21/10/15 01:18

今年の初ミカン(^_^)

みかんが安くなってきました。甘くてとても美味しかった。

 

ヌメリスギタケモドキをまた見つけました。
この前の日の2日後、すぐ横にありました。
袋がいっぱいでずっしり重い。見事に大量収穫です^^¥
これは3年前に覚えたキノコです。最初はなんだか無気味で毒々しいなと思ったんですが、似た毒キノコはないので見分けは簡単です。
味はナメコよりも上等で味噌汁に最適。すき焼きにもグッドでした。
もったいないので少しだけ食べて、残りは冷凍保存しました。

味噌汁といえば、これ。 間引き菜ほど美味しい物はありません。
これは赤カブですが、間引かずにそのままにしているとピンポン玉より小さい蕪しかできません。
プロの農家が作った物は湯呑み茶碗ほどの大きさになります。

最後のキュウリです。もう大きくならないので収穫しました。キムチ和えにして食べました。

さて、またまたキノコが出ました^^¥
隣家の土地なんですが当分家が建つ予定はありません。うちとの境界線の1m向こう側です。
何年ぶりかのチャナメツムタケ。この場所に出るのは初めてです。来年から毎年出るのを期待できます。
2−3本見つけたら、その周囲で大量収穫!!
うどんなど和食に最適の、とても美味しいキノコです。
これは似た毒キノコがあるので上級者向けです。

 

読書の秋のその後です。
この前の箱が立派すぎる本、読みました。
箱が好きなのは猫ですね(笑)うちのは本も好きで、本棚で爪とぎして貴重な本を何冊もボロボロにしました(~_~;)

箱に中身が負けてるかな?と思いましたが、わかりやすい文章で結構面白かった。
後ろ半分は英語でした。元々はアメリカ向けに書いた本だそうです。英語の勉強にも良さそうだ(汗)
最近吉田茂研究に熱中していますが、彼の思想が必ずしも良いとは思いません。良いのは半分ぐらいでしょうか。

高校時代は世界史も日本史も最低の成績だったので、今頃になって少しずつ勉強し直しています。
学校の勉強は嫌いでしたが、今はマイペースで好きな本をゆっくり読めるので楽しいです。勉強ではなく遊びと思えば良いんですよね。
しかし、あまりにもゆっくりで行ったり戻ったりでなかなか前に進みません。
世界地図を見て旅行に行った気分になっています。

ちょっと気になったので、吉田茂が大使をつとめていた頃のイタリアと周辺諸国の事情をネットで調べてみました。
戦争の話ばかりで嫌になりました。イタリアのすぐ横のバルカン半島は、今も昔も複雑な事情なのですね。
北アフリカ諸国との関係が深かったことにも驚きました。
戦前の日本と中国の関係に似ています。
なんとエチオピアまで! エチオピアと戦争をしていました。明治時代の頃からです。そして第二次大戦まで続く。
当時は飛行機も自動車もなかったし、船で行ったのでしょう。調べてみたらスエズ運河は明治初期の頃には開通していたのでした。
ちなみに日露戦争のときのロシア艦隊も、はるばるヨーロッパのバルト海から来たらしいです。これは大変なハンディですね。
当時まだロシア極東には造船所も軍港もなかった。しかも冬は凍ってしまうので船は出られません。

カテゴリ[ ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

トラちゃんずいぶん大きなミカンを載せてますね(^_^)
キノコは冷凍できるのでたくさん取れても大丈夫ですね。
キノコは毒キノコがあるので素人はうかつに手を出せません。
カブがたくさん育ってますね。
間引き菜は柔らかくて美味しそうです。
いろんな料理に使えるし立派な野菜ですよね。

ロッドさんの吉田茂研究が進んでいますね。
世界史は好きでよく勉強しましたが
人類の歴史とはつまり戦争の歴史でした。
死ぬ確率が高いのに戦争に突き進むのはなぜなのでしょうか。
投稿者: NEccoSun   21/10/15 22:06
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
戦争ほど無駄な事はないと思います。莫大な資源を消費して自然環境を破壊し、人々の命や心を破戒する。
結果として何かというと勝利した側が儲かるわけです。つまり金儲けが目的なんじゃないかと。
民族の自立とか宗教戦争もありますけど、その裏側では金儲けをする人がいるかもしれません。

