21/06/25 07:18

水芭蕉の花後

水芭蕉の花後の姿が見たい、という声があったので撮影して来ました。
まるでキャベツ畑のようですね(笑)
でも食べられるという話はありません。里芋科なので食べられそうですが。
花が咲いていなくても美しくて観賞用になりますね。

左はシモツケソウ、右はイチリンソウですが、花は2cmぐらいで大きいです。
普通イチリンソウが咲くのは桜が咲く頃なので、これは高山植物のハクサンイチゲ?

車でちょっと行った所にモリアオガエルの池があります。

数年前までは少なかったですが、今年は大盛況!
こんなにたくさんの卵が。
木の枝に白く点々と見えるのが卵です。この写真だけでも6個ありますが、他の場所にもたくさんありました。

池の周りにはイトトンボがたくさん飛んでいました。
よく見ると模様が違います。図鑑を見たらいろんな種類がありました。

ワサビが食べたくて採りに行きましたが、もう遅かった。
小川の両側の丸い葉っぱが全部ワサビです。
白い花が咲く頃が食べ頃なんです。軟かい新芽や花穂の部分を食べます。
ワサビはアブラナ科なので菜の花に似た味ですが、もっと辛くてワサビ特有の良い香りがします。
根を掘って食べたことはありません。翌年から生えて来なくなってしまいますから。

右側のシオデはアイヌ民族の食べ物で、シオデはアイヌ語だそうですが、福島県の会津でもよく食べるそうです。
これはアスパラとほとんど同じ味で美味しい。
アスパラと同じくユリ科ですが、シオデは長いつるになります。
種がこぼれてどんどん増えます。
何年もかかって株が充実するとアスパラのように太く美味しくなります。
先っぽを摘んで食べても枯れることはなく、次の新芽が伸びて来ます。

フカフカの布団に沈んで窓の外をじっと見ています。
「お写真撮りますよ。いいお顔してネ♪」
免許証の写真もこんな顔だったらいいんですけどね。たいがい指名手配のような写真になってしまいます(苦笑)

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]