21/12/24 03:47

峠の釜めし

今回は文章が長くなりますが、適当に斜めに読んでおいてください。
最後まで読んでくれた人には景品を・・・差し上げたいところですが、何も出ません(笑)
クリスマスイブですね。
子供の頃は楽しかったけど、大人になったらピザなど美味しい物をたらふく食べるだけの飽食の日になってしまいました(笑)
クリスマス後はいつもお腹の調子が悪くなり・・・
それで、納豆・豆腐など中心に精進料理の日にしたこともありました。必ずしも高い物が美味しいとは限りませんしね。
ケーキは大好きですが、洋菓子は健康に良くなさそうなので敬遠です。
私はクリスマスよりも大晦日、お正月が好きです。
ケーキより餅ですね。昔は餅は大変な贅沢品だったらしいですよ。

それに、19日はサクラの命日なのでクリスマスは楽しい気分にはなれません。
もう8年過ぎたのでトラキチは2倍も生きていることになります。
前回のコメントでNEccoSunさんが「ほうきに乗った猫の絵」を描いた、というので、ほうきに乗ったサクラの写真を見つけてきました。
今ほうき星が来ているのは、サクラが帰って来ているのかもね。
鯛が好きでした。こういう贅沢は年3回ぐらいでしたけど。
年が明けたら鯛を買って来ようかな。

峠の釜めし、なかなか買うことができず先日やっと買えました。
新幹線ができる前は、軽井沢から峠を越えて横川駅に着くと釜めしをよく買ったものでした。
東京から帰って来るときも横川駅で釜めしを買い、家に帰って食べました。
新幹線ができてからは釜めしとは縁がなくなってしまいました。東京へは滅多に行きませんし。
長野インターの近くに大型ドライブインができて、釜めしも売っていましたが半年前に閉店。

もう手に入らないのか?と思ってネットで調べてみたらユニクロの駐車場で販売しているとのこと。
早速買いに行って来ました。うちからは片道30kmもありました。それでも釜めしが食べたい!
雨の日でも繁盛していました。さすがですね!
美味しくて感激でした。昔と全然変わっていませんでした。
鶏ゴボウご飯をベースに、筍や椎茸、ウズラ卵、甘酸っぱい杏、ほんのり甘い栗、絶妙に相性の良い具材の組み合わせで、手抜きがなく非の打ち所がありません。刻み生姜も普通の物とは違う最高の味でした。
グリーンピースは単なる飾りですが、これがないと味気ないものになってしまいます。
真似して作ってみたいですが、かなり手がかかりそうです。同じ物を作るのは不可能に近いと思います。
お新香もオリジナルの特製品だと思います。これがまた最高に旨い!

おてふきが付いているのは駅弁だからですね。今でも廃止されないのはきめ細かい配慮です。ホカ弁よりグレードが高い、良い気分にひたることができます。
135年も前からあるのだそうで、つまり1886年ということは明治19年!
東海道本線が開通したのは1889年、群馬県境の碓氷峠が開通したのは1893年です。
唱歌「故郷」を作詞した高野辰之はここを通って東京と長野を行き来していました。きっとこの釜めしを食べたことでしょう。
もちろん当時は黒い煙をモクモクと吐く蒸気機関車でした。
私も子供の頃記憶があります。軽井沢を過ぎるとトンネルが多くなり「すぐ窓閉めろ!!」急いで窓を閉めないと車内に黒煙が充満して大変なことになります。

お値段1100円はけっして高くはないと思いました。
高級なお寿司を食べるよりもこっちのほうが良い。
空いた釜は素晴らしい土鍋として活用できます。肉厚なので保温性に優れていて予熱でふっくらと炊きあがります。フタの重みもちょうど良い。
角に丸みがあり口当たりが優しい。渋い色合いが奥ゆかしい。益子焼です。
この釜だけ1000円で買っても良いくらいです。
ストーブの上で何でも作れます。この器で食べると気分も極上です。
ラーメンを作るにも大きさがちょうど良い。
キノコ汁、油揚げと大根です。翌日にはうどんを入れて食べました。
畑で収穫した紅白の蕪で、おめでたいお雑煮を作りました。
もうお正月気分です。ダシは鶏肉・昆布・鰹節です。

 

先日春のように暖かい日の翌日は突然の大雪になりました。
一晩で50cm以上積もり、その翌日また30cm追加されました。
ちなみに札幌も50cm以上積もって、一日の積雪として史上最高記録だと言っていましたが、こっちのほうが厳しい気候ですよ。
このときの積雪はここが日本一でした。

除雪車、この地区はいつも後回しで午後なんですが今回は朝8時に来ました。
深夜から早朝のお仕事、しかも不定期で突然なので本当にご苦労様です。
ここで生きていけるのは除雪車のおかげです。

一気に冬本番、朝晩は−10℃を下回り、昼でも−5℃の日々が続いています。
外に置いたポリタンクやバケツが凍って破裂しはしないか?心配です。
今後真冬になると、昼の一番暖かい時間帯でも−10℃という日が何日かあります。
真冬日というと昼でも0℃以下ですが、この土地ではそれよりも10℃低いです。

一番の困難は寒さよりも雪。少しずつ降ってくれれば楽なんですが、一気に暴力的に来ます!! まさに冬の台風。雷が鳴り突風が吹きます。
前日には雪は全然ありませんでした。朝起きてビックリ!!
車が動きません。ずいぶん背が高い車に見えます(苦笑)
これが動くようにするまで2時間もかかります。まず自分が歩く通路を作らないといけません。出かけるときは前日から準備しなければなりません。
一度にやると疲れるので2日に分けて作業しました。
家康のように「春まで待とうホトトギス」というわけにもいきません(笑)

灯油が尽きてしまったので買い物に行って来ました。薪ストーブは薪を大量消費して一夜にして終わりました。
生活必需品を大量に買い込んで来ました。お正月の分までです。それでも灯油が心配になったので翌日もう一回行きました。灯油の備蓄は十分、これでやっと年が越せます。
晴れているうちに動かないと、人も車も動けなくなってしまいます。
いつ天候が急変するかわかりません。冬は嵐の季節なんです。
(灯油の配達を頼んでも無理だし、郵便屋さんも来ません。年賀状も不可)
また大雪の予報が出ているので、戦々恐々としています。ずっと雪マークで晴れの日はありません。10日間の籠城生活かな。
体力勝負なので慣れで解決できる問題ではありませんが、精神的な面で「慌てず少しずつ無理をせず」ということにしています。
ここに引っ越して来て10年以上たって、やっと要領がわかってきました。

カテゴリ[ 料理]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

一晩で50?以上の積雪...
朝起きたらドアが開かないなんてことも、起こりそうですね。恐ろしい(>_<)
外出できなくなるのを想定して、いろんな物を備蓄するのも大変そうです。
私なんか1週間分を考えるだけで、頭から煙が出そうですし(笑)、
まとめて買っても、後から足りないものが出てきて、
結局はまた買い物に行くなんてことが多くて、
ロッドさんの様な計画的な生活は、できそうにありません。
こもるだけなら、なんとかなりそうなんですけどね(^_^;)

具がたっぷりの峠の釜めし、食べてみたいです〜。
釜めしの具にアンズは珍しいように思いました。
お新香も色んな種類のが入っていて、好きな人にはたまりませんね。
あら、もうお雑煮(*^-^*) キノコ汁も美味しそう!暖まりますね〜。

ホウキに乗ったサクラちゃん(=^・^=)
そこに乗ったら飛べないんじゃないかなぁ〜(*´艸`*)
投稿者: pil   21/12/25 04:48
ほうき星というのは素敵な表現ですよね。
ほうき星に乗って帰ってくるなんてばかばかしいと一笑に付さないのが粋というものです。
サクラちゃんきっと帰ってきてますよ。
峠の釜めしは何度か食べたことがあります。
駅弁フェアかなにかで買ったのかしら。
あの釜は実際役に立つのでしばらくは持っていたと思います。
一人の食事を作るにはぴったりですね。

天気予報で雪マークを見たので心配していました。
明日から数日はさらに寒いそうなのでいろいろと備えておいてよかったですね。
12月中は長野の高地が日本で一番寒いという日が何日かありました。
それにしても昼間でマイナス10度とは驚きです(@_@)
こんなに雪が積もっては出かける気にもならないでしょう。
除雪車は神様のように(?)有難いですね。
年明けは晴れて少しでも暖かくなるよう祈ってます。
投稿者: NEccoSun   21/12/25 11:44
pil様
コメントありがとうございます。
朝起きてドアが開かなくなるのは実際に起こります。
うちは高床式で、しかも玄関の上には屋根がありますが、雪は横から飛んで来て積もります。
他の普通の家は玄関の高さが30cm程度なので非常に深刻な問題です。
玄関が開かない場合には窓から脱出することになりますが、窓は凍りついて開きません。ヤカンで熱湯をかけて窓を開けようとすると、かけたお湯が一瞬にしてレールの上で凍ってしまってさらに深刻な状態になってしまいます。
寒気のパワーたるや恐ろしいものです!

買い物は計画的にしないといけません。
何日も前からノートに書いて計画を立てています。
ところがメモ帳に書いてあっても見落とすことがあるので、赤ペン持参でチェックを入れています。買い忘れた場合は諦めます。
10日後に行くときまでガマン。

この釜めしはぜひ食べていただきたいです。
アンズは残しておいて食後のデザートとして食べるのが良いと思います。
最初に食べても良いかな。甘酸っぱさが食欲を刺激します。
栗も食後かな。
お新香にはワサビ漬けが入っていて、これがユニークで美味しいです。

今年はキノコがたくさんあるので惜しみなく使えます。
今日はシモフリシメジの味噌汁です。味噌汁に焼いた餅を投入しても美味しい。
投稿者: ロッド   21/12/25 19:49
NEccoSun様
コメントありがとうございます。
彗星を「ほうき」に見立てたのは実に適切で面白いと思います。
サクラの事、もう忘れそうになってしまいます。
トラキチと同い年だったなんて信じられないような。
命には限りがあって寿命に長い短いがあるなんて事、当たり前の事なんですが、なんだかよく理解できません。

釜めしは駅弁だったので世の中が変貌した今、経営が苦しいようです。
新幹線は高いので高速バスにする。新幹線に乗っても速すぎて駅弁なんか食べているヒマがない。
風情のない世の中になってしまいました。さらにコロナ禍で観光客が激減。これでは経営は本当に苦しいです。

除雪車の運転手さんに、感謝の気持を込めてビールの1本でも差し上げたくなってしまいます。
寒さの最高記録が北海道ではなく長野県。
これは真冬でも時々あることですね。さすがに北海道のように−30℃ということはありませんが、−24℃ぐらいなら時々記録します。
野辺山と菅平が競っています。
野辺山の近くの人に聞いた話ですが、朝起きると寝息が凍って掛け布団に真っ白な霜が付いているそうです(・・;)

数年に1回の猛烈な寒気とか!
そういうニュースが流れていたので準備万端にしてあります。
どの程度なのか、新記録になるのか? 興味深いです。
長く続くことはないので、数日間耐え忍べば必ずまた楽になります。
そうわかってきたので、あまり深刻に受け止めないようにしています。
投稿者: ロッド   21/12/25 19:50
なっつばー様
コメントありがとうございます。
書き込む場所を間違えてしまったようなので、こちらに引っ越しさせていただきました。

「峠の釜めしは美味しいですね。
本当に駅弁として食べたのは、ずいぶん昔になります。
小さなお茶も一緒に買って・・・。
今ではペットボトルがあるけれど、小さくても温かなお茶は美味しかったです。
駅弁大会があると買いたいと思いますが、人気商品のようですぐに売り切れてしまったり、納入時間が遅れて買えなかったりと残念な結果が多いのですよ。
でも、存在しててくれることが嬉しいですね。
ドカ雪。
怖いし、生活にも差しさわりがありますね。
気を付けてお過ごしくださいね。」

新幹線は忙しすぎて、駅弁の時代はもう終わった感があります。
高速バスを利用する人が増えていますし。
今はデパ地下などで販売していますが、昔のようにたくさんは売れないし、買うほうも不便でなかなか買えません。
せっかくこんなに美味しくて良心的なのにもったいないです。
味は改良されて昔より美味しくなっているみたいです。
コンビニで売ったら良さそうなものですが。

今回の大雪は前から要警戒!というニュースが繰り返し流れていたので準備万端です。
しかしここにはまだ来ていません。小雪程度です。
風向きの関係でしょうね。新潟県の津南町は近くですが、もう1m以上も積もっているそうです。
京都から西の日本海側もすごいみたいです。
今先のほうまで予報を見たら1月4日まで晴れマークはありませんでした。
90%だと外出できませんが、60%程度なら晴れ間を狙って買い物に行けます。
東京横浜あたりは滅多に降りませんが、東海地方は関ヶ原方面から雪が舞って来ますね。お気をつけください。
投稿者: ロッド   21/12/26 15:16
ユニクロの駐車場で峠の釜めしを販売しているとは、ちょっとびっくりしました。
誰かから聞いたり、ロッドさんと同じようにネットを見て、遠くからも買いに来ている方も結構いそうですね。
子供の頃、我が家にも峠の釜めしの釜がいくつかありました。
家で釜飯を作ることがなかったので、父が底に穴をあけて、植木鉢にしてました。
そういえばダルマ弁当の空き容器もあって、貯金箱になってました。
昔の駅弁は、容器にも特徴がありましたね。
子供の頃のことなので、当時は何とも思わなかったけど、今は無性に懐かしくなります。

ニュースを見ると、大雪の映像ばかりです。
上の返信コメントの時は、ロッドさんの所はまだ小雪程度だったようですが、今も大丈夫でしょうか?
どうぞお気を付けてください。
投稿者: woojyan   21/12/26 22:28
woojyan様
コメントありがとうございます。
たまたまユニクロの店長と釜めし屋の社長が仲良しだったのでしょうね。
ネットで調べたら長野駅前のデパ地下でも売ってるそうですが、駅前は駐車場が不便なので行きにくいです。
高崎のダルマ弁当はこの釜めしを真似して作ったのではないでしょうか?
よく似た味です。
長野の鶏めし弁当もよく似ています。
駅弁の時代は終わった感がありますね。寂しいです。
新幹線は速すぎていけないし、安い高速バスのほうが主流になりました。
こういう美味しい弁当をホカ弁とかコンビニで売って欲しいんですが、なかなかありません。

ご心配ありがとうございます。
雪は幸い大したことないです。なぜかほとんど降っていません。
その代わり冷え込みは厳しいです。
滋賀県の琵琶湖沿岸では70cmも積もっているそうで、エラいこっちゃ!!
ですね。
すぐ近くなのに京都や大阪に降らないのは不思議です。
投稿者: ロッド   21/12/27 12:48
ほうきに乗ったサクラちゃんの姿、いいですね!
太郎もこういう素材のものの上に乗るのは好きなのであったら同じように乗ってたと思います(笑)。
峠の釜めし、名前はよく聞きますね。
そちらの地方の駅弁だったのですね。
駅弁、いいですよねぇ、もう長いこと買って食べたことないですが…。
私の実家地方だとかしわめしという駅弁が有名ですが、やはり自分にとってはこれが懐かしい味で今でもすごく食べたくなります。
積雪で日本一とは、そういうので日本一になるのも複雑な気分ですね。
冬の間は確かにしっかりと計画して買い物しておかないと大変なことになりそう。
うちの方は今週後半は15度まで上がる予報になっててそちらと正反対です。
投稿者: alpenkatze   21/12/29 05:31
alpenkatze様
コメントありがとうございます。
この写真はとても気に入っています。白い毛並みが綺麗に撮れたし。

この釜めしは全国の駅弁コンテストで優勝したことがあったと思います。
しかし、もう駅弁の時代は終わりましたね。
新幹線は速すぎて風情がないし、高速バスのほうが主流になりました。

「かしわめし」美味しそうですね。
「かしわ」が鶏肉を意味するというのは、岐阜県に就職して初めて知りました。
たぶん似たような駅弁だと思いますが、長野市の鶏めし弁当、高崎のダルマ弁当も美味しいですよ。
九州といえば高菜漬けですね。先日買って来たので今食べています。
長野にはないんです。

先日の積雪は日本一でしたが、その後抜かれました。
幸いここには大雪は来ませんでした。予報は良いほうにはずれました。
しかし、本当の積雪日本一の場所が飯山線の森宮野原駅なんです。
高い柱が立っていて積雪7.85m! 鉄道の駅では日本最高積雪の記念碑です。
あと県内には北海道を差し置いて日本最低気温の記録もありますよ。
ひと冬に3回ぐらいはそういう日があります。

この季節に15度とは極端な暖かさですね。こちらも今日は晴天で暖かいです。
投稿者: ロッド   21/12/29 11:47
あれ〜、間違っちゃってたんですね。
お手間をおかけしちゃいました。
スミマセン。
うっかりさんですが、来年も宜しくお願い致します。m(__)m
投稿者: なっつばー   21/12/30 22:27
なっつばー様
そちらは大家族なのでお忙しいことでしょう。
私は今日は大晦日なのでお料理の1日になります。
雪降る中、外で鮭を焼かなければ!
明日から来年!?なんですね。なんだか信じられない感じです。
時の流れが早い。
来年もどうぞよろしくお願いします。
投稿者: ロッド   21/12/31 13:36


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません