21/07/09 02:06

旧車価格が高騰!!

先日スーパーの駐車場で珍しい車に出会いました。
マツダのコスモ。これは丸目4灯なので昭和53年頃のです。
昭和56年頃になると角目2灯になりました。
すごく希少な車で市内にたぶん1台でしょう。
全国に何台現存しているのかな?
なぜならば不人気だったからです。中古車になったら売り物にならないのでどんどん潰されてしまいました。
しかし大変な高性能車で高級ゴージャスな大型スポーティカーです。トヨタのソアラに対抗できるぐらいのレベルでした。
一度は乗ってみたい車です。

しかし噂に聞いたところによれば燃費はオートマだと3km/Lだったとか(汗)
これじゃ、しょっちゅうガソリンスタンドに寄らないといけませんね。予備のガソリンタンクも積んでおかないと不安です。
アラブの石油王のための車か?(爆)
しかし静かで滑らかな走りと独特の高級感。
豪快な加速は誰にも負けない!
高速道路では新幹線並みの速さで、実際に東京から名古屋を新幹線より早く到着したという逸話がありました。(友達のまた友達です)
しかも途中でスピード違反で捕まって切符を切られ、時間をロスしたのにです。

この車については情報がありませんが、たとえば日産スカイラインの最高グレードGTRなど、旧型車は恐ろしい高値で取引されているそうです。
情報源は毎日見ているYahooニュースです。
当時の新車価格の数倍は当たり前で、特に程度の良い車になると3000万円とか!さらに今5000万円というのがオークションに出ています。
旧車ブームはとっくの昔に去ったと思っていたのですが、再燃で驚きました。しかしこの前のブームのときはせいぜい300万円程度でした。
いったい誰が買うのでしょうか?
外国人です。日本の旧車は外国では入手が難しいので価格が高騰していて、とくにスカイラインは輸出されなかったので海外では希少なのです。
他の車種も高騰しているのがいくつかあります。
それだけの価値があるのでしょうか?
私は実際に乗ってみた経験から価値はないと思います。

あるサイトにアダム・スミスによる価値の定義が書かれていました。
つまり「使用価値」と「交換価値」です。
このケースは後者に相当します。実用的ではないけれど、趣味の道具として高値で取引されます。
億万長者たちが競い合って値段を吊り上げているのです。
「夢を買う」のだそうですが、まったくバカバカしい。

それで組織的な窃盗団の活動も活発化しています。
車を丸ごと売るだけではなく、盗んだ車をバラバラにして部品として売ると、車一台分よりも高価で売れるのです。
今はもうメーカーから補修部品が入手できませんから。
もちろん外国へ持って行って売ります。

私が昔乗っていたこのスカイライン当時は22万円でしたが、今は物によっては1000万円の値が付くとか! GTRではない、このような廉価なモデルもつられて高騰しています。
(これは70年代のですが、今とくに高騰しているのは90年代のGTRです)
加速が悪くてバスにも負けるくらいだったし、重苦しくて運転しにくく、大きすぎて小回りがきかなくて、ちっとも良い車ではありませんでした。
今乗っている軽のほうがずっと高性能です。
ただ、高速道路に行くと安定性が良くて快適でした。
このリアビューは個性的でカッコ良かったと思います。手放してしまったのは悔やまれます。

まったく嫌な時代になったものだと思います。格差社会にもほどがあります。
コロナ禍ですが逆に大儲けした人がいるのでしょうし、その前からこんなブームでしたから、世の中にはお金の使い道に困っているような大富豪がいるのですね。

そこで出て来るのがトラ先生です(笑)
ワシは水戸黄門じゃ。者どもひかえおろう頭が高い!!
この本を読んで勉強しなさい!
ワシは車など欲しくはない。欲しいのはカツオじゃ。

ハハー 恐れ入りましたm(_ _)m

雨の日は読書ですね。この本はバブルがはじけた頃にベストセラーになりました。
国語力のない私には難しくてなかなか読み進めません。
とても良い事が書かれているので、頑張って読みたいと思います。日本古来の思想でしたが、近代化して失われてしまいました。
前回のトラトラトラとは対局に位置する思想のように思います。
そのうち読書感想文を書いてみたいと思います。

ずっと雨降りでしたが、一昨日は爽快な青空になりました。
少し前まで雪があった山頂ですが、今は緑におおわれています。

ナツツバキが咲いています。
「沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」

一日で散ってしまうので諸行無常の象徴とされます。蕾がたくさんあるので、毎日次々と咲きます。

 

白樺の切り株から肉厚のクリタケが出ました。
普通は晩秋に出るのですが、今年は初夏に出ています。もう2度目です。親子丼で卵とじにして美味しくいただきました。

またまたカエルが産卵しました。
モリアオガエルそっくりですが、シュレーゲルアオガエルです。木の上ではなく池のほとりに産卵します。
どうやらカエルネットワークがあるようで、次々とカエルが集まって来ます。
野良猫に餌をやると次々に集まってくるのと同じです。
嬉しい悲鳴というか、本当に困ってしまいます。車に乗せて大きな池まで運んで行ってやらないと。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

2代目コスモが出たとき初代コスモスポーツとコンセプトの異なるラグジェリーカーになってしまいガッカリした思いでがあります。
私の住む町でも赤いコスモに乗る年配の方がいます。もしかしたらワンオーナーかもしれません。

ロータリーエンジンは燃費は極悪でしたね友達が13B搭載のルーチエに乗ってましたがMTでも4?/Lだと嘆いていました。電気モーターのような吹き上がりや静粛性はよかったですが・・・マツダの車といえば初代RX-7がかっこよかったですね。特にアマガエルのようなグリーンのモデルが好きでした。高価でとても買えなかったですが・・・

最近の旧車ブームはすごいものがありますね
国内のみならずアメリカの25年ルール(緩和規制)もあり国産旧車がどんどん米国に流れているらしいです。
R32に至っては、新車発売開始後30年も経過しているのに新車価格を超えて形があるだけで500万円前後!程度極上なら2000万円!10年前なら60万くらいで買えたのに・・・ああ数台買ってストックしとけば小金持ちにはなれたのになあ〜
投稿者: サジモト   21/07/09 10:08
サジモト様
コメントありがとうございます。
旧車価格の高騰は、近所に住むアメリカ人に2年前スマホでオークションを見せられて知りましたが、バカな話だと信じませんでした。
もうこれからはガソリン車の時代ではないですからね。
ところが、それが逆に魅力だったようです。
今後は昔のようなスポーティなガソリン車は発売される見込みがないので「最後の傑作」と思われるようなガソリン車に人気が集中しています。
私も20年ほど前にR32スカイラインを買おうかと試乗までしましたが、やめました。
燃費の悪いガソリン車に将来はないと思ったからです。
これを商売にするつもりはなかったし、自分で楽しむならもっと古い時代のキャブ車のほうが面白いですし。
しかしここ数年時代が変わりました。フェラーリならともかく、国産の超高級スポーツカーが千万円級で販売されているので驚きました。
そんなお金を、たかが車につぎ込む人種がいるんですね。

ロータリーは面白いですよね。
友人がサバンナGT(RX-7になる前の)に乗っていたので運転したことがありましたが、7000回転でストレスなしに普通に巡航できて驚きました。
一般道ではギアは2速までで十分でした。
彼の車は燃費が割と良かったです。なぜならば下回りをぶつけて燃料パイプが潰れかかっていたので、ガソリンが少ししか来なかったのでした(笑)
RX-7よりも車重が軽いので加速が良かったですが、空力性能が悪いので高速では負けます。
足回りがプアだったので危険な車で「走る棺桶」と悪口を言われたとか。それで事故で潰れて今はほとんど現存していません。
初代コスモスポーツは東京にいた頃近所にありました。
RX-7に似た形の純スポーツカーですね。
上の写真のコスモは大きくて重量級で、スポーツとは言えない車です。
投稿者: ロッド   21/07/09 12:02
車のことはよくわかりませんが
デザイン的には昔の車の方がかっこいいと思います。
しかしリッター3キロとは(^^;
ガソリンスタンドのない山道を行くのは危険ですね。
お金は寂しがり屋というような言葉を聞いたことがあります。
世の中お金のある所にはさらにお金が集まってくるようにできてるようです。
世の中には超の付くお金持ちがたくさんいますが貧しい人たちのために使おうという発想はないようですね。
その気になれば貧困問題など解決してしまうでしょうに。
コロナのせいで日本には個人がため込んだ貯蓄が二兆円もあるとか。
いったいどこにあるんでしょうね、そんなお金・・
ロッドさんはカエルたちの救世主です!
いつか恩返しにきてくれるかも(?)
投稿者: NEccoSun   21/07/09 23:59
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
確かに昔の車のほうが魅力的な形をしていると思います。
それなら、昔と同じ形で中身だけは最新にして発売すれば良いと思うんですが、どこもやりませんね。
車は性能で選ぶ人よりスタイルで選ぶ人のほうが圧倒的に多いと思うんです。
今まで車のニュースはスルーでしたが、最近よく見るようになりました。今まで知らなかった情報にビックリしています。
燃費の悪い車特集とか、面白かったです。
バブル期にはトンデモない車がいくつか作られたようです。
すごいハイパワーで図体も大きくて、ですから当然燃費も最悪!
今でもそういう車に乗って地球温暖化を加速させている人が、たまにいるんですよね(汗)
自分の楽しみのためにお金を使うこと、私は否定はしませんが、あまりにも極端だと社会問題だと思います。

私の祖父母のような明治生まれの人は貧乏な人を助けてあげて、お互いに助け合う精神があったそうです。
自分でも貧乏を経験しているから他人の痛みがわかるんですね。
昔は生活保護制度も健康保険制度もなかったんです。だから個人的に助け合うしかなかったんです。

アフリカでチョコレートの原料のカカオを作る人々が奴隷のような環境で働かされているのを助ける運動とか、日本でもホームレスの自立を助ける運動とか、NEccoSunさんも協力していますね。
こういった運動がもっと広がって行くと良いのですが。

カエルは人間に似ていると思いませんか?
可愛いです。子供の頃から大好きなんです。
害虫を食べてくれるし、悪い事は何もしません。
ヒキガエルのオタマは前足も出てきましたよ。もうすぐカエルになります。
それに少し小さい親ガエルも2匹庭に住み着きました。
全然見なかったので絶滅したかと思ったほどですが、安心しました。
警戒すべきは蛇ですが、今年はまだ見かけません。
投稿者: ロッド   21/07/10 11:35
こんばんわ〜
シャラの花きれいですね〜
我が家にはヒメシャラの小さな木がありますが花はとっくに終わりました
初夏に咲く花って感じですね

クルマに詳しいですね〜
きっとお好きなんでしょうね

今日は晴れてあつーい1日で
体にこたえました
まだ慣れてないからかもね
そろそろ梅雨明けの予感です
投稿者: misako   21/07/10 22:54
misako様
コメントありがとうございます。
ナツツバキは私はこの土地に来て初めて知りました。
春先の赤い椿は寒さに負けて育たないですが、ナツツバキなら自生しているんですよ。
これを平地に植えたら枯れてしまったという話を聞きました。寒い所のほうが良いのでしょうか。
ヒメシャラは知らなかったので調べてみました。こちらは逆に四国や九州など暖かい地方にあるんですね。
misakoさんのお家にもあるんですか!いいですね。大切にしてくださいね。

クルマは昔は楽しかったですが、今はダメですねぇ。
楽しいクルマが見当たりません。昔の思い出にひたるばかりです。
今乗っている車は少し面白いかな。運転が楽しいし経済的で良いです。

蒸し暑くなってきましたね。高原でも少しそんな感じなので平地へ行ったら暑いだろうなと思います。
毎年天候不順ですが、素直に梅雨明けして欲しいです。
投稿者: ロッド   21/07/11 04:55
車のことは全然わからないのですが・・・
50代以上の人(特に男性)は自分の車を持つことが夢というか目標にしていた人が多かったと思います。
当時の若い男性は、みんなローンを組んで車を買って、流行りの曲をカセットに入れて、好きな女の子をドライブに誘って、、、でしたよね(笑)
そして、車がステータスになってる場合もありますよね。
親族で高級車ばかり5年から7年ごとに買い替えている人がます。
いい車じゃないと、恥ずかしくってゴルフに行けないそうです。
そういう人とお付き合いできないし、したくもないけど、、、
まぁあるところにはあるってことですね。

最近私もほんとに国語力がなくなったとひしひしと感じています。
ちょっと難しい本だと、理解できないし、頭が考えることを拒否します(-_-メ)
筋肉と同じで、やはり使ってないとどんどん退化?老化?しますね。
…と言うことを息子に言ったら、先日、中学生〜高校生の国語の問題集が送られてきました(今度ブログに書きます)
常に自分よりちょっと上のレベルに挑戦せよ!とのことです。
認知症になりたくないので、やることにします。
投稿者: woojyan   21/07/11 21:55
車のことは全くわかりませんが、レトロな車には魅力を感じます。
それにしても、燃費の悪さとお値段に驚きました(@ ̄□ ̄@;)
椿は赤、そして冬に咲くイメージでしたが、
ナツツバキ、美しいですね(*^-^*)
クリタケ、手持ちの図鑑では発生時期は8〜11月になっていますが、最近ネットで調べたところ『年中発生する』と書かれていました。
年中発生するといえば、ニガクリタケを思い浮かべますけど、図鑑ではありませんが信頼しているサイトなのでニガクリタケと混同されているのではないと思います。
どんな気温にも対応できる強い菌なのかも?
モリアオガエルとシュレーゲルアオガエル、
どちらも珍しいカエルなんですよね。
ロッドさんのお庭は、カエルたちのパラダイスのようですね(*´艸`*)
投稿者: pil   21/07/11 22:30
車のことはよく分かりませんが、昨日、アウトバーン上を走ってたら、私が子供の頃に流行ったスーパーカーみたいなレトロな車が横を追い抜いて行って、最後、出口で一緒になって前に信号待ちで一緒になったのでまじまじと見てしまってました(笑)。
なんだかとてもうるさい車だったけど(笑)、横をあっという間に追い抜いて行った姿が印象的でした。
やはり車好きな方はこだわり持ってこういうのに乗ってるんだな〜と、運転してる人をチラッと見て思ってしまいました。
本、難しそうですね(汗)。
目が悪くなってからは読書は全くしなくなってしまいました。
読みたい本もこっちにいると手に入らないし手持ちの本も限られてるしで、読書する機会が本当になくなってしまいました(汗)。
猫のぬこぬこネットワークみたいに、カエルにもネットワークあるんですね(笑)!
投稿者: alpenkatze   21/07/12 00:40
woojyan様
コメントありがとうございます。
最近の若い人は車にあまり興味ないようですね。
車がステータスというのはある意味事実ですが、それはごく一部の人にとってです。
こういうケースでは実用性や自分の趣味より、まず他人の目を気にするので「見栄を張る」という空虚でバカバカしい行為になります。
若い人ならともかく、ある程度の年齢になったら卒業しないといけません。
車を見るとその人の生活信条がわかります。

車は生活必需品で「役に立つ道具」ですから愛着をもって大切にすべきですが、上に書いたような非現実的なレベルの話になるともう論外です。
実際に道を走るのではなく文化遺産(美術品)と考えれば良いのですが。しかし走れない車では意味がないと思います。
欧米では車は歴史が古いので文化として成熟していますが、日本では自動車が庶民の物になってから歴史が浅いです。
実用品でも趣味の道具でも良いですが、真面目で質実剛健な心じゃないとダメだと思います。
何事も行き過ぎはいけませんね。

国語力、大切だと思います。
日本人ですから日本語がわからないと。でも日本語ってとても難しい。
わからない漢字は多いし、知らない言葉も多いし、年とともに忘れて行くし。
パソコンの時代になったら漢字が手書きで書けなくなりました。しかし難しい漢字も変換でたやすく出るので書けない漢字もパソコンでは日常的に使っていますね。
私は国語辞典に親しむようにしています。調べるのにパソコンより手間がかかるけど、それがいいんです。
簡単な漢字を忘れてしまって書けなくなるのは認知症の兆候だそうです。思い当たるふしが多いです。
ちなみに、認知症の予防にはカレーが良いとか。
投稿者: ロッド   21/07/12 10:30
pil様
コメントありがとうございます。
これからは電気自動車とか、水素で走る自動車の時代になりますね。
レトロなガソリン車は過去の遺物になりますが、文化遺産としての価値はあります。
しかし、かと言って何千万円というのは異常です。

昔の車は2000ccクラスだと街乗りで5km/Lぐらいが普通でしたが、3km/Lどころか、もっと燃費の悪い車もあるんですよ!(@_@;)

ナツツバキは大好きなので毎年この季節が楽しみです。
仏教で言われるところのシャラの木(沙羅)はナツツバキとは別物で、インドのほうにあるのです。
似ているナツツバキはお寺で珍重されます。

今年の春はニガクリタケは出ませんでした。
代わりに食用のクリタケが出ています。不思議な関係ですね。
肉厚だし色が違うので簡単に区別できます。
ドイツの人には馴染みが薄いので混同されやすいのでしょうね。
クリタケは通常は10月末から11月の、ごく狭い期間だけなんですよ。年中出るのはニガクリタケです。
9月頃出るのはムササビタケなどです。9月にクリタケは絶対に出ません。

オタマジャクシですが、残念なことに一夜にして全滅です!!
前日までは元気に泳ぎ回っていたのに・・・ヒキガエルのほうです。
4本足が出て陸に上がる頃なので足場を作ってあげたんですが。
カエルになる直前に突然死んでしまうんです。
原因はまったくわかりませんが、去年モリアオガエルが同じような事になってしまいました。
2匹だけ生き残っていたので、水のきれいな浅い水盤に移してやりました。元々は100匹ぐらいいたのに。
呼吸ができなくて溺れ死ぬのでしょうか?それとも水質が悪化した?
投稿者: ロッド   21/07/12 10:31
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
スーパーカーの時代には私は車に興味なかったので知りませんが、最近ネットで知識を得ました。
主にイタリアで作っていたんですね。ほとんどハンドメイドの少量生産です。今の基準からすれば欠点が多くて「スーパーカー」とは言えないような車です。
そういう「ジャジャ馬」を整備して調子良く走らせるのは至難の業なので、たまたま成功したときは達成感で楽しいだろうと思います。
整備など維持費はすごくかかるでしょうね。もちろんガソリン消費量もハンパないでしょう。
地球温暖化の元凶です(汗)

私は読書は子供の頃から苦手分野でした。
理科系の事に興味があったので、図鑑ばかり見ていました。
最近になって読書が好きになりましたが、元々苦手なのでなかなか読めません。ゆっくりと少しずつ読んでいます。
ネットではなく紙の本が好きになりました。新しく買うことはせず、実家にあった古い本を持って来て少しずつ読んでいます。

カエルは脳ミソが小さいので頭が悪いというのが定説ですが、実際には結構頭が良さそうです。
本能だけで生きているとは思えません。互いに会話みたいなものをしているような気がします。
まだまだ人間には未知の分野が多いと思います。今後研究が進めば常識がくつがえされるかも。
投稿者: ロッド   21/07/12 16:21
旧車人気はバイクも同じで、
人気の車種は新車以上の値段ですね。
2ストや馬力の制限など、もう作っていない、
もう手に入らない、という所が
値段を釣り上げてるんでしょうね。
いずれにしろお金のある人には敵いません(;´∀`)

ウチはここ最近毎年のようにアゲハ蝶がきて
山椒の木を丸裸にされます。
小さな木なのであっという間に食べられちゃうんですが
コレも里帰り現象???
投稿者: しーな   21/07/12 19:31
しーな様
コメントありがとうございます。
旧車會の集団暴走のニュースがありました。
旧車それ自体は楽しいけど、どうも人間界は・・・問題ありですね。
2ストですか(汗)昔の軽自動車は2ストだったんですが、アレは神経質でエンジンがかからなかったり、私には取り扱いができませんでした。
ガソリンと一緒にオイルも燃やしてしまう。排気ガスの臭いが独特でした。
昔の機械は難しいから面白いのかもネ。頭の体操になって老化防止になるかも??

おカネに余裕のあるお年寄りはガンバってください(笑)
マア、そういう悠々自適の身分になりたいものですなぁ。
たとえば老後は軽井沢に住んで旧車ザンマイとか。
それでもって、たまのイベントには自慢の旧車で乗り出してパレードするのが楽しみだとか。アハハ!

昔は安かったのに、こんな高値になるとは予想できませんでした。先見の明があった人は高笑いですね。
今買う人は愚かです。これからもっと値上がりする?

うちにも山椒の木がありますが、アゲハは来なくて他の害虫も来ません。高原は夏でも寒いから害虫が少ないのです。
いろんな料理に新芽や若い実を摘んで利用しています。
麻婆豆腐や味噌ラーメンには合いますね。
投稿者: ロッド   21/07/12 20:31


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません