17/04/19 08:12

お花見

17日は長野市の信濃美術館へ行って、城山公園と雲上殿でお花見をしました。
関東地方は荒れ模様の天気だったそうですが、こちらは何とか午後まで天気はもちました。
桜はちょうど満開でした(*^o^*)/

美術館の桜です。

”花ひらくフランス風景画”
1700〜1800年代の作品がたくさんあって、それらは勿論実物なんです! 感激しました。
フランスだけでなくヨーロッパ各国の画家の作品でした。
鮮やかな色彩が生き生きとしていて、保存状態が良い事に感心しました。きっと修復もされているのでしょう。
初期には宗教画の影響が強く、スケッチではなく想像図。
その後は羊飼いの絵が多かったり、家畜がたくさん描かれていたり、人物の服装など、日本との文化の違いを感じました。
これが江戸時代のヨーロッパ! 新鮮な驚きでした。
その当時にタイムスリップしたような気分になりました。

パリで絵を学んだ明治時代の日本人画家の作品もありましたが、ヨーロッパ人画家の作品はおおらかで雄大なのに対し、日本人の作品はカタイ感じがしました。

東山魁夷館は何度見ても良いです。独自の精神世界、日本人の心を感じます。

美術鑑賞は本当に価値あるな〜と思いました。

山の中腹に見える”雲上殿”が次の目的地です。
花曇りといった感じのお天気です。

雲上殿に到着。ここは人が少なくて静かです。
古いお寺ではなく昭和24年に建立された、戦没者の慰霊施設のようです。

上から見下ろした、さきほどの公園の桜です。
ここには気象台があって、長野市の桜開花の基準木があります。
今年の開花は13日だったかで、ほぼ平年並みですが去年よりも1週間遅かったです。

チューリップの小径。

牛に引かれて善光寺参り。
牛は善光寺には縁が深いです。
下には動物供養墓と刻まれています。

 

家のほうでも花が咲き始めました。

これはアブラチャン。春真っ先に咲く嬉しい花です。
この前室内の花瓶で咲いた物と同じですが、今度は野外で咲きました。

トラちゃんの手には不思議なシマシマ模様があります。
 

朝寝ていて外でドーン!と音がして飛び起きました。
野生動物が窓を叩いたんだろうか?
窓の外には何も見えなかったので、気にせずまた眠ってしまいました。

そして1時間後ぐらいに外に出てみたら!
窓の下の所にアトリがいました。
頭がボーッとしているらしく、近寄っても逃げません。
窓にぶつかってしまったのでしょう。
可哀想に、瀕死の重症ではないだろうか?

窓ガラスにはぶつかった痕跡が!
羽が付着しています。

指で背中をそっと撫でてやったら、驚いた様子で反応しました。
もう一度撫でてやったら、急に元気になって飛び立って行きました。
とりあえず安心しましたが、これから北へ旅立って行く渡り鳥なので、厳しい旅に耐えられるか心配です。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0]