21/10/08 02:04

秋の日

気持ちの良い秋晴れが続きます。
先週撮った写真ですが没にするのは惜しい。絶好調のお散歩は毎日の日課です。

リンドウが咲きました。これが本物のリンドウです。
晴れた日には開き、夜には閉じます。
これを繰り返して1ヵ月ぐらい咲いています。
秋の最後まで咲いている花です。晩秋になるともっと濃い色になります。

町へ行った帰りに寄り道をして自然観察をしました。
これも先週載せきれなかった写真です。
農業用ため池です。ここは標高800mぐらいで稲作の限界。米はこれより上では寒すぎて育たない。梅もここより上では咲きません。

蕎麦の花、実ができはじめていました。可愛いヒツジグサ。小型の睡蓮です。

クロゲンゴロウがいました。これも今は大変珍しい。
スズメバチの巨大な巣を発見!
数百匹の蜂がブンブン(@_@;)怖いもの見たさで、できる限り近寄って撮影しました。
今年はうちに巣を作られなくて良かったです。過去には作られたことがありました。

キノコ大量収穫^^¥
茶色いのはクリタケ、こんな大きいクリタケは珍しい。黄色っぽいのはクリフウセンタケです。
鍋物に最適の美味しいキノコです。
ヌメリスギタケモドキ(右)を見つけました。白樺の枯れ木から生えていました。
これはナメコと似た味の美味しいキノコです。

ドングリの葉っぱにできた虫こぶ。子供の頃は「お天道様のおしっこ」と呼んでいました。
虫のいたずらだそうですが、肝心の虫は見たことがありません。

赤い実、ナナカマドとミヤマガマズミ

それと名も知らぬ植物です。どんな花が咲いたのかな?気が付きませんでした。
庭にありますが実が綺麗なので刈り取らないようにします。

 

またまた貴重な本を見つけました。
左から憲法随想(金森徳次郎)学問のすゝめ(福沢諭吉)物の見方考え方(松下幸之助)
左の2冊の題名は逆向きの横書きです。

憲法随想はなんと昭和22年発行、著者は吉田茂の指示で新憲法を作った人です。
変色した藁紙が時代を感じさせます。これは大変素晴らしい本で、まさにお宝!!
秋の夜長に熟読したいと思います。

ところで、吉田茂といえば「バカヤロウ解散」が有名ですよね。ネットで調べてみました。
「バカヤロウ!」と叫んで解散したのかと私は思っていましたが、実際には全然違いました。
政敵からひどく無礼な事を言われて立腹し、小声で「バカヤロウ」と独り言を言ったのをマイクが拾ってしまい、大問題に発展してしまいました。
彼はこの発言を謝罪して取り消しています。
しかし彼は与党内でも信頼を失ってしまい、離党者が続出し解散を余儀なくされました。
離党した議員たちは新党を立ち上げ政権交代となり、それで吉田茂は失脚しました。
政治家はちょっとした発言にも気をつけないといけませんね。
政権交代後の政局は混迷し、茶番劇のようで何が何やらわかりません。

※昨夜の地震、ここも少し揺れました。
すぐにラジオをつけたら緊急地震速報が鳴っていました。
震源が深かったからまだ良かったですが、震源が浅くなると大変危険です。
このところ各地で地震活動が活発化しています。いつどこにいきなり大地震が来るかわかりません。
気をつけましょう。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]