21/07/02 00:59

赤い実

今年は家のウグイスカグラが15個ぐらい実りました。
酸味はなく柿のような甘さです。
種は小さくて気になりません。皮は薄皮なのでそのまま食べられます。
色が綺麗なのでアイスクリームやヨーグルトなどのデザートの飾り付けに良さそうです。

これは見事!
今年初めて見つけました。家から200mぐらい離れた森の中です。
うちの木の種は、ここから鳥かタヌキが運んで来たのでしょう。
これだけあればジャムが作れそうですが。見つけたのが遅く腐りかけていて残念!

出来損ないのイチゴですが、実りました。これは30年も前に買った苗の末裔なのですが、見事に復活しました。
最近の新しい品種も植えてありますが、こちらの古い品種のほうが好成績です。
来年に向けて大切に育てようと思います。

うちのキャベツ畑です。前回の水芭蕉と比べてください。

その後シオデはこんな状態です。
切った後に横から芽が出て来ます。本当に美味しくてアスパラと変わりません。味噌ラーメンに入れて食べました。

 

ヒキガエルのオタマは足が出てきました。全員順調に育っています。
メダカの餌を与えていますが、桜の葉っぱも食べています。

モリアオガエルの卵が孵化しました。
池の外に落ちてしまいそうだったので、切り取って水に浮かべてやりました。
チリメンジャコの半分ぐらいの小ささです。
オタマジャクシの観察をするなんて小学生の頃に戻った気分です(笑)
ちなみに、今年は巣箱に小鳥は来てくれません。何がお気に召さなかったのかな。
でもピーナツとクルミは毎日食べに来ます。リスも毎日来ます。

アカツメクサは綺麗ですが外来種です。アザミが咲き始めました。

大きなバラは咲きませんが、野バラならたくさん咲きます。普通は白ですが淡いピンクのがありました。

紫色が綺麗なウツボグサ。薬用・食用です。

 

実家から貴重な本を持って来ました。
小学生の頃はトラが3匹かと思って父に聞いてみたら「我奇襲に成功せり」の暗号文でした。トラちゃんさすがに怖い顔してます。
昭和41年発行。海軍だった父が大切にしていた本です。当時数千円?大きな箱に入った本が届いたときは驚きました。
今はさぞかし高値で取引されているだろうとネット検索したら800円程度でした。数多く出回ったらしい。
意外なことに著者はアメリカ人でした。今読んでいますがとても勉強になる内容です。
読書感想文は終戦の日にでも。

難しい話は苦手だニャー 寝るニャーすよ(=^・^=)

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

透き通った赤い実、ウグイスカグラというのですね。
宝石のようで美しいです。
自生している場所は来年は早めにチェックしてたくさん収穫してくださいね。
前に住んでいた平屋の借家でイチゴを育てていたことがありました。
といっても数株もらったのが根付いただけで
たいして世話もしなかったのにランナーが伸びて増えました。
子供のおやつ程度のお楽しみでしたね。
オタマジャクシは順調に育ってますか?
全部は無理でもできるだけたくさんカエルになってほしいですね。
引き続き見守ってあげてください。
あら、トラちゃん3回も名前呼ばれてる^m^
日本の運命を変えた暗号ですね。
読み応えありそう。
感想文楽しみにしています。
投稿者: NEccoSun   21/07/02 22:00
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
トラトラトラ、子供の頃は変な名前の本だなと思っていました。
開いて見たら軍艦が燃えながら傾いて沈んで行く写真があって変な気分になりました。
当時は写真集かと思っていたのですが、実は推理小説のようなスリリングな読み物なんですよ。すごいです!
しかしこれは小説ではなくて実際にあった事なんですから、軽い気持ちで読むわけにはいきません。
学校では教えてくれなかった事いろいろわかります。
「事実は小説より奇なり」
まったくです。外交というものは裏の裏があって、難しいなと思います。

赤い実は食べるのはもちろんですが、観賞用になりますね。
とくにこのウグイスカグラは透き通る赤がとても美しいです。
イチゴは育てるのが簡単で良いです。
しかし肥料をやりすぎて失敗したことがあります。実る前に腐ってしまいました。放任主義のほうが良いかも。

オタマは去年はダメでしたが、今年は順調です。とくにヒキガエルのほう。
モリアオガエルは孵化したばかりなのでまだわかりませんが、ヒキガエルと同じ餌を与えれば多分大丈夫でしょう。
去年は発育が悪くてカエルになるのが晩秋になってしまいました。
投稿者: ロッド   21/07/02 22:23
グミかなと思いましたが、ウグイスカグラの実なんですね。
せっかく沢山なっているのを見つけたのに残念!
来年は早めに見に行かなきゃですね(*´艸`*)
シオデは、芽を摘んだ後も脇芽が出てきて、
それをまた収穫できるのですか?
シャキッとおいしそう!食べてみたいです(*^-^*)

トラちゃんに怖いお顔は似合いませんよ〜(*´艸`*)
トラトラトラは、確か映画もありましたね。
探して見てみようかな。
投稿者: pil   21/07/03 04:01
pil様
コメントありがとうございます。
これもグミの一種と言って良いと思います。
でも私はこの土地に来て初めて知りました。寒冷地に多いのかもしれません。
食べ頃が短いことに気づきました。赤くなったら2〜3日のうちに食べないとダメみたいです。
シオデはシャキッとした食感ではなくて、茹でたアスパラの穂先ように軟かいんです。
脇芽を食べてみましたが、細いだけで味や食感は同じでした。

真珠湾攻撃に関しては映画とか本とか、いろんな物があると思いますが、この本はすごいです!
文章がすごく上手くて引き込まれてしまいます。まるで推理小説のようなスリリングなストーリーになっています。
登場人物が大勢いますが、それぞれの性格とか容姿の描写まで細かいんですよ。
それぞれの人物に敬意をはらっている表現も素晴らしいです。
しかし、うっかりすると戦争を美化してしまう思想に引き込まれそうで要注意です。
「二度とこのような戦争をしないように」と巻頭に書かれていますが、読み進むと夢中になって引き込まれてしまいそうです。
投稿者: ロッド   21/07/03 04:33
こんばんわ〜
ウグイスカズラの実可愛いですね〜
食べたことはないですが
ジャムにするとよさそうですね

来年は早めに手を打ってジャムに挑戦してくださいね

初夏の花たちも咲き始めましたね〜
これから花が少ない時期ですが
高原はいろんな花が期待できますね
又見せていただくの楽しみにしてます
投稿者: misako   21/07/03 20:55
たくさんのウグイスカグラの実、ルビーのようできれいですね。
我が家の横の雑木林のウグイスカグラも今年はたくさん実がなっていました。
今年は当たり年?
美味しい木の実でも、自生しているものは鳥や小動物の食べ物を横取りしてしまうような気がして、たくさん採るのをためらってしまいます。
その分、鳥たちが食べて、別の場所にタネを落として増やしてくれていると思います。

冬越ししたキャベツですよね?
葉っぱがしっかりしていて、これからが楽しみですね。
葉っぱが巻くまえのキャベツとミズバショウの葉っぱ、確かに似てます。
花は全然似てないのに。

ヒキガエルはびっくりするくらい早くカエルになっちゃいますよね。
貴重なモリアオガエルもたくさん育つといいですね。
巣箱を使ってくれないのは寂しいですね。
使ってくれたらくれたで、毎日ハラハラドキドキし通しですが(^^;
今年は外敵からの安全性を確認してるのかな?

戦争物はニガテなので、本も映画もほとんど見ないのですが、、、過去から学ぶことは重要だと思っています。
人々の声を聞かず、思うがままに押し切っていくところは、今の政府にも当てはまるところがあると思ってしまいます。
投稿者: woojyan   21/07/03 20:58
misako様
コメントありがとうございます。
ウグイスカグラは千葉県にも自生しているそうですから、そちらにもあるかもしれませんよ。
ただ、季節は2ヵ月ぐらい早いかも。
家の庭のはジャムにする間もなく、1個食べたら止まらなくなって一気に全部食べてしまいました(笑)

こちらでは花はとぎれることなく次々と咲いてくれます。
冬が長く夏が短いですからね。
次は何が咲くのかな?楽しみです。
投稿者: ロッド   21/07/04 05:25
woojyan様
コメントありがとうございます。
いろいろうかがうと、そちらは自然環境が豊かですね。
雑木林があっていろんな物があるんですね。
ウグイスカグラ、鳥はほとんど食べていない様子です。今は昆虫を食べているのでしょう。
種を運んでいるのはたぶんタヌキだと思います。タヌキの糞には他の果実の種も多く含まれています。

キャベツはここでは初めて作りました。雪の下で長い冬を越して順調に育っています。
しかし同じようにして作った人参はダメでした。元気に育っていますが、肝心の根っこのほうは育たず、とう立ちして花が咲きそうです。

やはりヒキガエルは成長が早いのですね。
それに比べ、去年のモリアオガエルはダメでした。
自然の餌だけでは不足するようなので、人工的な餌で育てる必要がありそうです。
少し遅れてシュレーゲルアオガエルも産卵しました。
しかし毎度の事ながら水に入らない場所に産卵してしまって、助けてあげました。護岸工事されてしまうと自然界では生き残れないのがわかります。

小鳥が巣箱を使ってくれない原因は蛇を警戒しているのか?
今年は横に脱出用の小窓を付けたせいかもしれません。
どこへ行ってしまったのか?小鳥自体の数も今年は少ないです。
蛇は今年はまだ一度も見ていません。

私の父は実際に戦争を体験した世代ですが、少し下の人たちは直接は知らないんですよね。
子の代まで語り継がれていないので戦争の記憶が途絶えてしまいます。
人にもよりますが、そういう世代には戦争を肯定する過激な思想を持つ人がいます。
おっしゃるとおり戦争は政治に起因する問題ですが、他にもいろんな要因があると思います。一番は経済ですね。いわゆる大東亜戦争もそれでした。
欲の皮が突っ張っている経済界と、悪い政治家と軍部が結びついて戦争を起こすのです。
今、清貧の思想というかつてのベストセラーを読んでいますが、これは戦争とは対局に位置する思想だと思います。
投稿者: ロッド   21/07/04 05:25
鶯かずらの実は透き通っているように見えて綺麗ですね。
来年は食べ頃に収穫祭でしょうか。( *´艸`)
オタマジャクシも賑やかですね。
我が家の周りにも小指の先1関節くらいの小さなアマガエルがたくさん現れる様になりました。
トラトラトラの暗号、知っています。
それだからこそアイドルさんの歌うタイトルがトラトラトラだった時は、あまり良い気持ちはしませんでした。

警告文が出ると嫌な気持ちで不安になりますね。
fc2だけなんでしょうか。
それでも警告文が出るところと、そうでないところがあります。
訳が分からないです〜。
投稿者: なっつばー   21/07/04 23:59
パッと見た目、グミかと思っちゃいました。
グミだと渋くてあまり美味しくないと見ただけで思っちゃいますが、ウグイスカズラは美味しいんですね。
自然界にそんなに美味しいのが生るのなら、来年はちょうどいい時期を狙って摘みに行くしかありませんね^^
アカツメクサはこちらではよく見ます。
下半分でがピンク色で上半分が白の、タチオランダゲンゲもけっこう見ます。
こういうマメ科の花、パッと見た目よりマクロで近寄って撮影するとけっこうかわいらしくて好きです^^
トラちゃん、本を前に猫パンチでもやりそうな雰囲気の表情ですね(笑)。
暗号文に関しては知りませんでした。
戦争に関しては、母が戦時中のことを幼少時のこととはいえはっきりと覚えてて話をよく聞きました。
私はそうやって体験者から直接話を聞くことができたので、そういうことは二度と起こってはならないと感じますね。
投稿者: alpenkatze   21/07/05 01:15
なっつばー様
コメントありがとうございます。
昨夜のFC2のトラブル、一晩たったら直りましたが昨夜は見ることもできなかったので設定変更してしまいました。
また元に戻しておかないと。もうゴチャゴチャです。
こういうのは昔の電話で言えば混線のようなものかも。
困ったもんです。
URLがhttpsの所に警告が出ていましたが、セキュリティが悪いはずの古いhttpのほうには出ていませんでした。
何だかまったく理解不能です。

ウグイス「神楽」なんですよ。いい名前だと思います。
野生の果実の中では一番食べやすい味だと思います。
ちょうど今ウグイスがよく鳴いていますよ。

今年はカエルがたくさん集まって来てくれて嬉しい悲鳴です。
水槽を増やさないといけません。
そちらではもう赤ちゃんガエルが出て来ましたか。
ここは夏が短いので早くカエルにならないと冬が来てしまいます。
それで去年はほとんど全滅でした。

アイドルがトラトラトラ?
ちょっと前に小耳にはさんだような記憶がありますが、いったい何なんでしょうね。

学校では近代史は面倒がってスルーしてしまうので、何も知らないまま大人になってしまいました。
いろいろと裏があって諸説あるので複雑です。何が正しいのかわかりません。今でも極秘にされている事があると思います。

学校では「太平洋戦争」と教わりましたが、父の世代は「大東亜戦争」と言っていました。これはアジア中心なんです。
私はアメリカと戦争しただけで中国とは戦争しなかったのかと思っていました。まったく認識不足でした。
日華事変、満州事変。戦争という言葉ではないので、他国で何か政変が起きただけと思っていました。
投稿者: ロッド   21/07/05 12:34
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
これもグミの一種かも。味はとてもマイルドですよ。
でもただ甘いだけなので、酸味のあるピリッとした味のほうが良いかな。

アカツメクサは外来種なのに、こんな山の中まで進出して来て困ったもんだ・・・と思っていましたが、シロツメクサも同じような外来種なんですね。両方ともここにはたくさんあります。
そちらが本家本元なんですね。
毛嫌いして今まで写真を撮りませんでしたが、これはかなり綺麗です。

トラちゃんが主人公の本?
名前が面白いだけで内容は面白くない。というか、勉強にはなります。
歴史というには新しすぎます。親世代が実際に体験した事ですからね。
なぜ勝ち目のない戦争をどんどん拡大してしまったのか?
勝つ戦争は良いが負ける戦争はいけないのか?
それじゃ戦勝国は善で敗戦国は悪なのか?
だいたい、そういう単純発想だからいけないんだと思います。

真珠湾攻撃を指揮した山本五十六はすごいインテリで、英語はもちろんペラペラ。海外で生活した年月が長い立派な国際人でした。アメリカと戦争をしたら勝ち目がない事はよくわかっていました。
それなのになぜこんな事を?謎です。
投稿者: ロッド   21/07/05 12:37
リスちゃんはロッドさんがくれる
くるみが気に入っちゃったんですね。

野ばらの花はイチゴに似てますね^^
栽培種も見事ですが、野草の可憐さも素敵です。

そういえば以前長岡に行った時、
山本五十六の生家と記念館を見てきましたよ。
読書感想文を楽しみにしています。
投稿者: しーな   21/07/05 18:08
しーな様
コメントありがとうございます。
リスちゃんですか。アハハ(^_^)/ 可愛いけど結構凶暴なんですよ。
爪が鋭い!柱を逆さにでも登り下りします。爪の音がするほどです。
警戒心が強く無愛想で敵対心が強い。
友達にはなれそうにありません。野生動物はダメですね。
毎朝クルミを少々、おやつ程度に出しておくと盗っ人のようにいつの間にか持って行きます。

野バラは可憐で綺麗ですし、赤い実も焼酎漬けにすれば利用できるかもしれません。
しかし森を歩いていると野バラのトゲが痛くて困ります。ハサミを持って歩いて次々と切って進まないといけません。

私は歴史は苦手分野なんですが、最近は少し本を読むようになりました。
山本五十六は素晴らしい人物だったようですが、あの時代ではその才能をプラスの方向に生かせなくて、とても残念だったと思います。
日本をダメにしたのは誰だったのか?真の黒幕は?
これだけは闇に葬られるのでしょうね。
投稿者: ロッド   21/07/05 20:34
あ〜〜、ウグイス神楽なんですね。
せっかくの綺麗な名前を間違えちゃって申し訳なかったです。
fc2の障害は早く復旧できて良かったです。
PCには不案内なのでドキドキするだけで何もできません。(◞‸◟)
投稿者: なっつばー   21/07/06 00:03
なっつばー様
たびたびどうも。
皆さん間違えます。カズラという名前はツルになっている植物が多いです。
この甘い実はウグイスの好物かもしれません。ウグイスが喜んでお祭り気分の神楽ということかな。

他の方のコメントに的を得たものがありました。
FC2セキュリティシステムの期限切れ、切り換え時期だったようです。
つまり何も起こっていなかった。FC2管理者側の単なるうっかりミスです。
投稿者: ロッド   21/07/06 02:49


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません