22/01/21 01:55

街へ買い出しに

もう桜餅が売られていました。私としては年中売って欲しいくらい大好きです。
美味しいだけでなく、この色と形は気分的に明るくさせてくれます。
佐久市のカナメヤ製菓が一番美味しい。製造元をよく確認してから買います。
関西の人には知られていないクレープ風の皮。これを考案したのは東京の菓子店だそうです。
餅米ではなく小麦粉で作られています。
粒あんを選びましたが、こし餡もありました。

1ヶ月ぶりで買い出しに行って来ました。
ずっと毎日天気が悪く、雪が降らない日を天気予報で慎重に選んで出かけましたが、帰り道は雪がどんどん積もってきて危ないところでした。
ガソリンスタンドとホームセンター。この店では最近生鮮食料品も売るようになったので1軒ですべて間に合います。
灯油と米は一番重要。猫餌と猫砂も。砂10kg2袋+米10kgは重かった!
灯油2個は10日で終わります。値上がりが激しくて驚きました。
コロナ禍で需要が減っているのに、なぜか原油価格が上がっている。
車はたまにしか乗らないのでガソリンは入れませんでしたが、すごく値上がりしていてビックリ!
ミカンとリンゴも高いのをガマンして買いましたが、どちらも品質は悪かった。
1袋400円以上もしているのに。
袋チョコは名糖が良いです。他にもたくさん買いました。
米は今までは長野県産コシヒカリでしたが、今回は少し安いあきたこまちを買ってみました。
大きな白菜(写真はありません)を買ったのは、保存がきくし何にでも使えて美味しくて、とても価値ある買い物でした。

コロナがすごい勢いで増えているので、人が多い所へは行きたくないですが、次はいつまで耐えられるでしょう? あと2週間で患者数は減るでしょうか?
肉や魚は買わなかったので、また行かなければなりません。

コロナに関しては、混沌とした情報が多いですが、珍しく良い記事を見つけました。

オミクロンが「自然のワクチン」にならない理由
https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20220120-00278112
英国で活躍している日本人研究者です。要約すると、

・オミクロン株が弱毒性なのは若い人だけで高齢者の場合には前と同じ。ワクチン未接種の人も危険。
・オミクロン株が100%になれば従来株がなくなって、コロナが収束に向かうと思うほど甘くはない。また次のが出て来る。
・感染歴があってもワクチンの効果には及ばない。抗体は長続きせず再度感染する。
※感染歴のあるジョコビッチ選手がオーストラリアに入国拒否されたのは、ワクチン未接種だったため。
・ワクチンが効きにくくなっているが、重症化を防ぐ効果が大きい。
・マスクなどの基本的な感染対策が大切だ。ワクチンの効果は絶対ではないが、これしか対策はない。

コロナ禍、まだ先は長いようですね。
美味しい物を食べたり、運動をしたり、楽しい事を考えたり、そうやって健康増進につとめることが一番の対策だと思います。
ペットの癒やし効果も大きいと思います。

ポンちゃんラーメンは長野市の会社が作っています。県外にも売ってるのかな?県内でも一部地域だけ?よくわかりません。
歴史が古く、昭和40年頃からありました。我が家ではダンボール箱で買って食べていて、子供の頃はコレが主食でした(笑)
おそ松くんに登場する小池さんを思い出す。ちぢれた髪の毛はラーメンみたいだし、目は渦巻きになっていてナルトみたいだ。
安いし、明星チャルメラに似た味で美味しいです。普通は醤油味だけなんですが、この店には味噌味もありました。これもなかなか旨い。

チャルメラの宮崎辛麺。
辛党の私でも音を上げるほど辛い(*_*)
宮崎の人ってこんなに辛いの食べてるんだろうか? 皆さんもお試しあれ。

マルタイは本場の九州ラーメンです。細ストレート麺が特徴。
高菜と紅生姜、キクラゲのトッピングで食べるべし。
若い頃、仕事で博多へ行ったときに地下街でたまたま入ったラーメン屋が美味しくて、高菜食べ放題だったのも感激しました。
以来九州ラーメンの大ファンになりました。
普通の袋麺に比べコンパクトなので保存用に良いです。
カップ麺はかさばるし高いので私は買いません。

