21/08/20 04:53

大正ロマン

昭和初期から大正へ。
前回いただいたコメントで「大正ロマンが好き」というのが良かったので、それでテーマにしました。
書きたい事が多くて、すごく長くなってしまったので大幅に切り詰めました。
機会があればまた特集したいと思います。

最初に季節の話題を。
フシグロセンノウ(ナデシコ科)が咲きました。植えたらどんどん増えて嬉しいです。

ツリガネニンジン(キキョウ科)道端にたくさん咲いています。

チビ蛙、去年までは蛙になる直前にほとんど全滅状態になってしまっていました。
泳ぎ疲れて溺死してしまうらしい。
蛙が溺死!?ちょっと考えにくいことですが、今年は手足がはえたのは浅いトレイに移してやったら無事に蛙になって上陸して行きました。
手がかかります。
そのうち「蛙の恩返し」大勢で押し寄せて来るかも(汗)
可愛いけど、もう庭の小さな池では面倒見きれません。


ここから本題です。
大正と昭和。結論から言うと、豊かで楽しかった庶民の生活を戦争が台無しにしたということです。
こういう事は二度とあってはなりません。

驚いたことに、大正末期には今とほとんど同じ”文化生活”が実現されていました。
貧富の格差は大きかったと思いますが、母から聞いた話でも祖母の実家へ遊びに行くと、実際にあの「小さいおうち」と同じような豊かで楽しい生活。
自分の家とは別世界で羨ましかったそうです。

大正から昭和初期の面白い広告です。
古本屋で見つけた本がとても面白いんです。

これは前回の「小さいおうち」そっくり。
当時の小市民の憧れの生活だったのでしょう。
ソースという調味料は当時すごく新しい物でした。
大正時代の洋食いいなあ。カツレツって?
トンカツとは違って薄い牛肉のカツなんだそうです。
銀座の柳の下で、銀ブラです。

カルピスは古い歴史があります。この黒人をモチーフにしたイラストは人種差別だとかで最近になって廃止になりました。
とてもチャーミングで良いと思うんですが。
このパンは食べたくない。少年の顔が不気味ですよね。とてもまずそうだ。
カメヤというのも変。昔からの屋号なんでしょうけど亀とパンは馴染みません。
このパインも食べたくない。怪しい雰囲気です。
この少年、酒乱のオヤジのように目がすわってますね(汗)

トラちゃんのライバル!いい勝負ですね(笑)
どっちが凛々しい?
この映画を見に来た人に森永チョコレートを進呈!
という広告です。
そんな昔から森永チョコレートがあったのですね。
しかし昭和20年が近づくと姿を消してしまいました。

大正ロマンというと洋館ですが、
私の故郷にはこんな美しい洋館があります。今は農協になっていますが、元々は何だったんでしょう。

こちらは元々は役場でしたが、今は絵の展覧会などが開かれます。
長野県須坂市は小さな町ですが、大正から昭和にかけて生糸で栄え硫黄鉱山の出荷場でもあり、県庁所在地である隣の長野市よりも栄えていたほどでした。
東京の大手財閥系企業から商談に訪れる偉い人を接待するために高級料亭が立ち並び、腕の良い料理人が集まって来ました。芸者さんも大勢いました。
かつての栄華はどこへやら。今は商店街もさびれ、静かな住宅街です。

この洋館は県内最高レベルの文化財です。
ここからは遠い佐久市(車で3時間)の中込学校です。
数年前に行って来ました。
これが小学校だったというんですから驚きです。
洋風建築に不慣れな大工さんで、お金もかかりすぎて途中で頓挫しましたが、長い年月をかけて完成しました。

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

おはようございます
フシグロセンノウもツリガネニンジンも本当にかわいい野草ですよね
高原に行かないと見れない花ですね
お庭やその辺の草原に咲いてるのが見れてうらやましいです

それにしてもいろんな資料をストックされてて感心しています
投稿者: misako   21/08/21 10:03
misako様
コメントありがとうございます。
どちらも一番好きな花です。
とくにフシグロセンノウは野草とは思えない鮮やかな色です。最初に見たときは驚きました。
高山植物とは書いてないですが、私はここに来てから初めて見ました。

古雑誌とか古本も捨てないでとってあるんですよ。
収納場所に苦労しています。
ネットの時代ですが、紙の本でないと昔の貴重な情報は得られません。
投稿者: ロッド   21/08/21 11:42
大正時代はほんの短い期間であったにもかかわらず、西洋文化の影響を受けているおしゃれな建物や文化が大好きです。
絵のことはわかりませんが、竹下夢二の作品も独特の色気と儚さがあって心惹かれます。

広告の銀ブラファッション、オシャレですね。
白いワンピースに個性的なスカーフをアシンメトリーに結び、頭に緑のベレー帽?
近くの男性も白いダブルのスーツ。
後ろにいかにも都会的なガス灯?そして柳の木。
「銀座の柳の下で」って何かの歌にあった気がして探したら、昭和11年の「東京ラプソディー」と言う曲でした。
本当に当時の銀座に歌になるくらい有名な柳の木があったんですね。
ついでにこの曲には、ティールームとかジャズの浅草と言う言葉が歌詞がありました。
都会の人は当時も本当にハイカラだったんですね〜。

カルピスが大正時代からあったとは驚きです。
この黒人のモチーフは覚えてます。
以前は「ちびくろサンボ」なんて絵本もありましたね。

洋館がどれも素敵ですね〜。
農協に使うのはもったいないです。

オタマジャクシ、無事に育ってよかったですね。
シュレーゲルアオガエルですか?
オタマジャクシの手足が出たら、まだしっぽがある状態でも肺呼吸になるので、陸地がないと溺れます。
足場を作っておくと、勝手に外に出ていきますよ。
投稿者: woojyan   21/08/22 00:03

woojyan様
コメントありがとうございます。
遅ればせながら左側の「おすすめリンク」に追加しました。お忙しそうだったので保留にしていたんですが、これを見て来る新しい人はほとんどいないと思うので。

歴史は学校時代に苦手分野でしたが、最近になって面白くなってきました。
この記事を書くに当たって大正時代について勉強しましたが、いろんな意味で日本にとって最も重要な時代ではなかったかと思います。

資本主義の近代化が急激に進み、貧富の格差が拡大し、過激な左翼と過激な右翼の対立が深まります。
その結果右翼が勝利して無謀な戦争へと突き進みました。
左翼も右翼も暴力的な過激な思想ばかりで、中庸の精神はすたれました。

中流から上流の生活はとても華やかで、素晴らしい文化が花開きました。
雑誌の出版が盛んになり、竹下夢二のような美しい絵画がたくさん生まれました。
蓄音機が普及してレコードが売れるようになり流行歌が生まれました。

バスもタクシーも地下鉄もあったんですよ。
美味しいレストランもたくさん開店しました。
味の素も三ツ矢サイダーもこの頃に生まれました。

カルピスのトレードマークは、唇が厚いのが黒人をバカにしているようでいけないんだそうです。
良い意味で使ってるんだから、これはこれで良いと思うんですけどね。
ちびくろサンボも差別だとかで廃止になったらしいです。名前を変えて「ちびくろ散歩」で再デビューしましたが(笑)

洋館は不思議な印象です。日本が世界の一等国であることをアピールする目的だったのでしょうか。
すごく手の込んだ作りになっています。今でも現存しているところを見ると耐久性も良いのですね。

オタマジャクシは今年はうまく育ちました。モリアオガエルとシュレーゲルアオガエルと半々です。
来年は里帰りで大挙して押し寄せて来る予感がします(汗)


投稿者: ロッド   21/08/22 00:51
フシグロセンノウ、いい色のお花ですね〜。
似た雰囲気の白やピンクのお花はこちらでも見かけますが、
野山に咲くお花で、オレンジ色ってあまりないですよね。

このカルピスの広告は、なんとなく覚えがありますが、黒人さんがモチーフだったとは知り知りませんでした。
このパンにかじりついてる少年は、
広告として優れているかどうかは別として(食べたい気持ちにならないから(笑))、
劇画タッチで面白いです(*´艸`*)
素敵な洋館、以前は役所や学校だったんですね。
建物を見ると、当時どれだけ栄えていたかがわかりますね。
とても興味深いです。
投稿者: pil   21/08/23 22:13
大正ロマン・・そそられる言葉です(笑)
真っ先に思い浮かぶのは竹久夢二ですよね。
右の団扇の絵は影響を受けている感じがします。
大正デモクラシーという言葉があるように自由主義的な考えが広まってのびのびとした時代だったのでしょうね。
文化的にもアールヌーボーやアールデコが流行ってそのころのアートは今見ても新鮮です。
三ツ矢サイダーは宮沢賢治がよく飲んでいたそうですね。

洋館は大好きなので全国の洋館巡りをしたいくらいです。
横浜には洋館がたくさんあって毎年そのうちの一つで作品展をしていたのに今はコロナでそれどころではなくなってしまいました(T_T)
佐久の中込学校はいい建物ですね。
ちょっと遠いけど行ってみたいな。
松本の旧開智学校は行ったことがありますが
和洋折衷の不思議な建物でした。
昔は学校ひとつ建てるのにもずいぶん凝っていたのですね。

蛙が溺死・・ですか・・
蛙の世界も生き延びるのは大変なのですね。
うちの庭には小さなアマガエルが飛び跳ねていてなんとも可愛らしいです♪
この間家の中を毛玉が飛び跳ねていて、よく見たら埃や猫の毛が絡まった蛙でした。
きれいに取ってあげて庭に放したら両手両脚(?)を広げてジャンプしていきましたよ。
恩返しに来てくれるかなぁ。
投稿者: NEccoSun   21/08/23 22:18
カルピスのモチーフ、そういえばこんなのでしたね!
見て思い出しました、懐かしいです。
どうしてこれが人種差別になるんでしょうね。
黒人の方をイラストにすることはNGなんでしょうかね。
それこそ変な差別だと感じます。
洋館、幼少時代に時々訪れてた門司港を思い出します。
あそこもこういったのがあって、いつからかとても人気になってるようです。
投稿者: alpenkatze   21/08/24 00:07
pil様
コメントありがとうございます。
フシグロセンノウ、大阪のご実家のほうにはありませんでしたか?
同じ長野県でも私の実家のほうでは見たことがありません。最初に見たときには「ハイビスカス!?」と思いました。
このカルピスのイラストは21世紀になる頃に廃止されたのだと思います。そんな昔の話ではありません。
私も長い間これが黒人とは思いませんでした。

パンにかじりつく少年の絵、私も面白いと思います。
背景が黒いのと、口の中が真っ赤なのが不気味です。
広告としての良し悪しは別として、この頃の絵はレベルが高くて面白いのが多いです。

一般に文明とか経済は右肩上がりと思われていて、単純に今のほうが優れていると思われていますが、実際のところ必ずしもそうではないようです。
私が一番残念に思うのは東京や名古屋が空襲で焼かれてしまったことです。
江戸時代以前の貴重な文化財、明治・大正時代の文化財も焼失してしまいました。
もし今残っていれば全然違った風景になっていたはずです。
投稿者: ロッド   21/08/24 04:20
NEccoSun様
コメントありがとうございます。

Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
宮沢賢治が三ツ矢サイダーですか!?
玄米に味噌だと思っていました(笑)
新しい物好きな人でしたから、ありえます。
「雨ニモ負ケズ」の印象ばかり強すぎていけません。
大正ロマンというと皆さん竹下夢二を連想するんですね。
私も同じくです。そして大正初期までさかのぼると、長野県坂城町出身の女優・松井須磨子「カチューシャの歌」中野市出身の作曲家・中山晋平のデビュー作です。
これ、聴いてみてください。映像にも大正ロマンを感じますよ。トラキチに似た猫も出て来ます(=^・^=)
https://www.youtube.com/wat...
これは島倉千代子が歌っていますが、松井須磨子が歌っている当時の貴重な音源もありました。しかし、とても下手だった(笑)あれでもヒットしたのですから、当時はただ珍しいだけだったのでしょうね。
今は長野県からは芸能人・有名人はほとんど出ませんが、昔の長野県人は気質が違っていたのかな?

私は学校時代は歴史が苦手分野だったので、今さら勉強し直しています。
大正時代は日本にとってとても重要な時代だったとわかりました。
大正デモクラシーも素晴らしい。昨夜読んで感心しました。今よりも優れた思想がありました。
しかしその裏側では女工哀史。これはひどいです!
上流階級と下層階級ではこんなに違うのか!?
しかし下層階級から努力して上流階級になった人もいます。運もありますけどね。
成金が多かった時代でした。太宰治の父親は大地主でしたが、新興地主でした。国会議員になって東京と青森を行き来していました。

全国の洋館めぐり、いいですね!
須坂のような田舎町にもあるくらいですから、意外な所に素晴らしい洋館があるかもしれません。
中込学校で読んだ説明ですが、立派な建物で教育をすると教員も生徒も立派な志を持つようなる、との考えで莫大な予算をかけて造ったそうです。
今なら箱物行政とかで批判されそうですが、当時はこの建物に入るという事だけで緊張して誇りを持てたのでしょう。

蛙になったばかりのオタマジャクシはうまく陸に上がることができずに、泳ぎ疲れて沈んで行ってしまうのですよ(-_-;)かわいそうに、去年はほとんど全滅でした。
投稿者: ロッド   21/08/24 04:21
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
このカルピスのイラストは長い間(たぶん60年以上)使用されていて、とても良かったと思います。
美味しそうに飲んでいますよね。
顔が黒いのは良いのですが、厚い唇が強調されすぎているのが黒人差別なんだそうです。

門司ですか。昔いた会社の出張で近くまでは行きましたが、門司には行きませんでした。
明治からの近代史の中で重要な場所だったので、興味深い文化財が多い魅力的な街なんでしょうね。
行ってみたいです。
投稿者: ロッド   21/08/24 04:22


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません