17/09/13 06:08

10周年

何が10周年なのかというと、Windowsを卒業(?)してLinuxに乗り換えてから、この9月で10年になります。
そうでなかったら、私は今ここにいなかったと思います。
この種の話題はウケが良くないので、一番下のほうに書きます。興味のある人だけ読んでください。

怪しい者は来ないか?
トラちゃん、見張りご苦労様。熊さんが来たら教えてネ〜(°◇°;)
トラちゃんにピンクの蝶ネクタイ(^^♪
女の子なのでこの色が似合います。
元々はサクラちゃんがピンクでトラちゃんがブルーだったのですが、サクラちゃんが天国へ行ってしまったので、その日の気分によって使い分けるようになりました。

庭の池に可愛いカエルが住み着きました。2匹います。
これはアカガエル。体がスリムで跳躍力が素晴らしい!
2年間ほど見なかったので心配していました。小さいので最近生まれたのでしょう。

この前いたオタマジャクシは全部カエルになって巣立って行ったらしく、1匹もいません。
巣立って行く所を見たかったんですが、たぶん雨の夜に出て行ったのでしょう。

庭にキノコが生えました。毎年ここに出る食用のヌメリイグチです。
ナメコのように粘液に包まれています。このぐらいの小さいのが食べ頃です。
裏側にはまだ膜がかぶっています。
(右)こうなるともう食べられません。虫食いだらけ。
裏がスポンジ状なので初心者でも簡単にわかります。
小学生の頃覚えた食用キノコです。田舎風の味噌汁に合います。

これは別の場所、道端で見つけました。
上のと似ていますが微妙に違いますね。
ヤマイグチです。
和風のお吸い物に似合う高級キノコです。
片方は虫食いがひどいので捨てました。

これはヌメリイグチ。洗って半分に切ったら少し虫食いがあるが食べられそう。
一度茹でて洗います。アクと汚れと虫を落とすためです。
この方法を教わるまでは「不味いキノコ!」と思っていました。
味噌汁に入れて食べました。ナメコのような味です。

これも食用?ピカピカで見るからに美味しそうですね。
カバイロツルタケです。食用なんですが私は食べません。
猛毒のテングタケの仲間なんです。その証拠に、根本を少し掘って見るとツボがあります。傘の色だけで判断するのは危険です。

これは?
毎年この木にはクリタケが生えます。でもそれは晩秋です。
これはナラタケのように見えますが、確信持てないので敬遠。
ナラタケは青森県ではサモダシと呼ばれ、美味しくて人気だそうです。
中央の小さいのはキソウメンタケ。
「無毒であるが、信州ではどの地方でも食べる習慣はない」とのこと。
右側はハナビラタケの残骸。もう乾燥しています。
野菜直売所で捨ててありました。
この地方に今の季節出る事がわかって良かったです。
pilさんの話では見分けは簡単だし美味しいそうです。

信州の郷土食おやき。
中華饅頭(肉まん・あんまん)に似ていますが、中身は野菜炒めです。
上はナス、下はニラ。味噌味です。
ナスは普通は輪切りの大きいのが入ってるんですが、これは刻みナスでした。
ニラに豚肉を入れると美味しいと思うんですが、精進料理のように肉はご法度?
おやきの具は野菜ばかりです。


さて話題変わって10年前のLinux入門記です。
パソコンを始めたのはWindows95の頃でしたが、ネットにつないでSNSを楽しむようになったのは2000年からです。
当時最新だったWindowsMe、買ってすぐに故障して修理に出しましたが、なかなか帰って来なくて・・・
その後も意味不明のエラーとか、フリーズ(固まる)が多発!

ウィルス対策ソフトを入れたら動きがすごく重くて最悪。
知識もないのに試行錯誤で、動きを軽くしようとして不要なアプリや不要と思われるファイルを削除したら、ある日突然起動不能になってしまいました。
お店へ持って行って診断してもらったら、
「これはたぶんHDDがダメになってるからお金かかりますよ」
修理は諦めて持ち帰りました。
※実はこれはウソで、新しいPCを買わせるための商人の口車だったのでした。後でわかったが、故障していなかった。このPCはその後Linuxに変更して、15年後の今でもちゃんと使えます。下、右側の写真です。

トラブルに悩まされたWindowsMeを消去したときは、胸がスカッとしました(笑)


代わりのPCを買うお金もなく、ネットは解約しました。
SNSでせっかく良い友達がたくさんできたのに、連絡がとれない。空白の2年間、郵便で細々と交流を続けていました。

そんなとき、朝のニュースでLinuxを知りました。
ある中学校でPCを買い換える予算がないので、Linuxを導入したというのです。古いPCがそのまま使えて大助かりだと。
WindowsMe→XP→VISTA、次々と新しいのが出て、その都度PCを買い換えていたらお金が追いつきません。

難しそうだけど、挑戦してみようと本を買って来ました。
最初のは難しくてチンプンカンプンでしたが、2冊めのはわかりやすくて自分でもできそうな気がしました。

Linuxは基本的に無料です。
世界中のボランティアによって運営されていて、商業主義のWindowsとは違います。
フィンランドの学生だったLinus氏によって、大型コンピュータ用OSのUnixをベースにして発明されました。Linus氏は私より若く、今も最前線でご活躍中です。

ちょっと勇気がいりましたが、中古PCを買って来ました。
OSなしで17,000円。もし失敗したらただのゴミになってしまう。
しかし幸運な事に作業はトントン拍子に進み、初心者の私にも簡単に初期設定が完了しました^^¥
ネットにつなぐ作業も順調で、プロバイダの名前とIDとパスワードを入力したら一発でつながりました!
もう天にも昇る喜びで、懐かしいサイトを次々と訪問しました。
気球が空に昇って行く、この壁紙はWindowsの呪縛から逃れて自由になって行く自分と重なりました^^¥

このときのOSはFedora7という、アメリカRedHat社の物でした。Linuxには種類が多いですが、たまたまこれを選んだのが大正解だったのでした。
※RedHat社の上級Linuxはニューヨーク証券取引所で使われています。これは非常にセキュリティが高い。お値段も数十万円とか!

Fedora7はWindowsXPそっくりで、とても使いやすかったです。記念としてそのまま残しておけば良かったと後悔しています。
翌年消去して英国発のUbuntuに変更してしまいました。
Ubuntuはさらに使いやすく、とくにアプリの導入がとても簡単なので以後ずっとUbuntu主体に使っています。
今でもFedoraは入手できますが、最新技術の実験場になっているのでPCも新しい物でないと動きません。

長くなりますので、この続きは次回に。
Windowsから離れて10年もたつので、今ではもうWindowsは使い方がわかりません。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0]