21/10/01 00:23

花の首飾り

虎屋店主です(=^・^=)
花の首飾りを付けて栗拾いに行きました。毎日暖かくて良いお天気で幸せいっぱいです。

虎屋ってご存知でしょうか? 東京の老舗羊羹店です。
濃厚な味で父の好物でしたが、私の好みではありませんでした。
箱ばかり立派で、なんと木箱に入っていました。中身より箱のほうが高い?(笑)
もちろんお値段も超一流! 自分で買ったのではなく頂き物だったと思います。
箱は今も大切に利用しています。

箱の話を出した理由ですが、これです。
父の遺品を整理していたらすごい物を見つけました。
吉田茂の著書です。
なんと立派な箱が二重になっていて(@_@;)

しかし開いて見ると字が大きい! ページ数が少ない。
なんだこりゃ??
昭和37年に2000円!! ラーメン1杯50円の時代ですよ。
これはあまり読む気にならないので、同じく吉田茂の別の本から読み始めましたが、内容が濃く素晴らしい!
どちらも今は入手困難、図書館でもなかなか見つからないでしょう。お宝です。

吉田茂は総理大臣であった以前に、激動の昭和初期の外交官としての経験が長く、世界各国で仕事をしました。
たぶん数カ国語がペラペラだったのでしょう。
とくに中国勤務が長かったので、大東亜戦争(太平洋戦争ではない)の真相を知っていたはず。
この本に機密事項を書いているとは思えませんが、熟読すれば、父が戦争でなぜあんなひどい目にあわなければならなかったのか?事情の一端が見えて来るかもしれません。
父が戦争で死んでしまっていれば、今私はここにいないはずです。

吉田茂についてネットで調べてみたら、父親は明治初期に板垣退助の自由民権運動に参加し、政治犯として投獄されました。
当時は主流派の伊藤博文と野党の板垣退助とが争っていました。
では息子の吉田茂も板垣退助派なのか?というと、どうも伊藤博文の思想に近いような。
しかし戦争末期には終戦に向けた工作をしたので、政治犯として投獄されてしまいます。
このことによって彼は敗戦時に東京裁判を免れました。

吉田茂の終戦交渉が実現していれば父の船が撃沈されることはありませんでした。
原爆投下はなく、南方諸島や沖縄での犠牲者も大幅に少なく、北方領土をはじめ国益も守れたはずです。
中国残留孤児やシベリア抑留の問題も生じませんでした。
ただ、満州と朝鮮半島と台湾は手放さなければならなかったでしょう。
しかし樺太の南半分は日本の領土として残ったかもしれません。相撲の大鵬はそこに住んでいましたが、終戦とともに命からがら逃げて来たのでした。
(ロシアと日本の事について書くのは延期にしました。浦島太郎のような面白い話があります)
外交官だった吉田茂は世界情勢が良く見えていたのですが、当時の政府や軍部には見えていなかった。神風が吹くと最後まで信じていたのでしょうか。
今となっては取り返しのつかないことですが。

 

キノコの季節、いよいよ本番です。初秋の味覚はショウゲンジ。
味覚?正露丸の味です(≧ω≦*) 正露丸も慣れると旨い?
見た目は松茸そっくりで食感も見事に松茸です。しかも大量に採れる。
嫌な味を消すために一度煮て煮汁を捨て、味噌と生姜で濃い味付けにしてみたらマアマアの味になりました。

ハナイグチが1本だけ採れました。
これはナメコのような味なので味噌汁に良いです。
クリタケが車のタイヤの根本からニョキニョキ。
庭の一角で大量に増殖中で嬉しいです。
上の2種とは違い、クリタケはとても良い香りがして美味しい。
ただ新鮮なうちだけです。火を通しすぎると風味が消えてしまうので注意が必要、冷凍保存すると不味くなってしまいます。
栽培できるのでスーパーにもたまに売られています。

