18/07/30 00:37

猛犬注意!!

いつも美味しい湧き水を頂きに行く家の犬です。
私は犬が大の苦手なので、ナデナデした事はもちろん近寄ったこともありませんが、どう見ても猛犬ではなさそうです(≧m≦)ぷぷ
近所の人の話では猛犬とは正反対だそうな。
涼しい高原の避暑地で、いつも気持よくお昼寝しています。
最初にここへ行ったのは10年前でしたが、その後10年間まったく変化がありません。まさに十年一日のごとく。

うちのは猛ニャン?Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
うちの前にも「猛ニャン注意!!」大きな看板を出そうかな(笑)

 

台風が去って青空にすじ雲。
風は吹かなかったし、雨は良いお湿り程度でした。

喜んだのはカエルの子です。
次々と巣立って行きました。大人になって、また帰って来てね(^O^)/

 

裏庭のヤマユリが咲きました。
まるで香水のような香りが庭じゅうに漂って素晴らしいです。
巨大な花ですが、これは日本の山野草です。
関東地方に多く、西日本にはないらしい。
猫にユリの花粉は猛毒だそうなので、しばらくの間トラちゃん裏庭は厳禁です。

オレンジ色のはコオニユリ。オニユリはよく見かけますが、コオニユリは珍しいです。

ナデシコもたくさん咲きました。
植えて3年ぐらいですが、ドンドン増えて嬉しいです。

鮮やかなオレンジ色のフシグロセンノウもナデシコ科です。
これは庭のは絶えてしまったので、道端に咲いているのを撮影しました。

高原ではアジサイはこれからです。初秋まで咲いています。

 

今年は猛暑のため野菜が高騰していますね。
先日スーパーでキュウリ1本60円でした。
ところが、近所の直売所では5本で120円^^¥
どうしてこんなに違うんでしょう?
真夏のキャベツは高原ならではの産物です。これは150円でした。(去年は100円でした)
味もスーパーの野菜より美味しい感じがします。わずかな違いですけどね。
最近違いがわかるようになりました。
育った土地によって、作った農家によって味が違います。
自分の畑の野菜の味はイマイチです。肥料の配分とか育て方、まだまた未熟ですので。

妻の畑の収穫です。
秋の産物かと思っていたカボチャが意外と早くできて驚きました。ジャガイモはキタアカリという品種です。
どちらも保存がきくし主食の足しになるので嬉しいです。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

18/07/25 04:35

夕涼み

先日トラちゃんが見つけた「エモノ」は蝉の幼虫です。
生まれたばかりの蝉は黄緑色ですが、やがて茶色になります。
野良ちゃんは蝉やバッタなど昆虫も食べます。

右見て左見て、エモノさがし。怪しい者は来ないか?
日もとっぷりと暮れて、野生の本能が目覚める(ФωФ)
夜遊びダメよ(^_^;) 性格が豹変してしまいます。

そういえば、あの幽霊ネコちゃんはその後一度も見ていない。やっぱり幽霊だったのかも。

午後の強烈な日差しに当たって毛づくろい。
日光消毒かな?
人間は年をとると暑さを感じにくくなるというけど、猫も?

(;゜ロ゜)エェ??(爆)

 

ユウスゲが咲きました。
夕方咲いて翌朝しぼみます。だから写真がなかなか撮れません。

遠くからでも輝いて見える美しい黄色です。
ニッコウキスゲとは色も咲く時季も全然違います。
ユウスゲは平地にはありませんが、植えれば育ちます。

 

新居の庭の家庭菜園です。
ズッキーニは価値ある野菜です。栽培は簡単。
一株植えておけば食べきれないくらいできます。
晩秋まで継続して収穫できます。

ブルーベリーは今春植えたばかりですが、早速実を付けました。普通の2倍ぐらいある大きな実で驚きました。品種が良いのでしょうね。

他にもナスやキュウリなどなど、いろいろ作っています。
こんな巨大なニンニクは初めて見ました。タマネギほどの大きさです。
これは最初から植えてあった物です。品種が違うのか、肥料が良いのか、植えた人に今度聞いてみます。
下の小さいのは子供です。これを植えて増やしますが、2年かかります。
普通は大きいほうを植えて翌年の収穫です。種苗店で買わなくても、スーパーで買った中国産ニンニクでも簡単に栽培できます。

うちのほうは高原なのでワラビがまだ出ています。毎日少しずつ収穫できます。

 

可愛いアカガエルが来ました。
数年前まではよく見ましたが、最近は珍しいです。なぜか減ってしまいました。

オタマジャクシは足が生えて来ました。これはアオガエルの子です。スイレンの葉っぱをかじっています。
今年は天敵のチビヘビが来ないので順調に育っています。

オタマジャクシのおかげで水が浄化されました。
それまではドロドロの緑色だったんです。
プランクトンを食べているのですね。

水が綺麗になったので、朝になると小鳥たちがたくさんやって来て水浴びします。
そのときはオタマジャクシは深く潜って隠れます。
この水場は10種類ぐらいの小鳥たちが、仲良く共同で利用しています。小鳥たちの社会、大したものだと感心します。

カテゴリ[ ]   コメント[4 ]   トラックバック[0] 

18/07/20 01:03

車買いました^^¥

軽トラは今月車検だったのですが、消耗パーツの交換とエアコンの修理をすると13万円もかかる計算になります。
この暑い中クーラーが効かないのでは耐えられないし、一番の問題はトンネルの入り口などでヘッドライト点灯すると、エンジンが止まりそうになって急減速してしまうことでした。
このトラブルは1秒ぐらいで自然におさまるのですが、いつ何時止まるかわからない不安に襲われます。
これは半年も前から何度も修理に出しているのに、原因不明で直らず。
ここ1ヶ月は代車での生活が続きました。

そのとき借りた代車がとても気に入ったので、これを買うことに決めました。
スバルのプレオです。昔、サッカーの中田選手がCMやってた車です。
12年も前の車ですが、絶好調です。
機械ものには当たり外れがあるので、新しいほど良いというものでもない、と最近痛感しています。
過去には、古い車安い車のほうが良かったという経験を何度もしました。新車なのにひどい欠陥車もありました。

AT全盛の今どきMT車は珍しい。こういう車は探してもなかなか見つからないと思います。
たまたま偶然ですね、代車で借りたのが良縁でした。

過去を振り返ってみると、
車を乗り換えた事が人生の節目になり、新しい世界が拓けたのでした。
車という物は、それほどまでに生活に密着した重要なものだと思います。

このプレオは実際に走ってみると軽とは思えないほどのパフォーマンスで、まるで2000ccクラスの乗り味です。
エンジンは、ごく普通の一番安いタイプなのにです。
なにも特殊な高価なエンジンでなくても、これで十分だと思いました。
スバルの技術が優秀なのでしょう。
昭和30-40年代に現在のスバルの基礎を築いた技術者は、嬉しい事に長野県出身の百瀬さんという方だそうです。
私の父よりも少し年上で、すでに故人となられています。

アイドリングは静かで振動もなく、エンジンが止まっているのかと不安になるほどです。
アクセルを踏み込んで加速すると、レーシングカーのような心地良いサウンドで滑らかに軽快に吹き上がります。
とにかく走って楽しい車です。
外観は地味で目立たないのが、また好印象。
いまどきの丸い車と違って、直線的なデザインはスッキリした感じで好きです。
ヘッドライトの透明度が高いのも良いです。妻の車は新車で買ってまだ4年目なのに、もう曇ってきました。

珍車なので「これがどうしても欲しい!」
と言って買うとかなりの金額になるかもしれません。
15万円ぐらいの支払いは覚悟していたのですが、
交渉の結果、軽トラを下取りに出して等価交換ということになり、支払いは0円!!

しかもこの春の軽自動車税7200円は店の負担だし、車検残りは1年半もあるので車検代6万円として4万円ぐらいの得です。
交換したばかりの新しいパーツが随所に見られ、当分の間はこのまま乗れます。それらを合計するとかなりの金額になります。
予定していた軽トラの車検代は丸々浮いてしまうし、すごいお買い得でした^^¥
しかも納車前に悪い所、錆びた部分など全部直してくれて、この修理代に93,000円かかったそうです。前ブレーキは新品に交換してありました。
ちょっと気になる所があったので言ったら、今度直してくれるそうです。
トータルで計算してみると、この車に乗り換えた事による利益は約15万円にもなります!! つまり0円で買って15万円の収入という、信じ難いほどの棚からボタ餅状態(*^o^*)/
下取りに出した軽トラがそんなに高く売れる車とは、到底思えません。

田園地帯の中にあるこのお店、もう15年のお付き合いになります。気心知れているので互いに遠慮なく物を言えるのが良いです。
ディーラー系と違って田舎の小さな自動車屋は親切で、経験豊富で技術が優秀で良いです。猫もいますしね(=^・^=)
しかし、こんな商売やってて儲かるのか?心配になってしまいます。
従業員は6人もいるし・・・給料払うのには相当儲けないと!

早速タイヤ交換しました。(一番上の写真)
軽トラで使っていたスズキの純正ホイールですが、そのままではスバルには付かないので、自分で加工して付けました。
中央の穴の内側を削るのですが、半日かかり汗だくになって大変な作業でした。
個性的な外観になりました。試運転の結果もベストマッチングです。

実はこっちのホイールのほうが本命です。
タイヤがすり減っているので、今度組み替えてもらいます。

元々付いていたのはこのホイールでした。
上品なデザインですが、これはあまり性に合いません。
タイヤはまだ新しいので、今度上の写真のお気に入りのホイールに組み替えてもらいます。
前の車とタイヤのサイズが同じなので、とても経済的。
無駄なく最後まで利用できます。
夏タイヤは2セットになったので、向こう5年以上買わなくて済むし、冬タイヤもそのまま利用できます。
とてもリッチな気分です。わらしべ長者ならぬ「タイヤ長者」か?(笑)

上品なベージュの内装も気に入りました。
写真では綺麗に見えますが、古い車なので汚れが目立ちます。自分で根気よくクリーニングしようと思います。

ハンドルは小径で握りが太く3本スポーク。レーシングカーのような雰囲気です。
シートの高さを変えられるので、体にピッタリ合った運転姿勢にできます。運転していて疲れないし、快適で楽しいです。シートの作りもすごく上質です。

メーターはシンプルで見やすいし、オーディオは高級品が付いていました。
クーラーの効きはバツグンで、強にしなくてもEcoでも十分に涼しいです。猛暑36度の市街地の渋滞の中でも快適でした。

Before→After
シフトノブを交換しました。
昔乗っていた昭和58年型のスカイライン用です。当時のノスタルジーにひたって運転できます。とても操作しやすい形状です。
ネジのサイズが違うので金属加工でアダプターを作って、苦労して取り付けました。これも半日がかり。
このアダプターを使用すれば、昔の日産車のシフトノブがスバル車に取り付けられます。
もっと古い昭和40年代の天然木のシフトノブや、80年代に流行った「水中花シフトノブ」も使用可能になりました。

Before→After
排気口もピカピカにしました(^_-)-☆
真鍮製の美しいクロームメッキのパイプをかぶせました。
さりげないお洒落です。
これには天体望遠鏡の部品がサイズピッタリで流用できました。

 

さて、お待ちかねトラちゃんの登場です(=^・^=)
何か見つけました! 蛇じゃないですよ (^_^;)
その答えは次回のお楽しみ(^_^)/  

真夏なのに、やけにモクモクしてますねぇ。そのお手手は何?(笑)

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

18/07/15 05:07

幽霊?

やっと雨が止んで、久しぶりに星が見えた夜のことです。
雨で空の塵が洗い流され、空はとても綺麗でした。

天体望遠鏡を出して、いて座のM17星雲を見ていました。
南の空低く、松の木の頂ギリギリの位置に見えます。
湖面に泳ぐ白鳥のような形をしています。
背景には無数の星!

この写真はあまり良く写っていませんが、
本当はもっと星が多いです。

そして、レンズから目を離して前を見たら、
わずか3メートルぐらいの近くに白い物が(°◇°;)
危険な野生動物!?
背すじがゾクッと寒くなって「シッ!」と言って追い払いました。

動物は裏庭へ逃げました。
懐中電灯で照らしてみたら猫です。
5年前に天国へ行ってしまったサクラに似ています。
夜だったので写真は撮れませんでした。

これがありし日のサクラです。
逃げてしまって「森の猫」になったときです。

この白っぽい猫は裏庭からなぜか家を一周して、また表へ出てきたので
「ネコちゃん」「サクラちゃん?」と呼んだら一瞬こっちを見ましたが、前の道路へ帰って行きました。

サクラよりも白い部分が多かったですが、鳥にたとえれば鶴のような細長い体形はよく似ていました。
ちなみにトラキチは色も体形もウズラです(笑)

いままで一度も見たことがない猫です。
だいたい、この土地には野良猫はいないし、猫を見るのは年に1回ぐらいです。

あまり警戒心がないので飼い猫でしょう。
まさか捨てられたわけじゃ・・・
最初に追い払うことをしなければ、寄って来たかもしれません。
しかし真夜中に突然ですから驚きました。最初は白いキツネかと思って怖かったです。
(稀に白いキツネがいるそうで、剥製を見たことがあります)

あれから何日かたちますが、その後見ていません。
また来てくれると嬉しいのですが。
それとも、あれは幽霊だったのか・・・

昔の写真を引っ張り出して来ました。
こんなに仲良しだったのに・・・

 

さて日常に戻って、庭で遊ぶトラちゃんとキノコです。
このキノコはツルタケ。茶色っぽいのもあって、それはカバイロツルタケ。夏にたくさん出ます。
どちらも食用だそうですが、食べたことはありません。猛毒種が多いテングタケの仲間なので敬遠です。
こういう危ないキノコほど美味しいのでしょうね。

トラちゃん、キノコを倒しちゃダメですよ(^_^;)

 

極楽の顔でお昼寝です。

 

あくる日も。
昼下がり、緑の中のお昼寝は最高ですね(^◇^)
こんなにぺちゃんこです。

足がずり落ちてる(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]