21/08/27 00:37

旅をする蝶

大正ロマンの話が少し続きます。
前回と同じ須坂市の洋館、過去の写真ですがですが角度と季節を変えて。

私の中学校はこのすぐ近くでした。
当時はあまり興味なかったのですが、最近になって化粧直しされ綺麗になって圧倒的な存在感を放っています。
庭には花がたくさん咲いていました。

この洋館のすぐ近くにお住まいの画家【小山賢一氏】による絵画展が開かれていました。
この方は日展に何度も入選されたほどの実力者です。

前回コメント欄でご紹介した「カチューシャの唄」をこちらにも。大正3年に流行りました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZVjRaEYc04Q
映像も大変素晴らしくて大正ロマンを感じます。
コメント欄ではワンクリックで行けますが、本文の場合はいちいちコピペしないと行けません。お手数かけます。
長野県中野市出身の作曲家、中山晋平のデビュー作です。
大正初期にこんな現代的な曲を作ったなんて素晴らしい。今でも立派に通用します。
東京音頭も彼の作品です。
これを歌っているのは島倉千代子ですが、大正3年に歌っていたのは松井須磨子でした。
彼女も長野県出身で、日本初の本格的女優でした。
今は長野県人の気質が変わってしまったのか、有名人・芸能人はほとんど出ません。

カチューシャの唄、途中にトラちゃんに似た猫さんが出て来ますよ。
タオルケットに甘えるトラちゃんです。このお手手が面白い。

 

昨日の事。
「旅をする蝶」アサギマダラがやって来ました。
アゲハ蝶ぐらいの大きな蝶で、ヒラヒラとゆっくり優雅に舞います。
沖縄まで渡って行くというんですから驚きです。
私の頭や手に止まって遊んでくれました。長い時間いましたが、西の方へ去って行きました。

紫陽花が綺麗に色づきました。9月まで楽しめると思います。
お盆から長雨でいけませんが紫陽花は喜んでいるでしょうね。

その後フシグロセンノウがこんなにたくさん咲きました!
数年前には憧れの花だったのに、とても嬉しいです。
このオレンジ色は独特で、他の花にはない色ですね。

ナデシコも咲きましたが、こちらは一輪だけです。
なかなか増えてくれません。
ネジバナは公園の芝生で見つけました。
よく見ると花だけでなく茎もねじれています。
この赤紫色も独特の美しさがありますね。
とても魅力の多い花ですが、栽培は難しいです。
単独で植えてもダメ。芝生など他の雑草が多い環境でないと育ちません。

栗ができてきました。今年は豊作です。
野生の栗で道端にたくさんあります。栗拾いが楽しみ。

家のブルーベリーも豊作で、毎日少しずつ食べています。
ジャムにするほどはできません。

この家は「ブルーベリー御殿」と勝手に名付けています。
ブルーベリーの生け垣に囲まれています。20年ぐらい前から老夫婦が夏だけ別荘として利用していましたが、今年売りに出されて県外の若夫婦が購入しました。
ここに住むのか別荘なのかわかりませんが、時間に余裕がある仕事のようです。テレワークでここでも仕事ができるのかな。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

カチューシャの唄、ちょっと切ない歌ですね。
でも素敵。大正時代に流行った曲とは思えないです。
トラちゃんも歌に聞き入っているのかな?それとも瞑想中?(*´艸`*)

アサギマダラ、このか弱い羽で海を渡るなんて、凄いですね。
また来年、元気に帰ってきてくれますように。
今年はフルーツが豊作のようですね。
そういえば数日前、母が電話で、今年は畑の栗がもう収穫できたと言ってました。
例年より2〜3週間早い収穫だったそうです。
ブルーベリー御殿、夏だけ住むにはもったいない素敵なお家ですね。
投稿者: pil   21/08/28 04:52
pil様
コメントありがとうございます。
カチューシャの唄は去年までは全然興味なかったんですが、ひょんな事で今年になってから興味が出て来ました。
地元出身の作曲家、中山晋平を初めて認識しその偉大さに驚きました。
上京して音楽学校で西洋の音楽を学び、作曲依頼があって最初に世に出したのがカチューシャの唄でした。
その後何百曲も作ったのですが、最初のが一番良かったと思います。

アサギマダラは他の蝶に比べると飛ぶのがゆっくりなんです。それなのに海を越えて遠くまで渡って行くのが信じられません。
なぜそんな冒険をするんでしょう。
帰って来るのでしょうか?あちらで子孫を残すのでは?
そのへんの事が知りたいです。

ブルーベリー御殿のブルーベリーは植えて20年以上もたっていて見事な収穫量です。
中古住宅を買ったらこれが付いて来たんですから棚からボタ餅ですね。
家のデザインもお洒落ですし、うちの4倍の大きさです。
不便な土地で中古ですから安かったでしょうし、超お買得物件だったと思います。
たぶん冬も利用するのでしょうけど、奈良県の人なので雪対策はどうかな?高野山よりずっと厳しいかも。
投稿者: ロッド   21/08/28 11:25
そちらでは既にアサギマダラが飛んでいるのですね。
こちらに来るのは10月中旬ごろになるでしょうか。
たくさん飛んで来たら、また写真を撮りますね。
ブルーべりは少しづつ食べているのですね。
冷凍してまとまった量になったらジャムにしてもイイかもしれません。
冬も楽しめますよね。
でも、栄養はフレッシュなのが一番でしょうね。
投稿者: なっつばー   21/08/28 17:13
なっつばー様
コメントありがとうございます。
アサギマダラ、そちらでは10月ですか!
私の所ではこれが初めてではなくて7月にも見ました。ここで生まれたのかな?不思議な生態の蝶です。
ヒラヒラと優雅に飛ぶ姿も。神の使いかも?

ブルーベリーは毎日少しずつ収穫です。摘みながら食べていますが冷凍にしてためておけばジャムが作れますね。やってみます。
ブルーベリーを食べると視力が良くなるらしいですよ。
木が大きくなって年々収穫量が増えて嬉しいです。
投稿者: ロッド   21/08/28 20:13
この洋館は程よい広さのいい物件(?)ですね。
家族と女中さんで住むくらいには丁度いい広さですが実際は元々お役所だったのですね。
美しい建物なので長く保存してもらいたいです。
島倉千代子は高校時代の友人がファンでした。
歌が上手いと言ってコンサートにも行っていました。
私は洋楽ばかり聴いていたのでずいぶんシブい趣味だと思ったものです。

アジサイにネジバナ・・
家の庭の7月の光景です。
今年はネジバナが一か所にすごくたくさん咲きました。
雑草だらけの庭が居心地よいのでしょう。
フシグロセンノウは可愛らしい花ですね。
蛍光色のオレンジが目を引きます。
ブルーベリーの垣根なんて羨ましい!
あまり手入れはしてないようですが実がついてますね。
ここを買ったご夫婦はあまり興味がないのでしょうか・・・
投稿者: NEccoSun   21/08/28 22:48

NEccoSun様
コメントありがとうございます。
この洋館に住む? そういう発想はありませんでした。
部屋数が多いので維持するには女中さんが必要だと思います。
須坂市は蔵の街ということでPRしていて、古い物を大切にしようというキャンペーンで「蔵シック」な街作りを進めています。
須坂音頭というのがあって盆踊りに流れますが、これを歌っているのがなんと島倉千代子でした!
ギャラが高かったことでしょう。今でもyoutubeには見つからなくて、CDを買って下さいとの事で冒頭の部分サンプルのみでした。商魂たくましい!
作曲は藤山一郎で昭和40年頃ですが、東京音頭そっくりです。
一方昭和初期からある須坂小唄は中山晋平作曲で、こちらのほうは本格派です。

私は幼稚園の頃に島倉千代子のファンでした(笑)
そして最近また良さがわかってきました。
しかしNEccoSunさんのお友達は高校時代にですか。
不思議な方ですね。本物の良さがわかっていたのでしょう。
昭和の昔の歌手は職人芸みたいに上手い人がいました。
プロ意識が強かったと思います。
由紀さおりなんか最近アメリカで評価が高まりました。

北海道でもアジサイは今頃だと言っていました。
ネジバナがたくさん咲きましたか。良いですね!
宿根草なのかな?それとも種で増える?
フシグロセンノウが薄暗い森の中に咲いているのを見つけたときはハッと息を飲みました。

ブルーベリーの生け垣は素晴らしい収穫量で売るほど採れると思います。
摘んでいるのを見たことありますが、2人では食べきれないと思います。


投稿者: ロッド   21/08/29 04:15
こんにちわ〜
この時期にこんなに鮮やかなアジサイが見れるなんて本当にうらやましいです
涼しそうなブルーですね〜

私も初めてフシグロセンノウを見たときは
なんてはっきりしたオレンジなんだろう〜
他にはない色じゃないかな〜?って思いました
草原の中に咲くこの花は目立ちますよね

ネジバナ、ナデシコも咲き始めたのですね
もう9月が目の前ですものね〜
投稿者: misako   21/08/29 17:45
misako様
コメントありがとうございます。
ここは火山灰土なので強酸性。石灰を大量に入れないと野菜は何もできません。
それでアジサイは鮮やかなブルーになるんですね。

フシグロセンノウはここに来るまで見たことがありませんでしたが、植えてみたらドンドン増えるので嬉しいです。
気候や土壌が合ってるんでしょうね。
この花は日陰のほうが良く育つみたいです。

ネジバナの美しさは格別でしたが、たったの1本しかなかったんですよ。
私もこのごろ月日の流れが早く感じてしまっていけません。
秋めいてきて物悲しくなります。
次回は秋の七草をテーマにしようかな。
投稿者: ロッド   21/08/29 18:59
おしゃれな洋館で絵の展示会、素敵な使われ方だと思います。
洋風の芝庭といかにも和風な松が一緒なのも面白いですね。

カチューシャの唄、中学の頃マンドリン部でよく弾いていました。
哀愁があってロマンチックで、とっても好きでした。
あれれ、でもあの曲はロシア民謡だとずーっと思ってたけど・・・
YouTube見たら、全然違う曲でした(^^;
日本にもカチューシャの唄があったのですね、初めて聞きました。

ブルーベリーの生垣、いいですね〜。
ときどき、千葉南部地域の不動産情報を見ていると、庭に柑橘やビワがたくさん植えられている中古住宅があります。
興味のない人には面倒かもしれないけど、初めから実が付くほど成長した果樹があるなんて、それだけでもお買い得物件だな〜、私ならここを買う!と勝手に妄想しながら見てます。
投稿者: woojyan   21/08/29 22:00
woojyan様
コメントありがとうございます。
絵を見に行ったとき、他に誰もいなくて静かで良かったです。
時が止まったような空間でした。
面白い着眼点ですね。庭の和風な松。
二階には行きませんでしたが、たぶん市長室(当時はまだ市ではなく町だった)があるのでは?と思います。
役場なので風呂はないかもしれませんね。でも宿直室とかにあるかも。

マンドリンですか。ギターと違って弦が多いので難しいのでは、と思います。
カチューシャの唄、聴いてくださってありがとうございます。
ロシア民謡にも同名の曲がありましたか。そういえば遠い記憶の中に・・・
ロシアと日本は昔からお付き合いがあったのです。
ロシア人がシベリア開発を始めたのは1570年頃だそうですから、日本人が初めて出会った西洋人はロシア人だったかもしれません。
北海道はもちろん、日本海側の地方にはロシア系の人が結構多いのですよ。
長野県でも北部には多いです。こういうことはあまり知られていませんね。
ずっと敵対してきた国だからでしょう。日露戦争以降ずっと戦争状態が続いています。今でも冷戦状態に近いです。
隣の国なのに、もっと仲良くできないものかと・・・

ブルーベリーは苗を植えてから収穫できるまでに年数がかかりますね。
うちのはなんと30年です! もっとも、引っ越しが多くて鉢植えの期間が長かったですが。

中古住宅はとても面白いと思います。庭木などなど他にもいろいろ付属品が期待できますから。
自分でリフォームするのも楽しいと思います。
投稿者: ロッド   21/08/30 05:13


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません