18/02/15 11:01

美味しいうどん

寒い時はうどんに限ります。
一般に長野は蕎麦と思われていますが、戸隠など一部をのぞき、うどん文化圏です。
お米ではなく小麦粉(うどん・おやき)が主食だったりします。
一部過去の記事とダブるかもしれませんがご了承ください。

長野市南部(篠ノ井・川中島)から坂城町あたりまでは、釜揚げうどん味噌味の大根おしぼり。
讃岐うどんに似てコシの強い麺です。
上の写真は「マボロシの釜揚げうどん」
なぜマボロシかと言うと、もう閉店してしまったからです。
江戸時代から続いていたという老舗、千曲市のつるちゅうです。
この近くに有名な神社があって、父も子供の頃お宮参りの帰りに行ったそうです。
究極の味!最高に美味しかったのでとても残念です。
いろいろ食べ歩きましたが、これ以上のうどんはありません!
復活してくれると嬉しいのですが。

 

須坂市の名物は肉うどんです。関西は牛肉だそうですが、こちらでは豚肉です。牛肉は高価なので敬遠なのです。
須坂でも釜揚げうどんはよく食べますが、醤油味です。
麺のコシは少なく柔らか目です。

本店が須坂市の老舗で、支店が長野市大豆島(まめじま)にあるこのお店。
ここの肉うどんは今風にボリューム満点で肉がいっぱいですが、昔は肉は申し訳程度にちょっとだけでした。
肉は風味とコクを付ける程度の使い方でした。
コテコテの豪華うどんよりも、昔のようなアッサリした肉うどんのほうが好ましいです。
スープは家庭的な味でダシは控え目です。これは飽きが来なくて良いです。料亭のような味は美味しいけど飽きやすいですからね。

ここのキツネうどんはすごいです!
味の染みた大きな厚揚げがたくさん入っています。
上の肉うどんもそうですが、大盛り頼んだわけじゃないのに量が多くて食べきれないほどです。

すごくお得なのが400円のミニうどん。
肉+たぬき+おかめ(^◇^) 豪華で量も意外と多いので満足します。
キツネが油揚げというのはわかりますが、天かすがなんでタヌキなんでしょう?カマボコがおかめというのも面白い。

個人店は普通は午後2時で終わりですが、ここはずっと通しでやってます。3時のオヤツにミニうどんなんて食べに来るお客もいるんですよ。
昼時には大繁盛で満員御礼、なかなか店に入れません(^_^;)
ランチサービスがすごい人気なんです!

 

こちらは篠ノ井駅近くにある老舗の高級うどん店。

席に着くとお茶とお新香が出て来ます。良いサービスですね。
店内は綺麗でとても高級感がありますが、お値段は庶民的です。

その中で、地元出身の政治家の名前を冠した最高級うどんが気になります。1380円もします!
これを食べたのは去年12月の誕生祝いでした。
どんな豪華うどんかと、とても期待していましたが普通の釜揚げうどんでした。
シンプルなのが一番美味しくて高級なのかもしれませんね。
2種類のつけだれ、特にクルミ味が高価な理由でしょう。
麺も大盛りでした。
つけだれが2種付いて来るし、これは2人で食べる物なのかもしれません。そう考えるとお値打ちです。

この政治家は元々は自民党でしたが、新党さきがけを創立し、連立を組んで政権交代したとき村山さんだったか細川さんだったかが総理になったときに、総理大臣補佐官の大役を務めました。
今は政界を引退して大学教授をしています。
評論家として時々テレビ・ラジオに出演してなかなか良い話をします。理想ばかり追い求めるのではなく、地に足の付いた現実主義なのが良いと思います。
キツネとタヌキの化かし合いのような、ドロドロした政界には似合わない人かもしれません。

大のうどん好きだったのか、このお店のご主人と仲が良かったようです。
このご主人は残念ながら数年前に亡くなられました。
風格がありますね!
頑固一徹、誇り高きうどん職人です。
今は若い人たちが頑張って伝統の味を守っています。
店内にこういう写真を額に入れて飾ってあるのが素晴らしいと思いました。

前から気になっていた高級うどんを食べたので満足しました。

普段は普通の釜揚げうどん(おしぼりうどん750円)で十分です。木の樽に入ってるのでアツアツで冷めにくいです。
他にもバラエティに富んだメニューが盛りだくさんです。
このお店に来るとしみじみ幸福感を覚えます。
前来たときは、カッコウやウグイスなど野鳥の声がスピーカーから流れていて爽やかな気分になりました。

これは鍋焼きうどん。
エビ天も入ってお値段以上の価値があると思いました。750円だったかな。
うどんは奥が深く、このお店には何度行っても飽きません。
うどんは一番のご馳走かもしれません。

高級な古伊万里を展示販売していました。
これ2300円とか、3780円です!
お店で使用している器も高級品なのかもしれません。
今度行ったらよく鑑賞してみます。

皆さんも長野市へ来たら、ぜひうどんを食べてみてください(^_^)/
ちなみに同じ長野県でも、松本市はいろんな面で長野市とは文化が違います。明治時代には筑摩県という別の県でした。

カテゴリ[ 料理]   コメント[12 ]   トラックバック[0] 

18/01/06 05:13

冬を暖かくする食べ物

正月2日は穏やかな天気でしたが、
2日の夜に雷ゴロゴロ鳴って天候が急変!
これは日本海側特有の冬の嵐です。
3日には大雪警報が出て、丸一日猛吹雪。
外には一歩も出られませんでした。
除雪車は1日2回も出動しました。

窓には見事な霜の花、昼になっても融けませんでした。

同じ紋様は二度とできないので、何度撮影しても面白いです。
うちの場合は二重窓で間に空気の層があるのでできますが、一重窓ではできにくいです。
子供の頃、実家では室内も氷点下だったのでできました。

翌4日には雪が止んだので、車で出かけようと除雪作業をしました。車を出すのに1時間かかりました。

毎年の事とはいえ、本当にイヤになります。
まあ、このぐらいなら序の口。
積雪はまだ1mに届いていないので楽勝です。

戸隠山が輝いていました。

ドイツトウヒの大木。
上のほうに大きな松ぼっくりがこんなにたくさん付いています。

 

さて、雪を片付けて車を出して、どこへ行って来たかというと、ここです。
いつも行く大浴場にはサウナ室があります。
真冬にここに入ると、骨の芯のほうの氷が融解していくような心地良さです。

この温度計、信用してはいけません。
まさか85℃の暑さでは生きていけません。
右下に2/1と書かれています。
つまり42.5℃です。
真夏の熊谷とか館林はこんな感じなのかな?
イラクのバスラはもっと暑い!

 

我が家のお雑煮です。
骨付き鶏肉・昆布・人参・大根・大根葉・白菜・ゴボウ・ネギ・ホタテ・キノコ。
蕎麦つゆのような醤油味で、薄味です。
今年は冷凍保存の天然シモフリシメジを使いました。化学調味料なみの強い旨味です。

晩秋11月5日に収穫した超大物です。
普通は椎茸とエノキですが、今年は高級でした。

妻のお友達が新築祝いに長芋を送ってくださいました。
長い箱が届いたので一瞬新巻鮭?
と思いましたが、長芋も同じように高価な品です。
お正月で餅は食べ飽きたので、アツアツご飯にとろろ芋。
鰹節・海苔・ワサビ・醤油、で梅干しを1個。
これが旨い!

土鍋で作ったけんちん汁です。
ゴボウ・大根・人参・ネギ・豚肉・長芋で、味噌は愛知県の八丁味噌と信州赤味噌をブレンド。
体が温まるよう酒粕を入れました。
上のお雑煮もそうですが、具だくさんで相撲部屋の”ちゃんこ鍋”風です(笑)
長芋は熱い汁物に入れても美味しいですね。
半生でも良し、よく火を通せばホクホクでこれまた結構。

ご飯にはおぼろ昆布も。
我が家のお正月は昔からいつもおぼろ昆布がありました。
魚屋で生まれ育った父が好きだったんです。
白魚と一緒に即席お吸い物にしたり、お餅にご飯に。
梅干しとの相性が良いです。
蕎麦やうどんにも良いですね。
写真のは「とろろ昆布」ですが「おぼろ昆布」と同じです。

ご馳走に飽きた頃に食べたくなるのはラーメンですね。
地元の会社で作っているポンちゃんラーメン。子供の頃からお馴染みです。
明星チャルメラ風のアッサリ醤油味+腰のあるちぢれ麺が飽きない美味しさです。
モヤシたっぷりネギたっぷりで食べました。

カテゴリ[ 料理]   コメント[11 ]   トラックバック[0] 

17/12/12 07:22

ねずみ大根

ねずみ大根を買って来ました。
トラちゃん、これはネズミじゃないよ。
右;ネズミとの記念撮影は、ヒジョーに不愉快だと申しております(笑)

ねずみ大根というのは、ネズミに似た形の辛味大根です。
うどん・蕎麦の薬味に最適。
今が旬。冬の味覚、体が温まります。

坂城町に鼠という地名があり、鼠宿という宿場町です。ねずみ大根はそこが発祥の地です。
ちなみに、小諸市には「猫原」という地名があります。

坂城町は”おしぼりうどん”が名物です。
辛味大根の搾り汁に味噌を解いて、釜揚げうどんの付け汁にします。
私の一番好きな食べ方です。
長野市南部まで同じような食文化です。

冬至が近くなったので、
夕方トラちゃんの寝床に、お日様の光が当たる角度になりました。
木のうろで眠っている子リスのようですね(*^_^*)

夜はこんな状態。
気持ち良さそうに伸びて眠っています。

 

「れいか」という珍しいキノコを買いました。
ヒラタケの一種だと思います。
炒めて塩味だけで食べました。
これが旨い! 普通のヒラタケの何倍もの旨味です。
この前の「シモフリヒラタケ」に似ていますが、もっと美味しいです。
今はもう、昔のような普通のヒラタケは売られていないかも。
どんどん品種改良が進みます。

 

道の駅中条も
ちょっとだけクリスマスっぽい飾り付けになりました。
このへんの村には、こういう感じのおばちゃんが多いんですよね(^^♪
「よっとくらえ」というのは「寄ってってください」という意味です。
この絵のおばちゃんそっくりの人、
昔会社の帰り道によく行った焼き鳥屋のおばちゃんです。
その人は小川村出身でした。
このお店、長野市中心市街地で、つい最近までやってましたが、ご高齢のため店を閉めました。
若い頃から、酔っぱらい相手に焼き鳥屋を一人で切り盛りしていたそうですから、すごい度胸と根性ですね。
”肝っ玉母さん”風で、話がとても面白かったので、またお会いしてみたいです。
おばちゃんの故郷のほうへ引っ越した、と言えば喜んでくれるでしょう。

今回はかき揚げ蕎麦を食べました。
半ライスを付けました。
これはお得だし、味も大満足でした。

ここはメニューが豊富で良いです。
まだ食べていないメニューがたくさんあります。
次回はカツカレーかな?親子丼も気になります。

あとひき豆も買いました。
食べだすと後をひいて止まらなくなるという物。
ビールのおつまみに最適です。
長野市西山産(長野市西側の山村を西山と呼びます)の豆は美味しくて昔から定評があり、京都の丹波の黒豆のような感じです。
丹波も京都盆地の西側の山なので、気候風土が似ているのでしょうか。

カテゴリ[ 料理]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

17/12/07 01:45

道の駅めぐり

旧中条村から見た北アルプス鹿島槍ケ岳です。
この日は不思議な天気で、空は曇っていましたが遠くの山が鮮明に見えて幻想的でした。

中条村は長野市に合併しましたが、隣の小川村は独立独歩で頑張っています。
幹線道路沿いに、5分で小川村道の駅に到着。
中条道の駅とはライバル関係です。
互いに意識しているらしく、同じ物は売っていません。

食堂、中条のほうは食券方式ですべてセルフサービス、お値段安いですが、小川村は丁寧な接客サービスです。
お料理も高級感がありお値段高め。
それぞれ特徴があって良いと思いました。

鶏唐揚げ定食900円、珍しいおからコロッケ定食が700円。
大豆の名産地でもあるので、豆腐やおからが自信作です。
お米も最高に美味しく、野菜いっぱい具だくさんの味噌汁は美味しくて感動モノでした。

お土産におやきを買いました。
おやきは小川村のほうが力を入れています。
右下のは初めて見る珍しいおやき。
皮は紫色の小麦で作られています。中身は甘い白豆あん。
これはとても美味しく高級感があって、贈答用にもいけると思いました。
※ネットで調べてみたら、これは紫米を小麦粉に混ぜた物でした。米と麦のコラボだったんですね♪モチモチ食感がとても美味しいです!


中条道の駅では、名物のおぶっこは勿論ですが、アジフライとか山賊焼きなどの揚げ物がイチオシ。

これが山賊焼き定食。山賊焼きは松本名物で鶏の唐揚です。
意外なのは普通のラーメンがとても美味しいことです。
和風味のシンプルな醤油ラーメン、540円です。写真がなくて残念!

道の駅っていいものですね。
今まではほとんど利用したことがありませんでした。

信州新町道の駅も近くにあり、そこはお蕎麦が大好評。
なんと500円で、とても美味しい本格手打ちのざる蕎麦が食べられます。

フクロタケの水煮、大量に入って650円。
スーパーではあまり見かけない中華食材です。
中華料理店で八宝菜などに入っています。
それとは形がちょっと違っていました。中国産ではなく日本産?袋詰めした工場は地元でしたが、キノコの産地はわかりません。当然栽培物です。
風味も食感も良く、とても美味しいです。和食にも合います。

赤カブ5個100円。
簡単浅漬にしました。葉っぱはおひたしに。

 

1歳になる前のトラちゃん姉妹です。
特別寒かったこの年の12月、室内に入れてあげました。
天敵もいなくて安心できて、暖かくて極楽です。
サクラちゃんがトラちゃんをもみもみマッサージ(*^o^*)/

同じ姿勢(シンクロ)で眠っています。
あちらのほうにぼやけて写っているミケちゃん。
「ヒジョーに不愉快だ」と言って距離を置いています(~_~;)
受け入れたくない現実から目をそむけています(笑)
ミケちゃん、勝手に変なの連れて来ちゃって、ごめんね。

トラちゃんとミケちゃん。
距離を置いていて冷戦状態です (-_-;)

翌年こっちへ引っ越して来て、ストーブをつけたら「停戦状態」
ストーブの前では”一応”仲良しです。
トラキチとは犬猿の仲でしたが、サクラとは大丈夫だったのかな。
サクラちゃんもこの頃は丸々と太っていて健康でした。
もうすぐ4年目の命日がやって来ます。

昨夜長野県中部で地震がありました。
緊急地震速報が出ましたが、大した事ありませんでした。
私の所はガタガタと細かく揺れた程度でした。
しかし、震源がフォッサマグナの所なので要注意です。
断層が少しずつ動いています。

昨日は今季2度目の除雪車出動。
予報では積雪30cmでしたが、その半分程度で助かりました。

ですが、この先ずっと雪マークです。
太陽の光が欲しい!

カテゴリ[ 料理]   コメント[8 ]   トラックバック[0] 

17/10/28 01:06

秋の美味しい物特集 (*^o^*)/

うちの庭です。怪しい?キノコ畑は右手奥(笑)
毒キノコ、正体不明のキノコ、美味しい食用キノコ、わずか3坪ほどの面積に大量に生えます!!
真っ赤なカエデの紅葉、一週間後ぐらいが最盛期です。

先日の台風で大きな白樺が倒れていました。
電線の上に寄りかかっていて危険!
漏電しているかもしれません。触ってはいけません。
こういう場合は中部電力に電話すれば、すぐに片付けに来てくれます。

こんな事はこちらではしょっちゅうです。

これは長野名物の大根おしぼりうどんです。
熱々の釜揚げうどんで、つけ汁には大根おろしの搾り汁を使います。
味噌味か醤油味が選べます。
体が温まるし、大根とネギは風邪に薬効があるそうです。
この写真左上の小さなお猪口は追加用の搾り汁、右側の徳利の中身は蕎麦つゆのような物だったと思います。
味噌の量が少なすぎたので、この倍は欲しいと思いました。

シンプルですが、とても美味しいです。
麺の本来の美味しさを味わうことができます。
簡単ですから、皆さんも真似して作ってみてください。
私は手抜きをして、大根はおろしてそのまま全部使います。
普通の大根でも良いですが、辛味大根なら本格的です。
お蕎麦もこれと同じようにして食べます。

野菜直売所でたくさん買い込みました。
大根とカボチャは鍋物にすると美味しいし、栄養があるし、本当に経済的です。
これ全部で900円、2人で10日分です。
あと肉と魚を少々、豆腐・納豆・卵を買えば、とても豪華で美味しい食卓になります^^¥

直売所で買う野菜と、スーパーで買うその他の食材と、金額的には半々ぐらいですね。
一番高くつくのはお菓子です。ですが、甘党なのでつい買ってしまいます(^_^;)

黒っぽいリンゴは今が旬の秋映。甘酸っぱくてシャキシャキ♪一番のおススメです。

大根と蕪は葉っぱが付いていて嬉しいです。
葉っぱのほうが栄養があるし美味しいんですよね。
芯のほうの綺麗で柔らかい部分だけ利用します。
サッと茹でて冷蔵庫に保存し、刻んで味噌汁やうどんに利用します。肉と一緒に炒めても美味しい。
蕪は塩とポン酢で浅漬にしました。
新米の炊きたてご飯には最高です!

 

森の散策は、ふかふかの落ち葉のじゅうたんが心地良い。

クリタケを見つけました。ちょうど食べ頃です。
今年は雨が多いのに、キノコは不作です。
収穫はほんの少しでした。

北海道産の氷魚(こまい)と一緒に酒蒸しにしました。
氷魚は氷の下に住むという、小さい鱈のような魚です。
味は鱈に似ていますが、ずっと美味しい!

こちらはチャナメツムタケ。
クリタケに似ていますが、木ではなく地上に生えます。
地中に腐った倒木が埋まっているような場所、落ち葉の下から生えて来ます。
よく似た毒キノコが多いので地元の人に教わって覚えました。
実物を見ればすぐにわかりますが、図鑑などの写真では判定が難しい。
クリタケやナメコより美味しく、味は最高です。
歯ざわりが実に良い感じです。落ち葉の爽やかな香りがします。
数年前は大量に採れたのですが、最近めっきり減ってしまいました。
昆布と一緒に塩茹でして冷凍保存しました。
うどん・鍋物などに最適です。大根おろしとの相性が抜群です。

 

怖い物見たさという事で蜂の巣。
もうそろそろ働き蜂は全部死滅して、女王蜂だけが冬眠に入ります。
来年うちに来ませんように!

トラちゃん、お腹こちょこちょするとゴロゴロ言って喜びます。

 

最後に、素晴らしいニュース!(一般にあまりウケの良くないキノコの話題ですが)
ついに出ましたシモフリシメジ(*^▽^)ノ彡☆
これは”味シメジ”の代表格で最高に美味しいキノコなんです(^◇^)
霜が降る頃に出るのでシモフリシメジ。
数年前にはもっとずっと太くて立派な物が大量に採れたんですよ!見るからに”シメジ”っていう感じの物、売っているシメジの数倍の大きさでした。
なぜか最近めっきり減ってしまいました。

見た目はアイシメジによく似ていますが、黄色味が少ないです。
いつも裏切られていました。アイシメジは正露丸のような味で、美味しくないのです(~_~;)
でも、これは違いました。
ヘンな匂いは全然なくて、それはそれは美味しくて最高!!

この大きいのは腐っていたので、周囲に生えていた小さいのを2本だけ収穫して塩味のホイル焼きで食べました。
この根本から若いのが育ってきているので、3日後ぐらいにはまた収穫できそう^^¥
これは大変貴重な珍味です。山の住人の特権です。
どこにも売られていないし、もし東京の高級料亭なんかで食べたら、どんな値が付くのか想像もつきません。

カテゴリ[ 料理]   コメント[14 ]   トラックバック[0]