22/04/29 00:41

桜開花!

今日は昭和の日。生まれる前のことは知りませんが、私が子供の頃が一番良い時代だったかもしれません。まあまあ豊かだったし平和な時代でした。
昭和天皇は平和を愛する立派な方でした。戦前戦中には軍国主義者と戦って非常に苦しい経験をされました。(暴走する田中義一内閣を総辞職させた)
しかし、結局戦争を止めることはできませんでした。
平和というものは貴重ですね。平和を維持するには大変な努力が必要です。
この話は長くなるので、機会があればまた。

5日前にうちの桜が開花しました。いつもより10日早い。
今年の冬は寒かったけど、4月に入ってから急激に暖かくなりました。
とは言ってもまだ雪は残っています。

スキー場の桜はうちよりも早く満開! これは植えた物ではなく自然の物です。

うちの庭のもみんな山桜です。北海道と同じくソメイヨシノは寒さに負けてしまいます。

紅山桜も良いですが、純白のも良いですね。狭い庭ですが桜の木10本もあります。

昨日満開になりました!
花見の宴? 庭の池にヒキガエルが10匹も集まって来て夜中に”カエル合戦”(産卵)です。
優しい声でクウクウと鳴いています。写真が撮れたら次回に。

カタクリも桜と同時に咲きました。蜜を吸いに小さな蜂が集まっています。

 

去年の秋に種まきをして雪の下で冬を越した野菜。青々としてきました。

柔らかくて今が一番美味しいときです。赤カブの菜の花と山東菜です。

コゴミを収穫しました。ワラビやゼンマイと違ってアクがなく、茹でてそのまま食べられる美味しい山菜です。

トラちゃんは毎日外遊びが楽しくて、遊び疲れてぐっすりオネンネです。
人間のような寝方をします。

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/04/22 00:42

水芭蕉・神代桜

裏庭の丸太がお気に入りのトラちゃんです。
お外遊びが楽しい気候になりました。

近くの小川に水芭蕉が咲きました。

一緒に咲いているリュウキンカ。

庭のチオノドクサです。pilさんの所(ドイツ)ではブルーだけでピンクのは見られないそうです。ヨーロッパが原産地です。

国道406号の桜のトンネルを見に行ったらアズマイチゲが咲いていました。
純白の清楚な花、裏側がほんのりピンク色なのが魅力です。
桜のトンネルも見事でしたが、今回は写真が多すぎるので割愛します。

神代桜が咲きました。一時期枯れそうでしたが、見事に復活して今年は最高の花付きです! 日曜日に行ったら幟旗が立っていました。

ここは素桜神社という神社になっています。1200年前にスサノオノミコトが植えた桜だそうです。

その2日後に行ったら見事な満開! 圧倒されました。
少し前までは29日頃満開でしたが、今年は寒かったのにずいぶん早いです。
ここにたたずむと、人間がちっぽけなものに思えてきます。

ソメイヨシノではなくエドヒガンなので花の付き方が違います。
丸くブーケのようになっているのが魅力です。

低い所まで枝が下がって咲いていて見事です。水仙も咲いていました。
高台にあるので眼下に見下ろす景色も素晴らしい。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

22/04/15 00:19

花が咲いた(^O^)/

急に春になって庭に花が咲き始めました。
まずはキクザキイチゲ。右上の写真を見てください。
淡いブルーというか薄紫が魅力です。
枯れ葉をめくったら下から芽が出ていて、日に当てたら翌日にもう咲きました。
数年前に植えた希少な山野草ですが、どんどん増えていて嬉しいです。
私は桜より何よりこの花が一番好きです。

ナニワズ。ジンチョウゲの黄色といえばわかりやすいですが、香りはありません。
これも気候に合っていて植えたらどんどん増えています。

この黄色い花は山にたくさん自生しているアブラチャン(クスノキ科)です。右は拡大。
他に似たような花があって最初はサンシュユかと思っていました。ダンコウバイも似ています。
これも苗を植えて3年目で見事に花を咲かせました。

これはネコヤナギの一種のバッコヤナギです。普通のネコヤナギと違って高い木になります。

庭の畑で餌をついばむアトリです。毎日来るので懐いてしまって近寄っても逃げません。
もうすぐ北へ帰るので、しっかり食べて体力をつけます。
ここ2日ほど見かけないのでもう北帰行かな。

 

春に旬なのは鯛。「めでたい」魚ですね。
トラちゃんに見せてから、昆布とともに酒蒸しにしました。
トラちゃん用に味付けなしのも少々。
最初はすごく興味を示しましたが、食べてみたら美味しくない?
嫌々食べたのでカツオの3倍もの時間がかかりました(苦笑)
前から鯛はあまり好きじゃなかったんです。
私は最高に美味しいと思うんですけどね。ほんのり甘味を感じました。
大根やネギと一緒に味噌汁も美味しかった。
お花見シーズンに向けて美味しい物いっぱい食べますよ(^_^)/
神代桜は開花したので満開は来週かな。うちの桜は5月初旬になります。
他にトラちゃんの面白い写真が撮れたんですが、次回のために温存しておきます。ご期待ください。

私の一番好きな山菜です。
のびろっ玉(ノビル)田畑の畦や土手に生えています。
これさえあれば他に何もいりません。ご飯いくらでも食べられます。
グリコは一粒300mですが、これなら一粒3000mだ! ^^¥
雨ニモマケズの宮沢賢治は玄米と味噌の食事だったそうですが、こんな美味しい物を食べていたのかもしれませんね。

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/04/08 00:29

遠くの山が綺麗でした

今日は花まつり。お釈迦様の誕生日ですが、クリスマスに比べると忘れられた存在ですね。
子供の頃は甘茶を飲む日でした。近所の公園にお寺の人が来てふるまっていました。
甘茶は「アマチャズル」という植物を煎じたお茶で、甘味はあまり感じませんでした。

※訂正です。
甘茶の原料はアマチャズルではありませんでした。アジサイの仲間のアマチャを加工して甘味を出します。

夕日を見に行きました。「歌ってよ夕日の歌を」の歌がなぜか急に頭の中に流れて来たんです。日没は18時でした。
北アルプスの山々が美しく、右側の険しい山脈は戸隠です。
この場所は高原野菜の広大な農場。家から4kmぐらいなのに雪がほとんどないのが不思議です。

その2日後、さらに空気が澄んで遠くの山がクッキリ見えました。
街からの帰り道、手前の山を越えたはるか向こう側、白い高い山の麓に我が家があります。
右下に見える集落は住みやすそうな場所ですね。日当たりが良くて暖かそう。
この近くにある神代桜の様子を見に行きましたが、まだ固い蕾でした。

神代桜は見晴らしの良い高台にあるので遠くの山が綺麗に見えます。
槍ヶ岳、本当に槍のように尖っています。

この平らな山は面白い。何という山だろう?

富士山も見えるのでは? しかしこの場所からは見えませんでした。
そこで、去年見つけたその場所に行ってみたら真っ白い富士山が見えました。
画像処理で暗くしてコントラストを強調したので不自然ですが、こうしないと見えません。正面中央です。

頂上部分だけしか見えないのは地球が丸いせいですね。

 

巷では桜が満開だそうですが、庭の雪はまだこんなにあります。
このぶんだと来年の冬まで持ち越しかな?

 

先日アクセスカウンターがこんな数字に!! 322万? そんなに来てるはずがない。
アクセス数なんか当てにならないので関心ないですが、猫の日がまた来た?面白い数字だったのでご報告しておきます(=^・^=)
去年までやっていた掲示板のほうは8年で8万アクセスぐらいでしたが、このブログのカウント方法はおかしいです。
たぶんGoogleなどの検索エンジンによるアクセスやサイバー攻撃などもカウントしているんだろうと思います。
このブログは業者の廃業により今年の9月で廃止になってしまいますが、FC2ならこんな数字は出ないと思います。

 

去年の巣箱を初めて開けて中を見ました。
嫌な予感がしていたので中を見るのが嫌だったんです。
蛇が下で狙っていたので駆除しましたが、時すでに遅し?
親鳥は来なくなってしまいました。
死んだ雛鳥ではなく卵だったので少し救われました。しかしなぜ?
親鳥が蛇に襲われてしまったんでしょうか・・・
それとも危険を察知して子育てを諦めて逃げてしまった?
毎年気苦労が多いので巣箱はもうやめようかな。

トラちゃんのお腹の毛はフワフワで柔らかくて最高です。おなかモミモミこちょこちょするとゴロゴロ言って喜びます。
この手も可愛い。「これってお手なんだよ」「お手!」握ってやってしつこく教えていますが(笑)
昨日は元気ハツラツお散歩に行きました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/04/01 01:49

High Jump

2m00をクリアするウクライナの女子ハイジャンパー マフチク。東京オリンピック3位でした。
イエロー×ブルーのウクライナカラーが良いですね!
先日の世界室内陸上では優勝しました!!
国を脱出して試合場のベオグラード(セルビア)まで行くのに大変な苦労をしたそうです。
ドニプロ出身だそうなので地図を見たら、東部のほうなので危険な地域です。もう家に帰ることができないかもしれません。
※最新のニュースによるとドニプロは無事でした。日本で言えば大阪のような大都市です。
破壊された東部の街から避難して来た人々の居留地になっています。

私は基本的にスポーツは嫌いです。野球中継など始まるとあわててスイッチを切ります。
朝のラジオ体操も大嫌いです。あの音楽を聞くと全身が融けてしまいそうだ。朝は猫と一緒に寝るに限る!!(笑)

でも若い頃熱中した走高跳だけは面白いです。スポーツ音痴で他は何もできなかったけど、走高跳だけは人並み程度に跳べたので面白くなったんです。
(同じようにバーを越す種目でも棒高跳は性質がまったく違います。棒高跳は陸上競技というよりも体操競技に近くて、脚力よりも腕力が重要です)

東京オリンピックは興味なかったんですが、ウクライナの選手が気になったので先日ネット動画で見ました。
そしたらすごく面白い! 熱中してしまって何回も繰り返し見ています。
昔を思い出して、自分と同じだなと仲間意識を感じてしまいます。

東京オリンピック女子 リプレイ
https://olympics.com/ja/video/women-s-high-jump-final-athletics-tokyo-2020-replays
かなり長いですが、興味のある方はどうぞ。後ろのほうだけ見ると良いと思います。

2m00を3名がクリア、素晴らしい名勝負となりました!
2m00を成功した瞬間大喜びのウクライナ応援団。
長い金髪の女性がこの選手の指導者です。すごい気合いが入った指導をしていました。かつての名選手かも。いったい誰なんだ?
私と同世代?少し年上かな?
日本では女性のコーチはごく少数ですが、ウクライナのもう1人のコーチも女性でした。ウクライナからは8位以内に3名も入りました!
選手育成システムが良い証拠です。まさにHighJunpのメッカです。
昔から名選手を多く輩出してきた伝統があります。
相撲の大鵬の父親もウクライナ人でした。
ウクライナは遠い国でしたが、スポーツを通じて身近に感じるようになりました。

優勝はロシアの選手で2m04。オーストラリアが2m02で2位。
ロシアはドーピング違反があまりにも多いので、国としての出場は許されず可哀想でした。国旗の使用は許されず、代わりに別の旗が使われていました。
ロシアもウクライナも抱き合って互いに祝福し合っていました。スポーツの世界は純粋で良いですね。

今の時代、レベルがすごく上がっているので昔と違って素質だけではダメ。長年に渡って地道な努力の積み重ねが必要で、走高跳は大成するまで年数がかかります。ポーランドの2mジャンパーは35歳です!(この日は1m93でした)
しかし太ももに派手なタトゥが・・・(汗)
※2mジャンパーという言葉、昔は男子のものでしたが、レベルアップした今は女子の言葉になりました!
どの選手も良く鍛錬されていました。皆さん細い身体ですが、素晴らしく強い力です。細くて強い「跳ぶための身体」を作るトレーニング法が進歩しました。
体がまっすぐで姿勢が良く、歩く姿が美しいことにご注目ください。これが一番の基本です。
自分たちの頃に比べると時代は変わったな、と感銘を受けました。
ちなみに日本記録は20年も前の1m96です。
皆さんこの高さで苦戦しているので、今でも大変な高さなんだとわかります。

ついでに、こちらは男子。金メダルが2名という珍事でした。
https://olympics.com/ja/video/athletics-men-s-high-jump-final-tokyo-2020-replays
最後に2人残ったところで互いに話し合い「もう試合は終わりにしよう」ということになりました。
これを審判に相談して認められました。普通ありえない事でした。

たぶん2人とも疲れてヤル気がなくなったのでしょう(笑)
負けず嫌いが多い中、こういう精神の人が多ければ世の中平和になりますね。
2m37を3名が跳ぶという超ハイレベルの戦いでしたが、同記録なのに3位になった選手は蚊帳の外でいじけていました。

日本からは私の後輩に当たる同窓生(親子ほどの年齢差ですが)が2名出場しましたが、まったく追従できず敗退しました。写真はOB会報より。
アキレス腱を痛めてしまったのだそうです。
前年には世界ランキング1位(2m35)だったので、あわよくば金メダルと期待したのですが他の選手たちが調子を上げ、次々と彼の記録を越えて行きました。恐ろしくなるほどのハイレベルでした。

昔のこの人もウクライナでした!
ソ連代表でしたが故郷はウクライナのザポリージャ。先日攻撃された最大の原発がある街です。
日本語の検索では情報がありませんでしたが、英語で検索したら出ました。
今はどうしてるのかな? しかし悲しいことにもう亡くなられていました。40歳の若さで! 死因は肝硬変でした。酒の飲みすぎか? いや、不可解でちょっと気になります。

年齢は私より2つ下、当時の世界記録保持者ヤシチェンコです。
背面跳の記録を古風なベリーロールで破りました。2m35!

これは東京の国立競技場へ行って自分で撮った写真です。

巨人と子供?
いえ、子供ではありません。東京外語大の学生が通訳として働きました。ヤシチェンコの身長は193cmです。(私の身長は172です。ハイジャンパーとしては一番低い)

末席をけがす昔の自分の写真は恥ずかしいので小さくしました。色だけ見ていただきたかったんです。
偶然にもウクライナカラーでした。
このユニホームはルーマニアを真似して作りました。強い選手がいたので憧れてです。そしたら隣国ウクライナも同じ色でした。スウェーデンも同じ色。
この色には何か特別の意味があるんでしょうね。
※これは30年以上前の写真で偶然同じ色だっただけのこと。
今この時に、この色の服を来て喜んでいる軽薄な国会議員と一緒にしてもらいたくないです。あの国会議員にはガッカリしました。

トラちゃんは変わりなく元気です。食欲絶好調。
また雪が積もってしまい、外遊びができずお布団遊びです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0]