大きいミカンと小さいミカンがありましたが、大きいほうが下が平らで座りが良かったのでこれを選びました。
不思議とトラキチはミカン載せは全然気にしないんです。気づいているのかいないのか?(笑)
キノコ狩り、最近は慣れてきましたが、それでも毒キノコかと不安になることが多いです。
今回も図鑑を何冊も見て確認し、食べるときはまず少量食べて翌日に症状が出ないことを確認。つまり「お毒味」をしました。
家庭菜園をやっていると、この季節は野菜を買う必要がありません。
投稿者: ロッド   21/10/15 23:49
もうみかんの季節になってきたんですね〜。
実家地方周辺は親戚にみかん農家をやってる方が多くて、うちも姉の嫁ぎ先が昔そうだったのでみかんは買うものではなくてもらうものでした(笑)。
間引き菜、実家でも食べてましたねぇ。
キュウリも味がぎゅっとつまってて美味しそう。
やっぱり畑から直の野菜の美味しさは格別ですよね。
ああ、全てが懐かしいです(^^;
またお勉強されてるとは、すごいです。
私は学生時代は世界史が大好きでしたが、もう全部忘れてしまって、その知識が今もあったらこちらのあちこちでいろんなものを見た時により感動も大きくなってたことだろうなあと思うことが多いです。
投稿者: alpenkatze   21/10/17 01:16
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
このミカン安かったから買ったんですが、とても甘くて美味しかった。淡い黄色なので品種が違うのでしょう。
長野ではミカンはできません。逆にリンゴは買う物ではないと思っていました。
でも、今は農家との付き合いがないので買っていますが、ミカンより高いんですよ。

このキュウリは小さいけれど美味しかった。キュウリは小さいほうが美味しいんですよね。たまにスーパーにもミニサイズのが売られています。
スーパーで白菜を買ってしまったので、間引き菜の出番が減ってしまいました。せっせと食べないと。

アルペンさんも世界史がお得意だったんですね。
私は全然ダメでした。教科書を読んでも理解できず、ちっとも前に進んでいかないんです。
教科書と違ってこの本は私にもわかりやすいです。
昔の人も私たちと同じような人間で、どんな事を考えて生きていたんだろう? そういう共感意識が歴史を面白くします。
そして、近未来の世の中がどんなふうになるのだろう? 想像することもできます。そして自分の生活の計画を立てる。ここが重要だと思います。
広い意味で考えると、今はもうこの世にはいない昔の人も、私たちの心の中に生きているんだと思います。
投稿者: ロッド   21/10/17 13:28
こんばんわ〜
トラキチ君迷惑そうな顔してる?
ま〜仕方ないから我慢するか!って感じかな〜?
可愛いですね

キノコが大量に収穫できていますね
毎日楽しみなのではないですか?

今日はダウンでもいいくらい寒かったです
今度のお天気の日は衣替えしないと・・・

そちらも冷え込んだのではないですか?
投稿者: misako   21/10/17 20:31
そろそろミカンの季節ですね。
ミカンが大好きで、子供たちがいたころは、毎週10キロの箱買いをしていました。
今は・・・ミカンもずいぶん高くなったので、ちょっとずつ味わって食べてます。
カブがたくさん出ていますね。
奥にあるのは大根ですか?
まだまだ当分間引き菜が採れそうですね。
当地は梨の産地で、梨農家の直売所がたくさんあります。
でも高すぎて贈答用に買うくらいで、自分用には買えません(>_<)

吉田茂研究、面白い、楽しい!って思いながら勉強することが素晴らしいです。
学生時代にそんな風に勉強できたら・・・私の人生違ってたかも?(^^;
むか〜し、教会に通って聖書を学んだことがあります。
キリストの死後、初期の弟子たちはエルサレムを出て、ローマ帝国や中東やアフリカへキリスト教を広めました。
聖書の中に、弟子の一人がエチオピアの役人に伝導する場面があります。
今から2000年以上前の話ですが、そのころからキリスト教を通して、イタリアと北アフリカとは関係があったのかもしれない・・・なんてことを思いました(推測です)
投稿者: woojyan   21/10/17 21:03
misako様
コメントありがとうございます。
迷惑そうではないみたいですよ。というかお感じなし。
気づいているのかいないのか? とても温和な性格なんですよ。ここまで信頼されていると嬉しいです。

昨日もまたキノコ大量収穫でした! 笑いが止まりません。お料理のほうが忙しくて、夜なべ仕事になってしまいます。
明朝の気温、軽井沢の予報が0度でしたが、今ここでは0度まで下がっています。
軽井沢といつも大体同じなんですが、早朝にはもっと下がりそう。
今外に出て月を見てきましたが、ダウン初使いでした。
投稿者: ロッド   21/10/18 01:03
woojyan様
コメントありがとうございます。
ミカンを箱で買って食べてみたいものです。
最近は果物全般に高くて贅沢品といった感じですね。
茨城県にいた頃は梨畑が近所にたくさんありました。千葉の隣ですからね。
大根も作っています。種まきが遅かったので大きくなる前に冬が来てしまいそうです。
昨夜も間引き菜の味噌汁が美味しかったです。キノコもたっぷり入れました。

吉田茂という人は研究に値するほどの人物です。
日本人にこんな人がいたのか!?驚いてしまいます。
イタリアへ大使として赴任したときには、独裁者のムッソリーニと対等に渡り合ったとか、昭和30年代には台湾の総統だった蒋介石に「中国本土へ攻め込むなんて考えは捨てなさい。平和で発展した台湾を作り上げて、北京の連中に見せてあげなさい!」と忠告したとか。
今また中国と台湾の関係が緊張していますが、吉田茂が現代に生きていればどんな解決策を?
しかし戦前の日本の大陸進出には積極策だったし、東南アジア諸国を後進国として蔑視する悪い面もありました。
東京湾を埋め立ててしまえ!などと乱暴な事も言っています。環境問題などという思考回路はなかった模様です。核兵器も容認でした。

「神道は軍国主義につながる危険思想だ」進駐軍によって一旦廃止された伊勢神宮の皇学館大学を復活させ、総長に就任しました。
一方ではキリスト教にも思い入れが深くて、清泉女学院の運営にも協力したそうです。
エチオピアという国は面白いですね。歴史がすごく深いし、なんと日本の明治憲法を参考にした憲法を作ったのだそうです。しかしこれは結果的には失敗。
昔からかなり親日的な国だと思います。

イスラム教・ユダヤ教・キリスト教は密接な関係があるかもしれませんね。
古代ローマ帝国は地中海ぐるり一周して統治しましたから、互いに影響し合っていたと思います。
ヨーロッパの学術書は今でもラテン語を使っているし、西洋文明の発祥の地は地中海沿岸ですね。
投稿者: ロッド   21/10/18 01:05
今シーズン初のミカン、私も2日前に買いました。
ミカンを食べると、コタツが恋しくなります。(笑)
先週の記事もまとめて拝見しましたが、
キノコが次から次に採れているようで、羨ましいです!
ヌメリスギタケモドキは、佃煮風にしても美味しかったですよ。
難しい本を沢山読んでいらっしゃいますね。
実は、叔父
って、勿論同姓同名の別人なんですけどね(*´艸`*)
投稿者: pil   21/10/22 00:09
pil様
コメントありがとうございます。
私の父は茂じゃなくて茂雄です。長島茂雄と同じ(笑)
また難しい(?)本を読んでいます。これも父の本です。
60年代にチェコへソ連が戦車で侵攻した「プラハの春」
チェコはドイツと国境を接しているけど、当時は国交がなかったんですね。
けっして国交を結んではならなかったのに、政権交代が起きて民主化が進み、人の行き来を自由化しようとしたのがソ連の逆鱗に触れたんです。
東ドイツからチェコ経由で西ドイツへ、人々がどんどん逃げて来てしまうんです。
まあとにかく、ひどい話です!
大きな権力に逆らったらダメ。犠牲者を大勢出したのに、結局は何も変わらなかったんです。
庶民の安全な処世術としては「見ざる聞かざる言わざる」ということなんでしょうねぇ。残念ながら・・・

日本と同じ種類のミカン、そちらにもあるんですか?
聞いた話では海外では珍しいので人気だそうです。皮が手で簡単にむけるのが良い。
そちらでもコタツ作ったらどうでしょう?面白いと思いますよ。
今ちょうど次の記事に更新したところでした。またまたキノコ満載ですよ(^O^)/
どうぞご覧ください。
クリタケに比べると、ヌメリスギタケモドキはずっと美味しいです。比較してしまうとクリタケは上物とは言えません。
投稿者: ロッド   21/10/22 01:46


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません