21/11/05 05:40

街を散策

林檎が鈴なりです。早生品種の季節が終わって、そろそろフジが解禁になります。
菊が植えられていて、道行く人の目を楽しませてくれます。
10月29日は父の命日だったので、父が子供の頃遊んだという川の周辺の地域を散策して来ました。
生まれた家は今は駐車場になっています。土地は他人の物で地上権だけ持ち、祖父母は小さな魚屋をやっていました。

高い塀に囲まれた不思議な家。今は誰も住んでいない様子。
何のための塀でしょうか? 川のすぐ横なので川が氾濫したときに家を守るためでしょうか?
家の倒壊は免れても水はどんどん入って来てしまいますね。同じような家が3軒並んでいました。
よく見ると「火気厳禁」という赤い札が。花火工場かな?
万一爆発事故が起きたとき近隣に迷惑がかからないように厚い頑丈な塀で囲まれているのでしょう。
この川の少し上流のほうにも花火工場がありました。万一の事を考えて人里離れた場所にあります。

夏でもないし午後なのに綺麗な朝顔が咲いていました。
暖かい最高の秋晴れの日でした。

これは案山子です。
最初見たときは「誰かいるな?」と思って入って行くのを躊躇しました。
この奥は貸し倉庫なので泥棒を防ぐ目的でしょう。面白い案山子ですね。
数年前にここへ来たときには、古い天体望遠鏡が野ざらしになっていてミジメでした。
自分がいた会社の製品だったので悲しくなりました。
今回はもうありませんでした。

古色蒼然たる小さなラーメン屋、気になります。
綺麗で大きい新しい店よりも、こんな感じの店のほうが美味しいんですよね。
美味しいから長年続いているのです。
頑固親爺か気丈なオバちゃんが1人で切り盛りしてるんでしょうね。
いつか入って食べてみたいものです。この日は「準備中」でした。
「ラーメン」ではなく「中華そば」
「定食ご飯もの」ではなく「めし」というのが気に入りました。「めし」のおかずは何でしょう?
ラーメンライスか、たくあんか?
まさか信州名物のイナゴの佃煮とか蚕のサナギじゃないでしょうねぇ(汗)
味はとても良いんですが、ビジュアルが・・・ビジュアルって言葉のレベルじゃありませんけど(~_~;)
想像の世界だけが勝手に暴走してしまいます。

鯛はいかが?
珍しい新潟産の小鯛があったので、少々高かったけど買いました。
白菜・タマネギ・人参・昆布で鍋物に。キノコも追加。
塩味にしました。
ほんのり甘味を感じる美味しさでした。
カツオ専門で鯛はあまり好まないトラちゃんですが、これは猛烈に喜んで食べました。
しつこくおかわり要求されて困りました。
食べたのは、もちろん加熱して塩分なしです。鯛は骨が硬くて鋭いのでよく見て骨を取り除いてあげました。
養殖物と違って天然物は脂が少なくてアッサリしています。よく運動しているからですね。
今後は鯛がクセになりそうだ(汗)

袋一杯でズッシリ重い!シモフリシメジ。
史上最高の大収穫、まるで夢のようです。
このキノコ、なんだか年々増えるような。
これがシメジ?と思うような巨大なのもありますよ。
キノコを見つけるのが上手くなったせいもあり、全部採ってしまうと来年から出なくなってしまうのではないか、と心配になります。
傘が開きすぎた鮮度の悪い物は残しておきました。胞子を飛ばして子孫を残してもらいます。
これだけ大量にあると食べきれません。誰かに差し上げたいところですが、野生のキノコは毒ではないかと嫌がられます。
冷凍保存してお正月のお雑煮用に、当分の間はキノコを買う必要がありません。

小学生の頃、友達のお父さんにキノコ狩りに連れて行ってもらいましたが、クリタケはとれたもののシモフリシメジはとれませんでした。
話に聞いただけで幻のキノコとなり、以来何十年。今やっと夢がかないました。

さらにクリタケも大量に!
これは道端の目立つ場所で、うちのすぐ近く10mのところです。
食べきれないし、クリタケはあまり美味しくないので採りません。

 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

今ごろの長野県は、実のなってるリンゴの木がいっぱいなんでしょうね。
うちにアルプス乙女の木がありますが、上へ上へと伸びて3mくらいになってます。
収穫しやすいように、横に枝を伸ばすべきなのでしょうが・・・花はたくさん咲くのに、実がなりません(-_-メ)
来年は筆を持って人工授粉してみます!

ずいぶん年期を感じさせる食堂ですね。
すごく興味はあるけど、一人で入るにはちょっと勇気が要ります(^^;
イナゴの佃煮は食べたことありますが、甘辛くて普通に食べられました。
信州は海の魚貝がとれないし、昔は庶民は肉や卵は食べられなかったので、虫が動物性たんぱく質として食べられてたのでしょうか。
そういえば、長野県ではカラスを食べる食文化もあるそうですね。
虫は大丈夫ですが、カラスは官兵衛を思い出すので、無理かも(−−〆)

トラちゃん、タイをガン見してますね(笑)
袋いっぱいのキノコ、ふっくら美味しそう。
やっぱり鍋物にはキノコは欠かせません。
投稿者: woojyan   21/11/05 18:26
woojyan様
コメントありがとうございます。
家にリンゴの木があるなんて良いですね。
こちらでは民家の庭のリンゴの木は見たことがありません。
栽培が難しいので農家だけが専門的にやっているのだと思います。
唯一飯田市にあるリンゴ並木が有名ですが、これは食べても美味しくない原種に近い物らしいです。
アルプス乙女なら原種に近いから良いかもしれませんね。

この食堂は常連さんでないと入りにくそう。
入ったら捕虜にされて帰れなくなるかも(笑)
カラスを食べる習慣?聞いたことがありません。
スズメの丸焼きなら昔は結婚式の料理によく出て、父が折り詰めで持ち帰っていました。
骨ばかりで食べるところがほとんどなかった。通は丸ごと食べるらしい(汗)

昆虫食はすべての点で非常に優れているそうですが、見た目が悪いので食べる気がしません。粉末にしても気持ちが悪い。
子供の頃には蜂の子をよく食べました。これは炒めて食べると素晴らしく美味しくて、ピーナツのような味でした。
栄養が強すぎて鼻血が出るから、食べすぎないようにと注意されました。
あと、隣の家で木の幹の中にいた白い大きな幼虫(カミキリムシ?)を焼いたら急激に膨張してポップコーンのようになって、サクサクととても美味しかったと話してくれました。
長野県でもイナゴを食べるのは主に南部のほうなんですよ。ザザムシも南部です。
北部のほうでよく食べたのは養蚕が盛んだった昔、蚕のサナギです。弁当のおかずの定番でした(汗)

トラキチはあれ以来鯛の匂いに敏感になってしまい、残ったスープを温めると欲しがって大鳴きします(笑)
このキノコは椎茸のような強い香りやダシはありませんが、加熱すると実が締まって食感が抜群に良いです。
投稿者: ロッド   21/11/05 20:31
フジ、そういえばこっちでもFujiとして売ってるのを見たことありますよ。
南チロル(イタリア)の食材を売ってるマーケットで見たような記憶があります。
私はアレルギーがあるので買いませんでしたが、なかったら買って味見してたと思います。
食堂、昭和の時代を思い出しますね。
実家地方にもその昔、商店街の端の方にこういう食堂がありました。
あと、国道沿いなんかもありましたね〜、トラックがたくさん停まって人気なようでした。
トラちゃん、そんなに美味しそうな鯛をご飯に頂いたとは、私のご飯の何倍も贅沢で羨ましいですよ(笑)!
おすそ分け欲しいくらいです(笑)。
投稿者: alpenkatze   21/11/07 00:39
リンゴの木のある風景、イイですね〜。
歌をうたいたくなっちゃう。( *´艸`)
リンゴの唄とか、リンゴ追分とか?
古い歌ですが母が好きだったんですよ。
火気厳禁のお家、塀は頑丈そうですが隙間があって誰でも入れそう。
今は使われていないということかしら。
花火があったらこれでは怖いですね。
我が家の近くにも花火工場がありますが、周囲は高い塀で囲われています。
入り口にも大きな柵。
近くにあるので冬の間に、収穫の済んだ圃場で試し打ちがあります。
季節外れの花火が何回か見られて嬉しいですよ。
トラちゃん、舌が肥えてしまいましたね。
やっぱり美味しいものは、よく分かるんですね〜。
投稿者: なっつばー   21/11/07 01:17
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
リンゴの新品種が続々と登場しますが、何といってもフジが一番だと思います。
美味しいだけでなく保存がききます。古くなっても味が全然変わらない。11月に全部収穫するのですが、上手に保存された物は4月になっても美味しいです。
輸出用にも最適です。

昭和の食堂、いいですねぇ。
落ち着いた雰囲気で心が豊かになるような気がします。
昭和60年代ではダメで、もっと古い40年代以前のが良いと思います。
私の故郷に昭和3年創業の名物ラーメン店がありましたが、残念ながら数年前に閉店してしまいました。

人間も猫も美味しい物を食べるのが一番の幸福ですね。
でも高級品はたまに食べるから美味しいのです。次回は大晦日かな?(笑)
外国人と話しているときに「日本で一番の高級魚は?」と聞かれたのですが、鯛を英語で何と言うか知らなかったのでモジモジしていたら、相手が「サーモン?」と聞くので「No」と答え、結局絵を描いて「赤い魚」と説明しましたが、相手は何だかよく理解できなかった様子です。
投稿者: ロッド   21/11/07 18:21
なっつばー様
コメントありがとうございます。
この写真、本当はもっと美しい光景だったのに、うまく撮れませんでした。
菊の黄色が強すぎて色が飛んでしまって、真っ赤な美しいリンゴの色が表現できませんでした。
直射日光が当たっていれば綺麗に撮れたのかもしれません。
この不思議な家、最初はわかりませんでしたが、やはり花火工場でしょうね。
変な話で恐縮ですが、子供の頃窓からぼんやり外を眺めていたら、突然遠くのほうで爆発音がして空に煙が上がりました。
花火工場の事故でした。その瞬間を見てしまったのです。
死者が出たのかどうか、よく覚えていません。

トラキチは女王様のようなご身分ですから、一番美味しい物を召し上がります。
犬は鼻が人間の何千倍敏感だそうですが、猫は敏感ではなくて人間と同じぐらいだとか。
ですが、実際にはかなり敏感だと思います。
この鯛の料理を温めていると敏感に反応して、眠っていたのに急に起き上がって欲しがって大鳴きしました(笑)
もう食べる所はなくてダシ汁だけになっていたので残念でした。
投稿者: ロッド   21/11/07 18:22
もうすぐフジの季節ですね。
今日シナノスイートというリンゴを買いましたが酸味の少ないリンゴでした。
やっぱりフジは酸味と甘みのバランスがいい優れた品種だと思います。
秋山食堂、いい味出してますね♪
こういうお店にはたいてい熱心なファンがいます。
きっと安くてボリュームがあって美味しいのでしょう。
醤油ベースの澄んだスープの中華そばって美味しいですよね♪
トラちゃん鯛をたくさん食べられてよかったね(^_^)
鯛はすごく味のいい魚ですがお高くて・・
鯛のお刺身はいつも見るだけです(^^;
投稿者: NEccoSun   21/11/07 22:24
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
シナノスイートは甘いだけで美味しくないと思います。
他にもいろんな新品種があるけど、フジに勝る物はありません。
しかしリンゴは買うと高いですねぇ。昔は近所の農家からキズものを大量にもらったものでしたが、今はつてがありません。

古い大衆食堂やラーメン店は、全国チェーン店には真似できない味を出していると思います。
だから激しい競争の業界ですが、生き残っているのですね。

鯛はサクラの好物でした。お刺し身も喜んで食べました。
トラキチは鯛よりカツオ。
しかし今回の鯛は特別上等だったらしい。魚の美味しさは猫に判定してもらうのが一番ですねぇ(笑)
高くても思い切って買わなきゃダメですよ!(汗)
投稿者: ロッド   21/11/07 23:05
フジは他の品種に比べ、収穫時期が遅いのですね。
先日友人から『お隣さんの庭のリンゴが豊作で、数日前に収穫が終わったばかり』という話を聞いて、
収穫が今って遅くない?と思ったら『フジ』だからだと。
そのお隣さん『リンゴはフジが一番!』とおっしゃってるそうです(*^-^*)
こういう食堂を見ると、入ってみたくなりますよね。
元気なおばあちゃんが切り盛りしていそうなイメージです(*^-^*)
トラちゃんは、美味しいものをよく知っていますね〜。
しつこくおかわりを要求(笑) その様子が目に浮かぶようです(*´艸`*)
凄い量のシモフリシメジですね!羨ましい〜。
シモフリシメジに似た感じのキノコは見かけますが、
黄色がかった『本物』には、まだお目にかかったことがありません。
投稿者: pil   21/11/07 23:31
pil様
コメントありがとうございます。
庭のリンゴ!? それはドイツでの話ですか?
こちらでは民家の庭にリンゴの木があるのは見たことがありません。
栽培が難しいのでプロの農家にしか作れないものと思っていました。とくにフジは難しいみたいです。
お値段が高いのも納得です。

昔は国光と紅玉が主流でした。国光はフジと同じように保存がききますが美味しくない。
紅玉は酸っぱい。早生品種で保存はできません。ジャムなど加工用です。

この食堂は興味シンシンです。入るのはちょっと冒険かも。
トラキチは甘やかしすぎたせいか、最近ますます頭に乗っています。女王様なので逆らえません。
でも美味しい物はたまに食べるから良いのです。次回の鯛はクリスマスかな?

シモフリシメジ大豊作には笑いが止まりません。
落ち葉に埋もれているし根が深いので汚れが多く、洗うのに大変な手間です。
また出てきていると思いますが、もうキノコ狩りはしません(苦笑)
シメジ類は上級者向けです。猛毒の物はありませんが、毒キノコが多いです。
キシメジもそちらでは毒キノコなんだそうですね。
こちらでもキシメジがたくさん出た年がありましたが、苦くて食べられませんでした。
苦味を感じるということは毒があるということなのでしょう。
外観そっくりのシモコシなら苦味がなくてとても美味しいんですが、稀です。
これとシモフリシメジは近縁種ではないかと思います。同じような環境に同じような季節に出ますし、形は同じで黄色味があるのも似ています。
初秋に出るアイシメジはシモフリに似ていますが小型で、食べられますが非常にまずいです。
投稿者: ロッド   21/11/08 07:28
こんばんわ〜
リンゴの木にたわわに実ってる風景
良いですね〜この辺では絶対に見られない景色です
お天気のいい日にはぶらぶら散歩も気持ちが良いですよね
思わぬ発見があったりして・・・うれしくなったりします
あの朝顔ヒルザキ朝顔だと思います

奇麗ですね!
投稿者: misako   21/11/08 21:03
misako様
コメントありがとうございます。
菊とリンゴ、とっても綺麗だったんですが写真を撮ったら発色がイマイチでした。
リンゴがもっと綺麗に写れば良いのですが。
リンゴが美味しい季節になってきました。

一昨日は散歩というか遠足をして紅葉を満喫しました。
晴れ続きも昨日までで明日からは雨だそうです。
アサガオ?ヒルガオ?
昼咲きアサガオなんてあるんですね。
投稿者: ロッド   21/11/08 23:46


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません