19/11/22 04:27

遅い初雪

ずいぶん前に氷点下4度を記録しましたが、その後暖かい日々が続きました。
20日に初雪がありました。
朝起きたら白い物が舞っていて地面はうっすら白く。霜柱も。
でも比較的暖かく0度でした。

雪が降る日は暖かく、晴れた日は寒い。
昨日はよく晴れて星が綺麗で冷え込み、厚い氷が張って終日解けなかったので早朝にはたぶん氷点下5度ぐらいだったのでしょう。(寒くて嫌なので外の温度計は見ませんでした)
野辺山高原では氷点下7.9度だったそうです。
今うちではストーブは24時間稼働しています。灯油代がすごくかかる!!
今年はとくに灯油が高いです。
でも薪ストーブは面倒なので週一ぐらいです。
薪が足りないので、二宮金次郎みたいに薪拾いに行かなければ。

ここは高原なので平地に比べて気温は約10度も低く、冬の到来は約1ヵ月早いです。
ですが、私が子供の頃は平地でも初雪は今頃でした。
ずいぶん暖かくなったものです。

今年はタマネギを植えてみました。
妻の所で苗が余ったんです。
ここは北海道と同じでタマネギは春蒔きで初夏に定植、収穫は秋なんですが、うまくすると冬越しして来春に収穫できるかも?と期待しています。
初めての挑戦です。深い雪に埋まっていれば凍ることはないだろうと。

飛騨赤カブも作っています。
土地が痩せていてなかなかうまくできませんが、少しは食べられるかな?
寒くなると美味しくなりますが、凍るとスポンジ状になってしまうので早く収穫しないと。
ちなみに氷点下5度なら大丈夫。10度になるとダメ!

妻の畑では素晴らしい収穫!
白菜すごく大きいです。これで毎日鍋三昧^^¥
漬物も作ろうかな。
大根は葉っぱも美味しいので、油揚げとともに味噌汁の具に。
ゴボウはけんちん汁に。
生姜もできました。
味噌漬けにしたら、熱いご飯に最高(^O^)/風邪の予防に良さそうです。
生姜の味がする味噌は野菜炒めや味噌ラーメン用に良いです。
豊かな食生活で体力をつけて厳しい冬を乗り切ります。

妻の所では桑の切り株からエノキタケが出ていました。
これ、本当にエノキタケ?

去年も同じ場所にあったので少しだけ毒味してみたら大丈夫でした。
まだちょっと不安だったので、今年も1本だけ食べてみました。
エノキタケ特有の匂いがするし、結構なお味でまさしく本物のエノキタケでした。(裏のヒダが茶色いのは猛毒のコレラタケです)
これは冬のキノコなんです。雪の下から生えてきたりします。
市街地でも庭先などによく生えるそうです。
栽培物に比べると?気のせいか少し美味しいような。
天然物はもっと大きくなるはずなので今後に期待です。

暖かいのでナデシコも咲いていました。
これは秋の七草ですが7月頃から咲き始め、
一休みした後、晩秋にまた咲き始めました。
価値ある花ですね。

去年買った柚子の鉢植えに見事な実がたくさん!
まだこんなに小さい木なのに驚いてしまいます。
長野では屋外では冬越しできないので室内で越冬させます。
柚子は利用価値が多いです。
レモンティのように紅茶に搾って飲んだ後、皮は細かく刻んで「ゆべし」風にしてみました。
砂糖と味噌で甘く煮付けます。
本来は餅用なんですが、パンに塗りつけてオーブントースターで焼いたら美味しい「柚子みそパン」ができました。

キンカンも順調に育っています。
長野では寒さのため柑橘類は育たないので室内で大切に育てます。

 

暖かい昼下がり、外でお昼寝するトラちゃんです。
両手を揃えてお行儀良くポーズ (*^_^*)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

19/11/01 00:16

きのこ大収穫(^◇^)

雨は怖いですが、恵みにもなりますね。
雨のおかげか、こんな見事な収穫は生まれて初めてです!
とくにムキタケは大量収穫で味も最高。去年初めて覚えたキノコです。

黄金のキノコ発見!
道端の目立つ場所に生えていました。その正体は?
最初はシモコシ(別名キンタケ)かと思いましたが、よく調べてみたらアブラシメジの仲間の「ツバアブラ」のようでした。
シメジという名ですが、フウセンタケ科です。
これは20年ぶりです。
その当時は知識がなかったので警戒して捨ててしまいました。
近所のキノコ名人の話ではこの土地で採れるキノコでは最高級品だそうな。
アブラという名前ですが、全然脂っこくありません。シメジとナメコの中間のような味です。
ちなみにシモコシは数年前に出ましたが今は皆無です。これはシメジの仲間で高級品です。

