21/02/12 04:09

リスちゃん

街へロウバイを見に行って来ました。写真を右上にUPしました。
まだ2−3個しか咲いていませんでした。
今月末には満開になるかな。もう一度見に行きたいです。

リスちゃんが、小鳥のために置いたクルミを食べに来ました。
また来て欲しいんだけど、1度きりでした。
小鳥も来ません。
トラちゃんが窓辺で見張っているせいだなぁ(苦笑)
色は同じで体型も似ていますが、大きさは半分ぐらいです。
お尻尾も少し似ている。
リスは意外と大きくて、生後3ヶ月の子猫ぐらいの大きさです。

新鮮な足跡。肉球までクッキリ!
4つの足を同時に着いている。調べてみたがキツネでもタヌキでもなく、正体不明です。
左端のJ=リスと同じパターンですが、リスにしては大きすぎる。
大きさとしてはウサギぐらいですが、右隣りのK=ウサギはパターンが違う。テンでもない。
どんな動物なのかミステリーです。野生動物の世界は面白いです。
トラちゃんが窓から見て知っていたかもしれません。
たくさんお話してくれますが、残念ながら猫語がわかりません。

とても良いお天気で、久しぶりに外で日向ぼっこしました。
お手入れに余念がありません。
日差しの強さはもうすっかり春。
夜は−10℃ですが、昼は暖かいです。
今年は雪が少なくて助かります。大雪警報が出ましたが、ちょっとしか降りませんでした。

 

おせち料理のはずだった黒豆を今頃。
ストーブの上で長時間コトコト煮込みました。
白砂糖と黒砂糖を混ぜて、隠し味に塩を少々。
道の駅中条で買った豆はとても良質でした。

この黒い煮汁(黒豆ジュース)が美味しいんです。
緑茶で薄めて飲んだり。健康に良さそうですね。
今回は甘酒に混ぜてみました。
色が悪いですが、味は最高! 創作料理?
コロナ禍ですがお家ご飯も楽しいです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

20/12/25 04:03

メリークリスマス(^O^)/

今日はちょうどクリスマスですね。
朝暗いうちに起きたら外は粉雪が降っています。

最初に飼った猫ニャゴ丸のクリスマス写真です。
迷惑そうな顔で耐えています(笑)

 

先日の木星・土星の大接近です。
西の空低くて、森の木立の中かろうじて見えました。
これは肉眼の12倍に拡大されています。明るいほうが木星で、その左上に点々と見えるのは衛星です。

近くにある湖が全面結氷しました。

さて、新しいPCですが
ソフトウェアが64bitの時代になったので、ハードウェアも64bit対応でないとダメなんです。
それで買い替えとなりました。よくわかりませんが64のほうが32より処理能力が高いのだとか。
中古で5500円でした^^¥ 一桁違うような(笑)

これは最新型。写真だけだと私のとほとんど同じに見えます。お値段の違いは一桁どころじゃないですね(汗)
でもアウトレットは4万円台だそうです。

中古なのに新品のように綺麗で、画面が大きくて鮮明に見えます。
新しいと思ったんですが、よく調べたら10年も前の製品でした。でもあまり使っていなかったようです。
ハードウェアの性能は最新型とあまり違わないので立派に現役復帰可能です。
ハードとソフトは分けて考えないといけません。
安い理由はWindows7サポート終了のためです。ちなみにWindows10に更新済のは13000円でした。これはソフトの値段ということですね。

私の場合は持ち運ばないのでデスクトップ型ですが、これは大きい割に意外と軽くて薄型コンパクト、場所をとりません。
いつも思うんですが、中古品の値段なんてデタラメです。
今はネットオークションなど情報は溢れているのに、リサイクルショップの値付けは滅茶苦茶です。
手垢のついたボロボロの壊れたPCが高価だったり、日用品などホームセンターより高いことがあります。

左上のコーヒーカップをクリックするとメニューが出ます。
私はWindowsは消去して最新版のLinux系OSに変更します。
PC本体(ハード)さえ好調ならWindows(ソフト)はどうでも良いのです。
今はLinux・Windows・Macの互換性は問題ありません。
前はLubuntuでしたが、今回は日本製のKLUE4.0という大変優れたOSを見つけました。
以下のサイトを参考にしました。
https://www.ura-no-ura.com/2020/05/lets-start-linux-19.html
Googleドライブから無料でダウンロードできますがGoogleアカウントに登録する必要があります。

昔のWindowsと良く似ていて使いやすいし、動きは素晴らしく軽快・俊敏です!!
※Linuxにも種類がいろいろあり、すごーく重いのもあるから要注意です!
最初から何十種ものアプリが入っていて機能は十分すぎるほどです。
用途に応じてさらに多くのアプリが、無料で簡単に追加可能です。
私はK-starsなどを追加しました。今どんな星が見えているのかわかります。天気が悪い時でもPCで星空を見て楽しめます。
部分拡大で詳細な星空の様子が見られます。肉眼では見えない星まで!

なんと、PCを接続すればこれで天体望遠鏡を自動制御することもできるんです!
寝ている間に自動的に天体写真が撮れていたり?
まあ、そこまでやるには設定が大変だと思いますけど。

アフターサービスが良く、毎日のようにセキュリティアップデートがあるので安心です。
今はクリスマス休暇なのか、あまり来ませんけど(笑)
壁紙もお洒落ですね。もちろん変更できますが、これが気に入っています。
音楽鑑賞を特に意識して良い音質を追求し、起動時には素敵なピアノ曲が流れます。

起動・終了過程では可愛いコーヒーカップがグルグル回って面白いです。背景の茶色い板壁もシックで良い感じです。
新しいPCのおかげで毎日が楽しくなりました。

作者は美大出身の女性かな?いえ、どうやら男性のようです。すごいマルチな才能だと思います。
政府はデジタル庁を作ると言ってますし、我々もソフトウェアについて、もっと勉強しなければいけませんね。
可能性は無限大だと思います。
今度は5年先までサポートなので安心です。
その後もわずかな改変で継続して使えるはず。
慣れた物を長く使いたいものですね。

 

ここからはお料理の話。
身欠きニシンは冷凍にすると保存がきくし、煮物にするととても美味しい。
お正月には欠かせない食材です。
昔はこぶ巻きをよく作ったものです。

ニシンうどんを作ってみました。
お手本にしたのはお店のニシン蕎麦(右)です。
さすがにこれは最高でしたが、私のはイマイチでした。
お店のは脂の乗ったニシンが骨まで柔らかくてとろけるようでした。圧力鍋かな。
私のは煮込んだ大根でしたが、大根おろしのほうが良いですね。
皆さんも作ってみてください。とても美味しいですよ(^_^)/
ネギたっぷり、大根と人参で風邪の予防効果が期待できます。
豪華ニシン蕎麦で年越しなんて、いいんじゃないでしょうか。
お餅を入れてお雑煮とか、力うどんにしても良いと思います。ニシンはおでんにも良いと思います。
冬は美味しい物いっぱいですね(^◇^)

次回は新年、ちょうど元日になります。
クリスマスから元日まで、ちょうど一週間なのですね。
初めて気づきました。
皆様、良いお年をどうぞ。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[14 ]   トラックバック[0] 

20/11/20 00:20

カラマツ林の夕日

もうカラマツはほとんど落葉しました。

カラマツは曲がらずまっすぐに伸びて気持ちが良いです。

手前の枝の松ぼっくり、背景の木もカラマツです。

松ぼっくりは小さくて可愛いです。これを使って工芸品を作る人がいます。

 

白樺 青空 飛行機雲。

 

先日の白樺林の中の家、行ってみました。

しかし、予想に反して幹線道路沿いの普通の住宅でした。
でもオシャレな家ですよね。
大きな犬が2匹いました。広い庭に放たれて伸び伸びと飼われていました。

私の家は、この正面のカラマツの山を越えて、右側のほうずっと奥へ入って行った所です。
気候が厳しいため、昔は誰も住んでいませんでした。
このカラマツの山には長野オリンピックのときのスキー会場があって「里谷多英コース」金メダリスト本人直筆の記念碑がありますが、スキー場は採算割れで昨年閉鎖されてしまいました。

隣にこんなオシャレなカフェもありました。この日は月曜日でしたが営業していました。

こちらは高原にある私立の小中一貫校。毎日スクールバスで送迎します。

最後の紅葉、名残惜しい。

 

かわいい動物の寝姿(笑)
今は15歳、右は1歳の頃(万歳をして寝ています)ですが、ほとんど変わりません。
いつまでたっても子猫です(^◇^)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/10/23 00:20

きのこ狂騒曲

今年は大豊作です(^◇^)
クリフウセンタケを見つけました。シメジとナメコの中間のような美味しいキノコです。

「木の葉隠れの術」を使って隠れています(笑)
普通はこのような出方をしますが、大量に束になっているのがありました!珍しいです。

しかしこれは毒キノコのカキシメジによく似ているので初心者は敬遠したほうが無難。
※カキシメジは独特の悪臭があり、もっと濃い茶色で何となく怪しい雰囲気があります。古くなるとヒダに褐色のシミができる。
間違って食べても死ぬような毒ではないそうですが。

※「まず毒キノコから覚えなさい」と言われます。致死性の猛毒キノコ(ドクツルタケなど)は数種しかないので、覚えるのは簡単です。
知らないキノコは食べないのが原則ですが、他の物は仮に間違っても大量に食べなければ大丈夫。
私は不安なときはほんの少しだけ食べてみて、翌日まで待って様子をみます。
新しい種類を覚えるのは2年に1種ぐらいで慎重です。
今はコロナで忙しくてダメですが、長野市では保健所へ実物を持ち込むと手取り足取り親切に教えてくれます。
私はそうやって覚えました。のんびりゆっくりなので、ここまで覚えるのに15年かかりました。

クリタケが家の白樺の根本に出ていました。丸くて栗色で本当に栗みたいで可愛い。
灯台もと暗し。よそを探していて「今年は出ないなぁ」なんて思っていたのでした。
ずっと置いてある古い車のタイヤの下からも。

シートをめくったらモヤシのような状態のクリタケが。
日に当てて大きくします。
※ニガクリタケは毒ですが、黄色いし小さくて形も違うので簡単に区別できます。仮に間違えても猛烈に苦くて食べられません。

こんなに大量に! 黄色っぽいのはヌメリスギタケモドキ。
これは去年覚えました。ナメコそっくりの味です。
白樺の枯れ木から生えていました。90%以上白樺です。
枯れて1年ぐらいの新しい木から生えます。

別の白樺からはムキタケが。
白樺からはキノコがよく生えます。
これはまだ小さいので大きくなるのを待ちます。(他人に取られないよう祈る)
別の場所で大きいのを見つけました。
毒キノコのツキヨタケによく似ていますが、縦に半分に切るとわかります。
根本が黒いのはツキヨタケ。これは白いので食用のムキタケです。
ヒラタケより美味しい上等なキノコです。実はシメジの仲間なんです。
ハナイグチも1本見つけました。

鍋いっぱいです!!
こうして下茹でして冷蔵庫で保管します。
食べきれない分は冷凍します。
11月になると、いよいよ本命のシモフリシメジに期待です。
ここには松茸は出ないので、シモフリが最上等です。

キノコたっぷりのワカメスープです。
味付けは袋ラーメンの粉末スープです。ごま油で炒めたキムチが入っています。
翌日はこれに残りご飯と玉子を入れて「周富徳の中華粥」を作りました。

ショウゲンジですが、こんなに大きくなるともうダメ。
まずくて食べられません。
たくさん出すぎて、もう見向きもされません。
たくさん胞子を飛ばして来年に向けて子孫を増やすでしょう。
※柄にツバがあって不気味で猛毒のテングタケ類に似ていますが、テングタケ類は根本にツボがあるので区別できます。
初心者は必ず根本を見ることが大切です。
慣れると一目見た感じですぐわかります。全然違います。

右は裏庭に初めて出たホウキタケ。
食べられるらしいですが、観賞用。

トラちゃんは優秀な番犬(ばんにゃん)です。
怪しい者が来ると、こんな目でにらむので敵は一瞬で凍りついてしまいます (。_゚)〃ドテッ!

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

20/10/09 00:27

滝めぐり

前回ご紹介した滝は写真ではずいぶん山奥のように見えますが、実際には街にかなり近いんですよ。
うちは、この滝の背後の山を2つ3つ越えたずっと奥のほうなんです。
あの滝の水源になっている川は、うちの近くではちょろちょろ流れる小川です。

 

今度の滝はもっと街に近い場所です。長野県庁から車で10分。国道406号沿い裾花大橋の所です。
優に落差100mはありますね! いつも紅葉の季節には残念ながら水量が減ってしまいます。
これは数年前の写真です。今年はまだ紅葉していません。

こちらは初冬に撮影した写真です。
カメラに収まりきれなかったので、2枚に分かれています。
上に小さな小屋が見えますね。
これは何なんだろう?水車小屋?それとも仙人の家?
長ーい釣り糸を下まで垂らして、日がな一日ノンビリと魚を釣って暮らしているのだろうか(爆)
とても興味をそそられました。

しかし、どうやってこの上まで行くんだろう?
地図を見たら上の方、裏側から行く道がありました。それで「探検」に行ってみました。
すごく細い山道で、軽自動車でギリギリです。万一対向車が来たらアウト。
やっとたどり着きました。これは小さなお寺でした。

地元の人の話では、昔々に弘法大師が来てここの水で喉をうるおしたのだとか。
このあたりには弘法大師ゆかりのお寺が多いです。
信濃33番とか、お遍路さんのように巡る人がいるのかな。
うどん文化も、讃岐うどんの本場四国から弘法大師が持ち込んだのかもしれません。
この地域ではうどんは主食のようなものです。

上から見下ろしたところ。ダム湖です。
ダムができる前は、もっともっと落差のある滝だったのでしょう。

 

こちらの滝は全然違う場所です。
須坂市から東の山奥の、群馬県に近いあたりです。
江戸時代に関所を通らずに群馬県へ行く秘密の山道があったそうです。
「米子の滝」です。これは全国的にも有名です。このすぐ横に同じような滝がもう一本あって、遠くから見ると壮観です。
祖父が写真家(写真館経営)だったので、大判のパネルになった見事な写真が実家に飾ってあります。
この写真は私が昔フィルムで撮ったものです。フィルムのほうがデジタルより綺麗に撮れますね。
ここには昭和初期に米子鉱山町(硫黄)がありました。
最盛期には何千人もの人口があって学校もあり、立派な街だったそうです。今は廃墟になり誰も住んでいません。
もし今でも当時の町並みが残っていれば探検に行ってみたい気もしますが・・・
千と千尋の神隠しのような恐ろしい事が起こりそうです。
この滝の上のほうには、ラグビー等の夏合宿のメッカ菅平高原があります。
県境の向こう側、群馬県にも同じような鉱山町の廃墟があります。
小串鉱山です。ここは昭和40年台までやっていたので、廃業したとき私の学校へ転校生が大勢来ました。
父の仕事もこの鉱山に関連がありました。父に連れられて行ったことがありました。

 

彼岸花とコスモスのコラボ。

 

トラちゃんは今こんな状態です。
大好きな羽毛布団が、いよいよ出て来ました。
布団の海ですね、極楽です(笑)
顔だけ出して眠っているのは人間みたいですね。
最初は全身布団にもぐっていますが、暑くなるとこのように顔だけ外に出します。

 

先日のタマゴタケのポタージュスープです。
パンのおかずには最高です。ピーマンの細切りを薬味にしました。
右は和風キノコ、アミタケの味噌汁です。
油揚げ+青味は蕪の間引き菜です。

アミタケはヌメリイグチの仲間です。
裏が網状になっています。熱を加えると紫色になるので毒々しいですが、変なクセがなく食感がとても良い。

これはハラタケ。スーパーに売られているホワイトマッシュルームの野生種です。
このように巨大になります。裏が黒いのでススタケと呼ばれ、日本では不人気です。汁物に入れると黒くなっていけません。
パスタなど洋食には良いですね。旨味がすごいです。

オリーブ油で炒めました。
黒くていけませんが、味は良いです。
こんなに旨味の強いキノコは他にはありません。マツタケやシメジより上です。

※裏が白くて根本にツボがあるのは、猛毒のドクツルタケです。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[18 ]   トラックバック[0]