21/10/15 01:18

今年の初ミカン(^_^)

みかんが安くなってきました。甘くてとても美味しかった。

 

ヌメリスギタケモドキをまた見つけました。
この前の日の2日後、すぐ横にありました。
袋がいっぱいでずっしり重い。見事に大量収穫です^^¥
これは3年前に覚えたキノコです。最初はなんだか無気味で毒々しいなと思ったんですが、似た毒キノコはないので見分けは簡単です。
味はナメコよりも上等で味噌汁に最適。すき焼きにもグッドでした。
もったいないので少しだけ食べて、残りは冷凍保存しました。

味噌汁といえば、これ。 間引き菜ほど美味しい物はありません。
これは赤カブですが、間引かずにそのままにしているとピンポン玉より小さい蕪しかできません。
プロの農家が作った物は湯呑み茶碗ほどの大きさになります。

最後のキュウリです。もう大きくならないので収穫しました。キムチ和えにして食べました。

さて、またまたキノコが出ました^^¥
隣家の土地なんですが当分家が建つ予定はありません。うちとの境界線の1m向こう側です。
何年ぶりかのチャナメツムタケ。この場所に出るのは初めてです。来年から毎年出るのを期待できます。
2−3本見つけたら、その周囲で大量収穫!!
うどんなど和食に最適の、とても美味しいキノコです。
これは似た毒キノコがあるので上級者向けです。

 

読書の秋のその後です。
この前の箱が立派すぎる本、読みました。
箱が好きなのは猫ですね(笑)うちのは本も好きで、本棚で爪とぎして貴重な本を何冊もボロボロにしました(~_~;)

箱に中身が負けてるかな?と思いましたが、わかりやすい文章で結構面白かった。
後ろ半分は英語でした。元々はアメリカ向けに書いた本だそうです。英語の勉強にも良さそうだ(汗)
最近吉田茂研究に熱中していますが、彼の思想が必ずしも良いとは思いません。良いのは半分ぐらいでしょうか。

高校時代は世界史も日本史も最低の成績だったので、今頃になって少しずつ勉強し直しています。
学校の勉強は嫌いでしたが、今はマイペースで好きな本をゆっくり読めるので楽しいです。勉強ではなく遊びと思えば良いんですよね。
しかし、あまりにもゆっくりで行ったり戻ったりでなかなか前に進みません。
世界地図を見て旅行に行った気分になっています。

ちょっと気になったので、吉田茂が大使をつとめていた頃のイタリアと周辺諸国の事情をネットで調べてみました。
戦争の話ばかりで嫌になりました。イタリアのすぐ横のバルカン半島は、今も昔も複雑な事情なのですね。
北アフリカ諸国との関係が深かったことにも驚きました。
戦前の日本と中国の関係に似ています。
なんとエチオピアまで! エチオピアと戦争をしていました。明治時代の頃からです。そして第二次大戦まで続く。
当時は飛行機も自動車もなかったし、船で行ったのでしょう。調べてみたらスエズ運河は明治初期の頃には開通していたのでした。
ちなみに日露戦争のときのロシア艦隊も、はるばるヨーロッパのバルト海から来たらしいです。これは大変なハンディですね。
当時まだロシア極東には造船所も軍港もなかった。しかも冬は凍ってしまうので船は出られません。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

21/07/23 01:11

暑いニャー

オリンピックが始まりましたね。
コロナの問題は別として、こんな暑いときにやるなんて非常識だと思います。
前のとき(昭和39年)のように10月にやれば良いのに。

欧米諸国の都合に合わせたのでしょう。
他の競技のことは知りませんが、陸上競技の場合は欧米では6月が最盛期で10月はオフシーズンです。
7月がシーズンの締めくくりなんです。

しかし、感染者や濃厚接触者なのに行方をくらます人、ホテルを抜け出して観光を楽しんでいたり、モラルに欠ける人がいますね。
オリンピック精神を汚すような不祥事で辞める人も続出するし・・・これはいったい何なんだ!?
こういうニュースを見るとオリンピックが嫌になってしまいます。
純粋な気持ちで競技しているアスリートたちが可哀想です。

急に暑くなりましたね。
お気に入りの毛布があるのに、わざわざ板の上に寝ています。

やがて工具箱の横の床に寝そべって。
温度計を見たらこのとき26度で、この日の最高が29度でした。平地では36度でした。
こんなんで暑いなんて軟弱だなぁ。
ここでは夜になると急激に涼しくなり、早朝は16度で寒いです。

ここなら涼しくて快適だニャー(=^・^=)

道端にホタルブクロがたくさん咲いています。

セミがどんどん出て来ます。
エゾゼミです。夕方になるとヒグラシが鳴きますが、どんなセミなのか姿を見たことはありません。
ここにはミンミンと鳴くセミがいないのが寂しい。

セミは7日の命と言われますが、実際にはもっとずっと長いそうです。
しかし土の中で過ごす年月は7年とか!

 

10年ぶりのウスヒラタケです。
庭の枯れ木から出ました。普通のヒラタケと同じくクセがなくて美味しいのですが、なにしろ久しぶりなので気味が悪くて食べる気分ではありません。

 

車をピカピカにしました。10年ぶり以上です。
楽しみが増えました。
前の車は程度が悪すぎてヤル気が起きませんでした。その前は軽トラだったので綺麗にする気が起きず。
しかし、あまり綺麗にしてしまったので、雨の日は勿論乗らないし、もったいなくて出かける気になりません(笑)

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

21/03/19 05:32

日向ぼっこ

リスちゃんが
朝日に当たって気持ち良さそうに日向ぼっこ。
20分ぐらい同じ場所にいました。
元日に野鳥の写真でご紹介した自作の望遠レンズで撮りました。
これは鮮明に撮れて最高傑作です。

毛づくろいして向きを変えて、下ります。
隣の木に登ります。
一日おきぐらいにクルミを食べに来ます。春になってきたので他にも美味しい物があるのでしょう。

トラちゃんも日向ぼっこ。
お行儀よくて模範的な姿勢です。横から見るとひょうたん島。

夜はぐっすりお寝んね。

 

また桜餅です(笑)
今度のは皮が柏餅と同じでした。
この前の趣向を凝らした2種類には負けている感じですが、味は良かったです。中身は粒餡でした。
製造元は県内でした。佐久市の有名な菓子店です。

 

邪魔だった庭の白樺を切りました。危険できつい作業でした。

桜の枝も大胆に切りました。電線に干渉しそうだったんです。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
と言われますが、これは山桜なので切っても大丈夫です。
野生なので強いです。
ここに住むようになった頃は細くて小さい木でした。
花はたったの5輪しか咲きませんでしたが、今はもう立派な大木になりつつあります。満開になると見事です。
東京では桜が咲いたそうですが、ここはまだまだ先。
いつもは5月ですが、今年は特別早くてたぶん4月末でしょう。
きっとたくさん咲いてくれると思います。

昨夜撮った月です。
なかなか良く写りました。この前の「復活した名機」です。
春の三日月は弦が上を向いているので、船のように見えて風情があります。(これは三日月ではなく五日月です)
こんなに拡大せずに肉眼で見るほうが風情がありますね。

カテゴリ[ ]   コメント[10 ]   トラックバック[0] 

21/03/05 05:27

ミケリス

コロナ感染、このところ長野県では0がずっと続いています。
大変に感染力が高い厄介な病気ですが、対策をちゃんとやれば克服できることがわかりました!
皆さん、頑張りましょう!! ウィルスとの根比べですね。

先日からリスが気になって調べていたらミケリスを発見!

マレーシア等にいるそうで飼育下では十数年も生きるそうです。猫と同じぐらい長寿ですね。
うちのミケリスはイタズラが過ぎて身柄を確保されました(爆)昔の写真です。

リスちゃんは毎日のように来ます。

それでクルミは徳用袋を買って来ました。
人間の健康にもとても良いらしいですね。
毎日少しずつ食べています。

耳がウサギのように長くて体も大きいので、図鑑を見るとニホンリスではなくキタリスのように見えるのですが、日本では北海道だけのはず。
北海道から海を渡って来るはずがありません。でもキタリスのように見えます。

場所を変えて、周囲を警戒しながら。メチャクチャかわいいです(*^_^*)

体に似合わず大きい足跡です。

この前庭にあったウサギのような大きい足跡は、同じリス科のムササビかもしれません。
たまに深夜に木の上からギャーギャーと怪鳥のような奇っ怪な声が聞こえますが正体不明です。
ムササビはそういう声で鳴くそうです。
しかしムササビは高山にはいないはず。平地の神社などの森にいるそうです。
夜行性なのでなかなか見られませんが、今度探してみます。
座布団が空を飛んでいるように見えるとか。

良いお天気でトラちゃんはニコニコ。
暖かいので今年の初のお散歩です。
怖い動物が来ないかどうか、まず安全確認。
地面が凍っているので足が汚れなくて良いです。
氷が融けると泥んこになってお散歩は無理。4月5月は泥んこです。

お手手が濡れたのでペロペロ。
かわいい足跡。
ひなまつりはカツオ満喫でした。この日のカツオは鮮度が良くとても美味しかった。
今回はリスでいっぱいなので、ひなまつりの写真は次回に。

 

街へ行った帰り道、福寿草が咲いていました。澄んだ黄色が美しい。

その場所からは北アルプスがいつになく鮮明に見えました。
こんな所に住んでいる人はいいなぁ、と思います。

カテゴリ[ ]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

21/02/19 04:24

ポンカン修行

このお方を偲んでポンカンを買って来ました。春の味覚ですね。
最初は珍しがってクンクンしましたが、柑橘系の匂いは好みじゃないそうです。

禅の心でポンカン修行です(笑)
精神の安寧と集中力が試されます。
ポンカンは大きくて重いだけじゃなく、重心が高く座りが悪くて普通のミカンよりずっと難度が高かった。

喉をなでてゴキゲンとってからパチリ(^_-)-☆
トラちゃん、お上手です ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

面白い物を見つけました。虎ゼリー(@_@;) オレンジ味です。
これは座りが悪くて滑りやすいので難しかった。
何度も落としてしまいました。

石の上にも3年と言われますが、苦節15年!
修行を積んで、これでいよいよ本物の虎になった^^¥
どうだ、強そうに見えるだろう!Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
バカバカしい話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

雪をバケツに詰め込んで日光に当てて融かします。
ポリバケツはダメです。寒さで脆くなり簡単に割れてしまうし、日光に当てると劣化します。
しかしなかなか融けないので大鍋に入れてストーブの上で加熱します。
こうして洗い用の水を作ります。汚いので飲用にはなりません。
冬は水に困ることはありません。積もった雪は大切な水資源です。天然のダムと言われます。

3日前になんと真冬の雨が降ったのですが、その後雪に変わって大雪になりました。
運悪く車を修理に出すことになりました。代車を借りましたが慣れない車で雪道を走るのは怖くて! 他人の車で事故を起こしたら大変です。
修理が終わり引き取りに行って、帰りは雪道がひどい凸凹状態になり腹を路面にこすりながら「止まらないように!」祈るような気持ちでなんとか無事に帰宅できました。
もう当分出かける必要はないので、いくら降ってくれても良いです。もう自虐的になってしまって「記録更新するほど積もったら面白い」などと思ったり。
左上の巣箱に積もった雪を見てください。
右下の車(今は使っていない)は雪に埋まっています。
雪は時々除去していますが間に合わず、雪の重みで屋根は凹んでしまっています。
背景の雪山は除雪車が作りました。これは5月まで残ります。
この程度ならまだ少ないほう。この2倍積もったことがありました。

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0]