21/12/03 00:21

厄介な手続きが終了

コロナは収束に向かうかと思いきや、オミクロン株の脅威が!
子供の頃21世紀は明るい未来かと思っていましたが、暗い世の中ですねぇ。
発想を転換して「暗い世の中でも楽しく生きる方法」を考えましょう。
今までと違った楽しみを見つければ良いのです。
旅行や外食をしなくても家で楽しめる事はたくさんあります。

オミクロン星というのがあるんですよ。
無気味な赤い色をしていて不吉な印象です。
くじら座ですから今南の空に見えます。これは普通のくじらではなく神話の化け物くじらです。
この写真は西の空に沈むところで、肉眼で見たのと同じような感じに写っています。
別名ミラ。約1年周期で明るさが100倍以上も変わります。
この写真では明るく写っていますが、今はもう暗くなっていて肉眼ではほとんどわかりません。

子供の頃買ってもらった図鑑です。
ミラは太陽の何百倍もの大きさです。太陽は地球の100倍以上あるので、いかに巨大な星かわかるでしょう。
この巨大な星は不安定なので膨張収縮を繰り返して大きさが変わり、それで明るさも変わります。
そのうち爆発して消え去ってしまいます。星の終末期の姿なのです。

※星の名前は星座ごとに明るいほうからα,β・・・でOがオミクロン。
ギリシャのアルファベットですが、読みが違うだけで英語やドイツ語とよく似ています。
コロナ変異株、24文字使い切ってしまったら次はどんな名前になるんでしょうね?
次から次へと無限に出て来るんでしょうか?
世界中に感染者数が多いからこうなるわけで、
ウィルスは体内で増殖し変異するので、感染者数を減らせば変異の確率も下がるはず。

上の画像を北アルプスのパノラマに入れ換えました。
この場所まで家から約5kmですが雪はほとんどありません。この前ここまで歩いてみました。
家の場所はこの地区で一番悪条件なのがわかります。
往復で結構な遠足になりました。街まで歩いて行くのは無理だと思いました。
街までは片道20km以上あります。しかも急傾斜です。

ここから車で20分ほど走ると街はもうすぐ。道端にはタンポポと菜の花が!まるで別世界です。
もう春ですか?新春と言いますからね、お正月はもうすぐです。

運転免許の更新に行って来ました。(写真を撮り忘れたので5年前の写真です)
向う5年有効なのでひと安心です。5年後の自分なんて想像できません。年はとりたくないものですね。
もうすぐ来る誕生日も嬉しくありません。しかし自然に逆らっても疲れるので現実は受け入れなければ。

コロナ禍で人の多い所は行きたくないので、免許の更新は前から一番の悩みの種でした。
幸いこのところ県内の感染者数は0が続いていたので運が良かったというものです。
今回は写真が割と良く撮れて気に入りました。今までは指名手配の写真のようなひどい顔でした。
全員マスクをしていたし、隣の人との距離をとる、窓を開けて換気をするなど感染対策がされていましたが、十分とはいえませんでした。
しかし一番ご苦労なのは毎日ここで働く職員の方々です。

こういった手続きは厄介で面倒で嫌ですね。
先日は2年に1回の車検もありました。12月が車検なのは困った事です。雪が積もったら危険ですからね。
1ヵ月前から可能なので急いで行って来ました。
その2日後には雪が積もったので危ないところギリギリセーフでした。借りた代車は夏タイヤでした(大汗)
夏タイヤで雪道は1kmたりとも走れません。実際に経験がありますが、歩いたほうが早い。事故でも起こしたら取り返しがつきません。
慣れない車で雪道を走るのは絶対に嫌です。

運転免許と車は、ここで生きていくには一番大切な物です。
車は大好きですが、危険なのでなるべく乗らないようにします。
厄介なのが両方片付いたので、やっと肩の荷が下りてお正月を迎えられます。
クリスマスよりもお正月が好きです。もう早お雑煮を食べました。

去年の今頃も厄介な手続きがあって気苦労の連続でした。
母が他界したので遺産相続と税の申告と支払い。
コロナ禍なので対面一切なしで、親切な税理士さんのおかげでなんとか乗り切ることができました。
この世の中、厄介な手続きが多いですね。
この家も晴れて自分の名義になり、安心して今後の生活設計ができます。そう思ったらもうこんな年齢になってしまっていた。やっと自分の人生になったような。

 

雪が降って外で遊べないのでお布団遊びだニャ。
朝起きて光が眩しくて、まだ寝ぼけている顔。ちょっとウインクしているような。
起きてひと仕事(仕事?)したら布団にもぐり込んでまた寝ます。お尻尾が(笑)

大きなボウルに水をためて洗い用に利用していましたが、こんなふうに凍ってしまったのでは使い物にならないので、もうシーズン終了で片付けます。
ここでは冬の間は液体の水は存在しないのです。昼でも氷点下ですから。
水を作るにはストーブが頼りです。
下のはもう1個あったのをひっくり返したところです。

焼きそばを食べたくなったので、キャベツを雪から掘り出して食べました。
玉になっていないけど、美味しく食べられました。
他に蕪と大根を掘って食べました。新鮮でした。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

大きな星が膨張収縮を繰り返している...想像するとなんだか恐ろしいです。
そんな巨大な星が爆発したら、地球にも影響がありそうな気がするのですが、大丈夫なんでしょうか?

免許証の更新に行かれたのですね。
そうそう、証明写真ってどうしてこんなに写りが悪いのかって、いつも思います。
若い時もひどかったけど、歳をとってからはさらにひどくなった気が...(笑)
歳は取りたくないですが、元気にお誕生日を迎えられるのは喜ばしいことではないですか〜。
美味しいものを食べて、お祝いしなくちゃ(o^―^o)
トラちゃんは、タイとカツオどっちがいいのかな?(*´艸`*)
雪の下でも、キャベツがこんなに青々していることに驚いています。
柔らかくて美味しいのでしょうね。
投稿者: pil   21/12/04 19:35

pil様
コメントありがとうございます。
ご心配には及びません。仮に爆発しても地球への影響は0です。この星は割と近いほうですが、それでもものすごく遠いです。(420光年)
一番近い星(4.3光年)が爆発しても影響はほとんどないと思います。

しかし夜空に見える無数の星々の中には、爆発して果てる星も年に数回は観測されます。
新星とか超新星と呼ばれる星です。何も無かった場所に急に星が見えてきて1ヶ月ぐらい明るく輝いた後に消滅します。

免許証の写真は今まで見るのがイヤでしたが、今回は一応普通に見られます(笑)
元が悪いので文句は言えませんが、これは年とは関係ないような。
若い頃からひどい写真でした(;一_一)

たしかに、健康で誕生日を迎えられるのは幸福な事ですね。
しかし、やっぱり年はとりたくありません。
しかし、仮にタイムマシンがあったとして過去に戻っても、良い事はないです。
今後の幸福な生活を創造することに力を注ぎたいと思います。
トラちゃんの存在がとても大きいので感謝しています。
「めでたい」ときには鯛が良いと思いますが、信州では大晦日に鯉を食べる地方もあります。
鯉は案外高価で驚きますが、今年は買ってみようかと思います。

キャベツは寒さには滅法強いです。−10℃でも大丈夫。
しかし、外側の葉っぱは美味しくなかったです。
贅沢ですが、芯の部分だけを食べるのが良いと思いました。


投稿者: ロッド   21/12/04 20:16
日本では劇的に新規コロナ患者数が減っているので喜んでいたら、オミクロンですからね。
それでも今回は政府が素早く外国人の受け入れをしないという対策を取ったので、ホッとしていたのだけど、、、やっぱり国内に入ってきてしまいましたね。
このまま抑えることができるのか、それとも第6波になるのか?
最初に流行し始めたとき、まさかこんなに長い間コロナに拘束されるとは思いませんでした。
子供たちの人格形成に影響が出るのではないかと心配です。

やらなければならないとわかっているけど、手続きって本当に面倒ですよね。
特に相続はたいへん、義務は放棄しても権利は主張するので、もうウンザリです。

仮にタイムマシンがあったら・・・面白いですね。
過去に戻っても、まったく同じ人生を歩むなら戻りたいとは思いません。
でも違う人生を歩む機会が与えられるなら、
小学生に戻って、しっかり勉強して、別の人生を生きてみたいです。
投稿者: woojyan   21/12/04 23:11

woojyan様
コメントありがとうございます。
グローバルな人の動きが多い時代なので、アッという間に世界中に広がってしまいましたね。
昔のような鎖国時代なら、こういう事はないでしょう。
オミクロン株は感染力が強いようですが、重症化のリスクは少ないのかな?
ワクチンの効果が薄いのは困りますね。
空気感染と思って対策をとらないと。
手洗いと消毒はあまり効果ないような気がします。やらないよりはマシでしょうけど。マスクも気休め程度かな。
一番は換気ですね。人から人へと感染するので、人混みを避けて濃厚接触を避けることが一番です。
子どもたちへの影響は心配です。小学校の横を通るとマスク姿の子どもたちを見て悲しくなってしまいます。

コロナ禍で日本のお役所仕事は紙の書類ばかりで、デジタル化の遅れが問題になりましたね。
まったく非能率で前時代的、そして感染症対策には困ってしまう。

うちの場合は相続の問題はそういう事務的な煩雑さでした。ちゃんと手続きが済んでいないと脱税の罪に問われたり、自分の名義と思っていた土地が他人の物だったり。
それで立ち退きを命じられたら住む所がなくなってしまいます。
弟と2人兄弟なんですが、本来なら半々のところ9割を弟に譲りました。
財産なんて相続しても負担でお荷物で私はイヤなんです。
贅沢なんかできなくても毎日なんとか食べて行ければそれで良いです。

過去に戻ったら勉強をしっかりですか?
私は逆かな。勉強なんてテキトーに、伸び伸び楽しく遊びたいです。
子供の頃は自由がなくて締め付けが厳しかったので。
良い成績をとって良い大学、一流企業や上級公務員になれたとしても、幸福になれそうもありません。


投稿者: ロッド   21/12/05 06:35
手続きはなんでも厄介ですよね
書かれてることが理解しにくい!
お役所関係の書類は特に面倒です

オミクロン星って言うのがあるのですね
なんだか気持ちいい星ではないですね〜
でも気の毒かも
コロナでなければ良い名前のはずだったかもしれませんからネ
投稿者: misako   21/12/05 20:38
misako様
コメントありがとうございます。
お役所の言葉は固くて難しくて、一般庶民には敷居が高いです。
それで「代書屋」という職業があって、代理で書類を作成してくれます。
代書屋になるためには資格試験があって、なかなか大変です。
素人が書類を書いても良いのですが「これは書式が違っているからダメ!」とか言われて書き直しになってしまいます。
何度書き直してもダメ!私は実際ずいぶん苦労した経験があります。
世の中そういう仕組みで回っているのですね(苦笑)

オミクロン星は星座ごとに1個ずつあるので、他にもたくさんあるのですよ。
元々なんだか無気味な印象でしたが、コロナ禍で一層無気味になりました。
私が愛用している「コロナ石油ストーブ」も印象がひどく悪くなりました。
トヨタにコロナって車があって人気車種でしたが、今は廃止されています。
とにかくコロナ禍は困ったものですね。
投稿者: ロッド   21/12/05 20:56
宇宙のスケール感というのは人間の感覚をはるかに超えています。
人間なんて塵みたいなものですね。
宇宙のことを考えているといつもこういう結論に達します。
TVでウィルス研究者が言っていたのはウィルスとは変異するものだということ。
人間とウィルスの知恵比べには終わりがなさそうです。
感染しないように気を付けるのが一番かもしれません。

証明写真は正直に年齢を現しますね(^^;
私は4年後くらいかな。
だんだん運転していていいのかという年齢に近づきます。
奥のお宅のご年配ご夫婦が車なしで暮らしていらっしゃるので車のない暮らしも可能ですが大幅に不自由になることでしょう。

天然の野菜保存庫、便利ですね。
こちらはただ寒いだけで野菜をたくさんいただくと保存に苦労します。
大根凍ってないかなぁ・・
投稿者: NEccoSun   21/12/06 21:39
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
ウィルスは人間の敵ではなく、中には良いウィルスもあるらしい。
細菌と違って、遺伝子の根幹部分なので人類の進化と関係があるかもしれません。
もちろん悪いウィルスはいなくなってほしいものです。ウィルスによって滅亡した生物もあるはずです。
帯状疱疹を起こすヘルペスウィルスのように、体内のどこかにひそんでいて体力が落ちたときに悪さをするものもあります。
一度感染すると一生つきあわないといけません。完全に駆除するのは不可能らしいです。

宇宙の中での人類・・・
こういう哲学的な話は苦手ですが、宇宙はあまりにも広大だということですね。
一番近い恒星でも4.3光年ですし北極星は430光年。お隣の銀河であるアンドロメダ座大星雲は230万光年。
仮にミラが爆発したなら金星のように明るく輝いて見えるでしょう。
次の小惑星に向けて今飛行中のはやぶさ2は10年かかって到着します。太陽系内でもこんなに広いですから、宇宙旅行なんて到底不可能ですね。

車のない生活のほうが気楽で良いですが、お金がかかります。
全部タクシーになるし、街中に引っ越すとなれば家賃が高いし持ち家となれば数千万円です。
しかし車の維持費はガソリン代の他に保険代や税金、車検代など、かなり高額ですから、トータルではタクシーのほうが安いかもしれません。

その後雪が消えて野菜が凍る心配がでてきたので、急いで蕪を収穫しました。
−7℃だったので心配しましたが、大丈夫でした。
凍ってしまうとスポンジのようにスカスカになってしまいます。
投稿者: ロッド   21/12/07 04:24
オミクロンという名の星があるとは!
なんとも嫌なイメージになりましたね(汗)。
でも星自体も不気味な感じの印象なのなら、名前負けしてないってことなのかな(笑)。
免許証の写真の話、分かります〜。
私の場合はパスポートの写真もすごく嫌です!
思いっきりおでこを出して眉を見せるように撮ってもらって、10年間これか〜と嫌な気持ちに(汗)。
それでも古いパスポートの写真は新しいのよりずいぶん若くて、嫌な写真でもこのままがよかったなと思ったり(笑)。
キャベツは雪の中でも大丈夫ってことは、冷凍庫に入れても大丈夫なのかな。
ひと玉が大きすぎて冷蔵庫の野菜室に入れてても悪くなることがたまにあるので、冷凍すればよさそうですね。
投稿者: alpenkatze   21/12/08 00:26
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
このオミクロン星は普通の星ではなく、無気味な変光星なので余計いけません。
他の星座にもオミクロン星はあるのですが、存在感がありません。
この星は昔ヨーロッパの羊飼いが夜中に羊の番をしていて、明るさの変わる不思議な星を見つけ「ミラ」と名付けたのでした。

免許証の写真は良く撮れたためしがありません。
今回は意識的に「ニコッ」としてみたのが良かったみたいです(笑)

キャベツは寒さに強いですが、−10℃ぐらいが限界だと思います。
冷凍は?お奨めできませんが、試しに少しだけやってみてください。
冬は野菜が不足しがちなので保存法は大切ですね。
冷蔵庫がなかった時代には漬物でした。
これは素晴らしい生活の知恵だと思います。
何といっても美味しいですから。乳酸菌発酵もあるので健康的です。
投稿者: ロッド   21/12/08 13:40


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません