21/07/16 05:32

父と戦争

トラトラトラ、390ページもある大作でしたが読み終わりました。とにかくすごい本です。20年間の綿密な取材にもとづいてアメリカの大学教授が執筆しました。
翻訳した日本人の力量も大したものです。
読書感想文は泥沼にハマりそうなので、そのうち機会があれば。
「リメンバー・パールハーバー」
報復攻撃は原爆を含め、何十倍何百倍でした。

海軍だった父は終戦の直前に室蘭沖で撃沈されましたが、辛うじて生き残りました。
詳しく知りたくて「室蘭空襲」で検索してみたら情報がありました。
市民にも多くの犠牲者(400名以上)が出て地獄のようだったと書かれています。
終戦の1ヵ月前、7月14・15日でした。父の話では、まるでスズメバチの大群のように無数の敵機が飛来し、空が真っ黒に見えたそうです。
空から雨あられの如くバンバン撃って来ます!爆弾も次々と投下。
任務は室蘭の警備でした。父は高い所に立ち、弾丸が降りそそぐ中、突撃ラッパを吹きました!
こういう非常事態になると、無我夢中で恐怖心とか何も感じなくなってしまうのだそうです。
対空砲火で勇敢に立ち向かいましたが、圧倒的な力の差でなすすべもなく撃沈されてしまいました。
1機か2機は誰かが撃墜したかもしれないと言っていました。
爆弾や弾丸が雨あられの如く飛んで来て、一緒にいた兵士たちは次々と倒れましたが奇跡的に父は助かりました。

海に投げ出された父は、遠くにかすんで見える陸地めざして泳いでいるところを漁船に救助され、病院に収容されて大きな注射を打たれたと言っていました。
冬の海だったら助からなかったでしょう。
船は今も室蘭沖に沈んでいるはずです。
室蘭を襲った敵機の群れは、この後青森を襲いました。

昭和40年頃だったか、子供だった私は生還した兵士たちの集まりに東京まで連れて行ってもらったことがありました。

室蘭で一文無しになった父は、どのようにして長野まで帰って来たのか?その話はとうとう聞かずじまいでした。
助けてくださった北海道の方々に感謝です。

 

毛布に同化しています(笑)

安いカツオですが、とても美味しかった。
安いのは量が少ないからですが、これで十分な量です。トラちゃんは小さいのを2個だけ。
食べるのが早すぎて写真は撮れませんでした。
水戸黄門様はカツオがお好き(笑)

おでん用に買っておいたコンニャク、賞味期限が近づいているので何とかならないものか?ピリ辛こんにゃく炒めを作ってみました。夏の料理ですね。
豆板醤をごま油で炒めて、肉や野菜とともに味噌ラーメンの粉末スープで味付けしました。庭の山椒の実を2粒添えました。
これは簡単で美味しい。おススメです。

 

キノコがどんどん出ています。
これはテングタケで毒。しかし特殊な方法で毒抜きして食べると、毒成分が旨味に変わって美味だそうな。
テングタケが出るということは、近縁種で食用のタマゴタケも出ているかも。探してみます。

カメラをペンタックスからニコンに変えてみました。前から持ってたんですが天体写真専用にしていました。
こっちのほうが綺麗に撮れるし、小さくて軽いので使いやすくシャッター音も静かです。発色が若干地味。
今後はこれをメインにします。15年も前のニコンD40です。
徹底的に使って使い潰します!

こちらはウスタケ。昔の本には食用となっていますが、新しい本では毒。少しなら良いが大量に食べると危険だそうです。結構美味しいらしいですが。

イブキジャコウソウ。良い香りがします。
前はハーブのタイムと間違えていました。平地に植えても育ちました。

純白のノリウツギも咲きました。これはアジサイの一種でしょうね。

 

ピッカピカの可愛いチビガエルが生まれました。これはヒキガエルですが、蟻のように小さいんです。しっかり生き延びて欲しい。
成長はすごい早さで、一夜にして尻尾が短くなって上陸しました。
モリアオガエルはまだまだ先になります。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

21/07/09 02:06

旧車価格が高騰!!

先日スーパーの駐車場で珍しい車に出会いました。
マツダのコスモ。これは丸目4灯なので昭和53年頃のです。
昭和56年頃になると角目2灯になりました。
すごく希少な車で市内にたぶん1台でしょう。
全国に何台現存しているのかな?
なぜならば不人気だったからです。中古車になったら売り物にならないのでどんどん潰されてしまいました。
しかし大変な高性能車で高級ゴージャスな大型スポーティカーです。トヨタのソアラに対抗できるぐらいのレベルでした。
一度は乗ってみたい車です。

しかし噂に聞いたところによれば燃費はオートマだと3km/Lだったとか(汗)
これじゃ、しょっちゅうガソリンスタンドに寄らないといけませんね。予備のガソリンタンクも積んでおかないと不安です。
アラブの石油王のための車か?(爆)
しかし静かで滑らかな走りと独特の高級感。
豪快な加速は誰にも負けない!
高速道路では新幹線並みの速さで、実際に東京から名古屋を新幹線より早く到着したという逸話がありました。(友達のまた友達です)
しかも途中でスピード違反で捕まって切符を切られ、時間をロスしたのにです。

この車については情報がありませんが、たとえば日産スカイラインの最高グレードGTRなど、旧型車は恐ろしい高値で取引されているそうです。
情報源は毎日見ているYahooニュースです。
当時の新車価格の数倍は当たり前で、特に程度の良い車になると3000万円とか!さらに今5000万円というのがオークションに出ています。
旧車ブームはとっくの昔に去ったと思っていたのですが、再燃で驚きました。しかしこの前のブームのときはせいぜい300万円程度でした。
いったい誰が買うのでしょうか?
外国人です。日本の旧車は外国では入手が難しいので価格が高騰していて、とくにスカイラインは輸出されなかったので海外では希少なのです。
他の車種も高騰しているのがいくつかあります。
それだけの価値があるのでしょうか?
私は実際に乗ってみた経験から価値はないと思います。

あるサイトにアダム・スミスによる価値の定義が書かれていました。
つまり「使用価値」と「交換価値」です。
このケースは後者に相当します。実用的ではないけれど、趣味の道具として高値で取引されます。
億万長者たちが競い合って値段を吊り上げているのです。
「夢を買う」のだそうですが、まったくバカバカしい。

それで組織的な窃盗団の活動も活発化しています。
車を丸ごと売るだけではなく、盗んだ車をバラバラにして部品として売ると、車一台分よりも高価で売れるのです。
今はもうメーカーから補修部品が入手できませんから。
もちろん外国へ持って行って売ります。

私が昔乗っていたこのスカイライン当時は22万円でしたが、今は物によっては1000万円の値が付くとか! GTRではない、このような廉価なモデルもつられて高騰しています。
(これは70年代のですが、今とくに高騰しているのは90年代のGTRです)
加速が悪くてバスにも負けるくらいだったし、重苦しくて運転しにくく、大きすぎて小回りがきかなくて、ちっとも良い車ではありませんでした。
今乗っている軽のほうがずっと高性能です。
ただ、高速道路に行くと安定性が良くて快適でした。
このリアビューは個性的でカッコ良かったと思います。手放してしまったのは悔やまれます。

まったく嫌な時代になったものだと思います。格差社会にもほどがあります。
コロナ禍ですが逆に大儲けした人がいるのでしょうし、その前からこんなブームでしたから、世の中にはお金の使い道に困っているような大富豪がいるのですね。

そこで出て来るのがトラ先生です(笑)
ワシは水戸黄門じゃ。者どもひかえおろう頭が高い!!
この本を読んで勉強しなさい!
ワシは車など欲しくはない。欲しいのはカツオじゃ。

ハハー 恐れ入りましたm(_ _)m

雨の日は読書ですね。この本はバブルがはじけた頃にベストセラーになりました。
国語力のない私には難しくてなかなか読み進めません。
とても良い事が書かれているので、頑張って読みたいと思います。日本古来の思想でしたが、近代化して失われてしまいました。
前回のトラトラトラとは対局に位置する思想のように思います。
そのうち読書感想文を書いてみたいと思います。

ずっと雨降りでしたが、一昨日は爽快な青空になりました。
少し前まで雪があった山頂ですが、今は緑におおわれています。

ナツツバキが咲いています。
「沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす」

一日で散ってしまうので諸行無常の象徴とされます。蕾がたくさんあるので、毎日次々と咲きます。

 

白樺の切り株から肉厚のクリタケが出ました。
普通は晩秋に出るのですが、今年は初夏に出ています。もう2度目です。親子丼で卵とじにして美味しくいただきました。

またまたカエルが産卵しました。
モリアオガエルそっくりですが、シュレーゲルアオガエルです。木の上ではなく池のほとりに産卵します。
どうやらカエルネットワークがあるようで、次々とカエルが集まって来ます。
野良猫に餌をやると次々に集まってくるのと同じです。
嬉しい悲鳴というか、本当に困ってしまいます。車に乗せて大きな池まで運んで行ってやらないと。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/05/21 00:27

雨です。

梅雨入り宣言は出ていませんが、毎日雨。
カエルだけが喜んでいます。やっと冬眠から覚めて出て来ました。ここでは半年間も冬眠するんですよ!
ヘビはまだ一度も見ていません。まだ冬眠中とか?
ずっと冬眠していてもらいたい。出て来なくていいよ(~_~;)

乾燥して水不足だった日々が懐かしい。
右上の写真は神代桜から輝く新緑に変更しました。
1週間前に街へ行ったとき撮影です。
ここではまだこんなに緑にはなっていません。

しかし雨が降るのもまた嬉しいものです。
水は大切な資源なので、こうして雨水を集めて大きなタンクに保存します。
水道が自由に使えた頃の生活が、いかに無駄が多かったかわかります。
冬物を洗濯して片付けました。外では乾かないので室内でストーブを焚いて乾かしました。
まだ寒いのでストーブは時々使います。

トラちゃんは外遊びができないので、雨が降る様子を物憂げに見つめています。
そしてお布団に沈んでニコニコ。

桜の季節が終わって寂しく思っていましたが、桜に似た白い花が咲きました。
これも桜の一種?葉っぱとか幹を見ると桜です。

コシアブラを収穫しました。
もっと新芽のうちなら良かったのですが、すぐに大きくなってしまいます。
タラノメと同じ仲間ですが、より美味しい。天ぷらにして冷凍保存しました。
 


さて皆さんお待ちかね(?)
蜂退治の話です。今は毎日雨降りなので蜂は来ません。
雨の日は寝ているのでしょう。夜も活動しません。

この日は外でお昼を食べていたら、美味しい匂いにつられてやって来ました。
これはキイロスズメバチ。アシナガバチの2倍ぐらいの大きさで動きは俊敏、数が多く攻撃性が強くて一番危険です。
オオスズメバチはこの2倍の大きさで、世界最大の蜂です!
大変危険ですが数は少なく、巨大なので動きは遅くすぐ捕まります。しかし恐怖!!

フルーツや焼き肉の匂いで集まって来ます。飲みかけの缶ビールは危ないです。中に入ってしまいます。
そういう習性を利用して蜂を捕獲することができます。

ハエ叩きを持ち出して蜂を叩きつぶそうとしたら、逃げられてしまいました。
これが一番良い方法ですが、一発で仕留めないと逆襲されることがあります。
または虫取り網で捕獲して踏み潰します。

蜂は夕方にまたやって来ました。
スズメバチは「ブーン」羽音が大きいので音でわかります。
どこにいるのか目で追って追跡します。
屋根裏に巣を作ろうと場所を物色しています。
小さくて見えにくいときは双眼鏡が活躍します。
そしたら二階の板戸の裏側へ入って行くのを確認!
ここをねぐらにするつもりか?
すぐに殺虫剤を持って二階へ行って、内側から窓を開けて噴霧!
閉鎖空間なので殺虫剤が良く効いて蜂はご臨終。

この殺虫剤はハエとか蚊には効果ありますが、蜂にはあまり効果ありません。狭い所に追い詰めてしつこく大量に吹き付けないとダメです。
死んだと思って油断すると向かって来ることがあります。
やっと動きが止まったので、虫用に常備してあるピンセットでつまんで外に持って行って足で踏み潰しました。
ここまでやらないと逆襲される危険があります。
死んでいても素手で触ると針が刺さることがあるそうです。
今の時季に活動しているのは越冬した女王バチなので、1匹駆除すると秋に何百匹駆除したのと同じ効果があります。
とにかく、秋になって巣がバスケットボール大になってからでは危険で手が出せません。
専門の業者に駆除を頼むと何万円もかかります。
ちなみに巣は一年限りで翌年には再利用せず、女王バチ以外は冬越しできず全部死んでしまいます。
ですから蜂の駆除は今の季節が勝負です。
しかし次から次へとやって来るのが悩みの種です。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

21/03/26 00:45

掲示板は終了

ブログよりずっと前から12年間続けて来た画像掲示板ですが、残念ながら終了になってしまいます。

他に人気の高いSNSがたくさんでき、今はマイナーな存在になってしまっていました。
10年前頃は大人気だったんですよ。
自分としては2000年頃に掲示板から入門したので、掲示板が好きなので残念です。
しかし時代は変わり、世間一般には掲示板は不人気になってしまいました。
Facebookは友人の誘いで義理でやっているようなもので、自分としては面白いとは思いません。
ブログの宣伝に役立てようと思ったのですが、ブログのほうには誰も来てくれません。
「いいね」「超いいね」「ウケるね」
なんてのが面白くありません。チラッと見て「いいね」ポチッとやるだけで終わってしまいます。
コメント書き込む人はほとんどいません。コメントは文頭しか表示されず「もっと見る」をクリックしないと下の方は見えてきません。だから最後まで読んでくれる人は少ないと思います。
早合点で逆の意味にとられてしまうことがあります。
とても浅い交流で、しかし交友範囲は広くて何十人何百人。
「意味ないじゃん」って言いたくなります。
ツイッターは文字数制限があるので、同じような傾向でしょうね。政治的な議論をする人が多いようなので敬遠です。
インスタは面白そうですが、あれこれ手出しすると忙しくて管理できません。
今後もブログ中心で行きたいと思います。皆様よろしくお願いします。

前回のリスの写真、よく見るとおヒゲが立派です。
それで思い出したのが明治の偉人で昔の100円札の板垣退助です。ちょっと似てませんか?
似てないよなぁ(笑)
子供の頃からこの威圧感あるヒゲがとても気になっていました(爆)

数日ぶりにまた来てくれました。逆光で写りが悪いし窓ガラスの汚れが目立ちます。

暖かい日の午後、トラちゃんは森のお散歩をしました。藪をくぐって進みます。

厳しい表情、野生の本能、凛々しいです。

右見て左見て、安全確認。熊は来ないか?犬は来ないか?キツネは?

伐採した白樺で作業用の椅子を作りました。
右の古いのは松の木です。
高さは38cmが使いやすいです。お客様が来たときはこれを使って外で食事をします。

またまた桜餅です(笑)
紅白のが売ってました。成分表を見たら「もち米・小麦粉・でんぷん・こんにゃく粉」
工夫を凝らして作られているのがわかりました。

あれからまた月を撮りました。左側の模様が「ウサギの餅つき」です。
結構綺麗に撮れたと思いますが、生で見るともっと細かい所まで鮮明に見えています。
そこまで全部写るとすごいのですが。

翌日また撮影して、特に目立つクレーター「コペルニクス」を部分拡大です。
真ん中にあって、月のヘソのように見える一番目立つクレーターです。

火山ではなく隕石の衝突でできたらしい。
月のクレーターには昔の偉人の名前が付いています。残念ながら日本人の名前はほとんどありません。

 

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

21/03/12 00:18

陸前高田

あれから10年。追悼番組ばかりで沈痛な気持ちになります。
この機会にいろいろ考えなきゃいけない事が多いですね。
学生時代の友人が陸前高田出身でした。
彼が撮った故郷の写真が雑誌に掲載されていました。

お母様の写真も。何も書かれていませんでしたが、たぶんお母様でしょう。
津波のため亡くなられました。
上の写真を見ると、この水色の橋の位置がわかります。

津波にやられて更地のようになってしまった写真も掲載されていましたが、見るに耐えないのでここには出しません。

陸前高田の酒造会社元社長 金野靖彦さんが語り部をしています。
震災当時57人の従業員のうち7人が津波の犠牲になりました。
そのお話をラジオで聞いて共感するところが多かったので、それが今回のテーマです。
私と同じような考えをお持ちでした。
以下、彼の言葉ではなく私の言葉です。

震災後いくつか新しい言葉が生まれました。
まず気になったのは「想定外」
想定外だから許されるものではない。想定外の事に備えるのが危機管理だ。
「安心安全」をセットで使うのは良くない。
安心と安全は別のもの。安心は心の問題だが、安心だからといって必ずしも安全とは限らない。
騙されないように自分の頭でよく考えることが大切だ。
「命の大切さ」
当たり前の事だが、軽々しく口にする言葉ではない。
言葉だけが独り歩きして、本質は誰も理解できていない。

 

高原の湖は今もまだ全面結氷です。
ここは標高1045m地点ですが、私の家はもっと奥のほうで1150mです。
これでも今年はいつもより春が1ヶ月早く、とても暖かいです。しかし雪も氷もなかなか融けません。

 

トラちゃんは春の陽射しの中で気持ち良さそうに爪とぎです。
カメラを向けたら「何か用かい?」けげんな顔でカメラ目線(笑)

遅ればせながら、ひなまつりの写真です。
桜餅二種と特別上等なお白酒を買って来ました。
美味しかったです。
長野の桜餅は右側。皮がクレープのような小麦粉で中身は漉し餡。
左は道明寺と呼ばれる関西風。ところが関西ではこれを「桜餅」と呼ぶそうです。餅米の米粒が残る皮で、中身は粒餡。
私が関西風を知ったのはごく最近でした。道明寺という言葉も聞いたことがありませんでした。
東西で食文化は違いますね。
どちらも、それぞれの良さがあって美味しいです。
トラちゃんは見るだけよー(笑)
この日は特別美味しいカツオを食べました。写真はありません。
カツオを見せると野獣の本能が出てしまって凶暴になるので、写真を撮るのも危険です(笑)

ちなみに長野のひなまつりは1ヶ月遅れの4月3日です。
端午の節句も七夕もみんな1ヶ月遅れです。旧暦に合わせているのですね。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0]