さて今回の主役はムキタケです。
自分の目を疑いました。こんなにたくさん!マボロシではないかと。
ヒラタケに似ていますが、ムキタケはシメジの仲間なのでとても美味しい。
ヒラタケの栽培物は「シメジ」という名で売られていますが、シメジの仲間ではなくヒラタケ科です。味も全然違います。
ムキタケは栽培できません。
最初見つけた場所で袋が満杯になりましたが、家に帰ってみたら、すぐ近くにまた発見!
今年はムキタケの当たり年なのか?それともいままでは見つけられずにスルーしていたのか?
煮るとナメコのようなぬめりが出て、汁物・鍋物には最適の美味しさです。
肉厚だし食感(歯ざわり爽やか)がとても良いです。

ところで、毒キノコのツキヨタケはムキタケに似ているので中毒が多いです。
私も最初は自信がありませんでしたが、今はもう簡単に見分けられます。
色が違うし(ムキタケは黄色っぽい)ツキヨタケは裂いてみると根本が黒いです。
幸い、この地区にはツキヨタケはまったくありません。

”虎の子”のシモフリシメジが1本だけ。
虎の子(トラちゃん)に見せましたが、興味を示したのは最初だけ。
「しつこいニャー」撮影を嫌がりました。
シモフリシメジはまさに「味シメジ」優れた旨味があります。
本シメジは高嶺の花ですが、シモフリなら少しですが毎年出ます。
去年は豊作でしたが、今年はこれから出るのかな?
霜が降る頃に出るのですよ。
今はもう0度まで冷え込みます。

その2日後さらに素晴らしい物を見つけました^^¥
巨大ですが、虫食いがなく鮮度良好です。
見つけた瞬間「うわぁー!」と声を上げてしまいましたよ(笑)
これより低級なウラベニホテイシメジがスーパーに1本980円で売られていたことがありました。
思い切って買ってみましたが期待に反してまずかった(~_~;)
シモフリならもっと高いのかな?シモコシはもっと高いかも?
キノコの値段なんて水物です。
今や天然の本シメジは松茸以上の希少品ですし、他のシメジ類でも高値が付きます。
もし東京の高級料亭で食べたら腰を抜かすほどの高値なんでしょうね。

右側はチャナメツムタケです。
ナメコのような味の庶民的なキノコです。味噌汁やうどん、鍋物に最適。

 

さて、ご近所にあるスズメバチの巣 (・_・;)
台風のとき表面が吹き飛ばされてしまいました。
中がむき出しになっています。
撮影していたらブンブンと攻撃して来ました(@_@;)
人間の仕業だと思い込んでいるようです。被害妄想!
10日後に撤去されていました。誰かが刺されたのかもしれません。

※蜂の巣を駆除するなら夏までです。この季節に駆除しても無駄な努力。
蜂はもう活動を停止する時です。女王蜂だけが生き残って冬眠し、他の蜂たちは全部死んでしまいます。
巣を再利用することはなく、来春は別の場所に営巣します。
ですから、巣をそのまま残しておけば同じ場所には来ないので安心なのです。

 

紅葉は今年は遅れていますが、1週間後ぐらいに最高潮に達すると思います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[6 ]   トラックバック[0] 

19/08/02 02:57

同窓会

皆さん同窓会ありますか?
昔の友達がそれぞれの立場で頑張っているのを見ると、元気が出ますよね。
みんなそれぞれの人生を支え合っているのだと思います。
大人になってから、友達ってなかなかできませんが、
学生時代の友達って永遠ですよね。とても貴重なことだと思います。

私はいつも欠席なのに、メールで写真を送っていただいて、すごく元気をいただいています!!
でも写真を見ても顔と名前が一致しない人が多いです。
後でやっとわかって大笑いしたり。

ここ2−3年は定年退職の年齢になったせいか毎年のように同窓会があります。
時間に余裕ができ、昔の友を懐かしむ。
とても良い事だと思います。

亡くなられた恩師を偲ぶ会のときには、大先輩から若い世代まで100人以上も集まって大盛況でした。
これだけ多くの教え子たちに尊敬され慕われていたとは、教師冥利につきるでしょうね。
ところで、前列右側に脚の長い若々しい女性がいますが、
驚いたことにこの方、私が1年生のとき3年生だったんですよ!
若さの秘訣は?
今もハーフマラソン(20km)の大会に出場して完走しています。
優秀な研究者で多くの論文を発表しています。

とてもお世話になった別の先輩ですが、高校教員になったのに辞めてしまって「飲み屋のオヤジ」をしているそうです。
これには驚きました。学生時代酒はあまり飲まなかったし、真面目一方でカタい感じの人だったんですよ。
Facebookを見たら料理の達人でした!なるほど納得です。
いろんな人生があるもんですね。

こんな人もいますよ。香川県のやり投げの選手でした。
昨日のFacebook。ドイツからです。
pilさん、alpenkatzeさん、よろしくネ(^_-)-☆

他に陸上部の同期会とか、跳躍ブロックだけの集まりとか、いろいろあります。
皆さん母校によほど強い思い入れがあるとみえ、愛媛・岡山・富山・・・遠方からも集まって来られます。
私も同じ気持ちです。

この8月末に東京で、素晴らしい同窓会があります。
同学年のすべての人たち240人が対象です。
陸上部以外の人たちとは卒業後連絡がとれなかったので貴重な機会です。
私は残念ながら出席できません。
交通費と宿泊費で3万円以上かかります。
それプラス会費ですから、大変です。
山の暮らしの”仙人”は貨幣経済から疎遠の生活なので、無理です。
真夏の東京は暑いので体力的にも無理。長野市へ買い物に行くだけでもバテバテなんですから。
しかも猫を飼っているので留守にできません。

ネットでの交流なら大丈夫。
先日は高校時代からの友人と旧交を温めました。
他県・他校なので同窓生ではありませんが、陸上の試合で知り合い、大学受験では偶然また顔を合わせ、その後は別の大学に進むことになりましたが、ずっとお付き合いさせていただいています。

左側の「おすすめリンク」に追加しました。
「レッドバロンのアウトドア中毒」
陸上競技の指導をしていた頃はいつも情報交換していましたが、最近ずっとご無沙汰でした。
陸上以外の話はしたことがなかったのですが、今回初めて知ったアウトドア趣味とくに冬のBCスキー(バックカントリー)にはビックリ仰天でした。
とても同じ年齢とは思えません。
私の何十倍もの体力です。
とても素晴らしいブログなので皆さんぜひご覧ください。
人生の楽しみ方、エネルギーをもらえます。

写真の質がとても高く、美しい風景を満喫できます。
心洗われる思いでした。
とくにおススメなのは、右側のカテゴリーの所、
下の方に妙高高原・黒姫山・・・
で高妻・中妻・乙妻山の所です。
私の憧れの高妻山の記事がありました。

この写真は長野市戸隠から見た5月中旬の高妻山です。
「東洋のマッターホルンか?」私はこうして遠まきに眺めているだけですが、
彼は真冬にスキーをかついで半日かけてこの山に登り、一気に滑り降りてしまうんだから超人的!!
青森県出身の著名な冒険家、三浦さんを彷彿とさせます。
左側のリンクとは別にFC2ブログもありました。
ここに詳しい自己紹介があります。
http://redbaron2000.blog6.fc2.com/blog-entry-1.html


さて、毎度のお料理コーナーです。

ナスの煮びたし
夏の料理ですね。ご飯はもちろん、冷や麦・そうめんに良く合います。
市販の麺つゆで作れば簡単。
ごま油少々入れると美味しくなります。
冷やして食べるのも美味しい。冷や奴と一緒に食べるのも良いですね。
ただナスは事前に油で揚げておかないといけません。
私はナスは入手したらすぐに全部油で揚げて保存します。

淡白な味の鶏のムネ肉を使いましたが、鰹節だけで十分です。
おろし生姜があれば青ジソも省略可です。
ちなみに鶏肉は買ってすぐに塩と生姜で蒸し焼きにして保存しています。
これならチキンカレーを作る時も簡単です。

アイスクリームもどうぞ (^_^)/
簡単に安く作れて美味しい方法のご紹介です。
自家製アイスクリーム??
ホイップクリームを冷凍庫で凍らせた物です。
卵が入っていませんが、味はかなり上等です。
皆さんも作ってみてください。
売れ残りで値引きされた生クリームを買ってきて、手作業で泡立てました。
機械があれば簡単なのでしょうけど、大変疲れました。
泡立てたら量がすごく増えました。
何日にも分けて食べました。アイスクリームを買って来るよりずっとお得でした。
なんと約5人分で139円!
ちなみに、前回は上等の100%乳製品の生クリームを使いましたが、あまり美味しくなかったので、
今回は添加物の多い安物を使いましたが、こちらのほうが美味しくて泡立ちも良かったです。
コーヒーに浮かべたらとても美味しかったです。

鉄腕アトム?
手塚治虫が若い頃住んでいた「トキワ荘」の周囲には猫がたくさんいたのでしょうね。
私が東京で住んでいた栄荘も似たような環境でした。
鉄腕アトムは猫をモチーフにしたのではないかと思います。
古本屋で見つけた貴重な1冊です。

学生時代に流行ったマカロニほうれん荘
メチャクチャ面白かったなぁ♪
トシちゃんカンゲキ(°◇°) v  ってやつです(笑)
ちなみに、私もトシちゃんですよ( ̄m ̄〃)プッ!
作者は私と同い年らしいですが、その後は活動を休止しているようです。
今はどうしてるのかな?

夏になったので羽毛布団は片付けて、これまたトラちゃんの大好きな”黄金の毛布”が出て来ました。
10万馬力の鉄腕アトムですが、これはエネルギーが切れた状態ですね(~_~;)
鉄腕アトムは肝心なときにエネルギーが切れてピンチを招いたのでした(笑)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[15 ]   トラックバック[0] 

19/04/12 04:19

おやき村

4月5日には小川村のおやき村へ行きました。

「小川の庄 縄文おやき」
30年も前からとても活発に活動しているので、もう今は有名ブランドになっています。
https://www.ogawanosho.jp/
立派なHPがあります。
「縄文おやき」すごい名前ですが、実際にこの地方の縄文遺跡からおやきに似た物が発掘されています。
長野駅にも売店があるので、しーなさんが出張で来たときにお土産に買ったそうです。

今回は本拠地へ行って来ました。
長野オリンピックの頃に行って以来2度目です。
細い山道で道に迷ってしまいました。道案内は各所に立っていますが、1ヵ所間違えてしまったのです。

縄文時代の竪穴式住居を真似た建物で、古風なインテリアと暖色系の照明が良いムードです。

3個で600円。具だくさんの美味しい味噌汁とおひたしも付いてお得でした。
フキ味噌はキャベツとブレンドされていて美味しかったです。フキだけだと味がくどいので、良いアイデアだと思いました。
定番の野沢菜も美味しかったです。
甘味控え目のあずき餡には桜の花が入っていて、良い香りがしました。

「小川の庄」が一番メジャーですが、他にも小川村には何種類かのおやきが売られています。
元々は家庭料理なので、いろんな流派があるようです。
隣村の中条にも何種類かの流派があります。

この後「道の駅中条」で野菜など買って、良い公園があるという噂の場所へ行ってみました。

この日は最高のお天気で、それはそれは素晴らしい眺望で、真っ白な北アルプスが見事でした。
つい先日降った新雪でまた雪化粧したのです。
良い場所を見つけました。家の近くなので次回はお弁当でも持って行きたいです。

桜はまだですが梅が咲いていて、良い香りがしていました。

こんな面白いポスターがありました。
旧中条村出身の演歌歌手です。キングレコード所属。
「おやき音頭」なんて歌ってるんですねぇ。

ホームセンターへ野菜の種を買いに行きました。
そしたら猫ちゃんがいました!

遠くから見たときは本物かと思ってしまいました。
実にリアルな作りです。
上段のパンチしようとしている子猫も面白いですね。
とっても可愛くて、欲しくなってしまいましたがケチケチ教の信徒なのでガマン。
皆さんも同じ物見たことありますか?
ホームセンター「コメリ」へ行けば売ってます。

 

またもや雪です!
9日の朝起きてビックリ (@_@;) 
前日の夕方から猛烈な土砂降りのように降っていましたが、まさかこんなに積もるとは。
トラちゃんのお立ち台は雪に埋もれています。
でも昼には晴れ、春の太陽は強力なので1日で解けました。
しかし、翌日にはまた同じぐらい積もりました(~_~;)
この日は東京でも雪が舞ったそうですね。

右は昨日の写真です。
灯油も猫餌も尽きてしまうので、明日は買い物に行かないと!
車がすぐに出せるように、前日の夕方から準備しました。
前の道路には車が途中まで来て、バックで引き返して行った跡がありました。
4月にこんな事は初めての経験です。

 

苦労を知らないトラちゃんはお布団遊び(*^_^*)
お饅頭のようにまん丸です。

お目々隠しておネンネです。丸まったあんよも可愛いですね。
お腹こちょこちょ、喜んでゴロゴロ言います。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

19/03/29 00:23

季節の話題いろいろ

お彼岸のお墓参りに行ったら、お寺のロウバイがまだ咲いていました。
もう色あせていましたが、散ることもなく満開。
1ヵ月以上も咲き続け、楽しませてくれる価値ある花ですね。
普通は小さい木ですが、こんなに大きい木は珍しいです。花の数も多くて素晴らしい。
うちの庭のロウバイはいつ咲くのだろう?もう10年にもなりますが咲きません。
ここの種をもらって来て育てた木です。

 

庭の桜の木の根本。
雪が丸く解けて顔を出したのはナニワズ。
北日本にしかない植物で、真冬でも緑の常緑樹です。
長野でも平地では見られません。私はここに来て初めて知りました。
ジンチョウゲの仲間で、春先に黄色い花を咲かせます。
もう蕾が膨らんでいますね。

 

とても良いお天気なので朝早くから「外に出たい!」とせがまれました。
嬉しそうにニコニコして柱にスリスリ。

「お手!」の練習は10年も前からやってますが、まだ覚えません (-_-;)  
「お手」をする猫ちゃん、結構多いですよね。
なのに手を握ると引っ込めてしまいます。

 

何十年ぶりに、とても珍しい鳥を見ました。
シメ(アトリ科)です。
特徴は、スズメより大きく太っている。尻尾が短く、ずんぐり。クチバシが巨大。
目つきが悪い(笑)
群れを作らず単独でいる。
声はあまり出さないが「チチッ」と鳴きます。
冬鳥なので、これからシベリアへ帰ります。

雪の上に草や木の種がたくさん落ちているらしく、家の庭を一周して長時間お食事をして行きました。
しっかり腹ごしらえして渡りに備えるのですね。
コンデジで室内から窓越しの撮影ですが、一応撮れました。

 

トラちゃんが日向ぼっこして喜んだ後、天候が急変し、またもや雪!

−10度に迫る厳寒の日の出です。
桜が咲いたとかいうニュースは、どこの国の話だろう?
その後、昨日は台風のような大風が吹いて、また雪が降ってさらに5cm積もりました。

 

寒いときには、ストーブの上で土鍋のアツアツうどんが美味しい。
これは「粘り腰太うどん」シコシコ食感が良く美味しいです。
月見+天ぷらうどん、フキノトウのかき揚げです。春の味覚これは最高でした!
卵は程良い半熟になりました。
フキノトウの風味を生かすためにネギは省略しました。
隠し味に黒砂糖を入れたら美味しくなりました。
出汁は昆布と鰹節。

この前の野沢菜の蕪ですが、漬物にして出来上がり間近です。
フリーザーバッグで塩と醤油を入れてモミモミします。保存性を良くするために塩は大量に入れます。
他にいろいろと独自の調味料を入れる人がいますが、下手をすると腐ってしまうので私は塩と醤油だけです。
食べるときは健康のため減塩ということで、少しずつにします。
冷蔵庫で保存、毎日1回モミモミして裏返します。中の空気を追い出すのがポイント。
タッパーに入れたのは、たまに汁が漏れるからです。
石を入れて重しにすべきでした。部分的に漬かっていない所があります。
ネジでグイグイ締める方式の一夜漬け器を利用すると簡単でしょうね。
その場合も、フリーザーバッグに入れたままが簡単で良いと思います。
大家族だった昔は、大きな樽に大量に漬けましたが、今はお一人さま用でこんな方法が便利です。
炊きたてご飯に野沢菜漬けは最高のご馳走です(^◇^)

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[10 ]   トラックバック[0]