22/06/24 00:41

カキツバタ

めでたいです! これも5年ぶりに咲きました。
一番好きな花です。
桜とともに日本を代表する花ですが、最近激減でネットで調べたら自生地は長野県内に3箇所しかないとのこと。
お寺の池などに植えられているのはたまに見かけますが。
アヤメと違って水辺に生えます。
色は少し白っぽい紫です。何ともいえず最高に美しい色だと思います。
右は曇天だったので深い紫に写りました。真ん中の白い線が細くて上品です。

数年前に貴重な自生地を見に行ってきました。これはそのときの写真です。
ここから車で2時間ぐらい、白馬村の姫川源流・親海湿原です。

すごく広い場所に一面に咲いていて見事でした!
ここは素晴らしいので皆さんもぜひ! 写真の日付は6月14日だったので今年はもう終わってるかな。
昨日のニュースでは東御市の湯の丸高原のレンゲツツジが今見頃だそうです。
標高2000m近いので、ここよりも3週間ぐらい遅いです。

姫川源流には清らかな水がいっぱいでした。深さ30cmぐらいの小さな小川で新巻鮭のような巨大な魚を目撃(@_@;) 
調べてみたらイワナと外来種(カワマス・ブラウントラウトなど)の交雑種らしい。

アマドコロ、可愛い花ですね。庭にたくさん生えています。
イチゴが実ってきました。収穫はわずかですが季節の味です。
ずっと放置してありましたが、来年に向けて植え替えて肥料をやってちゃんと育てたい。

フキが美味しい季節です。
実家の庭にもありましたが、筋を取る作業が大変でした。
でもこれは軟らかくて丸ごと食べられます。種類が違うのかな?
細いです。青森県の人も自宅の庭にこんなのが生えると言っていました。
秋田県のフキは雨傘のように大きいです。砂糖で煮付けたのを昔いただいたことがありました。

重曹ちょっと入れた水で煮てアクを取ります。何度か水を換えて洗ってから甘辛く煮付けます。お正月まで冷凍保存できます。
鯖水煮やツナ缶、鶏肉と良く合います。山菜の中では最高の美味さです。
庭の山菜だけで自給自足できるのでは? と思われる方がいるかと思いますが、残念ながらそれは不可能です。
山菜は珍味程度で大量には食べられません。薬効はあるかもしれませんが、栄養にはなりませんし。
米や魚や卵は買わなければなりません。肉は敬遠したいところですが、少しは食べます。
できればベジタリアンになりたいんですが、なかなかねぇ・・・

トラちゃんはお散歩絶好調!!
家から約200m歩きました。つまり往復400m。
「もう危ないからお家へ帰ろう。クマちゃんが来るよ!」
と言ったら素直に従いました。
15年ぐらい前の子供の頃サクラと一緒に行った場所です。普段は30mでUターンしてしまうのに、どうしたことか?
緑の中のお散歩はとても気持ち良かった。

お目々隠してお寝んね。これなら昼でも眠れるね(笑)

ゴミステーションのクマ注意看板が新しくなりました。
これは恐ろしい!! のんびりお散歩もできません。
右は以前の看板です。

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/06/17 04:37

アヤメの季節

アヤメは高原の日当たりの良い草原に生えます。
これは雨上がりに撮影しました。花びらの網目模様が特徴です。
街には外来種やいろんな品種があふれていますが、これは貴重な日本古来の野生種です。
雨上がりの美しいレンゲツツジ、もうシーズン終盤です。

クリンソウはその名のとおり9段に咲くのかな?
どんどん伸びて次々と新しい花芽が出て来ます。
最初に咲いたのは下の方で種になっています。
長く楽しめる本当に価値ある花です。

これの近縁種の日本サクラソウが咲く場所へ行ってみましたが、もうシーズン終了で少ししか咲いていませんでした。
西洋サクラソウ(プリムラ)のシーズンは平地では3月ですからね、高原でもサクラソウが咲いているはずがありません。
シバザクラは今咲いていますが、あれは全然違う種類です。
右はヤマオダマキ これも野生種です。

このような日本古来の草花が自生しているのは、本当に恵まれた自然環境だと思います。
奥日光まで外来種がたくさん入り込んで問題になっています。

大根の花も美しい。
毎日菜の花の新芽がたくさん出て野菜を買う必要がありません。

大安の6月11日にFC2ブログをスタートさせました。
左側のリンクの欄一番下です。一番上に持って行きたいのですが、できません。
それで休眠中のサイトをいくつか削除しましたが、ご了承ください。

今はまだ練習中です。来月には本格的に移行したいと思います。
思ったより難しくて苦戦しています。
テンプレートの種類がすごく豊富なのは良いんですが、何を選んだら良いのか? テンプレートという言葉も知りませんでした。
テンプレートが違うと機能も違うんですね。
とりあえず一番上にあった最新版の爆速ブラックを選んでみました。
写真が映えるというので自分のテーマに合っています。画像も文字も大きくて見やすいです。
左右の無駄なスペースがなくて画面いっぱいに表示されます。
表示速度が速い代わりに、シンプルで機能が少ない。ほとんどカスタマイズできないみたいです。
また変えるかもしれません。FC2ブログは可能性が無限大なんですね。
複雑で奥が深いのでしっかり勉強しないと。今度本も買おうと思います。

ご心配ありがとうございました。
トラちゃんはその後は元気になって、ご飯のおかわりを要求するようになりました。草を食べて吐きましたが毛玉は出ませんでした。
雨が降っているのに外に出たいと玄関ドアの前でワーワー騒ぎましたが、そのうち諦めました。
頭カチカチに固くて融通がきかないんですよ(苦笑)

なんという格好!この伸びた足は何?
梅雨寒(夜は3℃昼でも11℃)で最近お気に入りのボロ布、これは高級な冬用シーツです。猫は本当に良い物を知っています。

今度は羽毛布団に場を移して、贅沢な生活ですね。寝具オタクだ。
ケーキ屋ケンちゃん、洗濯屋ケンちゃん、寝具屋トラちゃん(笑)
心地よい睡眠、私にも分けてもらいたい。
お尻尾はいかが?(笑)

昨日庭に茶色い猫ちゃんが来ました。ここで猫を見るのは何年ぶりかです。
どこかの家で可愛がられているんでしょう。
庭でオタマジャクシ用の汚い水を飲んでしまいました(汗)すぐにどこかへ行ってしまったので写真は撮れませんでした。
森の中でまるで野生動物のように伸び伸び遊んで、楽しそうでした。
トラちゃんは外にいましたが、まったく興味なし。

賑やかだった小鳥たちがいなくなり寂しくなりました。
クルミを食べにヤマガラがたまに来る程度です。
リスもこっそり来ているらしい。この前ドアを開けたらちょうど来ていてハチ合わせ!
「ブー!」とか言って逃げて行きました(笑)

その後もモリアオガエルが産卵に来ています。ここには2個ですが別の2個は水槽に移しました。
ヒキガエルのオタマジャクシも元気に育っています。

カテゴリ[ ]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/06/10 04:42

オシャレな車

皆さん、この車どう思いますか?
先日買い物に行ったとき駐車場で発見。昔から好きな車だったんですが目撃したのは30年ぶり? とにかく珍しいです。
ナンバーを見たら最近新規登録されたらしい。
マニアがどこかで見つけて来て完全な整備をして登録し、晴れて公道を走れるようになったのです。
かなりお金がかかったと思うし、古い車はトラブルが多いので維持費も大変だと思います。1000万円コースかな? いや、最近はクラシックカーの値上がりが尋常でないので、もっとかかると思う。
凡人には真似できない、リッチで高尚な趣味だと思います。
ちなみにエアコンはないので猛暑の夏はダメだし、雪道に弱いので冬もダメ。
贅沢な趣味の車ですね。リッチなオーナーのことですから当然別の実用車を持っているはずです。

これはドイツBMWの2002かな? マニアの間では「マルニ」と呼ばれています。
ネット検索してみたら1966年から1977年まで製造されていました。
2002というのは最高グレードで2000cc。廉価版の1600ccは1602という名前でした。
何といってもこのスッキリしたスタイルが魅力です。
窓が大きくて明るく広い室内。シンプルな箱型ボディ、丸いヘッドライトがチャーミングですね。
今の車に比べボディは小さくてコンパクト、重量も軽くて省エネカーで素晴らしい実用車でした。
こんな車また作って欲しいな。
スタイルはこれと同じで、中身のメカは最新にして発売したら面白いと思う。

当時としては最高の超高性能車でした。最高時速211kmを記録! この箱型ボディでは空気抵抗はかなり大きいと思いますけどね(笑)
そんな速度で安全に走れたとは、とても思えません。空中分解しそうな状態だったのかもよ(大汗)
日産スカイラインに似ていますが、実はそれより車格が低いブルーバードのような車です。
当時の日産に合併する前のプリンス自動車は世界の最先端技術を競っていて、BMWを意識した車作りをしていました。スカイラインは和製BMWと言われます。

