21/07/30 05:22

ユウスゲ

夕方咲いて朝しぼむ花です。
夕涼みにふさわしい涼しげな花ですね。
軽井沢に「ゆうすげ温泉」があるので、いつか行ってみたいものです。
平地に自生しているのは見たことがありませんが、植えたら育ちました。
先日カメラを変えたら発色がやや白っぽいです。
前のカメラのほうが綺麗な色だったと思います。
紫色も前のカメラのほうが良かった。
また戻してみようかと思いますが、15年も前のカメラなのでくたびれていて時々操作不能になります。
そろそろ買い換え時ですが、何を選んだら良いのか悩ましいところです。

花菖蒲の原種と言われているノハナショウブ。古代紫ともいうべき色が美しい。

ここでは紫陽花は梅雨明け後です。そして初秋まで咲き続けます。
まだ色の乗りが悪いですが、これから濃いブルーになります。
酸性土壌だとブルーになるんですね。

巨大キノコ!優に20cmはあります。
テングタケに似ていますが、傘にポツポツがない。
色が白ければ猛毒のドクツルタケですが、まあ似たようなものでしょう。恐ろしい毒キノコです。
同じ時季に同じ環境に生える、右は食用のタマゴタケ。
小さいので採りませんでした。

そのすぐ横に生えていたのがこれ。
よく見たら食用のヤマドリタケの仲間でした。
裏を見ればわかります。
ドイツでは最高級とされるキノコで洋食に合いますが、日本では皆さんスルーします。
この季節に食用のキノコは出ないと思っている人が多いです。
ヤマドリタケの仲間には種類が多く、どれも食用です。
これはたぶんススケヤマドリタケ。ススケていませんけど(笑)数年前にも食べた記憶があります。
このところの日照りのため小さかったですが、普通は巨大になります。

切ってみたら虫食いでしたが、半分ぐらいは食べられました。
栽培物と違って、虫食いが多いのが難点です。
バター炒めにしてちょっと味わい、とても美味しかったのでコンソメ味のスープスパゲティにしました。
栽培物で言えばダイコクシメジに近い味ですが、もっと美味しい。
これから晩秋までキノコが楽しみな季節が続きます。

キュウリができました。
苗を買ったのは6月11日で「夏すずみ」という品種です。
これは夏から秋に向けての品種で、大変優れています。
栽培は簡単で味も良いです。
キュウリの花も綺麗ですね。
一番美味しい食べ方は冷やし中華だと思います。
キュウリほど美味しい野菜はないと思います。

裏庭のブルーベリーがいつになく豊作です。1ヵ月後には食べられるかな。

 

起きたばかりの寝ぼけ顔(笑)窓の外にリスが見えるかな?

草を食べます。この季節は猫草を買わなくても庭にたくさんあるので嬉しいですね。

※コロナ感染が大変な事になってきています!
しかし先日買い物に行ったら、マスクをしていない人がいて気になりました。
人によって考えが大きく違うので、身を守るためには棲み分けが必要と思います。
一番良い対策は一切人に会わないことなんですが・・・

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]