21/06/18 01:11

モリアオガエル

皆さんコメント欄でカツオは?と催促してくれたので、
遅ればせながら、やっとカツオが出て来ました。
やっぱり、というか予想以上に喜んでいます。
そんなに慌てなくても! と思うんですが。
ブレている様子でわかりますね。撮影用なので意地悪なラップがかぶっていて食べられません(笑)
この後でたっぷりと食べて上機嫌でした。
端切れなので安いですが、味は同じですからこれで十分です。
私は酢醤油とワサビでとても美味しくいただきました。
冷凍にしても味は落ちません。解凍して熱湯をかけてから食べます。

 

近所にニッコウキスゲがこんなにたくさん咲く場所があります。

上品な花ですね。平地にも似たような園芸種の黄色いユリがありますが、ニッコウキスゲは高原にしか咲きません。

このアヤメも自然の物です。アヤメの次に咲くのはノハナショウブです。
まだ菜の花が咲いていますが、これで見納めです。

 

モリアオガエルが活発に活動する季節になりました。
とても敏捷で用心深いので、遠くからそっと撮りました。
最初の産卵は珍しく失敗。
池の上ではない枝に産卵してしまったので、枝ごと切って水に浮かべておいたところ、何者かに持ち去られてしまいました。犯人はタヌキか?
4匹も集まって抱きついて可愛いです。
その後は乾燥した晴天だったので干からびて、カマキリの卵のようになってしまいました。毎日じょうろで水をかけてやりました。

やっと梅雨らしい天気になったので、また産卵しました。
今度は2匹でした。産卵が終わるとすぐに姿を消してしまいます。入れ替わり立ち代わりもう5回も産卵しました。
普段は全然姿を見せないのに、ずいぶんたくさん棲息していることがわかりました。
天然記念物とか絶滅危惧種に指定されている貴重な種です。
今後オタマジャクシが超過密になるので、どうやって育てるかが悩みです。
毎年カエルに育つのはごくわずかです。

こちらはヒキガエルのオタマジャクシです。
5年ぶりでしょうか!? 嬉しいです。
ここ数年は激減で、去年は庭に住み着いたヒキガエルを蛇に食われてしまい、もう絶滅したかと思っていました。
今年は夜中に鳴き声だけが聞かれましたが姿は見えず。池の中を棒でさぐってみましたが、卵は見つかりませんでした。
オタマジャクシは大切に育てようと思います。
これからは水槽を増設したりで世話が忙しくなります。

アマガエルも久しぶりに見ましたが、1匹だけでした。激減です。アカガエルも激減。今年はまだ一度も見ていません。
ここ数年なぜカエルが激減なのか?心配です。
モリアオガエルが健在なのは嬉しいです。

 

梅雨入り前には晴天が続き、星が良く見えました。
梅雨のわずかな晴れ間も空が澄んでいてチャンスです。
星は毎夜見えると思っている人がいるようですが、本当に良く見えるのは年に数回です。わずかなチャンスを大切にしないと!
高性能な望遠鏡をまた新しく自作したので、宇宙の神秘を堪能できています。
市街地では暗い星は見えないので、この土地ならではの楽しみです。
この奇っ怪な形の銀河は初めて見ました。こんなに小さいですが、実際の直径は10万光年もあります。距離は何千万光年です。
この中に地球と同じような星がいくつかあるのは確実です。
ほかにも未知の微小な銀河を、しし座で2個見つけました。星図(星空の地図)で調査して名前がわかったときは嬉しかったです。
もう何十年も星を見ていますが、見たことのない天体はまだ数多いです。
特に初夏の西の空には微小な銀河が何百とあり、一生かかっても全部見ることはできそうにありません。
もし調査して不明の場合は新彗星の可能性がありますが、今は昔と違って素人の新彗星の発見は不可能に近いです。
まあ、真似事でもワクワク感を味わうことができれば楽しいです。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

カツオ...いいなぁトラちゃん。
沢山食べさせてもらってよかったね(*´艸`*)
ニッコウキスゲは、カンゾウに似た雰囲気のお花ですね。
見事な群落、綺麗です〜。
先日、路面電車の線路横の植え込みに、
オレンジ色のお花が咲いているのを見たのですが、
もしかしたら近縁種かもしれません。
ヒキガエルのようなカエルは、ちょっと苦手なのですが、
モリアオガエルはかわいらしいので、
安心して見ていられます。(笑)
今年も沢山育ってくれるといいですね(*^-^*)
そもそも星図というものに馴染みがないのですが、
それでも、それを見て星の名前を確認するという作業が、
いかに大変であるかは想像ができます。
それを楽しんじゃうところが凄いですよ〜。
投稿者: pil   21/06/18 15:32
pil様
コメントありがとうございます。
星図がないと天体観測はできません。どこに何があるかわからないからです。
月と明るい惑星だけ見ていても飽きてしまいます。次のステップに進まないで飽きてしまう人が大半だと思います。