足回りが良く、走行安定性と乗り心地を両立させています。
高速道路で真価を発揮し、急カーブが連続する山道でもハイスピードで安定した走りができる。
スポーツ走行を好むマニアには「バイエルンの狼」と言われていました。
ドイツからフランスやイタリアまで、バカンスで長距離を移動する家族旅行にも最適の快適な車だったと思われます。
とは言っても50年も前の車。性能は今の車に比べればはるかに劣ります。

この車に出会って、美術館に行ったような、ちょっとした目の保養になりました。

ベニバナイチヤクソウ。道端にたくさん咲いています。
右はタニウツギ。これも道端です。

キュウリと唐辛子の苗を植えました。別の場所にナスも。
ここでは霜の心配があるので遅い植え付けです。それで、売れ残りの苗を半額で買えました。
キャベツの花は初めて見ました。なんと普通の菜の花の5倍以上の大きさです!

今年もまたモリアオガエルが来て産卵しました。
オスは逃げてしまった。メスのお腹は卵を生んだらペチャンコになりました。

右はシュレーゲルアオガエルの卵。
親はモリアオガエルと区別がつかないほど似ています。しかし卵を生む場所が違います。
こんな所に生んだら孵化したオタマジャクシが死んでしまう。
本来なら護岸工事のされていない池や水田のふちに産卵しますが、最近はどこも護岸工事されているので、この蛙は激減です。
卵はこの後水槽に移しました。

先月池の水が凍ったので死んでしまったと思っていたヒキガエルの卵ですが、生きていました! オタマジャクシがたくさん生まれました。
童心に帰った気分で一部を水槽に入れて飼育観察です。
小鳥の次は蛙で、次々と新しい命が誕生します。

トラちゃんは食欲がなくて心配しましたが、草を食べて体調を整えます。
抜け毛の季節になったのでお腹に毛玉がたまっているようです。
元気よくお散歩をして、この後食欲が少し戻りました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

22/06/03 02:01

17歳です(*^o^*)/

誕生日は正確にはわかりませんが、17歳になりました。
青春を満喫中です。南沙織には似ていないか(爆)

ひと皮むけて、ついに本物の虎になりました どうだ! 怖いか(笑)
お誕生日週間で大好物のカツオを満喫しました。

藤の花、まるで滝のよう!

高原はレンゲツツジの季節になりました。

これは植えた物ではなく自然の物です。こんなにたくさん咲いています。

クリンソウ。何年ぶりかで咲きました。めでたい!

遅ればせながら菜の花の季節になりました。
蕪・チンゲン菜・大根の花です。右はキャベツの花。
味噌汁・ラーメン・カレーなど何にでも合って、とても美味しい。
家庭菜園ならではの産物です。

前回の続きです。
巣立ったと思ったのは別の家族でした。珍しい鳥なのに近所で2家族も!
美しい声でさえずっているのを聞きました。縄張り宣言なんですね。
うちの子は大きくなってもまだ親に甘えていました。
十分に大きく育ってから出て行った模様です。翌朝見たらいなくなっていました。
よく育ちました。健康優良児ですね^^¥
※蛇など天敵が来ると急遽巣立ちを早めます。2-3日の余裕をもって雛は育てられています。
「蛇が来たぞー!早く逃げろ!!」親鳥にうながされ、まだ飛べなくても巣を飛び出します! そのときの鳴き声は「言語を持つ鳥」として学術論文で発表されました。他にもいろんな言語があります。(論文はシジュウカラでしたが)
とても賢い鳥です。たぶんカラ類はみんな同じかと思います。

コガラでなくヒガラでしたが、飛べない雛が飛び降りたのは、うちの巣箱でも数年前に実際にあった事でした。
落ちた雛を巣に戻してやっても、また飛び降りてしまいました。
蛇の姿は私には見えませんでしたが、どこかに隠れていたに違いありません。

左下の、外に出ているのは尻尾が短いので雛鳥です。
前回の巣立ち雛の写真は不鮮明でしたが、翌日もいたので良い写真が撮れました。

親鳥とのツーショットも。雛鳥は満腹でお昼寝中。寝る子は育つ。
この翌日には姿が見えなくなってしまいました。いつもそうなんですが、巣立つとすぐに皆で遠くへ行ってしまいます。
同じ場所にいると天敵に襲われるからでしょうね。今後は家族で移動生活になります。
秋になると他のカラ類と一緒に大勢で群れを作って帰って来ます。

ところで、メジロも近くで子育てをしているらしいです。
夫婦でうちの水場にやって来ます。
巣はどこにあるのか、わかりません。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0]