21/07/30 05:22

ユウスゲ

夕方咲いて朝しぼむ花です。
夕涼みにふさわしい涼しげな花ですね。
軽井沢に「ゆうすげ温泉」があるので、いつか行ってみたいものです。
平地に自生しているのは見たことがありませんが、植えたら育ちました。
先日カメラを変えたら発色がやや白っぽいです。
前のカメラのほうが綺麗な色だったと思います。
紫色も前のカメラのほうが良かった。
また戻してみようかと思いますが、15年も前のカメラなのでくたびれていて時々操作不能になります。
そろそろ買い換え時ですが、何を選んだら良いのか悩ましいところです。

花菖蒲の原種と言われているノハナショウブ。古代紫ともいうべき色が美しい。

ここでは紫陽花は梅雨明け後です。そして初秋まで咲き続けます。
まだ色の乗りが悪いですが、これから濃いブルーになります。
酸性土壌だとブルーになるんですね。

巨大キノコ!優に20cmはあります。
テングタケに似ていますが、傘にポツポツがない。
色が白ければ猛毒のドクツルタケですが、まあ似たようなものでしょう。恐ろしい毒キノコです。
同じ時季に同じ環境に生える、右は食用のタマゴタケ。
小さいので採りませんでした。

そのすぐ横に生えていたのがこれ。
よく見たら食用のヤマドリタケの仲間でした。
裏を見ればわかります。
ドイツでは最高級とされるキノコで洋食に合いますが、日本では皆さんスルーします。
この季節に食用のキノコは出ないと思っている人が多いです。
ヤマドリタケの仲間には種類が多く、どれも食用です。
これはたぶんススケヤマドリタケ。ススケていませんけど(笑)数年前にも食べた記憶があります。
このところの日照りのため小さかったですが、普通は巨大になります。

切ってみたら虫食いでしたが、半分ぐらいは食べられました。
栽培物と違って、虫食いが多いのが難点です。
バター炒めにしてちょっと味わい、とても美味しかったのでコンソメ味のスープスパゲティにしました。
栽培物で言えばダイコクシメジに近い味ですが、もっと美味しい。
これから晩秋までキノコが楽しみな季節が続きます。

キュウリができました。
苗を買ったのは6月11日で「夏すずみ」という品種です。
これは夏から秋に向けての品種で、大変優れています。
栽培は簡単で味も良いです。
キュウリの花も綺麗ですね。
一番美味しい食べ方は冷やし中華だと思います。
キュウリほど美味しい野菜はないと思います。

裏庭のブルーベリーがいつになく豊作です。1ヵ月後には食べられるかな。

 

起きたばかりの寝ぼけ顔(笑)窓の外にリスが見えるかな?

草を食べます。この季節は猫草を買わなくても庭にたくさんあるので嬉しいですね。

※コロナ感染が大変な事になってきています!
しかし先日買い物に行ったら、マスクをしていない人がいて気になりました。
人によって考えが大きく違うので、身を守るためには棲み分けが必要と思います。
一番良い対策は一切人に会わないことなんですが・・・

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

こんばんわ〜
ユウスゲ涼やかな黄色ですね〜
朝にはしぼんでしまうのですね
植物も面白いですよね
夜咲いても見てもらえない(?)
ツキミソウもそうですよね

それぞれ意味があるのでしょうけど・・・

キュウリまっすぐで立派なのが出来てますね
瑞々しくて美味しそう!

ブルーベリーこれから楽しみですね
沢山収穫できると良いですね
投稿者: misako   21/07/30 20:15
ユウスゲは、夕方に咲き始めるお花なんですね。
ユリに似ている印象ですが、良い香りもするのでしょうか。

この巨大キノコは、見るからに危険な感じがしますね。
もしかしたらタマゴテングタケかも???
憧れのタマゴタケ、いつか見てみたいものです。
ヤマドリタケやヤマイグチは、食感が良くて美味しいものが多いですね。
見た目はきれいなのに、切ってみたら...ということも多いですが(^_^;)
家庭菜園の収穫物も楽しみですね〜。
キュウリが真っすぐで綺麗!美味しそうです。
トラちゃんも、新鮮サラダバーがあっていいなぁ(*´艸`*)
投稿者: pil   21/07/31 04:37
misako様
コメントありがとうございます。
夜咲くユリの花、他にはありませんね。不思議な花です。
数あるユリの中でも魅力は一番だと思います。
ニッコウキスゲとは違って淡いレモンイエローなんです。
子孫を残すためにはミツバチなどによる受粉が必要ですが、夜飛ぶ蜂はいませんよね?
朝10時頃までは咲いているので、ミツバチなどが来てくれるのでしょう。

キュウリ、売り物になりそうなくらい見た目の良い物ができました。
支柱の立て方とか水や肥料のやりかたで、まっすぐで良い形の物ができるようです。
最近やっと要領がわかってきました。1株だけなので大切に育てています。
近所の家の生け垣になっているブルーベリーはもう色づいて食べられる状態ですが、うちのは遅いです。
今年はジャムが作れるくらいの収穫になりそうです。
投稿者: ロッド   21/07/31 11:08
pil様
コメントありがとうございます。
ユウスゲはユリの仲間では一番美しいと思います。
香りは全然しないんですよ。
この猛毒っぽい巨大キノコ、いろいろ調べてみましたがハッキリとはわからず、たぶんコテングタケモドキかシロタマゴテングタケだと思います。
本物のタマゴテングタケは日本では稀で北海道のみ?
似たようなのは多いですけどね。

タマゴタケはそちらでは稀のようですね。
日本の物とは少し違うとか。
こちらでは普通は梅雨どきに多く出るんですが、今年はサッパリです。多いときはすごく多いんですが、キノコって5年周期ぐらいかな。

ヤマドリタケの仲間は数種ありますが、どれも美味しいですね。ほんと、食感が良いです。シメジ以上だと思います。
野生のキノコは虫食いが多くて嫌になってしまいます。
最近の栽培物は美味しいので、ハッキリ言って栽培物のほうが良いです。
ただ、収穫の楽しみが大きいですよね。

他の夏野菜は諦めましたが、キュウリだけは作っています。毎日1本採れるとちょうど良いです。新鮮が一番です。
トラキチは今は毛が大量に抜けるので、毛づくろいして毛玉をゲロゲロ吐きます。
毎日ブラッシングしてあげていますが、追いつきません。
毛玉を吐くためにも草を食べることが必要なんですね。
投稿者: ロッド   21/07/31 11:09
ユウスゲは楚々とした美しい花ですね。
シュッとした花びらの形がとてもいいです。
紫陽花はこちらではそろそろ終わりです。
今年は梅雨が明けてから咲いたので真夏の暑さで干からびそうです(^^;
鉢植えにしているので水やりが大変なんですよ。

夏休みとオリンピックで特に若い人の気が緩んでいます。
勢力を伸ばしつつあるデルタ株は若い人も感染しやすいのでマスクをしないで騒いでいると危険ですよね。
早く感染者が減ってくれないと私も首都圏へ遊びに行けなくて困るんですけど(-_-)
投稿者: NEccoSun   21/07/31 22:59
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
ユウスゲほど素晴らしい花はないと思います!
可哀想に、道端にあったのを草刈機で刈られてしまっていたので、拾って帰って水切りして花瓶に入れたら生き返りました。
夜になって咲き始めたので室内に飾ろうと思いましたが、猫にはユリの花粉が猛毒だという話を思い出してやめました。

紫陽花はここでは秋の花なんですよ。これから長い期間楽しめます。

コロナの問題はもう「何をか言わんや」ですね。
オリンピックを見ても、ズボラでいい加減で、呆れ返っています。マスクなんて単なる儀礼的なものですね。
ハッキリ言って意味ないです。
自分ではどうしようもないので、ヤバイ所には関わらないようにしたいです。
山にこもって、いよいよ自給自足の生活を目指します(笑)
ワクチンも、あまり当てになりませんねぇ。
アメリカはどうしてあんなにうまく行ったんでしょう?
投稿者: ロッド   21/08/01 01:13
ユウスゲの花、本物を見たことはありませんが優しい色ですね。
夜に咲いてるなら、夜行性の蛾や甲虫が来るのかもしれませんね。
アジサイがこれからですか。
しっかり青くなったアジサイもきれいだけれど、咲き始めの淡いブルーもきれいですね。

こちらは緊急事態宣言が出されましたが、ワクチン接種はいつから受け付け開始になるかもわからない状態のままです。
今回は地方もどんどん感染者が増えていて、今後どこまで広がるのか恐ろしいです。
ロッドさんのように人里離れた場所で一人で住むのはいろいろ大変だと思いますが、今の状況では一番安全な生活かと思います。
投稿者: woojyan   21/08/02 15:57
woojyan様
コメントありがとうございます。
そちらの森には何でもあるのに、ユウスゲだけはないのですね。
これはユリの中では一番魅力的だと思います。
栽培は簡単ですが、なぜかうちの庭では咲いてくれないんですよ。
日当たりの良い場所でないとダメみたいです。

アジサイは最初は白いんですね。それが次第に色づいてくる。

コロナ禍の問題で諸外国と比較され、日本社会の脆弱性が浮き彫りになってしまいました。
オリンピックが終わった後で大きな代償を払うことになりはしないか?心配です。

ワクチン会場でウィルスをもらって来てしまう危険性だってあるんですよね。多くの人が集まりますから。
隣に陽性の人がいたらもうダメです。接種担当の看護師がすでに感染しているかもしれません。
これは確率論で、100分の1か1000分の1かもしれませんが、もし運悪く自分が感染してしまったら100%ということになります。
政治家とか医師は社会全体を管理する立場で物を言うので、我々のような一市民の立場とは違います。
イスラエルは世界一ワクチン接種が進んでいたのに、今また感染拡大して困っています。それで3回目の接種を始めているような状態。
とにかくこの病気は手ごわいです。油断なりません!

私の場合、猫から感染する病気があれば、もうとっくに感染していますが(笑)人間に会う機会はないので大丈夫です。
だからワクチン接種は必要ないと思うんですが、年末に運転免許の書き換えがあるので、これが一番憂鬱です。
N95マスクを買おうかと思っています。
それに私はアレルギーも、血栓症になりやすい遺伝子も持っているのでワクチンは敬遠です。
ワクチンの効力は1年ぐらいなので、今後たぶん毎年打たないといけなくなるでしょうし。
投稿者: ロッド   21/08/02 17:28


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません