21/07/16 05:32

父と戦争

トラトラトラ、390ページもある大作でしたが読み終わりました。とにかくすごい本です。20年間の綿密な取材にもとづいてアメリカの大学教授が執筆しました。
翻訳した日本人の力量も大したものです。
読書感想文は泥沼にハマりそうなので、そのうち機会があれば。
「リメンバー・パールハーバー」
報復攻撃は原爆を含め、何十倍何百倍でした。

海軍だった父は終戦の直前に室蘭沖で撃沈されましたが、辛うじて生き残りました。
詳しく知りたくて「室蘭空襲」で検索してみたら情報がありました。
市民にも多くの犠牲者(400名以上)が出て地獄のようだったと書かれています。
終戦の1ヵ月前、7月14・15日でした。父の話では、まるでスズメバチの大群のように無数の敵機が飛来し、空が真っ黒に見えたそうです。
空から雨あられの如くバンバン撃って来ます!爆弾も次々と投下。
任務は室蘭の警備でした。父は高い所に立ち、弾丸が降りそそぐ中、突撃ラッパを吹きました!
こういう非常事態になると、無我夢中で恐怖心とか何も感じなくなってしまうのだそうです。
対空砲火で勇敢に立ち向かいましたが、圧倒的な力の差でなすすべもなく撃沈されてしまいました。
1機か2機は誰かが撃墜したかもしれないと言っていました。
爆弾や弾丸が雨あられの如く飛んで来て、一緒にいた兵士たちは次々と倒れましたが奇跡的に父は助かりました。

海に投げ出された父は、遠くにかすんで見える陸地めざして泳いでいるところを漁船に救助され、病院に収容されて大きな注射を打たれたと言っていました。
冬の海だったら助からなかったでしょう。
船は今も室蘭沖に沈んでいるはずです。
室蘭を襲った敵機の群れは、この後青森を襲いました。

昭和40年頃だったか、子供だった私は生還した兵士たちの集まりに東京まで連れて行ってもらったことがありました。

室蘭で一文無しになった父は、どのようにして長野まで帰って来たのか?その話はとうとう聞かずじまいでした。
助けてくださった北海道の方々に感謝です。

 

毛布に同化しています(笑)

安いカツオですが、とても美味しかった。
安いのは量が少ないからですが、これで十分な量です。トラちゃんは小さいのを2個だけ。
食べるのが早すぎて写真は撮れませんでした。
水戸黄門様はカツオがお好き(笑)

おでん用に買っておいたコンニャク、賞味期限が近づいているので何とかならないものか?ピリ辛こんにゃく炒めを作ってみました。夏の料理ですね。
豆板醤をごま油で炒めて、肉や野菜とともに味噌ラーメンの粉末スープで味付けしました。庭の山椒の実を2粒添えました。
これは簡単で美味しい。おススメです。

 

キノコがどんどん出ています。
これはテングタケで毒。しかし特殊な方法で毒抜きして食べると、毒成分が旨味に変わって美味だそうな。
テングタケが出るということは、近縁種で食用のタマゴタケも出ているかも。探してみます。

カメラをペンタックスからニコンに変えてみました。前から持ってたんですが天体写真専用にしていました。
こっちのほうが綺麗に撮れるし、小さくて軽いので使いやすくシャッター音も静かです。発色が若干地味。
今後はこれをメインにします。15年も前のニコンD40です。
徹底的に使って使い潰します!

こちらはウスタケ。昔の本には食用となっていますが、新しい本では毒。少しなら良いが大量に食べると危険だそうです。結構美味しいらしいですが。

イブキジャコウソウ。良い香りがします。
前はハーブのタイムと間違えていました。平地に植えても育ちました。

純白のノリウツギも咲きました。これはアジサイの一種でしょうね。

 

ピッカピカの可愛いチビガエルが生まれました。これはヒキガエルですが、蟻のように小さいんです。しっかり生き延びて欲しい。
成長はすごい早さで、一夜にして尻尾が短くなって上陸しました。
モリアオガエルはまだまだ先になります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

21/07/09 02:06

旧車価格が高騰!!

先日スーパーの駐車場で珍しい車に出会いました。
マツダのコスモ。これは丸目4灯なので昭和53年頃のです。
昭和56年頃になると角目2灯になりました。
すごく希少な車で市内にたぶん1台でしょう。
全国に何台現存しているのかな?
なぜならば不人気だったからです。中古車になったら売り物にならないのでどんどん潰されてしまいました。
しかし大変な高性能車で高級ゴージャスな大型スポーティカーです。トヨタのソアラに対抗できるぐらいのレベルでした。
一度は乗ってみたい車です。

しかし噂に聞いたところによれば燃費はオートマだと3km/Lだったとか(汗)
これじゃ、しょっちゅうガソリンスタンドに寄らないといけませんね。予備のガソリンタンクも積んでおかないと不安です。
アラブの石油王のための車か?(爆)
しかし静かで滑らかな走りと独特の高級感。
豪快な加速は誰にも負けない!
高速道路では新幹線並みの速さで、実際に東京から名古屋を新幹線より早く到着したという逸話がありました。(友達のまた友達です)
しかも途中でスピード違反で捕まって切符を切られ、時間をロスしたのにです。

この車については情報がありませんが、たとえば日産スカイラインの最高グレードGTRなど、旧型車は恐ろしい高値で取引されているそうです。
情報源は毎日見ているYahooニュースです。
当時の新車価格の数倍は当たり前で、特に程度の良い車になると3000万円とか!さらに今5000万円というのがオークションに出ています。
旧車ブームはとっくの昔に去ったと思っていたのですが、再燃で驚きました。しかしこの前のブームのときはせいぜい300万円程度でした。
いったい誰が買うのでしょうか?
外国人です。日本の旧車は外国では入手が難しいので価格が高騰していて、とくにスカイラインは輸出されなかったので海外では希少なのです。
他の車種も高騰しているのがいくつかあります。
それだけの価値があるのでしょうか?
私は実際に乗ってみた経験から価値はないと思います。

あるサイトにアダム・スミスによる価値の定義が書かれていました。
つまり「使用価値」と「交換価値」です。
このケースは後者に相当します。実用的ではないけれど、趣味の道具として高値で取引されます。
億万長者たちが競い合って値段を吊り上げているのです。
「夢を買う」のだそうですが、まったくバカバカしい。

それで組織的な窃盗団の活動も活発化しています。
車を丸ごと売るだけではなく、盗んだ車をバラバラにして部品として売ると、車一台分よりも高価で売れるのです。
今はもうメーカーから補修部品が入手できませんから。
もちろん外国へ持って行って売ります。

私が昔乗っていたこのスカイライン当時は22万円でしたが、今は物によっては1000万円の値が付くとか! GTRではない、このような廉価なモデルもつられて高騰しています。
(これは70年代のですが、今とくに高騰しているのは90年代のGTRです)
加速が悪くてバスにも負けるくらいだったし、重苦しくて運転しにくく、大きすぎて小回りがきかなくて、ちっとも良い車ではありませんでした。
今乗っている軽のほうがずっと高性能です。
ただ、高速道路に行くと安定性が良くて快適でした。
このリアビューは個性的でカッコ良かったと思います。手放してしまったのは悔やまれます。

まったく嫌な時代になったものだと思います。格差社会にもほどがあります。
コロナ禍ですが逆に大儲けした人がいるのでしょうし、その前からこんなブームでしたから、世の中にはお金の使い道に困っているような大富豪がいるのですね。

そこで出て来るのがトラ先生です(笑)
ワシは水戸黄門じゃ。者どもひかえおろう頭が高い!!
この本を読んで勉強しなさい!
ワシは車など欲しくはない。欲しいのはカツオじゃ。

ハハー 恐れ入りましたm(_ _)m

雨の日は読書ですね。この本はバブルがはじけた頃にベストセラーになりました。
国語力のない私には難しくてなかなか読み進めません。
とても良い事が書かれているので、頑張って読みたいと思います。日本古来の思想でしたが、近代化して失われてしまいました。
前回のトラトラトラとは対局に位置する思想のように思います。
そのうち読書感想文を書いてみたいと思います。

ずっと雨降りでしたが、一昨日は爽快な青空になりました。
少し前まで雪があった山頂ですが、今は緑におおわれています。

ナツツバキが咲いています。
「沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」

一日で散ってしまうので諸行無常の象徴とされます。蕾がたくさんあるので、毎日次々と咲きます。

 

白樺の切り株から肉厚のクリタケが出ました。
普通は晩秋に出るのですが、今年は初夏に出ています。もう2度目です。親子丼で卵とじにして美味しくいただきました。

またまたカエルが産卵しました。
モリアオガエルそっくりですが、シュレーゲルアオガエルです。木の上ではなく池のほとりに産卵します。
どうやらカエルネットワークがあるようで、次々とカエルが集まって来ます。
野良猫に餌をやると次々に集まってくるのと同じです。
嬉しい悲鳴というか、本当に困ってしまいます。車に乗せて大きな池まで運んで行ってやらないと。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0]