庭の畑で作ったジャガイモです。すぐれた保存食です。
品種は男爵の改良種のキタアカリ。ホクホクして美味しいしビタミンCが男爵の1.5倍豊富です(ビタミンCは少しぐらい加熱しても破壊されません)
おでんに芋を入れると美味しいし、芋ゴロゴロのカレーも作りました。
ポテト塩バターラーメンも美味しいよ(^_^)/
去年は不作でしたが、今年は頑張ってたくさん作りたいと思います。
芋を主食にするくらい作りたい。

ゴロゴロしているのは芋だけではありません(笑)
ちょっと撫でただけで、たやすくゴロゴロ言います。
うるさく鳴くときは、触ってやるだけで静かになります。甘々の寂しがり屋なんだね。

最近はここが定位置になりました。暖気は上に行くので暖かい。
高いから見晴らしが良いし、単純なので飼い主を見下ろしてそれだけで優越感にひたっています(笑)
この棚には物が置けなくなってしまいました。

あれから大雪で苦労しています。玄関から車までの通路を作るだけで疲れてもうダメ。筋肉痛関節痛です。
先日せっかく綺麗にした車も、このように雪に埋まってしまって元の木阿弥。
車は2週間も動かさなかったけど、ちゃんとエンジンがかかってホッとしました。
これでも積雪はまだ平年並みといったところ。
過去にはこの2倍近くも積もったことがありました。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

22/01/14 05:49

冬の鍋物特集

成人の日。蝶ネクタイを付けた10年前の成人式の写真です。
さすがに威厳のある大人の表情をしていますね(笑)
今は20歳+10=30歳? いえいえ16歳です。猫は6歳でも立派な大人だし、猫の時間は逆向きに流れる?
今ミヒャエル・エンデの「モモ」を読んでいます。時間が逆に流れる世界がありました。もう何度も読み返していますが、そのたび新しい発見があって面白いです。
急ぐほど遅くなってしまう世界も。せっかちで失敗が多い私には良い教訓になります。
「灰色の男たち」はタバコが大好きで、タバコがなくなると死んでしまうのでした(笑)

 

七草粥を真似たお雑煮です。
雪の下から掘って来た「すずしろ」を使って、他はゴボウとか人参とか野菜なんでもいろいろ。正式な七草にはこだわりません。
腹の底から温まりました。これを食べると1年間風邪をひかないとか。
pilさんのブログを見てナメコが食べたいなと思っていたら、冷凍のヌメリスギタケがありました。
これはナメコとほとんど同じ味です。去年はキノコが豊作でした。冷凍庫の中はキノコがいっぱい!
右は釜めし容器で作ったラーメン。麺は下に隠れています。
ワカメとネギをたっぷり。ごま油をちょっと入れると美味しい。
メンマは自家製です。市販品は添加物が多いので、水煮メンマを買って一度煮こぼして洗ってから味付けしました。

大根煮物
大きな大根をいただいたので、全部煮て大きな袋に詰めて冷凍保存しておきました。
根昆布と一緒に煮て、そこに身欠きにしんを入れました。
身欠きにしんは優れものです。冷凍保存できるし良いダシが出るし、とろける美味しさです。骨も軟かい。
面倒なので切らずに入れてしまいました。これ1尾111円でした。
本来はこぶ巻きの芯に使う物です。こぶ巻きは母から受け継いだ私の得意料理でしたが、面倒なので今は作りません。
昆布でニシンを包んでかんぴょうで縛るんです。

翌日は竹輪とこんにゃくを入れておでんにしました。

12月20日以来買い物に行っていませんが、保存食がまだたくさんあります。
きんぴらゴボウを大量に作って冷凍してあります。少しずつ取り出して味噌汁や煮物にも入れています。
人参も同じように油で炒めて冷凍保存しています。
人参はそのままでも1ヵ月は保存できるし、ピーマンも2週間はそのままで大丈夫。
人参やごぼうを入れると和風スープが美味しくなるんですよね。
私はピーマンが大好きで、ピザトースト、ナポリタン、ポタージュスープ、カレーにも。

猫が乗ってるのは根昆布。「猫んぶ」だよ(=^・^=) 肉厚で美味しいよ。
この松前漬も優れた保存食です。食べたいときにすぐに簡単に作れて、とても美味しい。
はったい粉 こうや豆腐 どちらも関西名ですが、こちらでは「こうせん」「しみどうふ」です。
味がしみるから「しみどうふ」なのかと思っていましたが「凍み豆腐」でした。
昔は軒先に豆腐を藁で縛って吊るして凍らせて乾燥させて作りましたが(フリーズドライ)そういうのはカビ臭くて美味しくなかった。
藁で縛った物、今でもたまに道の駅などで売られています。
今は工場で作るので綺麗ですが、昔のような渋い味わいはありません。
干し椎茸と一緒に煮込むと美味しい。それを卵とじにすればさらに美味しい。
こうせんの美味しい食べ方。
砂糖と混ぜて粉のまま食べるのが一番美味しいけど、気道に入ってむせるので、お湯で溶いて飲みます。緑茶で溶くとさらに美味しい。きな粉と混ぜると美味しいです。
コーヒーや紅茶で溶いても美味しいと思います。
甘酒やおしること混ぜても美味しい。雑穀類なので健康食です。
小麦粉と混ぜて和風ホットケーキを焼いても美味しいでしょうね。
あべかわ餅のようにして食べても美味しい。

黒砂糖は健康に良いですが、味にクセがあるので私は白砂糖と混ぜて使っています。
ちなみに三温糖には黒砂糖の成分は入っていません。あの色はカラメルです。

ドライキクラゲ。黒キクラゲは中医では体を温める作用があるとされます。キムチ鍋、ラーメン等に。

酒粕は利用価値が広いです。
水と砂糖を入れて3分間加熱すると即席甘酒ができます。
味噌汁に混ぜると美味しくて体が温まります。
オーブントースターでこんがり焼いて食べるのも美味しい。そのときに味噌と砂糖を塗ってから焼くと美味しい。
マヨネーズを塗って焼くのも美味しい。味噌+マヨも美味しい。
しかし食べすぎると酔ってしまいます。

こうしてみると美味しい物って無限にありますね!
皆さん、豊かな食生活を満喫しましょう!!

 

普通なら雪が頑固にこびりついているのに、このところ猛烈に寒いのでパウダースノーで、サラリと落ちました。
普通は竹ボウキを使いますが、座敷ボウキならキズがつかないし雪を払うと洗車したようにピカピカになって一石二鳥です。
良い道具を有効活用です。でも頑固な雪には力不足です。
ちなみに、うちのホウキは30年以上たっても立派に実用できています。

水が不足してきたので雪をバケツに入れて融かしています。
ポリバケツは熱に弱いので、高価でしたが金属製を買いました。
良い道具は一生ものです。愛着が湧きます。
雪は真っ白なので綺麗に見えますが、融かして水にすると黒いススのようなゴミがいっぱいです!
飲用にはできません。裏ごし器で濾して洗い用に使っています。それでもまだ濁っています。

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

22/01/07 00:25

寅年、トラ年、トラトラトラ

もう正月7日になってしまいましたが、皆様、本年もどうぞよろしく!
座右の銘は「怠慢」のトラキチ家にもようやく新年が来ました。

子煩悩だったトラちゃんのお父さん、トラネコパパさんです。16年前の写真です。

すごい顔ですね(@_@;)本物の虎より怖い。
見かけによらず温和な性格で、フライドチキンをあげたら喜んで食べました。
2022年、今年はにゃんにゃんにゃんの年だぞ! 2月22日はさらにニャンとも素晴らしい!!

トラトラトラ、戦争はいけません。トラちゃんも平和主義です。
昨年暮れに、父が好きだった軍歌「月月火水木金金」を聴きたくなって、youtubeで聴いたら悪酔いしてしまいました。
それで正月三ヶ日酒を飲む気になりませんでした。
今でも頭の中で鳴り響いています(汗)

 

今年は全国的に厳しい冬ですね。
窓に咲いた霜の花です。−15℃以下になるとできます。
うちは防寒のため二重窓になっています。それでこういう美しい紋様ができます。

6日夕方のニュースでオミクロン株の猛威に驚いてしまいました。大変な事ですね!
もう街には行きたくない。人にさえ会わなければ感染しないはずです。
私は12月20日にスーパーで買い物をしたのが最後です。
その後1月3日に灯油が終わりそうだったので行って来ましたが、セルフのGSだったので人との接触はありませんでした。
このとき街は大賑わいで、あまりの混雑に驚き、コロナ蔓延が心配になりました。
それで予定を変更してスーパーには寄らずに帰って来ました。
今になって振り返れば、あのときに帰省客が感染を広げていたのでしょう。
このところ感染者が限りなく0に近かったので「今のうちに」という思いで親戚が集まったのでしょうけど。
本当に油断大敵ですね!!
重症化リスクが低いというのが救いですが、自分だけは絶対大丈夫という保証はありません。
皆さんも気をつけてくださいね。

 

お雑煮です。
鶏ガラ・大根・人参・筍・山のキノコ(ムキタケ)
醤油味です。紅白のカマボコは嬉しい気分になるので大好きです。
真ん中の緑色は春の山菜コシアブラです。
油で揚げて冷凍保存しておきました。タラノメそっくりの味です。これの風味を生かすためにネギは入れませんでした。
餅は焦げ目が付くぐらいに焼きたいものですが、膨らんでとけ落ちてしまうので加減が難しい。

沖縄そばにも餅を。
1個だけ残しておいた”虎の子”の沖縄そばです。限定品だったので、もう売ってません。
こちらはネギたっぷり。山のキノコと油揚げ、昆布。これは美味しい肉厚の根昆布です。
沖縄は昆布の消費量日本一だそうです。北海道からわざわざ取り寄せて食べるんですね。旨味にこだわる県民性なのでしょう。
豚肉が入った沖縄そばではなく、あっさり和風が良いと思います。
台湾が近いから中華風かと思いきや、味付けは純和風なんです。
長野に沖縄そばの専門店があって、そこで食べて認識を新たにしました。

一年の計は元旦にあり!
この意味を調べてみたら計は計画の計なんだそうで「一年の計画を立てよ」ということでした。
今までの私の解釈では「元旦におねしょをすれば一年じゅう毎日おねしょ」という事かと。母にそう教わったんです(笑)

元日には工作をしました。(しかし本当は元日に仕事をしてはいけない)
この天体望遠鏡は高校生の頃に自作して以来、何度も作り変えて改良し、ようやく実用的な物になりました。
10年前に壊れてしまって、それを去年修理して復活させました。それをさらに改良工作です。
この反射鏡は日本一と言われる名工の作です。縁あって格安で作っていただきました。一生の宝物です。
これを使うと幸福な気分になります。彗星観測をしてノートに記録しています。
充実した正月でした。詳しくはまた次回に。

今年の目標は道具を大切にして上手に使いこなすこと。
道具に凝るけど使いこなせない人が多い。私もそうでした。
ハサミ・包丁・鍋・ほうきから始まって、車整備用工具・カメラ・パソコンまで。
道具を使うからこそ人間なのです。素手では何もできません。
しかし道具を使いこなすのは大変難しい。知恵も必要です。これは今年の目標というよりも一生の課題ですね。
まだ使える物を捨ててはいけない。新しい物は買わない。壊れたら修理して使う。物を大切に、資源・環境を守りたいと思います。

水の入ったポリタンクがもう1個。これも芯までカチカチ。
しかし口が密閉されていなかったせいか、変形しませんでした。
この前の水タンクは、1週間毎日熱湯を注いでも中にまだ大きな氷の塊が残っています。
雪は大量にありますが、水が足りません。
燃料の灯油は湯水のごとく終わって行きます。電気ストーブや電気ポットもフル稼働です。

元旦は”超真冬日” これは正式な用語ではありませんが、

普通より10℃低く、昼の最高気温が−10℃でした。
そして翌朝には一番近い観測点で−16℃でした。ここは標高が500m高いので5℃低いとして−21℃!暖房完備の室内で寝ていたのでわかりませんでしたが、台所の床の雑巾や風呂場の水が凍っていて、午後になっても融けませんでした。
外に出ると危険! 耳や鼻や手足の指が凍傷になってしまいます。室内でストーブに抱きついているのが一番。

幸い雪の量は大したことないです。寒いときは雪が少ない。
この1週間、嵐が何度か来ましたが5日になってやっと太陽が出たので、外に出て雪を掘って玄関から車までの通路を作りました。
翌日にはトラちゃんのお立ち台(天体観測台)も除雪。体力がないので少しずつやりたいと思います。

昨日は東京にも雪が積もったそうですね。
こちらは快晴で暖かく、外に出ていろいろやりました。
関東とはお天気は正反対です。
驚いたことに野生動物が穴を掘って水を飲んだ跡が!
ここに池があるのを覚えていたんですね。
雪を食べれば良いと思うんですが。
魚が食べたかったのかな? この池に魚はいないよ。変な虫ならいるけどネ。

七草粥を作ろうと思って雪を掘って大根(すずしろ)を収穫しました。
脚立を使って下へ下ります。腰まで雪に埋まって歩けません。
これでも雪は少ないほう。普通この2倍は降ります。
場所がわからず、やっと掘り当てました。青々として新鮮で雪の下は春でした!

カテゴリ[ 暮らし]   コメント[14 ]   トラックバック[0]