないですか。
アズマギクも優しくて素敵な絵ですね。
投稿者: pil   21/06/04 15:20
pil様
コメントありがとうございます。
大阪にもレンゲツツジがあるんですね。
この前も聞いたような、思い出しました。
別の大阪の人(京都との境目あたり)はレンゲツツジは見たことがないと言っていました。
今は皆さん長生きになったし、年齢より若く見えますね。
自分の親や祖父母を思い出すと、年齢の割にずいぶん老けていました。
今自分がその年齢になったなんて信じられません。

子供の頃は絵が大好きでした。
学校のすぐ近くの公園で毎年行われていた写生大会には参加してたんですが、入選したことは一度もありませんでした。
文字通り自画自賛になってしまいますが、このアズマギクの絵は自分でも気に入ってるんですよ。
割り箸の先を削って尖らせて、それに墨をつけて描いて絵の具で着色しました。
投稿者: ロッド   21/06/04 16:30
こんにちわ〜
今日は風が強く横殴りの雨が降っています
梅雨のようです〜
少しムシムシしますします

レンゲツツジきれいですね〜
紫がかったピンクも奇麗ですが
この色も目が覚めるような色合いで
とっても素敵です
高原に行かないと見れないツツジですよね
園芸種のつつじよりずっと好きです

小学校の時の版画がまだご実家に飾られてるのですか?
小学校でこれだけの版画素晴らしいです!
さりげなく描かれたアズマギクも懐かしさを漂わせていますね

時間を作って絵を描かれてはいかがですか?小さなスケッチから・・・
投稿者: misako   21/06/04 16:34
misako様
コメントありがとうございます。
実はこの絵、misakoさんに見ていただきたくてUPしたんですよ。
でも絵は入選したことがありません。版画のほうは2回入選しました。
まあ他人の評価なんか気にせず、趣味として自己満足で良いから楽しめば良いんですよね。
今度お手軽な色鉛筆などで描いてみようかと思います。
何を描こうかな。やっぱり花が一番です。

こちらの雨は大したことなくて良いお湿り程度でした。
レンゲツツジは花が大きいし、たくさん咲いていて見事です。
色変わりがあるのも面白いです。
普通はオレンジ色ですが、たまに真紅の花やピンク色、茶色っぽいオレンジ色もありますよ。
投稿者: ロッド   21/06/04 19:33
レンゲツツジというのですか。
ツツジと言えば公園に植えられているというイメージですが自然に生えているのですね。
高原はこれからがいい季節。
こちらでは一週間ほど暑いくらいの気温が続くようですが高原は爽やかなんでしょうね。

版画も絵もよく観察されていると思います。
アズマギクの絵は特によく見て描かれているので先生がほめていればボタニカルアートの道に進めたかも(?)
高原は美しい花々の宝庫ですからぜひ絵を描いて楽しまれてはいかがですか?
投稿者: NEccoSun   21/06/04 20:36
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
ご存知なかったんですか?そう言われると、ご紹介した甲斐があったと嬉しくなります。
このツツジを知らない人が約半数ですね。
特定の地域にしかないのかもしれません。群馬県の県花だそうです。
一番の名所は東御市の湯の丸高原と須坂市の破風高原です。
やはり群馬県境です。標高がここより高いので咲くのはもう少し後です。
うちはまだ毎朝ストーブを焚いていますよ。昨夜はストーブの上で煮豆を作りました。