天体観測は星の位置を測ることが基本なんです。動く星も多いですからね。
地球上の場所を特定するのと同じように空にも緯度経度があって、未知の天体を発見した場合には、できるだけ正確に測定して天文台に報告します。これがなかなか難しい。
写真を撮ってその上に目盛を重ねる方法が良いのですが、面倒です。
私の場合には「あの星とあの星の中間」といった感じで星図を見て大体の位置を知ります。星図を見るとそこには何らかの天体が記載されていて、別の資料を見ると明るさとか大きさ見え具合などの情報を知ることができます。
こうして自分のお馴染みの天体が一つずつ増えて行くのが楽しみです。

おかげさまでカツオの話題で盛り上がっています(笑)
トラキチの影響で私もカツオが大好きになりました。

ユリの花は気品がありますね。ニッコウキスゲは一番早く咲くユリです。
今日もちょっと出かけたらあちこちに咲いていました。
8月頃になるといろんな種類のユリが咲きます。

私はカエルが大好きなんですが、人によってはヒキガエルなどはグロテスクで嫌われますね。
モリアオガエルもアマガエルに比べると、実物はちょっと気味が悪いかも。大きいですからね。
子供のうちは可愛いんですけど。
ヒキガエルも子供の頃はイボがなくて、真っ黒でアリのように小さいので可愛いですよ。
投稿者: ロッド   21/06/18 18:25
トラちゃんもロッド様もカツオが好物ですか
私も大好物です!春先から初夏の間は生も出回りますのでほぼ毎週末いただいております。
たたきより刺身がどちらかといえば好みです。生姜のすりおろしとニンニクのスライス、大葉、ネギなどの薬味と生醤油でいただくのが最高だと信じております。もちろんビールと焼酎との併進が必須でありますっ!(飲酒は週末のみです)

銀河探訪ですか〜初物がやっと見えた時はたとえショボくても嬉しいものですよね!
暗い夜空がうらやましいです。当地では暗い銀河は20センチでも厳しくメジャーどころしか観望できません。それでもM81,82,94,子持ち、ソンブレロ、黒眼などはそこそこ楽しめます。私の銀河探訪の楽しみ方は天体までの距離を脳内で考え宇宙の奥行を想像しながら見ています。
投稿者: サジモト   21/06/18 23:02
サジモト様
コメントありがとうございます。
しし座で先日見つけたのはNGC3607と3608で11等と10等です。1分と小さいのでシャープな光学系でないと見つかりません。
15cm反射30倍でした。
ここは標高1200m近い高原ですが、空の状態は年々悪くなり危機的状態です。良く見えるのは年に数回です。
子供の頃の故郷の空(須坂市)のほうが良かったような。
長野市の市街地では東京と同じような状態で、北極星すら見えにくいです。M1カニ星雲は20cmでも見えません。

そちらは海辺なので海産物が美味しいでしょうね。
昔春先に旅行に行って大アサリを買って来ました。
カツオなら私も刺し身のほうが好きです。でもたまにしか入手できません。
ニンニクも大賛成! でも猫には毒物なんです。
塩分も有害なので人間用とは完全に分けています。
投稿者: ロッド   21/06/19 02:02
こんばんわ〜
ニッコウキスゲの群生きれいですね〜
その昔何度か群生を見たことがありますが
素晴らしくて感激したことがあります

我が家の方では見られない花ですが
似た花でノカンゾウという花ならこちらでも見られます
どちらかというとオレンジ色に近いかな?

オタマジャクシは可愛くて良いですがカエルさんになったらちょっと苦手です〜
投稿者: misako   21/06/19 20:25
ニッコウキスゲの群生、見事に咲いてますね。
ツボミがたくさんあるから、まだ当分楽しめそうですね。
昔、車山高原で一面に咲いてるのを見て、とても感動しました。
うちにはニッコウキスゲの親戚?のヤブカンゾウと園芸種のヘメロカリスがあります。
ヤブカンゾウの新芽や花は美味しいのですが、ニッコウキスゲはどうでしょう?
あらら、美しい花なのに、すぐ食べることを考えてはいけませんね(^^;

モリアオガエルやヒキガエル、姿を見られてよかったですね。
小さな池では生存競争が激しいのだから、同じところで何度も卵を産まなければいいのに、、、見ているロッドさんの方が気になってしまいますね。
水場を増やしたり、水替えとか餌とかいろいろ大変だと思いますが、オタマジャクシがたくさん育ってカエルになるように頑張ってくださいね!
投稿者: woojyan   21/06/19 23:30
見えてるのに食べられないカツオ・・・
でもそのあと無事食べられてよかったね(^^)

モリアオガエルは不思議な習性を持っていますね。
たくさんオタマジャクシになるようですが生き残るのはほんのわずかとは・・
自然界は厳しいです。
カエルの数は確かに減っていると感じます。
何年か前は薪置き場に何匹もアマガエルがいたものですが。
この辺りでは毎年田んぼが宅地に変わっているのでそのせいもあるのでしょうか。
オタマジャクシを育ててくれるロッドさんは
カエルの救世主かも!

空気のきれいなところでいい望遠鏡で見る宇宙は素晴らしいでしょうね。
普通の人なら”わ〜綺麗!”で終わってしまいますが
星のこともよくご存じなので楽しみ方も無限ですね。
投稿者: NEccoSun   21/06/19 23:35
misako様
コメントありがとうございます。
カエルが苦手でしたか・・・スミマセン。
オタマジャクシは可愛いですよね。いつでも見られるように透明な水槽に移しました。
「メダカの餌」を買って来て与えています。

ニッコウキスゲは本当に素晴らしいです。
ここに来てから最初のうちは知りませんでしたが、このたくさん咲く場所は家の庭なんですよ。別荘だったらしいですが、もう長いこと利用されていないみたいです。
他の場所にも種が飛んで来たのか、少し見られます。
残念ながらうちの庭にはありません。

ノカンゾウは一重でヤブカンゾウが八重ですね。
ヤブカンゾウなら里のほうへ行けば見られますが、ゴチャゴチャした花であまり綺麗ではありません。
ノカンゾウのほうが綺麗だと思いますが、ほとんど見られません。
投稿者: ロッド   21/06/20 04:17
woojyan様
コメントありがとうございます。
ニッコウキスゲ、うちの庭にも欲しいところです。たくさん咲いている場所は歩いて行ける距離ではありません。
車山高原や美ヶ原のニッコウキスゲは鹿の食害で激減です。柵を作って鹿から守っています。
ユリの仲間はどれもだいたい皆人間の食用になるらしいです。

オタマジャクシの世話は去年も大変でした。超過密になるので共倒れになってしまいます。別の水槽に移しても人工的な餌を与えてもうまく育ちません。
車に乗せて遠くの池まで行って放してやるのが一番良いかもしれません。
うちの池では発育が悪くてカエルになるのが晩秋になってしまうんです。生まれたばかりのチビガエルではちゃんと冬眠できそうにありません。

ヒキガエルは生まれた池を覚えていて、遠くからでも産卵に来ると聞きました。
しかしうちの池になぜ来るのかな?他に産卵する場所がなくて困ってるんでしょう。
投稿者: ロッド   21/06/20 04:17
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
子供の頃は平地でも星が綺麗でしたが、今は全然ダメ。
環境汚染の進行は早いです。自宅で星を見られる人は今はほとんどいなくて、皆さん車で遠方まで出かけます。
自宅で見られる私はとても恵まれています。
もっとも、月と木星土星ぐらいなら東京の真ん中でも十分綺麗に見えますが、それだけでは面白くありません。
何千万光年という遠方の銀河が何百と観察できるのですから、本当に楽しいです。

犬と違って猫は鼻が良くないそうですが、トラキチの「カツオセンサー」はすごく敏感です(笑)
買い物から帰って来ると見破られてしまいます。

モリアオガエルに出会うことができたのも、ここに住んで幸福に思うことです。
干からびてカマキリの卵のようになってしまったけれど、その後梅雨入りしたので生き延びたかな?
昨日から雨なのでカエルたちは大喜びだと思います。
でも産卵が終わったので、もう姿は見えません。

アマガエルが減っているのは産卵場所がないからでしょうね。
10年ぐらい前ですが、うちの庭のブルーシートにできた水たまりで産卵したことがありました。
アカガエルも変な所で産卵してしまって全滅しました。
その後池を作ったんですが、利用するのはモリアオガエルばかりです。
オタマジャクシを育てるのは意外と難しくて、発育が悪く晩秋になってしまって、しかもカエルになる直前にみんな死んでしまって、悲しいことにほとんど全滅なんですよ。
投稿者: ロッド   21/06/20 04:18
トラちゃん、良かったね。
しっかり堪能したかしら。
またおねだりしましょうね。(≧▽≦)
いまカツオはお買い得なのだそうですよ〜。モリアオガエルの産卵、嬉しいですね。
しかも姿も見られて、とても貴重な体験ですよね。
お世話も頑張って下さい。
我が家にはアマガエルならたくさんやって来ます。
降るような星と、天の川は新潟の主人の実家で初めて見ました。
星空は美しくて神秘的ですね。
今日はカエルになったばかりのような、小さなアマガエルも見ましたよ。
カエルも元気で暮らせる環境は、人にも優しいはずですよね。
投稿者: なっつばー   21/06/21 00:47
なっつばー様
コメントありがとうございます。
カツオは今お買い得なんですか。そう言われれば安かったような。
また買って来ます。でも、食べすぎはいけないかもネ。
やっぱり猫専用のフードが健康のためには一番でしょうね。

他のカエルは減っていますが、モリアオガエルがたくさんいるのは嬉しいことです。
本当に絶滅危惧種?と思ってしまいますが、里のほうへ行くと見られません。
そちらではもう小さなカエルが生まれましたか!
私の所では秋になってしまいます。

今朝早く起きたら天の川が見事に見えていました!!
実に久しぶりです。準備ができていなくて写真が撮れず残念!
前日から機材の準備をしていないとダメなんですよね。
ご主人の故郷は星が綺麗に見える有名な場所です。
毎年夏の終わりに天文関係の大きなイベントがあって、全国からマニアが大勢集まります。
投稿者: ロッド   21/06/21 05:32
カツオを酢醤油で、とうのは初めて聞きました。
今冷蔵庫にお刺身が残ってるので、今晩やってみます。
トラちゃんに仕返しされませんでしたか(笑)

ニッコウキスゲもキレイですねえ。
いつもタイミングが悪くて見頃に行けたことがありません。

カエルちゃんも楽しみですね(´∀`*)ウフフ
投稿者: しーな   21/06/21 08:12

しーな様
コメントありがとうございます。
カツオのたたきを買うと付いて来るタレが、酢醤油のような味なので真似してやっているだけですよ。
お刺し身には醤油のほうが良いと思いますが、冷凍にして鮮度が落ちている場合には酢で締めると美味しく食べられます。

トラキチは単純なので恨みを根に持つようなことはありません。

「泣いたカラスがもう笑ろた」ということわざがありますよね。
頭が良すぎると問題も多くなりますね(笑)これが平和の秘訣かな。

ニッコウキスゲは日光にしかないのかと思っていましたが、
多くはないですけど、ここにもあります。本当は家の庭に咲けば最高なんですけど。
この独特の黄色がとても綺麗だと思います。結構長く咲く花で、今日もあちこちに咲いていました。
美ヶ原のほうでは鹿に食べられてしまって激減だそうです。

カエルちゃんも家族のようなものです。
モリアオガエルはすごく神経質で、すぐに逃げて無愛想ですが、ヒキガエルのオタマジャクシは可愛いです。
金魚の餌を食べるようになりました。1匹も死んでいません。全員健康に育っています。


投稿者: ロッド   21/06/21 18:23
トラちゃん、ちゃんとカツオがもらえたようでよかったです^^
撮影のために我慢、これはけっこうどこの猫もさせられてることかも、ですね(笑)。
ニッコウキスゲ、見事ですね!
こちらでも似た様な花が咲いてるんですが、名前が分かりません(汗)。
アヤメも6月らしくていいですね。
これも似たようなのがこちらで今咲いてますが、私も見に行きたくなりました。
私はカエルの卵の画像が全くダメなんですが、このモリアオガエルのは普通の泡っぽい感じで特にイヤに感じることもなくホッとしました(^^;
一匹でも多くの子が無事に育ってくれますように〜。
投稿者: alpenkatze   21/06/21 21:42
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
昨日は買い物に行きましたが、安い端切れのカツオがなかったので買いませんでした。
食べすぎは健康に良くなさそうです。海の魚は塩分がありますからね。
アルペンさんのおかげで猫写真の楽しみにハマりました(笑)昨日は良い写真が撮れましたよ!

ニッコウキスゲは興味なかったんですが、ここに住んで実物を見つけたときは感激してしまいました。
森の中に咲いている姿は神秘的です。
アヤメは街へ行くと庭や公園にいろんなのが咲いていますが、自然の物はやはり美しさが全然違います。
本当に自然の物なのか、人工的な品種なのか? ちょっと見ただけではわかりませんが、この土地はまだ自然が多く残されているので完全に自然の物と思います。

水の中のカエルの卵はあまり気持ちの良い物ではないですよね。
モリアオガエルの卵はカマキリの卵みたいです。でも乾燥すると死んでしまうので梅雨どきに産卵します。
まだ孵化しません。ちょっと心配ですが、去年のように大量に孵化しても過密のため共倒れになってしまいます。
投稿者: ロッド   21/06/22 03:56


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません