20/01/10 00:30

オリオン座に異変!

今オリオンが南の空高く輝いています。

しかし、左上の一番明るかった赤い星「ベテルギウス」に異変が起きています。
去年の秋から急激に暗くなり、昨年暮れには1等星から2等星に転落してしまいました。
この写真(12月29日撮影)で見ると右上のアルデバラン(おうし座)より暗く、
ベラトリックスや三ッ星などと同じぐらいの明るさになってしまいました。

今までこんな事はなく、初めての事だそうです。
このまま暗くなってしぼんでしまうのでしょうか?

この写真は2009年撮影です。
ベテルギウスが一番明るいです。

専門家によれば、
ベテルギウスは超巨星なので大変不安定な状態で、もう寿命を終える寸前。
最後には大爆発を起こし超新星になって最後の輝きを放ち、わずかな期間で消滅してしまうのだそうです。
ベテルギウスまでの距離は430光年。
つまり今見ている光は430年前のものですから、今はもうベテルギウスは存在しないのかもしれません。

超新星爆発のエネルギーはすさまじいもので、
1054年に日本でも記録が残っている「客星」はおうし座に現れ、金星のような明るさになり1ヵ月間昼でも見えたそうです。
今は同じ場所に残骸になった「かに星雲」がボンヤリと見られます。
場所はベテルギウスの上の方、おうし座とオリオン座の中間あたりです。望遠鏡でないと見えません。

これは7200光年ですからすごく遠いですが、もし430光年のベテルギウスが爆発したら!?大変な事になりそうです。
満月のような明るさに輝き、オゾン層が破壊されるという説もありますが、逆に大した影響ないという説もあります。
いずれにしても昼でも見えるほど明るく輝くことはたしかです。
その輝きは長くは続きません。

この図は子供の頃買ってもらった図鑑、星の大きさの比較が面白いです。
太陽は地球の109倍あって、アルデバランは太陽の38倍、ベテルギウスは太陽の1000倍の大きさです!
この図の中のぎょしゃ座エプシロン星はベテルギウスの3倍ですが、最新の情報では普通の星ではなくブラックホールのような物だとわかって、この図は間違い。
ですが他にも同じような巨大な星がいくつかあります。
太陽は平均的な大きさの星で寿命は100億年ですが、
超巨星は燃料を浪費してしまって短命なのです。
ベテルギウスは太陽より若い星ですが、質量が太陽の20倍なので寿命が短い計算になります。
質量が20倍だが直径は1000倍もある。つまり希薄なガスなんです。中心部だけが強く圧縮され強い光を放っています。

このまま暗くなって行って、その後ある日突然明るく輝いて消滅してしまうのか?
それともまた復活して元の状態に戻るのか?誰にもわかりません。
皆さんもオリオン座が見えたらベテルギウスと他の星の明るさを比べてみてください。
都会の空でも良く見えます。

 

さてお待ちかねトラちゃん登場です(=^・^=)
冬本番になり、お留守番には湯たんぽを用意してあげます。
可哀想なので滅多にお留守番はさせないのですが。

朝用意した湯たんぽは夕方になってもお風呂と同じぐらいの温度です。
まる一日なんとかなります。
低温やけどの危険があるので、布を何重にも巻いて布団の下に入れて出かけますが、帰宅後に出してやりました。
ちょうど良い暖かさなので頬ずりしています。

ストーブの上で沸かしたお湯を使っています。
ストーブを消した後も熱を保存できる湯たんぽはエコですね。
電気器具と違って電磁波を出さないので健康的です。
(定かではありませんが、いろんな説があります)

カテゴリ[ 天体]   コメント[14 ]   トラックバック[0]