20/11/20 00:20

カラマツ林の夕日

もうカラマツはほとんど落葉しました。

カラマツは曲がらずまっすぐに伸びて気持ちが良いです。

手前の枝の松ぼっくり、背景の木もカラマツです。

松ぼっくりは小さくて可愛いです。これを使って工芸品を作る人がいます。

 

白樺 青空 飛行機雲。

 

先日の白樺林の中の家、行ってみました。

しかし、予想に反して幹線道路沿いの普通の住宅でした。
でもオシャレな家ですよね。
大きな犬が2匹いました。広い庭に放たれて伸び伸びと飼われていました。

私の家は、この正面のカラマツの山を越えて、右側のほうずっと奥へ入って行った所です。
気候が厳しいため、昔は誰も住んでいませんでした。
このカラマツの山には長野オリンピックのときのスキー会場があって「里谷多英コース」金メダリスト本人直筆の記念碑がありますが、スキー場は採算割れで昨年閉鎖されてしまいました。

隣にこんなオシャレなカフェもありました。この日は月曜日でしたが営業していました。

こちらは高原にある私立の小中一貫校。毎日スクールバスで送迎します。

最後の紅葉、名残惜しい。

 

かわいい動物の寝姿(笑)
今は15歳、右は1歳の頃(万歳をして寝ています)ですが、ほとんど変わりません。
いつまでたっても子猫です(^◇^)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/10/23 00:20

きのこ狂騒曲

今年は大豊作です(^◇^)
クリフウセンタケを見つけました。シメジとナメコの中間のような美味しいキノコです。

「木の葉隠れの術」を使って隠れています(笑)
普通はこのような出方をしますが、大量に束になっているのがありました!珍しいです。

しかしこれは毒キノコのカキシメジによく似ているので初心者は敬遠したほうが無難。
※カキシメジは独特の悪臭があり、もっと濃い茶色で何となく怪しい雰囲気があります。古くなるとヒダに褐色のシミができる。
間違って食べても死ぬような毒ではないそうですが。

※「まず毒キノコから覚えなさい」と言われます。致死性の猛毒キノコ(ドクツルタケなど)は数種しかないので、覚えるのは簡単です。
知らないキノコは食べないのが原則ですが、他の物は仮に間違っても大量に食べなければ大丈夫。
私は不安なときはほんの少しだけ食べてみて、翌日まで待って様子をみます。
新しい種類を覚えるのは2年に1種ぐらいで慎重です。
今はコロナで忙しくてダメですが、長野市では保健所へ実物を持ち込むと手取り足取り親切に教えてくれます。
私はそうやって覚えました。のんびりゆっくりなので、ここまで覚えるのに15年かかりました。

クリタケが家の白樺の根本に出ていました。丸くて栗色で本当に栗みたいで可愛い。
灯台もと暗し。よそを探していて「今年は出ないなぁ」なんて思っていたのでした。
ずっと置いてある古い車のタイヤの下からも。

シートをめくったらモヤシのような状態のクリタケが。
日に当てて大きくします。
※ニガクリタケは毒ですが、黄色いし小さくて形も違うので簡単に区別できます。仮に間違えても猛烈に苦くて食べられません。

こんなに大量に! 黄色っぽいのはヌメリスギタケモドキ。
これは去年覚えました。ナメコそっくりの味です。
白樺の枯れ木から生えていました。90%以上白樺です。
枯れて1年ぐらいの新しい木から生えます。

別の白樺からはムキタケが。
白樺からはキノコがよく生えます。
これはまだ小さいので大きくなるのを待ちます。(他人に取られないよう祈る)
別の場所で大きいのを見つけました。
毒キノコのツキヨタケによく似ていますが、縦に半分に切るとわかります。
根本が黒いのはツキヨタケ。これは白いので食用のムキタケです。
ヒラタケより美味しい上等なキノコです。実はシメジの仲間なんです。
ハナイグチも1本見つけました。

鍋いっぱいです!!
こうして下茹でして冷蔵庫で保管します。
食べきれない分は冷凍します。
11月になると、いよいよ本命のシモフリシメジに期待です。
ここには松茸は出ないので、シモフリが最上等です。

キノコたっぷりのワカメスープです。
味付けは袋ラーメンの粉末スープです。ごま油で炒めたキムチが入っています。
翌日はこれに残りご飯と玉子を入れて「周富徳の中華粥」を作りました。

ショウゲンジですが、こんなに大きくなるともうダメ。
まずくて食べられません。
たくさん出すぎて、もう見向きもされません。
たくさん胞子を飛ばして来年に向けて子孫を増やすでしょう。
※柄にツバがあって不気味で猛毒のテングタケ類に似ていますが、テングタケ類は根本にツボがあるので区別できます。
初心者は必ず根本を見ることが大切です。
慣れると一目見た感じですぐわかります。全然違います。

右は裏庭に初めて出たホウキタケ。
食べられるらしいですが、観賞用。

トラちゃんは優秀な番犬(ばんにゃん)です。
怪しい者が来ると、こんな目でにらむので敵は一瞬で凍りついてしまいます (。_゚)〃ドテッ!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

20/10/09 00:27

滝めぐり

前回ご紹介した滝は写真ではずいぶん山奥のように見えますが、実際には街にかなり近いんですよ。
うちは、この滝の背後の山を2つ3つ越えたずっと奥のほうなんです。
あの滝の水源になっている川は、うちの近くではちょろちょろ流れる小川です。

 

今度の滝はもっと街に近い場所です。長野県庁から車で10分。国道406号沿い裾花大橋の所です。
優に落差100mはありますね! いつも紅葉の季節には残念ながら水量が減ってしまいます。
これは数年前の写真です。今年はまだ紅葉していません。

こちらは初冬に撮影した写真です。
カメラに収まりきれなかったので、2枚に分かれています。
上に小さな小屋が見えますね。
これは何なんだろう?水車小屋?それとも仙人の家?
長ーい釣り糸を下まで垂らして、日がな一日ノンビリと魚を釣って暮らしているのだろうか(爆)
とても興味をそそられました。

しかし、どうやってこの上まで行くんだろう?
地図を見たら上の方、裏側から行く道がありました。それで「探検」に行ってみました。
すごく細い山道で、軽自動車でギリギリです。万一対向車が来たらアウト。
やっとたどり着きました。これは小さなお寺でした。

地元の人の話では、昔々に弘法大師が来てここの水で喉をうるおしたのだとか。
このあたりには弘法大師ゆかりのお寺が多いです。
信濃33番とか、お遍路さんのように巡る人がいるのかな。
うどん文化も、讃岐うどんの本場四国から弘法大師が持ち込んだのかもしれません。
この地域ではうどんは主食のようなものです。

上から見下ろしたところ。ダム湖です。
ダムができる前は、もっともっと落差のある滝だったのでしょう。

 

こちらの滝は全然違う場所です。
須坂市から東の山奥の、群馬県に近いあたりです。
江戸時代に関所を通らずに群馬県へ行く秘密の山道があったそうです。
「米子の滝」です。これは全国的にも有名です。このすぐ横に同じような滝がもう一本あって、遠くから見ると壮観です。
祖父が写真家(写真館経営)だったので、大判のパネルになった見事な写真が実家に飾ってあります。
この写真は私が昔フィルムで撮ったものです。フィルムのほうがデジタルより綺麗に撮れますね。
ここには昭和初期に米子鉱山町(硫黄)がありました。
最盛期には何千人もの人口があって学校もあり、立派な街だったそうです。今は廃墟になり誰も住んでいません。
もし今でも当時の町並みが残っていれば探検に行ってみたい気もしますが・・・
千と千尋の神隠しのような恐ろしい事が起こりそうです。
この滝の上のほうには、ラグビー等の夏合宿のメッカ菅平高原があります。
県境の向こう側、群馬県にも同じような鉱山町の廃墟があります。
小串鉱山です。ここは昭和40年台までやっていたので、廃業したとき私の学校へ転校生が大勢来ました。
父の仕事もこの鉱山に関連がありました。父に連れられて行ったことがありました。

 

彼岸花とコスモスのコラボ。

 

トラちゃんは今こんな状態です。
大好きな羽毛布団が、いよいよ出て来ました。
布団の海ですね、極楽です(笑)
顔だけ出して眠っているのは人間みたいですね。
最初は全身布団にもぐっていますが、暑くなるとこのように顔だけ外に出します。

 

先日のタマゴタケのポタージュスープです。
パンのおかずには最高です。ピーマンの細切りを薬味にしました。
右は和風キノコ、アミタケの味噌汁です。
油揚げ+青味は蕪の間引き菜です。

アミタケはヌメリイグチの仲間です。
裏が網状になっています。熱を加えると紫色になるので毒々しいですが、変なクセがなく食感がとても良い。

これはハラタケ。スーパーに売られているホワイトマッシュルームの野生種です。
このように巨大になります。裏が黒いのでススタケと呼ばれ、日本では不人気です。汁物に入れると黒くなっていけません。
パスタなど洋食には良いですね。旨味がすごいです。

オリーブ油で炒めました。
黒くていけませんが、味は良いです。
こんなに旨味の強いキノコは他にはありません。マツタケやシメジより上です。

※裏が白くて根本にツボがあるのは、猛毒のドクツルタケです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

20/09/18 01:14

ミクロの小宇宙

オタマジャクシの水槽の水を顕微鏡で見てみました。
中学生の頃、理科の授業で見た不思議な形のケイソウが見たくて。
水を採取して顕微鏡で見ましたが何も見えませんでした。
それで底に沈殿した緑色の藻を見てみたら、すごい!!
これはまるでミクロの世界の小宇宙ですね。

これは植物の一種で、葉緑素があって光合成をしています。
いわゆる善玉菌なので、これが増えると悪玉菌はいなくなるかも。
他のヘンなバイ菌はひとつも見えません。
かと言ってこの緑色の水を人間が飲むわけにはいきませんが(笑)
小鳥たちは毎日来て飲んでいますが平気です。
オタマジャクシの餌にもなっているはずです。

右は自作の望遠鏡で撮影した本物の「小宇宙」です。
銀河系を横から見たモデルとしてよく引き合いに出される、かみのけ座のNGC4565です。
上から見ると渦を巻いた丸い形をしているはずです。
ちなみに距離は4500万光年です。この中に太陽と同じような星が何億個もあるはずなので、地球のような星もあって宇宙人は必ずいるはずです。
面白いですねぇ。こういう天体が空にはそれこそ無数に、何百何千とあるのですよ。
今は小宇宙という言葉は使わず、銀河が正式な用語です。
でも、銀河というと天の川と区別がつかなくてわかりにくいです。
昔のように小宇宙とか銀河系外星雲という呼び名のほうが、私は良いと思います。

この顕微鏡は10年前にリサイクルショップで1500円で買った物ですが、全然使っていませんでした。
今回値段を調べてみたらビックリ!! 40年前に91000円(@_@;)だった超高級品です。
かなり使い込まれた古い物ですが、それにしても安すぎます。
レンズは綺麗で性能にはまったく問題ありません。

 

珍しい物を見つけたので買ってみました。
和歌山ラーメンは有名ですが、徳島ラーメンは知りませんでした。
少々高価な物でしたが、売れ残ってしまって半額で売られていました。
マイナーな商品で少量生産なのでコストが高いのでしょう。袋の作りも雑で素人っぽいです。
ところが、これが旨い! 麺もスープもレベルが高いです。
昔あった「大阪ラーメン好きやねん」に似た味です。醤油味です。
皆さんも、もし見つけたら買ってみてください。この世界、奥が深いですねぇ。
健康に配慮してスープは半分しか使いませんでしたが、もし全部使ったらかなり濃い味になります。
ネットで徳島ラーメンを検索してみたら、アツアツのラーメンに生卵を入れて食べるのだそうですよ。面白いですね。

胡椒の容器にも凝ります。気分的に一味違います。
昭和の昔の高級レストランにあったような物、リサイクルショップで見つけました。
クリスタルガラスでしょうか。透明な輝きが美しい。
たくさん入れると終わる頃には香りが飛んでしまうので、少しずつ入れて使います。

 

この夏はカラカラ天気でキノコは全然出ませんでしたが、
最近お湿りがあったので出始めました。秋のキノコではなく、まだ夏のキノコが出ています。
マツオウジ。小さくて物足りませんが、とても美味しかった。酒と醤油でホイル焼きにしました。
松茸には及びませんが、和風味のキノコでは一番美味しい部類です。

こちらは洋風料理向けです。ドイツで大人気と言われるヤマドリタケです。
ドイツ在住のpilさん、良い物を教えてくださってありがとうございました。
(これは黒っぽいのでススケヤマドリタケ)
3年前と同じ場所に出ていました。まだ小さくて虫食いがなかったので、とても美味しい。
小さいとは言っても、この種のキノコは元々巨大です。これでも太さ3cmぐらいありました。
ちょっと切ったら松茸のような良い香りがしてきました。
オリーブ油とバターで炒めました。
なぜか日本ではマイナーな存在です。皆さん無視して素通りです。

横にごく小さいのがあったので、そのままにしておいて翌々日行ってみたら、2倍に生長していました。
これはまさに松茸です。正確に言えば西洋松茸か。
虫食いがあって根本が腐っていて残念でしたが、縦にスライスしてみました。

キクイモの花が咲きました。
去年初めて食べてとても美味しかったので、植えてみました。
山野で野生化しているほどなので、食べ残しの芋からでも立派に育ちました。
収穫が楽しみです。

トラちゃんの毎朝のお勤めです。
定刻6時半の見張り、とても勤勉です。その後は寝ます(笑)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/09/04 02:55

台風シーズン

今年も猛烈な勢力の台風が次々と発生しています。
この写真は去年の台風の爪痕ですが、今でもまだそのままです。
電柱が折れて中の鉄筋がむき出し、恐ろしい破壊力です!!
右側に新しい電柱を設置して直しました。
残骸がそのままでしたが、昨日やっと撤去する工事が行われました。
まだ1年たってないんですが、この1年いろんな事が多すぎたので、ずっと昔の事のように感じてしまいます。
竜巻が起きたんじゃないかと思うんですよ。
うちの場所が、たまたま竜巻の通路から外れたので助かりました。
この場所から300mしか離れていません。

今年も心配ですね。
台風のときは出かけないのが一番だと思います。
避難以前の問題として、家にいるのが一番安全。
コロナの問題もあって、出かけたくないので買い物には滅多に行きません。
東京は感染者が少し減って来ましたが、こちらでは増えています。
台風とコロナのダブルパンチです。
台風に備え、昨日は大量に買いだめしてきました。
日頃からの危機管理がとても大切だと、とくに今年は痛感します。
煮魚やカレー用の豚肉など、生物はすぐに火を通して冷凍にします。
買い物から帰った日はとても忙しい。

またまた見事なキュウリができました。
キュウリを植えると普通は食べきれなくて困りますが、たまにしかできないのが良いところ。
ありがたみがあって、とても美味しく感じます。

唐辛子も植えましたが、まだまだ実はできません。
でも、若い柔らかい葉っぱがとても美味しいので、今後に期待できます。
ちなみに葉っぱも辛いです!

秋の野菜を植えました。
今年は家庭菜園にも力を入れています。
写真は大根とカブですが、他にも人参・キャベツ・チンゲン菜などいろいろ作ってます。
難しい時代になってきたので、生活防衛を真剣に考えないと!
自給自足は無理でしょうけど、頑張って半分ぐらいは。

夏野菜のカレーです。夏バテ解消にはこれが一番。
野菜は全部自家製です。肉がなかったのでツナ缶を入れました。
これは大成功でした。簡単だけどとても美味しい。
油が多すぎるので、油は半分にして他の料理に使いました。
ナスは油で揚げてから入れました。とろける美味しさです。
ナスは夏野菜の王者だと思います。
ピーマンはカレーに意外と合いますよ。
昔東京で食べた「パキスタンカレー」にはピーマンが入っていて美味しかったので、その後真似するようになりました。
本当はトマトも入れたいんですが、買うと高いし栽培も難しい。残念です。

ルーはSBゴールデンカレーの中辛です。他に何も入れていません。
箱に書いてあるとおりの作り方、簡単ですが一番美味しいような気がします。
SBのカレー工場は長野県上田市にあります。
国道18号を走っていると、カレーの匂いがしてきます。上田市と坂城町の中間あたりです。
最近の研究ではカレーは認知症の予防に効果あるそうです。

 

キベリタテハ!
とても珍しくて何年ぶりでしょう。ゴージャスな蝶だと思います。
金色の縁取りと青い点々が綺麗です。
赤とんぼが出て来ました。

オタマジャクシがカエルになって陸に上がり始めました。モリアオガエルです。
新しい命の誕生はとても嬉しいです。
初めて見る外の世界!!嬉しいでしょうね。でも危険がいっぱいです。しっかり生き延びて欲しい。

アカガエルも数年ぶりに見ました。
ここでは絶滅したんじゃないかと心配していました。

9月1日はミケちゃんを家にお迎えした記念日でした。
トラキチとは仲良くできず、留守にするときは別の部屋に隔離しました。
一緒だった期間は最後の3年間でした。

しめしめ寝てしまったな。襲ってやろうか!?
後ろで悪だくみをしています(汗)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[18 ]   トラックバック[0]