21/04/09 04:40

春になってきました

昨日街へ行ったら桜は満開をちょっと過ぎたところでした。
8日間も。長持ちしますね。
去年の記録を見たら、ここでは5月3日に開花でしたが今年はずっと早くに咲きそうです。
去年は暖冬で雪の量はとても少なかったですが、春になってから寒くなって開花が遅れました。
雪はまだ残っています。膝より高い所も。
普通は5月初旬までありますが、今年はずっと早く消えそうです。
しかし今日はまた雪が降っています。幸い積もるほどではありません。

待望のキクザキイチゲが咲きました。
小さくて弱々しいのが一輪だけ。
この微妙な色合いが魅力です。
日本海側に行くともっと濃いブルーだそうです。

アズマイチゲは葉っぱが茂るだけで花はなし。来年に期待です。
プランターに植えて2年間はたくさん咲きましたが、地植えにしたらなぜか咲かなくなってしまいました。

チオドノクサです。
ヨーロッパ原産でギリシャ語だそうです。
私は「チオどの草?」日本語だと思っていました(笑)
もう植えて何年になるでしょうか。球根なので同じ場所に毎年咲いてくれます。

フキノトウですが、こうなるともう食べられません。
観賞用です。
赤カブも菜の花が咲きそう。花芽はとても美味しい。

できそこないのチンゲンサイも美味しい菜の花になります。
花芽を毎日ちぎって汁の実に。

庭に出たこれはたぶんエノキタケ。冬のキノコです。
見つけるのが遅かった。来年に期待です。

布団からキノコがはえた?(爆)
明るい光を当てたら目覚めて不機嫌そうな顔をしました。

 

ネコヤナギは小鳥たちに大人気です。

 

ヒガラはシジュウカラよりずっと小さく、頭の後側に白い縦のストライプ。「チビチャン、チビチャン」と美声で囀ります。(笑)

コガラはヒガラとシジュウカラの中間ぐらいの大きさで、黒いベレー帽をかぶって全体に白っぽいです。一見大福餅のような(笑)

ヤマガラです。リスのためのクルミはその後ヤマガラ専用になりました。2羽で食べに来ます。
去年うちの巣箱で生まれた子かも。
リスが食べないピーナツもヤマガラが食べます。
写真はないですがシジュウカラもいました。
マヒワはそろそろ北帰行です。
しっかり腹ごしらえして渡りに備えます。
春は美味しい物がいっぱいですね。

桜餅についてラジオで詳しい話を聞きました。
桜と食の研究家・平出氏「美味しい桜」という著書があります。
300年前に東京墨田区の長命寺の前の菓子屋(このお店は今も続いていて桜餅専門店)が考案し、それが大阪に伝わったのは100年後。
当初は江戸と同じ物が販売されていたが、後に京都で道明寺粉を使った物が考案され、それに置き換えられた。
今では名古屋より西では東京と同じ物は販売されていない。
一方、青森県弘前市は桜の名所として名高いが、桜餅はほとんど売られていない。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0]