22/06/10 04:42

オシャレな車

皆さん、この車どう思いますか?
先日買い物に行ったとき駐車場で発見。昔から好きな車だったんですが目撃したのは30年ぶり? とにかく珍しいです。
ナンバーを見たら最近新規登録されたらしい。
マニアがどこかで見つけて来て完全な整備をして登録し、晴れて公道を走れるようになったのです。
かなりお金がかかったと思うし、古い車はトラブルが多いので維持費も大変だと思います。1000万円コースかな? いや、最近はクラシックカーの値上がりが尋常でないので、もっとかかると思う。
凡人には真似できない、リッチで高尚な趣味だと思います。
ちなみにエアコンはないので猛暑の夏はダメだし、雪道に弱いので冬もダメ。
贅沢な趣味の車ですね。リッチなオーナーのことですから当然別の実用車を持っているはずです。

これはドイツBMWの2002かな? マニアの間では「マルニ」と呼ばれています。
ネット検索してみたら1966年から1977年まで製造されていました。
2002というのは最高グレードで2000cc。廉価版の1600ccは1602という名前でした。
何といってもこのスッキリしたスタイルが魅力です。
窓が大きくて明るく広い室内。シンプルな箱型ボディ、丸いヘッドライトがチャーミングですね。
今の車に比べボディは小さくてコンパクト、重量も軽くて省エネカーで素晴らしい実用車でした。
こんな車また作って欲しいな。
スタイルはこれと同じで、中身のメカは最新にして発売したら面白いと思う。

当時としては最高の超高性能車でした。最高時速211kmを記録! この箱型ボディでは空気抵抗はかなり大きいと思いますけどね(笑)
そんな速度で安全に走れたとは、とても思えません。空中分解しそうな状態だったのかもよ(大汗)
日産スカイラインに似ていますが、実はそれより車格が低いブルーバードのような車です。
当時の日産に合併する前のプリンス自動車は世界の最先端技術を競っていて、BMWを意識した車作りをしていました。スカイラインは和製BMWと言われます。

足回りが良く、走行安定性と乗り心地を両立させています。
高速道路で真価を発揮し、急カーブが連続する山道でもハイスピードで安定した走りができる。
スポーツ走行を好むマニアには「バイエルンの狼」と言われていました。
ドイツからフランスやイタリアまで、バカンスで長距離を移動する家族旅行にも最適の快適な車だったと思われます。
とは言っても50年も前の車。性能は今の車に比べればはるかに劣ります。

この車に出会って、美術館に行ったような、ちょっとした目の保養になりました。

ベニバナイチヤクソウ。道端にたくさん咲いています。
右はタニウツギ。これも道端です。

キュウリと唐辛子の苗を植えました。別の場所にナスも。
ここでは霜の心配があるので遅い植え付けです。それで、売れ残りの苗を半額で買えました。
キャベツの花は初めて見ました。なんと普通の菜の花の5倍以上の大きさです!

今年もまたモリアオガエルが来て産卵しました。
オスは逃げてしまった。メスのお腹は卵を生んだらペチャンコになりました。

右はシュレーゲルアオガエルの卵。
親はモリアオガエルと区別がつかないほど似ています。しかし卵を生む場所が違います。
こんな所に生んだら孵化したオタマジャクシが死んでしまう。
本来なら護岸工事のされていない池や水田のふちに産卵しますが、最近はどこも護岸工事されているので、この蛙は激減です。
卵はこの後水槽に移しました。

先月池の水が凍ったので死んでしまったと思っていたヒキガエルの卵ですが、生きていました! オタマジャクシがたくさん生まれました。
童心に帰った気分で一部を水槽に入れて飼育観察です。
小鳥の次は蛙で、次々と新しい命が誕生します。

トラちゃんは食欲がなくて心配しましたが、草を食べて体調を整えます。
抜け毛の季節になったのでお腹に毛玉がたまっているようです。
元気よくお散歩をして、この後食欲が少し戻りました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0]