19/10/18 05:26

悲しいりんご園

皆様、長野の洪水被害に暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
この写真は5年前のちょうど今頃、実家のお寺のすぐ近くです。
河川敷には広大なりんご畑が広がっています。
この写真を見ると涙がこぼれてしまいます。
遠くに見える美しい裾野の山は高社山。別名高井富士です。

千曲川は右方向を流れ左側の土手が堤防で、この100m先(下流側)で決壊しました。
堤防のすぐ外側(左方向)がお寺と墓地です。
りんご畑は全部川になってしまって、堤防を乗り越えた濁流がお寺も飲み込んでしまったのでしょう。
お寺の周囲は密集した住宅街です。
家を失って避難所生活をしている人は900人以上です。

犬猫の保護施設も被災し、もうどうにもならないので緊急で飼い主を募集しているというニュースが。
つらい話ですね。

私の地区では強風による倒木が多く、昨日初めて車で外出して驚きました。
私の家の周囲だけは幸運なことに倒木が少なく、しかし300mほど行くと大変な事になっていました。
これじゃ、停電するのも当然!
電柱が大きく傾いています。
16日に復旧したのは奇跡と言えます。今後また停電するかもしれません。

災害復旧班というトラックが10台ぐらい来ていて、倒木の処理をしていました。ナンバーを見たら愛知県の豊田でした。
昨日は道路は全部通れましたが、前日までは倒木のため通行止の道路が多数あったものと思われます。

これほどの惨状ですから風速は何十メートル?
竜巻でも起きたのでしょうか?
住む家を失わなくて幸運でした。
倒木があるのは私の地区だけで、少し離れると倒木は1本もなく何事もなかったように平穏でした。

4日間の停電をソーラー発電でしのいだお宅がありました。
日頃から素晴らしい危機管理能力ですね!

さて、嫌な話ばかりなので花でも見て気分を直してください。
10月だというのにアジサイがこんなに綺麗に咲いています。
マツムシソウが道の真ん中に自生していました。

カテゴリ[ ]   コメント[15 ]   トラックバック[0]