17/01/29 14:41

冬の美味しい物

先日の厳しい冷え込みの日、
窓ガラスに美しい霜の花。
氷点下10度以下に下がった証拠です。
恐ろしいので外の温度計は見ないことにしています。
昼になっても、窓ガラスの霜は解けませんでした。

ストーブは2台フル稼働。灯油が湯水のごとく終わっていきます。
薪ストーブもありますが、面倒なのでたまにしか使いません。
薪ストーブは灰が出ます。
この灰を雪の上に撒くのは昔からの生活の知恵。
雪が早く解けて、灰は畑の肥料になります。

冬の嵐、大雪も去り、ホッとしました。
良くしたもので、嵐は長くは続かないものですね。
このところ暖かくて雪がドンドン解けています。
外は春の香り。

お立ち台の雪も片付いて、トラちゃん、ブラシかけて最高にいい気分です。
キリッと凛々しいね〜(*^^)v  エモノはいないか?

女の子なので、ピンクの蝶ネクタイが似合います(*^o^*)/

 

春を先取りする菜花を買いました。
この前お正月のお雑煮に使ったのと同じ京都産。
やっと見つけました。やっぱり京野菜は美味しいです。
京都のどこで作ってるんだろう?
今年は京都も大雪で、福知山あたりでは農業用ハウスが潰れる被害が何百件とあったそうです。

土鍋でポトフ
ジャガイモ・タマネギ・人参・セロリ・赤唐辛子・ブラックペッパー。キャベツもあれば良かったんだけど、白菜は合いませんよね。
ストーブの上でコトコト煮込んで、ジャガイモほくほく(^^♪
市販のコンソメと塩で味付け。菜花をトッピング。
かなり辛くて、体がポカポカ温まりました。

秋に庭で収穫したキノコ、冷凍保存した物も入れました。
良いダシが出て美味しくなりました。
お店には売っていない珍味です。
市販品ならブラウンマッシュかシメジが良いと思います。
炒めてから入れると旨味が出ます。

このキノコ、ショウゲンジといいます。
庭の一角に毎年出ます。まるでキノコ畑^^¥
見た目は松茸のように立派ですが、味は(~_~;)
正露丸のように薬臭いんです。
まあ、ゲテモノですね。毒がないだけでもマシ。
これが美味しいという変わった御仁もおられるようですが(笑)
しかし、キノコ特有の食感は松茸そっくり。
私は油で揚げます。
揚げると臭みが消えて旨味が凝縮され、冷凍保存しても劣化しません。
このキノコ、和食よりもシチューやパスタなど洋食に合います。

 

リンゴ、毎日半分ずつ朝食前に食べます。
スッキリして良い気分になります。
健康に良さそうな感じです。
大きなサイズ、箱入り15個1980円。少量の袋入りよりお値打ちでした。
フジは保存がきくので3月末まで、上手に保存すれば4月でも美味しく食べられます。

黄色いリンゴはシナノゴールド。今頃売ってるのは珍しい。
これもフジと同じように保存がききます。
特大サイズで格安でした。
最近は保存技術が進歩(厳しく温度管理された氷温冷蔵庫)
したので、5〜6月でも美味しいリンゴがお店で買えるようになりました。驚いた事に前年の晩秋に収穫した物なんですよ。

子供の頃は周囲がリンゴ農家だったので、いつも大量にもらっていて買ったことはありませんでした。
でも、今こうしてお金を出して買うと、一層美味しく感じるものですね。

 

最近かりん糖に目覚めました。これは父の大好物でした。
和菓子の代表格で黒糖を使っているので、健康にも良さそう。
ただ、使っている油がちょっと気になります。食べ過ぎないよう気をつけています。
いろいろ食べ比べてみたら、
愛知県安城市山田製菓のが一番美味しい。
カリカリッと爽やかな食感で、油がしつこくなくて甘さ控え目で最高!
右側は長野の田舎っぽい物。
豪雪地の飯山市米持製菓で作られた物です。
食べ比べると愛知県のは、すごく都会的な味に感じます。
ですが、田舎の古風な味も慣れると旨い。
雪国らしく少ししっとりしてコクのある甘味、これも良いものです。
コーヒーや紅茶にも合いますが、
和菓子なので、なんと言っても緑茶が一番。
お茶もいろいろ買って比べてみましたが、
これが一番美味しくて、しかもお値打ちです。
何年もかかって、ようやく良い物に巡り会えました(^_^)/

ブログで鹿児島の「あらびき茶」を宣伝している人がいますが、それは通販でないと買えないので、似たような物をお店で探しました。
これは普通と違って熱湯のほうが良い味が出ます。
2番煎じでも美味しい。

他にも、
冷凍保存した春の山菜天ぷら、姫タラの干物がすごく美味しかったんですが、写真撮る前に食べてしまいました(笑)

トラちゃんは人間の食物はほとんど食べません。
姫タラも食べませんでした。
食べるのはカツオのたたきだけです。

 

さて、前回話題にのぼった食品を登場させました。
九州のマルタイです。
福岡出身、愛知県在住の友人から教わりました。
(この人、歌手の山崎ハコさんと中学の同級生なんです)
長野のスーパーにもありました。ラーメンなどもあるかもしれません。探してみます。

野菜たっぷり具だくさんで作ってみました。これは夏だったのでインゲンが入っています。紅生姜を添えました。
とても美味しかった。

オリエンタルカレーですが、
オリジナルカレー皿を持ってるんですよ。これはお宝^^¥
和風カレーですから、福神漬が似合います。
でもこのカレー、意外とスパイシーで香りが良いんです。
最近の味覚に合わせて改良されたのかもしれませんね。

今度は明治キンケイインドカレーを探してみます。
数年前にはあったんですよ〜
ターバン巻いたインド人の顔の。でも味はインド風ではなく和風でした。

カテゴリ[ 料理]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

17/01/24 19:48

昭和レトロの食品

雪の話題は疲れるので、もうお終いにします。
先日Gaviちゃんのブログに、
キリンラーメンの実物が登場しましたw(*゚o゚*)w
幻のラーメン(@_@;)
実物を見たのは初めてでした。
もうとっくの昔になくなったのか、と思っていましたが今でも健在なんですね。
ビックリしました (^◇^) 

長野県千曲市の片田舎に、こんな寂れたお店。歪んだガラスの反射光が時代を感じさせますね。

キリンラーメンって何物?
カゴメケチャップなら知ってるけど・・・
「千代田のソーセーヂ」
お店の奥に40年前の売れ残りがあるかも(汗)
ソーセージじゃなくて「ソーセーヂ」?
東京で「有楽町ビルヂング」って看板を見たことあるけど(笑)

このお店の近くに、
北限の節分草が咲く山があります。
関西には多いらしく、節分の頃にはブログや掲示板で良く見かけます。
オオイヌノフグリのように小さくて可憐な花です。
長野県では1ヵ月以上遅れで3月中旬です。
このときはまだ残雪がありました。
遠かったけど、数年前に見に行ったときの写真です。

 

キリンラーメン
http://kirinramen.jp/

キリンラーメンは一時廃版になったそうですが、
その後復活し、最近はマツコデラックスの紹介で大人気なんだとか。
愛知県碧南市で作られているローカルな食品です。
碧南は昔行ったことあります。
海辺の小さな街。
東京の光学メーカーで働いていた頃、小さなカメラ店へ売り込みに行きました。
交通の便が悪くて、半田からタクシーに乗って海底トンネルで。
交通費が高くて完全に赤字でした。

 

長野には「ポンちゃんラーメン」があります。
キリンにタヌキに、面白いですね(^◇^)
アライグマラーメンとかニャンコラーメンとかも、いいかもよ〜(≧m≦)ぷぷ

これもGaviちゃんご一家のお気に入り。戸隠へキャンプに来たときには必ず買うそうです。
私は小学生の頃はコレが主食のようなものでした(;゜ロ゜)エェ??(爆)
いつも30個入りの箱で買って食べていました。
全国どこでもあるのか?
と思っていましたが、長野だけでした。
味は明星チャルメラに似ていて美味しいです。

信陽食品のサイトへ行って、右下のタヌキのマーク「ポンちゃんラーメンプロモーションビデオ」
をクリックするとポンちゃんラーメンの楽しい動画が見られます。
http://www.shinyo-f.co.jp/

 

昭和のカレーと言えば、コレ。今でもスーパーでたまに見かけます。
「即席カレー」ですよ、即席!
この言葉、今では死語ですよね。
箱入りでなく袋入りというのが、なんとも昭和レトロ。
昔懐かしい家庭の味のカレーです。
今の基準でも、かなり美味しい。
ジャガイモ・人参などゴロゴロ入れたのが似合います。

子供の頃、昼ごろになるとラジオから聞こえてきた
CMソングが懐かしい。
皆さん、どなたかご存知でしょうか?
あの頃は「CMソング」なんて言葉なかったから、何て言うんだろう?
女性歌手の高い美しい声で「オーリエンタルカレー♪」って。
節回しは二葉百合子「岸壁の母」風です。古いなぁ〜

 

さて、昭和レトロというと
昔住んでいたアパートの近くにこんな食堂があります。
ン十年ぶりに行ってみました。
ソースカツ丼が自信作らしい。これを注文。
これが700円ならかなりお値打ちです。
しかし定食など他のメニューは1000円以上と高いです。

カツの下には海苔が敷かれていました。
昔食べた、故郷の須坂市のカツ丼と似ていて懐かしかったです。

店内には昔の写真。
左に見える車は?
トヨタセリカ! この型は昭和48年頃の物です。
スペシャリティカーの草分けです。
スペシャリティカーって何だ〜?これも死語だね(爆)
スポーツカーじゃないんですよね。
「遅いスペシャリティカー」っていう悪評の車もあったなぁ(≧m≦)ぷぷ

ちなみに「ハイオーナーカー」って言葉もあった。
これも、よくわからない。たとえばローレルとかマークIIとか。

右側の出前用バイクもレトロですねぇ。スーパーカブってやつでしょうか。
ソースカツ丼、味噌汁・漬物も美味しかったですが、その後また行って焼きそばとかラーメンとか食べたけど、味はちょっとねぇ・・・って感じでした。
老夫婦が趣味でやってるような食堂ですから、あまり過大な期待はできません。
静かで落ち着いた、くつろげる昭和の空間を味わっただけでも収穫でした。
何杯でも自由に飲める緑茶は、とても美味しかったです。

 

こちらはかなりマニアック (@_@;) 
さすがの私も入る勇気がありませんでした。
この階段を上って行くと、囚われの身になって帰れなくなるかも、って思いません?
床がヒビ割れて寂れたショッピングセンター内の古い喫茶店。
数年前、故郷の須坂市へ行ったときに見つけました。
今もあるのかな?
思い返してみれば、私が子供の頃からあったような・・・

合成着色料で真っ赤に染まったチェリー(~_~;)
合成甘味料の「チクロ」なんかも入ってるのかな?なんて。
チクロって昭和40年代に使用禁止になったのを覚えています。
ちなみに、チクロって砂糖よりずっと旨いんだそうです (°◇°;)

右端の「今話題のナタデココ」って?(;゜ロ゜)エェ??
これが流行ったのは30年も前だったと思うけど。

他のお店はシャッターが閉まって、開いているお店ごくわずか。廃墟のような雰囲気でした。
これは暗い心に唯一、明るいともしびを灯す一軒の喫茶店でしょうか?
店主は、暖かい心の魅力的なお人柄なのかも。
かなり興味シンシンです
でも、常連さんしか受け入れてくれないかもね。

 

さらに話が落ちます。
このお店(?)前を通るたびに気になっていました。

暑い真夏の昼下がり、ここでガラスビンのペプシコーラを立ち飲みして生き返った気分になった人も多かった事でしょう。
ここは長野市郊外。私の祖父が魚屋の小僧だった頃、行商に行った地区だそうです。
当時からあったお店かも?
勿論当時はペプシなんてなかったですけどね。
三ツ矢サイダーはあったかな。

このお店、最近取り壊されてしまいました。
寂しいです。
私がここを借りて、レトロ天体望遠鏡ショップなんてやりたかったのに(^_^;)

 

もっとすごいのは、これ(^_^;)
須坂市のこの食堂は昔よく行きました。
いや、最近も何度か行きました。
こんなボロボロの看板でもちゃんと営業していて、焼きそばやラーメンがとても美味しい人気店だったんですよ〜(^◇^)
安くて大盛りで美味しくて!申し訳ないくらい良心的。

でもマンガ本読みながらゆっくり食べていると、
「兄ちゃん、のびたラーメン好きなんかい!」と叱られました。
でもね、マンガ本が本棚に何十冊とあったんですよね。

去年また行ってみたら、もう閉店してすっかり綺麗になってしまっていました。
一時期、後継者のような若い人が働いていたので期待していたのですが。
どこかへ移転して、今もやってるかもしれません。

お店がなくなって、よくよく見ると、
この長屋造りは文化遺産なのかもしれません。
「蔵の街」「蔵シック」と言って、須坂市は古い街並みやレトロな物を大切に保存して町興しをしています。

 

トラちゃんは、今回はお休み。食欲旺盛で丸々と太って冬眠中ですzzz

カテゴリ[ 昭和レトロ]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

17/01/19 06:09

雪との闘い

大雪警報が3日間出っぱなしでした。
昨日は1週間ぶりに晴れて太陽が見え、ようやく峠を越えました。

長野市でも45センチの積雪だったそうで、大混乱!
電車は止まるし、立ち往生する車多数、国道は通行止め。交通事故多発!
雪が降ってから町へ行ってないので、今はどんな状態なのかわかりません。
雪に弱いのは首都圏だけではありません。
近代文明でも雪には勝てませんね。

松の木も雪が重そう。
大きな松の木に積もった雪の重さ、1トンぐらいあると思います。
いきなり落ちて来たり、太い枝が折れたりするので下を通るときは大変危険です。
※1トンの雪・・・スコップで一回に運ぶ雪が10キロとして100回で1トンになりますから、驚くほどの量ではありません。
いちいち数えたわけじゃありませんが、除雪作業は普通1日でスコップ1000回ぐらいは運びます。

真っ白な雪煙で前が見えません。

厳しい冷え込みで、窓ガラスに霜の花が咲きました。
室内は24時間暖房で常に20度キープですが、
二重窓になっていて、間に空気の層があるので霜の花ができます。
二重窓でないと、ここでは生きていけません。
これでもまだ断熱性は不足です。
外が見える窓はここだけ。
他の窓は防寒のため全部板戸を閉めてあります。
だから室内は真っ暗です。

電線もご覧のとおり。着雪注意報ってやつですね。
電線が切れて停電することがあります。

この脚立の高さは1.5mあります。一夜明けると、もうこんな状態。

早起きして、じっと外を見るトラちゃん。

除雪車は朝暗いうちから出動します。
私がここに来るまでは、誰も住んでいないこの道は除雪しなかったのですが、
頼み込んで来てもらえる事になりました。
正義の味方です。おかげで、こんな所でも生活できます。
横にCATと書かれていますね。
怪獣のような大きな猫ちゃん。
トラちゃんの親分格です。

玄関から前の道路まで、わずか10mちょっとですが、
通路を作るのが大変な作業です。
まず上のほうから掘って、次に側壁を崩して幅を広げ、
下のほうを掘って。
雪が深くて一度に掘れないので3段階です。
掘った雪は遠くへ投げます。
「雪かき」ではなく「雪掘り・雪投げ」です。
北海道の小樽ではそういう言葉を使うそうです。

通路が完成する(右)まで1時間かかりました。
疲れたので、この日はこれで終了。

ところが翌日になったら、もうすべて埋まっていました(~_~;)
またやり直しです。

軽トラを道へ出せるようにします。
まず荷台の雪を下ろします。
このままバックして捨てに行ければ本当は楽なのですが、前の部分が雪で埋まっていてドアが開きません。
まず荷台を空にして、それから前のほうの雪を荷台に落とします。
もし地面に落としてしまうと大変!
下から持ち上げるので、労力が2倍かかります。

この道具を「雪ダンプ」と言います。雪ダンプ買って良かった!
すごい能率です。
雪を載せて、そりのように滑らせて引っ張って運びます。

片付けた雪は、除雪車が作った道端のくぼみに捨てます。
すぐに一杯になってしまうので、あとは道路わきに積み上げます。
道路が狭くなってしまうので本当はいけないんですが、他にやりようがありません。
翌日除雪車が来たときに、ついでに片付けてくれます。
ちょっと心苦しいのですが・・・

郵便は来るわけないと思いますが、一応除雪(右)
「郵便・宅配便は配達不可能」と皆さんに連絡済みです。

トラちゃんのお立ち台もご覧のとおり。前に一度除雪したのにこの状態。
80センチの物差しを立ててみました。積雪50センチぐらいかな。

ところが、翌日には・・・ 一夜にして、こんな山盛りに!
優に1m以上あります(右)まさに”想定外”
自作の台なので作りは貧弱。早くしないと倒壊します。
雪は恐ろしい (°◇°;)

めでたく開通(^_^)/

一応車が出られる状態になりました。
さて、この山盛りの雪をどこへ捨てに行くか?
近くに川でもあればそこへ流してやるんですがねぇ。
ですが、雪と一緒に川にすべり落ちて死んだ人も・・・
川が雪でせき止められて、近所一帯が洪水になることも多いです。

屋根の雪は大した問題ではありません。
雪下ろしなんて必要ありません。
うちの場合は急傾斜のトタン屋根なので、自然に滑り落ちます。
ニュースを聞くと、雪下ろし中の事故がしばしば報じられますが、ちょっと積もっただけで屋根を気にするからいけないんです。
雪国の経験がない気象予報士が、あまり頻繁に「雪下ろし中の事故には気をつけて」と呼びかけるので、これがまずいと思います。
むしろ「危険なので雪下ろしはなるべくしないように」
と呼びかけるべきです。
50センチや1m程度の積雪なら大丈夫です。
さすがに2mも積もると家が倒壊するかもしれませんが。

昨日は天気が良かったので、屋根の雪が全部滑り落ちました。
向こうに見える軽トラと大きさを比べてください。
この破壊力はすさまじいものです。
直撃したら車もペチャンコでしょう。
たまたま下にいたら命はありません。
大雪のときは、いつも頭上に注意を払うことが大切です。

千里の道も一歩から。
大雪のときも慌てず騒がず、できる事から少しずつやる。
雪が降り続いているときは、何もしないのが一番(=^・^=)
ストーブの前で美味しい物を食べて、猫ちゃんと遊んでいれば良いわけですね〜(笑)
外出することは命にかかわります。
大雪は長くは続きません。3〜4日待てば良いのです。

雪国の生活、慣れで解決できるものではなく、重要なのは”あきらめ”です。
皆さんも雪国で田舎暮らし、いかがですか〜
土地は安いですよ〜
坪あたり1万円程度です。
たまに1000坪で300万円という物件もあります。1000坪というのは畑です。
土地だけでなく、素晴らしい豪邸のような古民家付きだったりします。

除雪作業は体力勝負ですが、
体力を温存しながら少しずつ、牛歩の歩みで片付けるのが
ここに住んで得た教訓です。
体力を使わないように、知恵を使うことも覚えました。
除雪作業にも効率の良い技術が大いにあります。

道具選びは、とても大切。
いろいろ使ってみたところ、このタイプの軽量スコップが一番良いです。
ただ掘ったりすくったりするだけでなく、逆向きに使ったり、雪を四角く切ったり、雪を載せて滑らせながら引いたり、いろんな使い方ができます。
これは柄が長いから便利なのですが、狭い所で使うために柄を短く切った物も重宝しています。

ちなみに、除雪機は買いません。
高価なのも理由ですが、巻き込まれて命を落とす重大事故が多く、危険だからです。
除雪機は小回りがきかないので、家の庭など狭い場所では実用性が低いと思います。
とくに車の除雪などはできません。

予備のバッテリーを充電しておきます。
寒さでエンジンがかからなくなったら大変ですから。
持ち運ぶのに便利な、ちょうど良いサイズの丈夫なバッグを買いました。
充電器はホームセンターで買った一番安い物ですが、これで十分です。もう20年も使っています。
車のバッテリーは、停電したときには12V用の蛍光灯が使えるので便利です。
最近のバッテリーは進歩が著しく、安い物でも充電性能は素晴らしくて、寿命も5〜10年ぐらいと長いです。
(私が免許とったばかりの頃は2〜3年でダメになりました)

タイ国の離島では電気が来ていなくて、車のバッテリーだけで生活していると、テレビで見ました。
充電はソーラーパネルなどです。
もちろん、車で走っているだけでも充電できます。
驚いたことに、電気製品は一応揃っていました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[13 ]   トラックバック[0] 

17/01/13 00:58

プリンター

皆さんのプリンターは故障していませんか?
プリンターって使い方が難しいし、すぐに故障して、とても面倒な機械だと思います。
私は何年たっても、使い方を覚える事ができず、いちいち説明書を見ながら操作しています。
ここまで読んで、私がいかに機械オンチのアナログ人間か、おわかりいただけたと思います。
電気製品が苦手なんですよ〜(~_~;)
デジカメも嫌いです。
小学生の頃、豆電球の授業でもう、つまずきましたからねぇ。
電気のない時代に生まれたほうが良かったかも。

うちのプリンターも、しょっちゅう故障して、もうとっくに捨てるはずだったんですが、まだ使っています。
年に2〜3回しか使わないからいけないのでしょう。

どうも寒いときはダメのようです。
空回りしてしまったり、インクが固まっていて出て来なかったり、逆にインクが漏れて紙を汚したり。
温めてやると自然に直って復活しました。

ストーブで部屋を温めて、電源を入れて1時間ぐらい待っていると復活します。
急ぐときはフタを開けて内部をドライヤーで温めると良いです。
皆さんもやってみてください。
ただ、この方法は古いタイプの物にしか通用しないかもしれません。

これを知らなかったので、故障と思って捨ててしまったことがありました。
このプリンターは妻のおさがりで15年も前の物です。故障したからと払い下げになった物ですが、まだしぶとく生き残っています。
何度も捨てようと思ったのですが、捨てなくてよかったです。
しかしインクが高くて困ります。4000円ぐらいします。
ラッキーな事に、リサイクルショップでこの機種に適合したインクを見つけ、格安で買えました。
インクの買い置きが無くなったら、このプリンターはもう捨てます。

最近はコンビニで印刷できるのだそうですね。
インク代考えると、自宅でやるよりも安上がりだそうです。

そういう時代の流れなのか、私の今度の新しいパソコンOSにはプリンターを使うためのソフトが入っていませんでした。
(OS=基本ソフト)
前のは最初から入ってたのに・・・プリンターが使えなくて困ってしまいました。
 

私の場合は皆さんのようなWindowsではなくてLinux系なので、根本的に違います。
プリンター付属のCDでインストールすることはできません。
つまりWindows系のソフトは適合しません。だからウィルス感染の心配もないのです。
ですが、よくしたもので全メーカー全機種のドライバソフトが、あらかじめ準備されていて、その中から機種名を選ぶだけで設定完了、前はとても簡単でした。
(ドライバソフトとはプリンターなど周辺機器を動かすソフト)

ところが、最新のOSではできないんです。
プリンターという項目をクリックしても次に進めません。
最初は何もわからなくて、困惑でした。
自分の操作方法が間違っているのか、と思っていました。

コンビニで印刷しなさい、という事なんでしょうか。
ネットで検索調査しましたが、わかりません。
印刷だけは前の古いPCを使えば良いので、諦めていました。

ところが、先日ソフトウェアセンターを見てみたら、ありました!
「CUPS」で検索しました。一番上。前はダメだったんですけどねぇ・・・
ソフトウェアセンターには何千種ものソフトが用意されていて、中には有料の物もありますが、99%は無料ソフト。ネット経由でインストールできます。
ただ、解説がほとんど英語なんですよね(汗)
ちなみに、LinuxはHELPを見てもほとんど英語です。
英語は世界の共通語なんだなぁ〜と痛感しています (^_^;)

さて、これをインストールしたら、
あ〜ら簡単(^^♪
つないだプリンターのメーカーと機種名を自動検知、何もしなくても設定完了しました。
バンザイ!!
前よりもずっと進歩しています。

自分のプリンターの機種名が自動的に表示されたときには驚きました。しかも15年も前のにまで適応できるとは!
もちろん、プリンターは事前につないで電源を入れておかないといけません。

LinuxがWindowsと違うところは、ソフトをインストール後、再起動しなくても、すぐに使えることです。
インストールはワンクリックで1分で完了、とても簡単です。
許諾同意をクリック、次へ→次へ→など、面倒な操作は何もありません。

このソフト最近新しくできたのか、それとも前は見落としていたのか?
いずれにしても、素人には難しいです。
どれをインストールすれば良いのか、わかりません。
CUPSという名前を知っていないといけません。
私の場合は過去にLinuxの雑誌を読んで知っていたのでした。
しかしCUPSを冠した名前のが複数あって、どれが本命なのか?わからず、不安でした。英語の解説を読まないといけません。

Linuxには説明書がないので、自分で調べないといけません。
CUPSというのはCommon UNIX printing system
の略です。
UNIXというのは研究所などで使われている大型コンピュータ用のOSです。
LinuxはフィンランドのLinusさんという人が、UNIXをパソコン向けに簡略化して、使いやすく改良したOSです。
ベースが学術用・専門家用なので信頼性・セキュリティが良いです。特製の高度なLinuxがニューヨーク証券取引所で使われているそうです。
便利な機能という面ではWindowsに少し負けるでしょうけど、質実剛健です。私はWindowsを卒業してもう10年たちます。
使い方は慣れ親しんだ15年ぐらい前のWindowsとよく似ていて、シンプルでとても使いやすいです。(Lubuntuの場合)
いつもこうしてLinuxを宣伝してるんですが、なかなか仲間が増えません。

プリンターが使えるようになって、半年後にして初期設定がやっと完了しました。
ホッと一息ついています。
あと2年はサポート期間なのでアップデートしながら使えます。
その後はまた初期設定が面倒なんだろうな・・・(^_^;)

で、プリンターを使って何をするか?
年賀状を作るわけではありません(笑)

天体観測の資料を印刷します。
こういう専門書は、昔は1万円以上もしたのです。
当然私には買えませんでした。
2000円ぐらいの初級者用でガマンしていました。
今はネットから無料でダウンロードして印刷できます。
良い時代になったものです。

どこに何という星があるのか?微小な天体まで掲載されています。
星空の詳細地図です。
全ページ印刷したら110枚にもなりました。
月や金星などを眺めているのと違って、楽しい世界が無限に広がります。
何枚でも印刷できるので、書き込みをして惜しみなく使えます。
ここに載っていない星を見つけたときは新天体の可能性があるので、位置を測定して一刻も早く国立天文台に報告しないといけません。

その他、天文に限らず勉強になる面白いサイトを見つけたときには液晶画面で見るだけではなく、紙に印刷して熟読します。
私の場合そうしないと頭に入りません。
インターネットって本当に価値あるな、と思います。
そういう紙の束が増えると財産が増えたような気がします(笑)
古風な趣味なんですよね。


さて、カタイ話になってしまったので・・・
トラちゃんの布団もぐりを〜(*^^)v

もぐり開始。

頭をグイグイ突っ込みます。

頭隠して尻尾隠さず.+:。(≧∇≦)ノ゜.+:。 もうちょっとで完了。

このシマシマの尻尾が大好きo(^-^)o
尻尾の先にリボンを付けてあげたいんだけど(笑)

 

しばらくして、布団をめくってみると、
気持ちよ〜く眠っていました。

羽毛布団の内側には、タオルケットが入っています。
これが暖かいんですよ(^◇^)
糸クズが出てボロボロになってますが、京都西川の高級寝具なんですよ〜(^_^;)
ボロボロにしたのは誰だ!
こうして糸クズがたくさん出ていたほうが、保温性が良くて暖かいのかもネ。
さすがトラちゃん、頭いい〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

気がついて
「何か用?」寝起きの不機嫌そうな顔。

暑くなると横へ出て来ます。
ここでまた眠ります。
「トラちゃん、お写真撮りますよ〜こっち向いて」
言ってもダメなので、
背中に手をかけて「こっち向いて!」
と言ったら、こんな不機嫌な顔になりました(≧m≦)ぷぷ

その顔、正面から見ると (≧ω≦*)

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[4 ]   トラックバック[0] 

17/01/07 21:40

冬の晴れ間

一昨日は夜から本格的な雪降りになりました。
幸い翌朝には止んだので積雪はわずかでした。
週明けからは大雪の予報で、一気に1m積もるとか!
たぶん家から出られなくなるので、
食料と水と燃料(ガソリン・灯油・薪)の準備、しっかりしておかなければ。

この写真はコンデジでストロボ発光。
玄関をちょっと開けてパチリ(^_-)-☆
こんな面白い写真がとても簡単に撮れるとは!
初めての体験でビックリでした。
すごい密度で雪が落ちて来ます。
雨だったら土砂降り状態!
右下に写っている丸い変な物は、レンズ内の乱反射です。

つららが寒そうですが、
実は暖かいのですよ。暖かいから屋根の雪が解けて水になって、したたり落ちてつららになります。
本当に寒いときは昼でもカチカチに凍っているので、つららすらできません (*_*)

ここは北海道と同じ気候なので、東京や大阪などの常識がまったく通用しません。
たとえば、水道が凍結するのは勿論ですが、
風呂や台所の排水口にも氷が詰まって、水が流れなくなってしまいます。
熱湯をかけても”焼け石に水”状態!
まったく効果がなくて、汚水が逆流〜(≧ω≦*)
注いだ熱湯は即座に凍ってしまいます (@_@;)
汚水はバケツにためておいて、寒くて雪深い中、前の道路の側溝へ捨てに行きます(~_~;)
窓枠も凍ってしまって、冬の間は窓が開きません。
今年は今のところ、そんな厳しい寒さにはならないので安堵しています。

 

今日は素晴らしい快晴でした
トラちゃん、久しぶりに外に出しました。

ライオンの雄叫び!?
いえ、トラちゃんの大あくびです (^◇^)
外の新鮮な空気をいっぱいに吸い込みました。

ニコニコしながら爪とぎをして、

エモノを探します。
 


ちょっと前の話になりますが、
年末にやったクリスマス会兼誕生会、
場所はミケネコ蕎麦店でした(=^・^=)
残念ながらミケネコも白チワワも出て来ませんでした。
それも当然。
普段はヒマで静かな店なのに、この日に限ってすごい客の入りでした。

にしん蕎麦980円。
とろけるように煮込んだニシンの旨味が最高でした。
蕎麦店の看板娘ミケネコちゃん、まさかこんな美味しい物を食べて育ったんじゃ・・・(=^・^=) 

 

妻が食べた、きのこ蕎麦870円。
フクロタケ(たぶん中国産)など、美味しそうなキノコがたっぷり。
鮮やかな緑の菜花が良いですね〜♪
フクロタケは栽培が難しくて、日本ではなかなかできないそうです。

小鉢2つも美味しかった。
本格野沢菜漬けと、中華風野菜炒めです。
絶妙に良い味付けでした。

特別の日なので、普段は注文しないような高価な物を食べたのでした。
度の過ぎた贅沢は良くないと思いますが、この程度ならささやかな贅沢で良いかな、と思います。
今年の目標は無駄遣いを慎むこと!

 

年明けて、最初の外食は「せん龍」のミニラーメン。
たったの400円^^¥
安いからと言ってバカにできないこの内容。
特大チャーシュー入り、メンマも美味しい。
量も結構多くて、お腹いっぱいになりました。
味も最高レベル(^◇^)

 

お正月気分も一段落ついて、カレーとか作り始めましたが、
お正月用に下ごしらえした鶏ガラスープ・里芋・大根・金時人参・椎茸・筍・冬至のカボチャの残り、など全部まとめて煮物にしました。
これは旨い! 栄養満点、一年間風邪ひかないかも?
うどん、お雑煮、おでんなどにも利用しました。
筍は地元の直売所で6月に買った破竹。茹でて冷凍保存しておきました。

このスープを利用してラーメンを作ってみたら、とても美味しかったです。野菜たっぷりスープだからですね。
大根・里芋・カボチャなどラーメンには似合いませんが、とれたスープは美味しかったです。
市販の袋ラーメンの粉末スープを少々入れて、醤油を追加します。
(ラーメン用粉末スープは旨味が強すぎてクドいので、半分ずつ使います)

京都産の金時人参はとてもお買い得でした。
こんなに大きくて赤みが強い。
お値段は少し高価(150円)でしたが、お雑煮2鍋分+カレー1鍋分になりました。
普通の人参より味が良いし高級感あります。

 

新年という事で、まな板を新しくしました。
檜製で、良い香りがします。
檜は水に強くて長持ちするそうです。
プラ製の物に比べると、天然木の物のほうが殺菌作用があるそうです。
前の物(20年も使いました!)
よりも大きくて使いやすい。
これは、リサイクルショップで買いましたが、
勿論未使用新品です。
建設会社がお得意様に配った物だそうです。
表面仕上げが荒かったので、サンドペーパーで削って平滑にしました。
本式にはカンナで削るべきですが、カンナがけは苦手なので、サンドペーパーにしました。
毎日1回熱湯消毒して使います。

カテゴリ[ 料理]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

17/01/01 01:01

酉年のお正月(^◇^)

皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。
今年は、いつになく穏やかな元日を迎えることができました。
寒さは厳しいですが、よく晴れて星が綺麗に見えます。
積雪10センチ。いまだかつてない少なさです。

いままでは、大晦日・元日といえば猛吹雪、豪雪との闘いで、除雪作業に追われ、まるで戦争のような厳しい年越しでした!!

 

元日の大雪の中、トラちゃんが脱走したこともあったなぁ・・・(汗)
根性なしだから、すぐに帰って来たけどね。
顔に雪つけて(笑)そのときの写真です(-_-;)

 

 

穏やかな年の暮。
大晦日の夕方の西空に、こんな美しい月が見えました。

 

酉年なので、鳥の写真を集めてみました。

アトリの群れ。
シベリアから渡って来る冬鳥です。

思い思いの姿勢で飛んでいるのが面白いです。
ロケットみたいなのもいますね。
スズメよりやや大きい。
すごく用心深くて、止まった写真はめったに撮れません。

 

これはウソ。アトリ科です。
丸々太ってかわいい〜(*^_^*)
スズメと同じぐらいの大きさ。
春先によく見られます。口笛のような声でフィーフィーと鳴きます。
渡り鳥ではなく、年中日本にいるらしいですが、夏には見られません。高い山へ行くらしいです。うちのあたりでも夏は見られません。

 

ミソサザイ。
スズメの半分ぐらいの、小さい、尻尾が立った可愛い小鳥です。
小さい体に似合わず、素晴らしい美声の大きな声で歌います。(左下)
これは6月に戸隠で撮影。うちの庭にもたまに来ます。
冬は市街地でも見られます。

 

お正月はトラちゃんと2人ですごろく遊びをします。トラちゃん、イカサマやって早く上がるのはやめてネ(≧m≦)ぷぷ

今年はトラちゃん12歳になります。
つまり、小学校6年生。

鉛筆転がして游ぶなんて、まだガキだねぇ(笑)

 

 

鮭がないとお正月になりません。
外で煙モウモウと出して、炭火でこんがりと美味しく焼けました。

長野は鮭ですが、松本はブリだそうです。

他県の影響で、年越し蕎麦を食べる人が最近増えましたが、
長野では昔から大晦日は鮭とご飯です。その他、ありとあらゆるご馳走が盛りだくさん(*^o^*)/
長野だけじゃなくて、東北地方でもそうだと聞きました。
黒豆とかごまめとかの、おせち料理は大晦日から出て来ます。

さきほどラジオで聞いた話では、真田丸で有名になった上田市でも私の所と同じで、大晦日からおせち料理を食べ始めるそうです。
これが普通だと思っていたのですが、地方によってずいぶん違うのですね。
それじゃ、他の地方ではどんなふうに新年を迎えるのでしょうか?
大晦日に蕎麦なんて質素な物を食べるのは、どうしても納得がいきません。

昔(たぶん戦前)は自分の誕生日ではなく、大晦日にみんな一斉に年をとったので、一年で一番おめでたい日だったらしいです。
「数え年」生まれたときにすでに1歳で、
大晦日になると2歳になるのですね。
だから年配の人は大晦日という言葉は使わずに「お年とり」と言います。
昔の習慣のほうが良かったと思います。
 


うちのお雑煮です。
主役は春を予感させる菜花。
鶏ガラ昆布カツオ出汁、シイタケ・シメジ・ネギ・大根・里芋・白菜・金時人参・筍・ホタテ・・・
早い話が「ちゃんこ鍋」です(笑)

何と言っても食べる事がすべての基本ですからね(^◇^)
今年も美味しい物を食べてHappyになりましょう!

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0]