21/04/02 00:33

雪解け

もう4月ですね。4月1日は聖火リレーで混雑するので、
3月31日に街へ買い物に行って桜を見て来ました。
7分咲きぐらいでお花見にはちょうど良いところでした。
不思議なことに梅も同時に満開でした。
東北など北国では梅と桜が同時に咲くんですが、桜が早くなっても梅は早くならず相変わらず同時に咲いています。

お花見というわけではなく、スーパーの駐車場からチラッと見た程度。
お花見用のご馳走もお菓子も買いませんでした。
なんだか気分が乗りません。コロナがまた急激に増えているせいもありますが、今年は桜が早すぎて面白くありません。
長野では史上最高に早い開花でした。
ありがた味がありません。ということで桜の写真はなし。
うちの桜が咲く頃になったらご紹介します。
だいたい3月に桜が咲くなんて間違ってます。
私が小学生の頃は校庭の桜は4月20日に満開でした。
春が遅いから嬉しいんですよね。

帰り道の道端にアズマイチゲが咲いていました。
絶滅危惧種だとかいう情報もありますが、たくさん生えています。
ここに来るまで見たことのない花でした。
この花は最高に大好きです。純白ですね。
たまにピンクっぽいのもありますよ。
うちの庭にも植えてあって葉っぱが少し出て来ましたが、花はまだまだ先です。
福寿草やクリスマスローズと同じキンポウゲ科で、福寿草より少し遅れて咲きます。
花が咲き終わると葉っぱは枯れてしまって、夏眠に入ります。どこに生えていたかわからなくなります。

トラちゃんのお散歩コースの「お花見広場」です。
雪解けが進んでいます。
今年はいつになく雪解けが早いです。
山桜の大木があって、4月末にはここでお花見ピクニックができるんですよ。
今年はもっと早く咲くと思います。

数年前の4月21日の写真です。上は落ちかかっている屋根の雪です。
こんなに気候が違うんです。前はこれが普通だったんですよ。
地球温暖化が急激に進んで、この土地には住みやすくなりました。(昭和30年代まで誰も住んでいませんでした)

1900mの山の頂上の雪も消えかかっています。
黄砂で山が少し霞んで見えます。
左端に家が一軒だけ見えますね。
こんな爽快な所に住んでみたいと思いませんか?
でもさえぎる物がないので風が強そう。冬は台風のような北西風が吹くんです。
周囲は高原野菜の広大な農場です。北海道を連想します。
ここは標高900mぐらいかな。
この場所は私の所よりも温暖なので雪はもう消えていますが、私の所にはまだ大量に残っています。
場所によっては人の背丈ほどの高さになっています。
それでも今年は平年の半分です。前は夏を越して万年雪になりそうなほどでした。

庭の畑に植えてあったキャベツの苗は雪でペチャンコになりましたが、今後復活してきそうです。
6月頃には丸い大きなキャベツが収穫できるかな?
初めてのチャレンジでしたが、ちゃんと冬越しできました。
右はロウバイです。やはりペチャンコです。
種から育てて12年ですが、まだ花は咲きません。
いままでは雪でペチャンコにはなりませんでしたが、今年はどうしたことか・・・
雪は少なかったんですけどね。
キャベツと違ってこれは枝が折れていてダメージが甚大です。
枯れることはないと思いますが、いつまでたっても大きくなりません。

アブラチャンが咲きました。
苗を植えて5年目、初めてで目出度いです。春真っ先に咲く花なんです。
サンシュユに似ていますが別種でクスノキ科です。
山にたくさん自生しています。

ナニワズも春一番に咲く花です。
北国の珍しい花ですが、黄色いジンチョウゲと言えばわかりやすいでしょう。しかし香りはほとんどありません。

早春には黄色い花が多いですね。
福寿草も今近所に咲いています。
「福寿草前線」が今到着。桜前線はいつかな?

さて、そろそろ巣箱の準備を。
毎年ヘビにやられて悲しい思いをするので、横に非常口を作りました。
外からは入れないけど、内側からは出られます。
時代劇で見た昔の武家屋敷を参考にしました。
敵の襲撃を受けたときに床の間の掛け軸をめくると、裏に隠し扉があってそこから逃げるんです。
巣箱の下には去年と同じようにヘビが登れないようにビニールシートのスカートを付けます。
しかしこれはどうやら完全ではないようでした。
ヘビとの知恵比べです。

嫌な冬がやっと終わりますが、これからはヘビや蜂や熊など野生動物が怖いです。
一番の心配は致死性の毒を持つスズメバチです。家に巣を作られたら大変!
巣は作り始めのうちに発見して駆除しないと。
大きな女王蜂を見つけて駆除すれば一番能率的なんです。
トカゲが冬眠からさめたので、他のいろんな動物も活動を開始する頃です。

トラちゃんは毎度同じです(笑)
変わりないのは元気で平和だということですね。日向ぼっこしてゴキゲンでお手入れをしてニコニコ。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]