2種のキノコと茄子の味噌煮。これは美味しかった。
茄子は事前に油で揚げてあります。油揚げとタコ、岩下の生姜漬も入っています。

カテゴリ[ 読書]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

こんばんわ〜
ま〜トラちゃん可愛いこと!
お似合いですよ〜
何の花ですか?
お花も可愛い

キノコの季節がやってきましたね〜
これから楽しみなことと思います

ロッドさんはキノコのプロだから大丈夫と思いますが慣れてないと危険なキノコもあるみたいですね

しばらくお天気が続くようですよ
山の散策も楽しいでしょうね!
投稿者: misako   21/10/02 20:27
トラちゃん黄色の花飾りがグレーの毛に映えて素敵ですよ(^_^)
相変わらず乗せ芸が上手なんですね。

虎屋は銀座にありますね。(今は休業中?)
のれんに大きくひらがなでやらとと書いてあってわかってても左から読んでしまうのでした(^^;

お父様の本は貴重なものばかりですね。
吉田茂のように戦争を終わらせた方がいいと思っていた人は少なくないでしょう。
でも声を大にして言うのは勇気がいることだったと思います。
聞く耳を持たなかった軍部は本当に愚かでした。
特攻隊まで作って守ろうとしたものっていったい何だったのでしょうね。

職場の人が自分の取ったマツタケでげっぷが出るくらいすき焼きを食べたと言ってました。
今年はキノコが豊作なのですか?
正露丸の味のキノコがあるとは驚きです(@_@)
投稿者: NEccoSun   21/10/02 23:02
misako様
コメントありがとうございます。
面白い猫写真をと考えて、庭の花を見て思いつきました。
親バカぶりを発揮してしまってお恥ずかしい。
お褒めいただき、とても嬉しいです。
これはアキノキリンソウです。

今日は自宅の庭だけでなく、少し遠征してキノコ狩りでした。歩き疲れました。
上等なキノコを見つけて良い収穫でしたが、ゴミや泥が付いていて洗うのが大変! 夜なべ仕事になります。
危険なキノコがいっぱいなので、本当にごく一部の慣れた物しか食べません。

台風も横にそれて行ったし、良いお天気は嬉しいです。
今夜は珍しく星が見えています。天の川もうっすらと見えますよ!
投稿者: ロッド   21/10/03 00:56
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
今まで読書や歴史の勉強は苦手でしたが、このところ少し考えが深まった感じがしています。
とても大切なことだと思いました。
苦手分野ですが、無理せず少しずつ楽しみながら、そう心がけています。

平和主義では平和は守れない? そんな気もしてきました。平和を守る方法は、人によって考えが違う。なかなかうまく行かない。
諸外国とくに大陸的思想の国々は、国境線をめぐって昔から戦争に明け暮れてきた歴史があるので、ひとすじ縄では行けません。
日本の常識が通用しないんです。約束は守らないし。
硬軟両方の外交で上手に立ち回らないと危険な事になってしまうようです。
吉田茂は国際感覚豊かなので「一国では平和は守れないので複数の国々と協力すべし」と言っています。
平和を守るってとても大変な事なんだと思いました。

戦前の軍部の暴走、ああなってしまうと誰にも止められないんだな、と思いました。そもそも明治憲法が間違っていたらしい。だからどうにもならないんです。
戦後のドイツには憲法裁判所があって、政治家が憲法を守っているかどうか裁定するそうです。憲法を守るって大切な事なんですね。
今の日本はどういうシステムなのかな?

吉田茂はバラが大好きで、平和の花だと言っています。時のドイツの首相も同じ趣味で気が合って、自宅に招いてバラ談義に花を咲かせ、バラを育てる事に関してはプロ級だそうです!
NEccoSunさんとの共通点ですね。でも猫の話はありませんでした。猫は怠慢だからねぇ(笑)よく働く吉田さんとは気が合わないのかな。

親バカぶりを発揮してしまってお恥ずかしいですが、愛猫を花で飾り付けて記念写真を撮ったのは楽しい事でした。
本人(本ニャン)も気にした様子はなく、全然嫌がってはいませんでした。
眠っているときに頭に載せるのは簡単ですが、今回は難しかった。

松茸は今年の話なんですね!
ここでは松茸には縁がないので、ちょっと別世界の話です。
キノコは豊作になりそうな気配です。今日も収穫が多かったので、これから洗って下ごしらえが大変です。
しかし残念ながら美味しいキノコは少ないのですよ。

私も虎屋は銀座と思っていましたが、この箱には赤坂と書いてあります。なんと言っても名前が気に入りました(=^・^=)
投稿者: ロッド   21/10/03 00:57
トラちゃん、黄色いお花がとっても似合ってますね。
かわいい〜(*^-^*)

正露丸味のキノコ(*´艸`*) 食べたいような、食べたくないような。(笑)
ハナイグチは私も大好きです。
そう言えば、先日見つけた変なニオイのするチチタケの仲間、たぶんチョウジチチタケだと思うのですが、ニオイは丁子というよりも、カメムシでした。(笑)
食用ということなんですが、食べ慣れたら美味しく感じるのでしょうか?(*´艸`*)
ところで、栗は沢山拾えましたか?

お父様、ご自分が残した本をロッドさんに興味を持って読んでもらって、喜んでいらっしゃるでしょうね。
投稿者: pil   21/10/03 06:43
pil様
ありがとうございます。親バカなのでトラキチを褒めてもらうと一番嬉しいです。
愛猫を花で飾って記念写真、初めての発想でした。本人(本ニャン)も喜んでいた??

昨夜はキノコの下ごしらえに夜なべ仕事でした。
とても美味しいクリフウセンタケ(ニセアブラシメジ)が大量収穫^^¥
秋も深まると次はオオツガタケに期待です。どちらもフウセンタケ科。こちらではフウセンタケ科は美味しい高級キノコが多いのですよ。
上のショウゲンジもフウセンタケ科です。
クセの強い悪臭のキノコが多いですよね。美味しいのはなかなかありません。
昔の人は味で毒か否かを判定したのですから、苦い物、まずい物は毒なのかもしれません。
大量に食べると死ぬかもしれないけど、少量だから食用になる。
「良薬口に苦し」とも言いますから、毒でも少量なら薬効があるかもしれません。
リスもキノコを食べるらしいですよ。毒キノコはちゃんとわかっているのでしょう。
ちなみに虫は毒キノコを食べても平気だそうです。虫食いがあるから食用という判定は危険です。

栗はもう多すぎてダメ! 道に大量に落ちていますが誰も拾わない(ここは人が少ない)し野生動物たちも食べません。贅沢な悩みです(笑)
父が「お前大人になったら読め」と言っていた哲学書などが何冊かあったはず。カントとか、若きヴェルテルの悩み、とか・・・
全然興味なかったので捨ててしまったかもしれません。
父の世代は戦争で死ぬことをいつも意識していたので、哲学書など読んで友達と「人生とは何ぞや?」議論していたそうです。
私の世代とは正反対です。
私の中で最近ドイツへの関心が高まっています。
先日はゲーテについて調べてみました。各分野に功績者がいますね。イギリスやフランスよりも多いと思います。
投稿者: ロッド   21/10/03 13:37
トラちゃんの毛色に黄色の花の首飾りがパッと目立って、とっても可愛いです♡
前にリックにシロツメクサの冠を作って載せて写真を撮ったけど・・・あまりの似合わなさに笑ってしまったのを思い出しました。

虎屋の羊羹は、1度だけ食べたことがあります。
羊羹1本が3000円だったと思います。
味は・・・羊羹を食べ慣れてないので、違いがよく分かりませんでした(^^;

歴史は好きな科目でしたが、よくあることで、明治以降の近代史は時間がなくて、ちゃんと習ってません。
本当は一番大事なんでしょうけど。
世界の人々の大多数は平和を望んでいるのに・・・人類史上、一度も世界平和が実現したことがないですね。
国民性の違いとか、宗教の違いとか、本当に難しい問題です。

大雨が降ったので、横の雑木林の枯れ木にキクラゲらしきものが大量に生えていますが・・・食べる勇気がなくて、もったいないな〜と眺めています。
投稿者: woojyan   21/10/03 17:40
woojyan様
コメントありがとうございます。
(;゜ロ゜)エェ?? 3000円!?
高いとは思っていましたが、そんなに高いとは(@_@;)
父は甘党でブランド志向(成金趣味)だったので虎屋が好きで、自分で買って食べたこともあったかと思います。
もう遠い記憶になってしまいましたが、黒糖の味がクドくて甘味が強すぎました(私には)
羊羹なら愛知県の杉本屋が安くて美味しいです。スーパー等に売っているので見つけたら買ってみてください。
野生のキクラゲはたまに見かけますが食べたことがないので、躊躇してしまいます。やっぱり食べ慣れたキノコでないと。
今日もキノコがたくさん採れたので、石狩鍋を作ってキノコを入れました。

トラキチの晴れ姿、お褒めいただき嬉しいです。
庭の花を見ていて突然思いつきました。ハワイのレイのように丸めて、ケーキなどの袋を縛ってあった金色の針金で縛りました。
小菊も添えればさらに美しくなったと思います。またやってみようかと思うけど、二番煎じでは面白くない・・・

ネットで政治家やネトウヨの発言を見て、皆さん勉強不足で将来に向けて危険だなぁ、と思っていたので自分はそうなりたくない、と思って近代史の勉強を始めました。
まさに目からウロコ! 本を読むって事は価値がありますね。
しかし近代史は複雑怪奇で裏の裏があり陰謀だらけ。
何が真実なのか?わかりません。いろんな立場の人の本を読んで、自分なりに解釈するしかないと思います。
皆さん平和を望んでいるのは確かなんですが、それに向けての方法論がずいぶん違うことがわかりました。
「絵に描いた餅」ではしかたがない。実効性のある手段は? これがまた難しい。
今回読んだ吉田茂は西洋かぶれで好戦的な面もありますが、国際的な水準から見ると現実主義的で実効性があるかもしれません。
明治時代の人は魅力が大きいと言われます。その理由が少しわかったような。
それに比べて自分の両親のような戦前の軍国主義教育で育った世代は問題が大きい感じがします。
やっぱり教育は大切ですね。
投稿者: ロッド   21/10/03 19:02
トラちゃん、黄色いお花の首飾りをしてもらってカメラの前でいい姿してますね〜。
よく似合ってますよ^^
うちは昨日と一昨日、インスタ用に太郎の頭の上にどんぐりやら乗せてたんですが、嫌がって怒ったりでこれがなかなか難しかったです(汗)。
トラちゃんみたいにおりこうにはできない太郎です(-_-;)

本、とってもいい状態で残ってましたね。
全く興味のない方なら古本屋に持っていくのでしょうが、こうやって読んでもらってお父様もとても喜ばれてると思います。
歴史のことはもうすっかり忘れてしまいましたがこうやって後世に名の残る政治家はいったいどれだけいることでしょうね。

正露丸味のキノコを最初に食べようと思った方はすごいですね。
癖になる味なのかな(笑)。
投稿者: alpenkatze   21/10/06 04:36
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
とっても良い記念写真が撮れたと思います。
またやってみたくなりますが、二番煎じになるのでやめておきます。
本人は特に気にしている様子はありませんでしたが。
頭の上に栗を載せるのは難しかったです。眠っているときなら平気ですが、起きているときは気にします。

またまた貴重な本を見つけました。
今度は憲法を作った人の本です。なんと昭和22年!
こういう本は苦手分野なんですが、少しずつ楽しみながら読もうと思います。
まさに目からウロコで人生観さえ変わるような気がします。
日本は明治時代にドイツ(プロシャ)の憲法を参考にしていましたが、これは大失敗。
戦後はお互い敗戦国になってしまい、法体系などなど大きく変わりました。
この吉田茂の本には、ドイツは終戦後10年ぐらいの復興は日本をずっとリードしていたと書いてあります。
私が見習うべきと思うのは憲法裁判所です。政治家などが憲法を守っているかどうかを判定する第三者機関です。
日本にもあればいいのに、と思います。

この正露丸キノコ、人によっては美味しいと喜ぶそうです(苦笑)
昔々、正源寺というお寺の和尚さんが「コレ美味しいから」と言って村人たちに教えたのだそうな。
薄味のお吸い物は最悪ですが、濃い味の味噌煮なら美味しくできました。
投稿者: ロッド   21/10/06 12:22


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません