21/05/07 05:47

水芭蕉・満開の桜

桜と同時に咲くのが水芭蕉です。
5月3日の誕生日の花で、花言葉は「美しい思い出」「変わらぬ美しさ」
近所の小川にたくさん咲いています。黄色い小さい花はリュウキンカです。

リュウキンカは毒草ですが、少量なら茹でて毒抜きして食べると美味だとか。
他にも「毒草だが少量なら美味」というのがいくつかあります。少量なら薬になる毒草もあります。
こういうのが本当の珍味なんでしょうね。

コゴミが出始めました。
ワラビと違ってアクがないので、茹でてすぐ食べられます。
ちょっと忘れていると、すぐ大きくなって食べられなくなってしまいます。
右はノビル。地元では「のびろっ玉」と言います。
アサツキやラッキョウよりも辛い激辛で、炊きたてご飯には最高! 元気が出ます。

カタクリは2つ目が咲きました。この透明感が何ともいえません。

ショウジョウバカマです。これもカタクリと同じユリ科です。

街へ行った帰り道、山桜が満開の場所を通りました。

誰が植えたわけでもないのに、道端で見事に咲いています。

花曇りでした。
葉っぱと花が同時に出るのが山桜です。葉っぱが開かないうちに見ると綺麗です。

 

庭の桜も満開です。

2007年にはこんな寂しい状態でしたが、今は見事な桜になりました。この年は5月10日に咲いていました。
真ん中の細い木ですが、今はもう大木で2階の屋根より高いです。

この木の根元にはサクラちゃんのお墓があるんです。
サクラちゃん、ありがとう!

梅が咲きました。桜より1週間遅いです。
東北地方では梅と桜が同時に咲きますが、ここでは順序が逆転です。
去年は咲かなかったんですが、復活しました。最近の温暖化で咲くようになってきました。
梅の北限は札幌あたりだそうです。

カテゴリ[ ]   コメント[14 ]   トラックバック[0]