版画のほうは入選作なので、まあ当然かと思いますが、アズマギクのほうが自分としては気になってたんですよ。
実家に行ったらまだ壁にそのまま飾られていたのでラッキーでした。
こっちも額に入れたら良いな、と思いました。ガラスを通して見ると綺麗に見えるんですよね。
どうも写実的すぎる絵は芸術性が低いように思ってしまって、ボタニカルアートの分野には入りにくいんですよ。
でも他人の評価なんか気にせず、自分で楽しむだけなんですから何でもいいんですよね。
投稿者: ロッド   21/06/04 23:35
オレンジ色のツツジが好きです。
咲いている場所がパッと明るくなる気がします。
ロッドさんは絵がお好きなのですね。
アズマギクの絵は、とても嫋やかな感じがして素敵です。
これでも評価されなかったのですか?
出会う先生によって、将来すら変わってしまうことがあるのですよね。
全ての先生が人格者であるというのは難しいですが、生徒と全力で向き合って欲しいものですね。
いつでも一生懸命な先生はみえますが、最近は不祥事ばかりが聞こえてきて残念です。
投稿者: なっつばー   21/06/05 00:16
なっつばー様
コメントありがとうございます。
関西の人がオレンジ色のツツジが珍しいと言っていました。
そう言われると、普通はありませんよね。
高原はレンゲツツジの季節が一番華やかです。
須坂市の群馬県境のほうの破風高原に行くと、ジンギスカンのバーベキュー大会で大賑わいらしいですよ!
話に聞いただけで行ったことはありませんが。今はコロナ禍なので中止なんでしょうね。

アズマギクはどういう評価だったか忘れました。記憶に残っていません。
でも自分ではこの絵が好きなんです。
今は絵は鑑賞するのが好きなんです。
本当は自分で描きたいんですが・・・
芸術は主観なので、人によって評価が分かれます。
好きか嫌いか?個人の心の中の問題ですから。
巨匠の作品だと言っても、嫌いだと言えば嫌い。それで良いんです。
だから逆に面白いんですけどね。

私の学生時代の同級生が今は芸術家になってるんですが、その人は小学生の頃から絵がとても上手だったので、先生に「親に手伝ってもらったんじゃないか?」と疑われて低い成績を付けられたそうです。
日本ではなかなか正当な評価をしてもらえない事が多いみたいです。
今はアメリカへ行って活動しています。
私の高校の大先輩であった池田満寿夫氏も日本では芽が出ず、アメリカへ行って成功しました。
日本では芸大を何度受けても受からなかったんです。
長野県松本市出身の草間さんもアメリカへ行って成功しました。ピカソに匹敵する芸術家と評価されています。
投稿者: ロッド   21/06/05 01:15
街の植え込みのツツジとはまた違ってキレイな赤色ですね。
山には雪が残ってるというのに、
もうセミですかΣ(・ω・ノ)ノ!

昨日は上田に行ってきましたが、雨が強くてうろうろできず残念でした^^;
でも美味しいくるみ蕎麦を食べられたので良かったです(笑)

座敷童トラちゃん、「単なる可愛い猫」に笑ってしまいました(≧∇≦)
投稿者: しーな   21/06/05 07:12
しーな様
コメントありがとうございます。
高原はいろんな意味で別世界です。ツツジは他の種類(ミツバツツジやヤマツツジ)も少しありますが、街のツツジとは違います。
ハルゼミは5月末から出て来て6月で終わりです。すごくたくさんいます。

昨日は雨だったのに! 上田まで来られたんですか。
クルミ蕎麦は美味しそう。
クルミと言えばリスがクルミが大好きで、図々しくなって窓ガラス越しに要求するようになりました。爪がガリガリと鋭いです。少々凶暴化しているような(汗)

