19/01/25 00:27

どんど焼きの後で

新年会・どんど焼きの後、バイクや車の話で盛り上がったTさんのお誘いを受け、新しく転入されたOさんと2人でご自宅にお邪魔しました。
ナナちゃんはそこの猫ちゃんです。

この写真は新年会の会場の公民館と、隣接する公園です。
どんど焼きは毎年この公園で行われます。
公民館と公園は、この住宅地を造成した会社が作ってくれました。
そして新しい町会として独立しました。
周囲の古い集落とは違う、新興住宅地です。

以来20年、現在42戸。
まだ5区画ほど空きがあります。
皆さん、いかがでしょう?

どこにでもあるような、ごく普通の住宅街です。
最初下見に来たときは面白くないのでやめました。
山の上のほうの古い集落の古民家を希望していたんです。
ですが、そういう場所はご近所との人間関係が難しいから敬遠したほうが良いというアドバイスをいただき、ここに決めました。
1区画がもう少し広ければ田舎暮らしとしては面白いのですが、適度に狭いのが良いのかも。
多忙なサラリーマン家庭には、広い庭は夏の雑草対策が大変です。
うちだけは少し広いです。一番端だったせいか、変則的な形をした土地です。
ちょうど目的に合っていました。

長野駅まで車で30分。平坦地で道路は広く、とても便利な場所ですが10年前までは”村”だったので自然環境は良いし地価は安いです。
やや松本寄りなので雪は少なく、長野市内よりもむしろ少ないくらいです。
標高500mなので夏は涼しいです。
田舎に住みながら都会的な生活ができます。
それで若い人たちに人気なんでしょうね。

首都圏在住で、ここに別荘を建てた人もいます。でもその人は元々この村の出身なんだとか。
やがてこちらへ帰って来るのかな。

家庭菜園をやりたければ、無料で貸してくれる農地がたくさんあります。
うちの場合は自宅の庭だけでも持て余していますが。

Tさんは元公務員で転勤族だったので、故郷はここから遠く離れた土地ですが、20年前にここに家を建てました。
だいぶ前に定年退職され、今は多才な趣味に毎日充実した生活をされています。

山里にたなびく薪ストーブの煙がのどかですね。
ご自分で伐採した木をチェンソーで輪切りにし、専用の薪割り機を使ってドンドン薪を生産し自給しています。
ご近所にも薪を供給されているようです。
薪ストーブは別棟の作業場などにも複数ありました。
まさに田舎暮らしの達人です。

山間部のほうにも土地を買って、木材や山菜などなど、そちらから採取して来られます。
お話うかがっただけですが、古民家と広大な山林をお持ちのようです。

珍しい山葡萄のツルで手編みの籠を作って販売しています。その道の作家として確固たる地位を築いています。
キーホルダーやブローチなどの小物も。

レトロな物がお好きで、昭和30年代の珍しい国産大型バイクを7台も!
うち1台は去年車検をとって実際に乗っておられます。
車も数台所有されています。
ガレージは自動車整備工場なみのすごい設備!!

本も出版されました。レトロなバスの図鑑です。
さらに今年6月に続編が出る予定です。
驚く事ばかり!
自分もこんな生活してみたい。夢のような目標です。
広い場所に恵まれた田舎暮らしの特権でしょうね。
今回は書ききれないので、詳しくはまた次回。

 

とりあえずナナちゃん特集ということで。
この日は会えませんでしたが、別に18歳の長老猫ちゃんもいるのだそうです。

ナナちゃんは2年前に保健所からきょうだい2匹をもらって来て、もう1匹は娘さんの家で飼われているそうです。
保健所にそのままいると”処分”されてしまうので、救出したのですね。
ナナちゃん助けてもらって本当に良かったです。

本当にお利口な猫ちゃんでビックリでしたよ。

私が帰るときには玄関外まで出て、ちゃんとお見送りしてくれました。

カテゴリ[ ]   コメント[8 ]   トラックバック[0]