17/02/08 10:33

はつらつお散歩(*^o^*)/

2月4日立春の日、まるで4月の陽気で、とても暖かかったのでトラちゃん久々にお散歩で〜す(=^・^=)
雪の回廊を通って道路に出ます。いざ出陣!
尻尾が立って上機嫌^^¥

雪道をどんどん行きます。

立ち止まって安全確認。
車は来ないか?危ない動物は来ないか?怪しい人はいないか?

何か言っています。
猫語がわからなくてゴメンネ(^_^;)

躊躇して、ちょっと顔が曇ってきました(~_~;)
引き返します。

一目散に逃げ帰ります。
これがいつものパターン。

行く時は絶好調なんですが、すぐにイヤイヤになってしまいます(~_~;)
あんよが冷たいからかな?
いえいえ、夏でも同じパターンなんですよ。
若い頃は喜んで遠くまで行ったんですがねぇ。

若い頃の写真です。
サクラちゃんと一緒のお散歩は楽しかった。
無謀にも雪深い雪原に突入!
猫は石頭で融通がきかないので、雪が無い頃に遊びに行った広場へ行こうとしています。どうしても行きたいらしい。
しかし「これは想定外!」
体験してみて初めて気づいて、腰が引けています(笑)
この後退却しました (-_-;)


夜はいつもこんな状態(*^_^*)
お腹こちょこちょするとゴロゴロ言って喜びます。
この手は何だね?

(^_-)-☆ちょっと面白い話
「はつらつ」という言葉にはちょっと語弊がありまして・・・
過去には禍根を残す”事件”がありました。

積雪が3mにもなる新潟県の旧中里村の「雪国はつらつ条例」
雪に負けずに頑張って村興し!!

これが中学の社会科教科書に掲載され、
しかし、なんと「雪国はつらいよ条例」
と記載されていたのです!
ふざけるな、バカにしている!!怒り心頭、当然ですよね。
※中里村は今は合併して十日町市です。

 

ここからは汚い話ですみませんm(_ _)m
最悪の苦労話、聞いてください。

一番恐れていた事が起こりました (≧ω≦*)
トイレが凍ってしまったのです!
流れて行きません。
お湯を注ぎましたが、まったく効果なし。水がたまる一方です(~_~;)
水洗ではなく汲み取り式なんですが。
径15センチもある太いパイプなのに、芯まで凍ってしまったようです。
このままだと氷が膨張してパイプが破裂する心配があります!

こんな事は初めてです。
つまり、今年の寒さは過去最高ということなんですね。
身体が寒くてブルブル、とかいう話とはまるで次元が違います (°◇°;)
縁の下に石油ストーブを持ち込んで、パイプを直接温める作戦に出ました。
火事になると大変なので、消火器を準備しました。
雪が多いので家は高床式で、縁の下は半地下室、物置になっています。

なんと5時間! 地下室でストーブ焚きっぱなし。
同時に上からもお湯を注いで長い棒で突いて、
ようやく解凍できました。(その棒は当然捨てました)
地下室に住んでいるネズミたちが
暖かくて喜んだでしょう(≧m≦)ぷぷ
ヘビも冬眠から覚めてしまうかも?

うちのほうでもこんなに大変なんですから、
県内でも、もっと寒い菅平・野辺山さらには
北海道で一番寒い陸別なんか、この問題どうやって解決してるんだろう?
うちの地区は札幌よりも寒くて、理科年表で調べると網走と同じぐらいです。

ちなみに、この前テレビで見た陸別だったか、家が土台から傾いていました。
その原因は地下深くまで凍ってしまって、土が膨張して家の基礎が傾いてしまったのだそうです(;゜ロ゜)
うちの場合は幸いそこまでは行かず、土が凍ってテラスのウッドデッキが下から盛り上がって来るぐらいです。
それをネジで高さ調整できる構造に作ってあります。

地下20センチぐらいまではカチカチに凍っています。
まるでコンクリートのような固さ!
ツルハシでも掘れません。カチン!はじかれてしまいます。
4月でもダメ。畑仕事は5月からです。
ここに来て、実際に住んでみて何もかも驚く事ばかりです。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0]