座敷童のように幻想的で怖い顔だったので写真を撮ったんですが、明るく可愛い猫になってしまった(笑)
投稿者: ロッド   21/06/05 10:09
上田はバイクで遊びに来たんじゃなくて、お仕事だったんですね。ご苦労様でした。
投稿者: ロッド   21/06/05 10:10
芸術家や研究者が報われない国は発展しませんね。
残念なことですね。
投稿者: なっつばー   21/06/05 22:06
なっつばー様
おっしゃるとおりだと思います。
池田満寿夫氏は浪人中、路上で似顔絵を描いてわずかな収入を得て生活していました。
そして芸大は諦めて渡米・・・
芸術家だけでなく研究者もですね。頭脳流出・・・
アメリカが最高に良い国だとは思いませんが、日本の将来が心配になってしまいます。
投稿者: ロッド   21/06/06 00:45
レンゲツツジがたくさんきれいに咲いていますね。
ほんと、こんな場所にはお弁当を持って、ゆっくり時間をかけて散策したいものです。
以前はこちらでも田んぼ横の土手の日当たりの良い場所などでオレンジ色のツツジをよく見かけました。
ロッドさんの写真のツツジより、もっと薄めのオレンジだったように思います。
レンゲツツジだったのか、ヤマツツジだったのか?
いつの間にかみんななくなってしまいました。
きれいな色だから、根っこごと掘って持って行ってしまったのかも。

絵がお好きなんだろうとは思っていました。
私もご自分で描いて楽しまれたらいいのに〜と思います。
隠れていた才能が花開くかも( *´艸`)
先日こんなネット記事を読みました。
https://www.buzzfeed.com/jp...
本当に出会った先生の一言で才能が開花したり潰れたりすることがあるかもしれませんね。
投稿者: woojyan   21/06/06 23:42
woojyan様
コメントありがとうございます。
実際の花の色は写真よりも淡い色でオレンジ色です。
他のツツジよりずっと花が大きくて2倍ぐらいあります。
梅雨入り前の今の季節、外でお弁当を食べると楽しいです。

絵は100人いれば100様でみんな違うと思います。
どんなに写実的に描いても写真とは違って、その人の個性が出ます。
だから上手い下手はないんですよね。
上手い下手ではなく、好き嫌いはあります。自分が嫌いなタイプの絵を「下手」と酷評する人が多いんです。

ご紹介のサイトは左側の鉛筆で描いたのが昔の落書きで、右側のが現在の作品なのですね。
先生に褒められたのでヤル気が出て成長したということでしょう。
投稿者: ロッド   21/06/07 05:10
このレンゲツツジに似た花が、自転車でたまに通るところのお宅の庭に咲いてます。
色も赤とかピンクとかで、今の季節に見るツツジはなんとなく日本を思い出させてノスタルジーな気分になるんですよ(笑)。
1900mくらいの山だとこちらもまだまだ雪が残ってるところが多いです、今年は特に寒かったので。
それでももうセミも出てきてるんですね。
夏にはもう帰らないようにしてるので、日本にいた頃はうるさく感じたセミも懐かしく感じます〜。
版画の先生は実際に見たことないのに、想像できますよ!
こういうのを大事に取っておかれるのはいいですね^^
私も小学校の頃に絵具スケッチで何度か県に入選してたんですが、その後学校の環境が変わってスケッチ自体が楽しくなくなったのは覚えてます。
こういうのでのやる気って、周りの環境も多少影響するなあと今でも思ってます。
投稿者: alpenkatze   21/06/07 19:18
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
そちらと気候が似ているようなので、同じツツジがあるかもしれませんね。
桜とツツジは日本を代表する花ですね。
どちらも一斉にたくさん咲くのが良いです。

こちらでは雪が少なかったので、1900mぐらいの山はどこも雪が消えていますが、この山だけは違います。
大変に険しい地形で谷が深いので雪が谷に集まるのです。
10mぐらいの深さに溜まっているかもしれません。
この山の登山は難度が高く遭難が多いです。

このセミは特殊です。里のほうでは見たことがありません。
今は最盛期で賑やかに鳴いています。でも鳴き声はミンミンじゃないんですよね。
そちらにセミがいないというのは不思議です。

アルペンさんも絵で入選したんですか!
それは素晴らしい。また描いてみたら楽しいと思いますよ。
私もお手軽な色鉛筆画から始めようかと思っているところです。
何を描こうか? たぶん猫かな(笑)
ネットでブログなど見て回ると絵を趣味にしている人が多くて、見るだけでも楽しめますね。
投稿者: ロッド   21/06/07 21:11


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません