20/02/14 00:56

厳しい寒さ

前回は春の気分だったのに、
その後猛烈な寒波に見舞われました。
朝起きたら台所の雑巾がカチカチに凍っていて、風呂場の水も凍っていました。
居室は24時間20℃キープなのに、隣の台所は氷点下。
こんな冷え込みは珍しいので、外はたぶん−15℃以下? もしかして−20℃とか!

山の湧き水を汲みに行って、外に置いたら凍ってしまいました。
屋内は手狭なので外に置いたんです。冬は外に置いたら絶対ダメ!
わかっているのにうっかり忘れて、同じあやまちを犯してしまいます。
芯までカチカチに凍っていて、横にしてもこのとおり。
困ったことに飲料水が底をついてしまいます。
暖かい室内に置いて1日かかってやっと半分融けました。
一番寒い時、ポリタンクは衝撃を与えるとガラスのように割れてしまいます。
水道を解約したのも水道管の破裂など、冬の管理が難しいからです。

猛烈な寒さの中、外で鮭を焼きました。
足先が痛くてジンジンする寒さでした。
手拭き用濡れタオルは5分でカチカチです。
駅伝の監督が着るようなダウンコートで防寒します。
下着はラクダなど重ね着です。ラクダをご存知ですか?
ラクダ色の厚手の下着です(笑)
こんな物着てると子供の頃は学校でバカにされましたが。

炭火でこんがり焼くととても美味しいです。
とくに皮が美味しいんです。
この焼けた皮だけはがして、バター炒めでカリカリにするとさらに美味しい!
皮にはカルシウムが豊富なんだそうです。
子供の頃からいつも皮を喜んで食べていたおかげか、虫歯が少ないです。

この鮭は形が不揃いですが「アラ(端切れ)」として安く売られていた物です。
お客様に出すわけでないので、見た目が悪くても味さえ良ければOK。
最近は魚は高くて困ります。肉より魚のほうが高くなってしまいました。
外国でも健康ブームで魚をよく食べるようになったせいだとか。
私が利用しているスーパーでは、このような半端品を安く売ってくれるので助かります。今問題になっている食品ロス対策ですね。
素材は同じなので新鮮で味は良いし安全性も大丈夫です。
ちなみにこれは塩分があるのでトラちゃんはダメ。

キクイモの浅漬けができました。
シャキシャキ食感がやみつきになりそうな美味しさです。
味は酢を主体にしました。+塩と醤油です。
甘酢漬けも良いと思います。
まだ知らない美味しい物って、たくさんあるかもしれませんね。

 

トラちゃんは”木の中の子リス”状態。
自分で器用にもぐることができるのに、最近は甘えが生じて「入れてくれ!」と鳴きます。
大サービスで布団をめくって協力してやります。クセになるといけませんねぇ。老人(老ニャン)ボケになってしまいます。

 

寒くても雪が少ないのは助かります。
と書いていたら雪が降り出して2日間降り続き、3度目の除雪車出動となりました。
出かける必要があったので、車が出せるように雪を片付けました。
20センチ程度の積雪だったので大した作業ではありませんでした。

寒くてカチカチに凍ってしまうとツルハシで砕かないといけませんが、暖かくてドンドン解けて柔らかいので楽でした。

暖かくてよく固まる雪でした。貴重な水を確保。
これが水になると、かさは半分以下になります。
先日の一番寒いときには、雪はサラサラで握っても固まりませんでした。
真っ白い雪は食べてみたくなりますが、実はとても汚いです。
融けて水になると細かいゴミがいっぱいです!
私は茶漉しで濾して食器洗い用に使います。

 

右上の画像も更新しました。
昨日の飯綱湖です。
とても暖かくて4月のような気候でしたが、まだ全面結氷です。

 

町へ買い物に行きました。
途中の山村で撮影した菜の花です。背景にオオイヌノフグリもいっぱい!
この場所では1月から咲いていてビックリでしたよ。

同じ場所で福寿草も咲き始めていました。
もう、お花見の準備をしなければ!(笑)

 

さらに春の便りです。
美味しい水を汲みに行ったら、カエルが水に飛び込みました!
必死に隠れている姿を撮影。
清流にしか住めないというカジカガエルかも。
2月にカエルを見たのは初めてです。
湧き水なので冬でも暖かいのです。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

20/02/07 00:12

春をさがしに

旧中条村へ行って来ました。
菜の花がたくさん咲いていて別世界!
右上の写真も更新しました。
道の駅中条から見た北アルプスです。
手前に見える赤い屋根2つは由緒ある旧家。左の小高い丘の上はお寺。
里には雪はまったくありません。

道の駅で買ったパンダ豆とリンゴとキクイモです。
キクイモはこの前なっつばーさんのブログに紹介されていて、浅漬けが美味しいし、火を通すとホクホクになるというので買ってみました。
糖尿病に薬効がある健康食だそうです。
ちょっと味見してみたら、ほんのりと食用菊のような良い風味がありました。
芋なんですが、キク科の植物でヒマワリのような花が咲きます。北米原産だそうな。
子供の頃は通学路に雑草化していたのを思い出します。
今度自分の畑で作ってみようと思います。

パンダ豆は煮豆の最高峰でホクホクに煮えます。お花見弁当に利用します。気の早い話ですね。
その後寒波が来て昨日は昼の一番暖かいときでも−7℃、今朝は−13℃ですが、寒波はたぶん長続きしないでしょう。
雪もほんの少しです。
厳しい冬を乗り越えるから春が嬉しいのに、今年は拍子抜けです。

リンゴは規格外のハンパ物ですが、これは最高に美味しい!!
こんなに美味しいリンゴは地元の私も初めてです。
生産者の名前を見て、今度は同じ人のを買いたいと思います。
土地によって、作り方(肥料の配分など)によって味が違うんです。
7個入って350円は安い!
ふじリンゴは保存がきくので買いだめしておきたいくらいです。

最初に食べたのはもっと蜜の入りが良かったです。この2倍ぐらい!
ちなみに、暖かい場所に置くと3日ほどで蜜は散ってしまって、皮の表面がベタベタしてきます。

道の駅でラーメンを食べました。550円です。
”の”の字のナルトが良いですね。昔ながらの”支那そば”です。
こういったシンプルなラーメンのほうが作るのは難しいと思います。
脂がほとんど浮いていない醤油味のスープですが、ダシはきいています。
鰹節の尖った風味も、豚特有の臭みも感じません
隠し味程度に砂糖を少々?甘味は旨味に変化して味付けもちょうど良いです。
真似して家で作ってみたいけど・・・
麺は中細ちぢれ麺で、透き通るような美しい麺です。茹で加減も優秀。
このときはたまたまでしょうけど、ネギが大量に入っていて嬉しかったです。
風邪の予防にもなりますし。
田舎のほうの道の駅は、どこも蕎麦がメインですがラーメンが美味しいのは珍しいです。
もちろんここにも美味しいお蕎麦はありますよ。

 

庭の新雪にリス(?)の足跡がありました。
ずいぶん急いでいたとみえ、前半は線になっています。
何かに追われていたのかな。

リスの写真はなかなか撮れないので、昔の写真ですが引っ張り出して来ました。

そして本で足跡を調べてみたら、どうやらリスではなくトガリネズミのようでした。
上がリス、下がネズミです。

雪の結晶が美しく輝いていたので拡大します。

庭を走り回るネズーを観察するトラちゃんです。
人間には見えない物も見えているのでしょう。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

20/01/31 00:18

氷の世界

暖冬で東京では「初氷はまだ?」などと言われていますが、ここは東京に比べると信じ難いような寒さですよ。
この氷見てください!

厚さ30センチはあります。
こんなになる前に片付けたかったんですが、ちょっと油断したらカチカチに凍って取れなくなってしまいました。
下のほう、土の中奥深くまで凍っていました。
先日暖かくなって雨が降ったので、ようやく取れました。
夏の間雨水を溜めて利用するための大きなボウルです。

こちらの写真はまだ12月初旬でしたが、分厚い氷をハンマーで叩き割って大鍋に入れてストーブで解かしました。

今は雪を利用するので苦労して氷を割る必要はありません。
しかし今年は雪が少ないです。いつもの年の10分の1ぐらいです。
この程度の積雪なら除雪作業も楽なので、ここにずっと住んでも良いかな、なんて思います。
この冬は気分がだいぶ明るいです。早く春が来ないかな?なんて軟弱な事を思っても大丈夫です。(いつもの冬は厳しいので、気を緩めるとくじけてしまいます)

 

先日とても良い天気の日があったので、トラちゃん久しぶりに外に出ました。
お日様たっぷり浴びていい気持ち。

誰か来たかな?クンクン
姿は見ませんでしたが、やっぱり誰か来ていたようです。

夜はストーブ。
可愛い顔をしました。飼い主を信頼している顔ですね。
あったかくて眠くなっちゃうね。

 

さて、美味しい納豆のお話です。
皆さん納豆お好きですか?
納豆は安いけれど、和食で一番美味しい物ではないかと思います。
仮にもっとずっと高価だったとしても買うと思います。
炊きたてご飯に納豆は最高!!
お寿司にも良く合いますね。

納豆には多くの銘柄がありますが、大手メーカーよりも個人経営の納豆店のほうが美味しいようです。
全国納豆鑑評会というのがあって、長野の納豆店が2度優勝しています。

最初は川中島納豆、その数年後に道祖神納豆です。
私がいつも買うのは川中島納豆です。まさに天下一品!!
数年前にもブログで教えてあげたら通販で買った人がいました。
ふっくらした大粒の大豆が美味しい。
納豆臭さはあまり気にならず上品な味だと思います。
よくある三段重ねの物よりも量が多いので、私は2回に分けて食べます。
2人で食べるのにちょうど良い量です。

それに対し道祖神納豆は納豆臭さが強くて、通の味です。粘りもすごい!
大手メーカーでは「臭くない納豆」なんてありますが、その正反対の路線です。
これが本物の味なんでしょうね。

そして今回見つけた「たまご納豆」
これはまだ賞は取っていないようですが、とても美味しい。道祖神納豆に似た味です。
子供の頃にも食べたような?昔からあるのでしょう。
中野市の阿部納豆店です。
「たまご納豆」変な名前ですが、卵は入っていません。
たれとからしが省略してあって、お値段安いのは好感持てます。
付属のたれとからしはどうせ使わないので。
味付けは醤油と鰹節と梅干しです。
梅干しと納豆の相性は抜群です。旨味が増して食欲が出ます。
ネギは大好きなのでたっぷりと。風邪の予防にもなりますし。

他にも一茶納豆とか、長野にはいろいろあります。
納豆の食べ比べ、納豆グルメなんて良いですね。
健康食ですし、安いけど美味しくて贅沢な気分になります。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

20/01/24 01:23

トラちゃん病気?

ずいぶん心配しましたが、一日で治りました。
結論から言うと耳でした。

先週の土曜日、異常な鳴き方をして布団から飛び出して、また寝てもすぐに飛び起きる!
中枢神経が異常をきたした脳卒中か認知症か?
ミケ丸やサクラのときの事を思い出して悪夢がよぎりました。
よく鳴くのは数日前からでした。
呼吸は少し荒いが、見た目は毛艶・肉付きもよく健康そうで尻尾の状態も良い。
猫は健康状態が悪化すると尻尾の動きに表れます。
耳を気にしていたので、昔サクラにしたのと同じように消毒薬を塗布してやりました。サクラはよく耳が痒くなったんです。

これです。マキロンと同じです。
そしたら効果てきめん!! すぐに治りました。
直接シュパーとスプレーすると嫌がるので、ティッシュに染み込ませて一滴二滴、耳の中に垂らしました。

昔ペットショップのご主人(小鳥屋でしたが)に聞いた話ですが、動物には人間用の薬がよく効くが、強いので少量にするように、とのことでした。
人間なら2回3回使用しなければ治らないケースですが、1回で治りました。
念のため翌日もう1回。これでたぶん完治です。
動物は免疫力(自然治癒力)が強いですね。

もうすぐ15歳になるので心配事はつきませんが、心配しても何も解決しないので・・・トラちゃんより自分の事を心配したほうが良さそうだ。
運命共同体なんですよね、トラちゃんとは。

よく眠れるようになりました。
足がどうしてここにあるの?理解不能です(笑)
こうして見るとトラちゃんは三毛猫ですね。
茶色と白と黒です。

食欲も旺盛です。
尻尾を見てください。ルンルン気分です。
抱っこすると激しくゴロゴロいいます♪
病気で苦しいときはゴロゴロいいません。
サクラはずっと病気がち(慢性腎不全)だったので滅多にゴロゴロいいませんでした。

快気祝いでカツオとビンチョウマグロを食べました。
ビンチョウマグロは「加熱用」として格安で売られていましたが、これが実に美味い!! また買って来ようと思いますが、たまにしかありません。
人間用には先日の野沢菜とあえて、猫用には味付けなしで。真っ白いのが猫用です。
人間用の食べ方ですが、親子丼のようにタマネギと一緒に卵とじにすると美味しいです。柚子と生姜を入れると美味しくなります。
 


先日しーなさんのブログ(おすすめリンク;なにがあったかな?)に面白いのがありました。
出張先で撮影「ネコとびだす」

愛猫が交通事故に遭わないようにの看板ですが、よく考えてみるとあまり効果なさそうです。

私も似たようなのをこの前見つけました。初夏でした。
この右側の細い道路を車が通ります。

オマケ;この近くで面白い物を見つけました。
二階のベランダに梅宮辰夫とアンパンマンがいますよ。
 


さて、先日の薪割りの続きですが、
キャンプが趣味のしーなさん、ナタを買いたいというので便利な使い方をご紹介します。

普通は縦に割ることしか考えつきませんが、このように斜めに切り込みを入れます。
いろんな方向から少しずつ何度も切り込んでやると、ポキっと折れます。
半分ぐらいのところで、足で踏んでやると早いです。
手を切らないように気をつけてくださいね。
この方法を覚える前はノコギリで切っていましたが、ナタのほうがずっと早いです。頑張っても径6cmぐらいの木までですが。
炭焼きの講習会に行って教わりました。

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/01/17 00:19

薪割り

ワイルドな薪割りです。
普通は大きなマサカリで一刀両断にするものですが、元の木がこれでは不可能です。
あらかじめチェンソーで40cmぐらいの長さに切ってないと。
チェンソーは危険なので買わないことにしています。

この丸太は5年ぐらい野ざらしで腐らせたので柔らかいです。
新鮮な木では固くて歯が立ちません。
割れそうな場所を見はからって、タガネを何本も打ち込んで少しずつ割って行きます。
最後に長い鉄の棒でこじって割ります。

めでたく割れました(右)
疲労困憊です!!
これをさらに細く割って、ストーブに入るようにナタで短く切って使います。

こんなクズのような薪です。

苦労して準備した薪ですが、トラちゃんが喜んでくれるのが張り合いです。

とても手がかかるので、今ある大きな丸太が片付いたら今後は森から拾って来た細い小枝を使うようにします。二宮金次郎のように(笑)
いずれにしても半分腐ったスカスカの薪なので、すぐに燃え尽きてしまいます。
一晩暖房するのに大量に必要です。
灯油でも1日約200円ですから、苦労して薪割りをする必要もないような気がします。
薪は少々高くても買ったほうが良いと思います。
私の場合はゴミ(倒木など)を片付けるのが目的で薪ストーブを使っているようなものです。

 

レンジャクが来ました。珍しいです。
ムクドリやヒヨドリと同じぐらいの大きさで、頭に冠がある美しい鳥です。
いつも群れで行動しています。
尻尾の先が赤いのがヒレンジャク、黄色いのがキレンジャクですが、これはどちらかわかりません。
北国から来る冬鳥ですが見るチャンスはわずかな期間。
いつもだと3月頃ですが、この季節には珍しい。
この日限りでどこかへ行ってしまいました。12月21日撮影です。
写真を見てわかりましたが、電線に付いた氷をなめています。
冬は水がありませんからね。

腐ったリンゴを外に置いたらヒヨドリが来ました。
窓ガラスごしの撮影です。
左端にトラちゃんの耳が写っています。
猫に見つめられながらでは恐ろしくて喉を通らないのでは?(笑)
急いで食べて逃げて行きました。

 

野沢菜漬け(長野ではお葉漬けと言います)
をいただいたのですが、減塩なのでよく漬かっておらず腐ってきてしまいました。
自分で塩と醤油を追加して漬け直しましたが、美味しくない。
生で食べると危ないけど、捨てるのも忍びないので・・・
昔母がやったのを思い出して油炒めにしてみました。
鰹節をまぶして砂糖を少々入れて味をととのえ、美味しくなりました。
綺麗なアメ色になって出来上がり。照りも良いですね。
信州の田舎料理の代表格です。
これを饅頭に入れると「おやき」になります。
ツナ缶とマヨネーズで和えても美味しいです。

漬物はやっぱり最初が肝心ですね。来年は自分で美味しいのを漬けてみようかと思います。
減塩の漬物ってサラダみたいなものですから、新鮮なうちに食べないといけません。
漬物は本来保存食ですから、塩をたくさん使う昔ながらの方法が良いと思います。
健康を考えるなら少しずつ食べれば良いのですから。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[16 ]   トラックバック[0]