21/07/16 05:32

父と戦争

トラトラトラ、390ページもある大作でしたが読み終わりました。とにかくすごい本です。20年間の綿密な取材にもとづいてアメリカの大学教授が執筆しました。
翻訳した日本人の力量も大したものです。
読書感想文は泥沼にハマりそうなので、そのうち機会があれば。
「リメンバー・パールハーバー」
報復攻撃は原爆を含め、何十倍何百倍でした。

海軍だった父は終戦の直前に室蘭沖で撃沈されましたが、辛うじて生き残りました。
詳しく知りたくて「室蘭空襲」で検索してみたら情報がありました。
市民にも多くの犠牲者(400名以上)が出て地獄のようだったと書かれています。
終戦の1ヵ月前、7月14・15日でした。父の話では、まるでスズメバチの大群のように無数の敵機が飛来し、空が真っ黒に見えたそうです。
空から雨あられの如くバンバン撃って来ます!爆弾も次々と投下。
任務は室蘭の警備でした。父は高い所に立ち、弾丸が降りそそぐ中、突撃ラッパを吹きました!
こういう非常事態になると、無我夢中で恐怖心とか何も感じなくなってしまうのだそうです。
対空砲火で勇敢に立ち向かいましたが、圧倒的な力の差でなすすべもなく撃沈されてしまいました。
1機か2機は誰かが撃墜したかもしれないと言っていました。
爆弾や弾丸が雨あられの如く飛んで来て、一緒にいた兵士たちは次々と倒れましたが奇跡的に父は助かりました。

海に投げ出された父は、遠くにかすんで見える陸地めざして泳いでいるところを漁船に救助され、病院に収容されて大きな注射を打たれたと言っていました。
冬の海だったら助からなかったでしょう。
船は今も室蘭沖に沈んでいるはずです。
室蘭を襲った敵機の群れは、この後青森を襲いました。

昭和40年頃だったか、子供だった私は生還した兵士たちの集まりに東京まで連れて行ってもらったことがありました。

室蘭で一文無しになった父は、どのようにして長野まで帰って来たのか?その話はとうとう聞かずじまいでした。
助けてくださった北海道の方々に感謝です。

 

毛布に同化しています(笑)

安いカツオですが、とても美味しかった。
安いのは量が少ないからですが、これで十分な量です。トラちゃんは小さいのを2個だけ。
食べるのが早すぎて写真は撮れませんでした。
水戸黄門様はカツオがお好き(笑)

おでん用に買っておいたコンニャク、賞味期限が近づいているので何とかならないものか?ピリ辛こんにゃく炒めを作ってみました。夏の料理ですね。
豆板醤をごま油で炒めて、肉や野菜とともに味噌ラーメンの粉末スープで味付けしました。庭の山椒の実を2粒添えました。
これは簡単で美味しい。おススメです。

 

キノコがどんどん出ています。
これはテングタケで毒。しかし特殊な方法で毒抜きして食べると、毒成分が旨味に変わって美味だそうな。
テングタケが出るということは、近縁種で食用のタマゴタケも出ているかも。探してみます。

カメラをペンタックスからニコンに変えてみました。前から持ってたんですが天体写真専用にしていました。
こっちのほうが綺麗に撮れるし、小さくて軽いので使いやすくシャッター音も静かです。発色が若干地味。
今後はこれをメインにします。15年も前のニコンD40です。
徹底的に使って使い潰します!

こちらはウスタケ。昔の本には食用となっていますが、新しい本では毒。少しなら良いが大量に食べると危険だそうです。結構美味しいらしいですが。

イブキジャコウソウ。良い香りがします。
前はハーブのタイムと間違えていました。平地に植えても育ちました。

純白のノリウツギも咲きました。これはアジサイの一種でしょうね。

 

ピッカピカの可愛いチビガエルが生まれました。これはヒキガエルですが、蟻のように小さいんです。しっかり生き延びて欲しい。
成長はすごい早さで、一夜にして尻尾が短くなって上陸しました。
モリアオガエルはまだまだ先になります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0]