20/10/16 00:35

鍋物の季節

秋も深まり鍋物の季節になりましたね。
鮭のアラで石狩鍋を作りました。
カレーと同じ材料(タマネギ・人参・ジャガイモ)+大根も入れて柔らかくなるまでストーブ上で煮込みます。
ダシは昆布と干し椎茸。これで旨くないはずがない!
味付けは食べる直前に、好みに応じてポン酢か味噌で。
北海道風に味噌バターがイチオシです。
ジャガイモに良く合います。自家製キタアカリ、来年も頑張って作ります。

翌日には油揚げとコンニャクを入れ、山のキノコ3種と青菜(蕪の葉っぱ)も追加。
これは味噌汁にしました。
「豪華味噌汁定食」ご飯がいくらでも食べられます。

雨が降ったのでキノコがたくさん出てきました。
ショウゲンジです。名前の由来は正源寺の和尚さんです。
これは松茸のように見た目が良く、食感も松茸ですが味が悪い(カビ臭い)
味を消すために下茹でします。
今度干し椎茸と一緒に甘辛く煮込んでみようかな。そうすれば美味しいかも。
濃い味付けのすき焼きが良いと本には書いてあります。

他にもいろんなキノコが採れました。
左端のは紫フウセンタケで観賞用。毒ではないが美味しくない。
茶色いのはクリタケ、黄色っぽいのはクリフウセンタケ。
どちらも和風鍋物向けです。

1本だけジョウゴ形のがありますが、チョコタケ(ホテイシメジ)です。
これは酒とともに食べると毒。
美味しいそうですが私は食べません。観賞用です。
これを食べるとひどく悪酔いするそうで、酒の量が少なくて済むので、そういう目的でわざと食べる人もいるとか(笑)

不味いショウゲンジですが、茹でこぼした後セロリと一緒にパスタソースに入れてみたら、これは正解!
とても美味しかった。セロリの味でショウゲンジの臭みが消えました。
この前のハラタケも旨味を出す目的で入れました。
キノコもいろいろあって適材適所ですね。
右端はとろけるチーズです。チキン(胸肉)も入ってます。
ピーマンも入ってますが、庭の畑から唐辛子を摘んで来て入れました。タバスコの代わりです。若い葉っぱも美味しい。
唐辛子は寒さに強いので晩秋でも元気に育ちます。

飛騨赤カブも作っています。ネギも。
雨のおかげで生き生きとしてきました。
この土地は山の土で強い酸性なので、石灰と堆肥を大量に入れないと畑になりません。
10年目にしてようやくです。
大根もできてきました(右)

キャベツは玉になるかな?右はニラです。
秋は美味しい物がいっぱいですね。

ピカピカの赤い実はミヤマガマズミです。これも食べられるらしいですが、観賞用。
トラちゃんは秋晴れの日に日向ぼっこ。ゴキゲンでお手入れです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[16 ]   トラックバック[0]