20/12/04 00:44

味噌汁の話

まず千昌夫の「味噌汁の詩」をyoutubeで聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=3n5MkUcnpYY

若い頃の千昌夫(昔の歌本より)セピア色ですね。
絵に描いたような好青年でした(笑)
「日本人は味噌汁。えぇっ?ポタージュスープだって?冗談じゃないよ!でも金髪の美女はいいね」
ってのが最後のオチでした(爆)

こちらも、やっぱり味噌汁が出て来ます。
新聞少年 山田太郎
https://www.youtube.com/watch?v=wq3ULVv6YxA
皆が前向きに頑張っていて夢があった昭和の、古き良き時代の歌ですね。

もう12月ですね。
三密が流行語大賞ですか?(苦笑)
「あんみつ」なら美味しくていいのにねぇ。
でも「あんみつ」って最近見かけない。
若い人は知らないでしょうね。
私も若いので知らないΣ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)
父の世代の食べ物だったようです。甘党の父の大好物でした。

先日のおでんに続き、今度は豚汁です(^_^)/
コロナ禍で家ご飯が見直されていますね。
大根たっぷり、玉ねぎ、人参、クリタケ、厚揚げ。
そして最高だったのが、
ホクホクモチモチの里芋です(^◇^)
風邪の予防に生姜と長ネギも入れました。
栄養バランスが良いので、他におかずはいりませんね。
これさえ食べていれば大丈夫。
ご飯も良いけれど、餅やうどんも相性良いです。
酒粕を少し入れると旨味が増すし、身体が暖まる。
うどんには辛い大根おろしを追加すると最高!
皆さんも作ってみてネ(^_^)/

豚肉の代わりに鱈を入れるのも良いです(写真右)
これは青森県の郷土食「ジャッパ汁」です。たぶん船の上で食べる漁師の料理でしょうね。これは最高に旨いです!
青森県のネット友に教わりました。
野菜などは何でも良いんだそうです。黒いのはワカメです。
鱈以外の魚でも美味しいと思います。

 

かつやの豚汁定食が食べたい!
豚汁の他にチキンカツやサラダ、お新香も付いてるんですよ。
おかず食べきれないくらいです。お値段は?忘れたけど安かったと思う。680円?最高でした!!

老夫婦が経営する食堂に「みそ汁定食」ってのがあったので注文してみたら、期待はずれでした。
味噌汁はごく普通で、おかずは目玉焼きでした。
早い話が目玉焼き定食。あまり美味しくなかったけど楽しかった。真心こもった素朴な定食でした。
コロナ禍で外食文化がすたれ、人々の交流ができにくくなるのは悲しい事ですね。

皆さん「どうさん湯」ってご存知ですか?
父から聞いた話「どうさん湯、医者泣かせ」
どうさん湯というのは、単に味噌汁をお湯で薄めただけの物なんですが、これを飲むと病気にならず医者がヒマで困るという(笑)
科学的にも水分補給、適切な塩分補給、大豆の栄養素(イソフラボン・カリウム)、発酵食品という、たくさんのメリットがあります。味噌汁は素晴らしい!
大豆には食欲を抑制する成分があるので、ダイエット効果もあるそうです。
具の野菜にもカリウムが多いので、塩分の害を中和してくれます。
「雨ニモ負ケズ」
宮沢賢治の食事は玄米と味噌だけだったらしいですが、結核にならなければ長生きしただろうと思います。
石川啄木も、正岡子規も結核でした。昔は結核が多かったのですね。不治の病でした。

味噌汁、とくに夏の熱中症予防には良さそうです。スポーツドリンクなんかよりよっぽど良いかも。
濃い味噌汁は健康に良くないですが、3倍に薄めて飲むと良いかもしれません。美味しくないですけどね(笑)
つまり「水を飲む健康法」です。昔そういう本が出ていて話題になりました。

昔住んでいた東京の大塚駅近くに、若いサラリーマンや学生が集う良心的な定食屋がありました。
そこの定食は味噌汁が大きな丼に入って来るんですよ。普通の三倍の量でした(汗)
まあ、アレ全部飲んだら塩分とりすぎで健康には良くないと思いますけどね。
「味噌汁文化」は奥が深いですね。日本人の心です。

 

ツチグリというキノコです。ユーモラスな形をしていますね。
こうなってしまうともう食べられませんが、地上に顔を出す前なら食べられます。
初夏にこの場所を掘ると小さなジャガイモのような物が出て来ます。
これが旨い!松茸のような風味があります。
ツチグリは日本のトリュフだと思います。ほとんど知られていないので食べる人は少ないです。

 

買い忘れた物があったので、また街へ行って来ました。
この日は快晴で北アルプスが素晴らしく!!
上にもUPしましたが、街にほど近い所まで下ると谷間にダムがあって、ちょうどそこから北アルプスの唐松岳の美しい姿が!
3000m近い山、神秘の領域です。
富山県の友人が登山が趣味で、Facebookに書いていました。今週この山に登る!
左側のリンク「レッドバロンのアウトドア」です。

体重測定をしました。3.45kgでした。
最近食欲旺盛で太って肉付きが良くなってきたんですが、期待に反して体重は減っていました。
太る前に測ればもっと軽かったはず。
年をとって骨も筋肉も縮んだのでしょう。若い頃は4.5kgありました。
飼い主も同じくで、体重の減り方の率は計算してみたら同じでした。食欲は旺盛なのに体重が減るんです。
年はとりたくないねぇ。
年をとって太ったらもっといけないと思うけど。

毎日穏やかな晴天が続きます。
絶好調なお散歩。日だまりは気持ちいいニャー。

お家に入りたい!
トイレでした。お利口ニャン。潔癖症で外ではできないんです。
トラちゃん、左利きですか?
「私の私の彼女、左利き♪」(爆)

カテゴリ[ 料理]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

20/11/27 00:21

晩秋の一日

言われているコロナ対策、よくわかりませんねぇ。
夜9時過ぎはダメとか10人以上はダメとかいう話。
なんなんでしょう?
9時前なら安心、少人数なら安心、と思ってしまう。
昼間でも感染するし、2人でもうつりますけどねぇ。
営業時間短縮しても何も解決しないと思うけど。
全体の数が減れば良いのかな?
不要不急の外出と言うけれど、重要な仕事のときでも感染しますよ。
相手はウィルスですから、こっちの都合とは関係ないんですよね。
政治家は管理者の立場で物を言ってるんですね。
われわれ一般市民にはまったくわかりにくく、誤解を生みます。

この先さらに危険が増すだろうと思い、気合!を入れて買い物に行って大量に買い込んで来ました。
これであと1ヶ月は大丈夫かな。いや買い忘れがあった。明日また行くか?(汗)

お寺へ行ったらロウバイが美しく黄葉していて、毎度のありがたいお言葉がありました。

なるほど納得。外的要因ではなく自分の心の中の問題なんですね。

このロウバイの見事な老木は、2月には花を咲かせます。
あと3ヶ月で春が来ますか。咲いたときの写真です。

 

帰り道、夕方の山々が綺麗だったので寄り道をしてみました。
ここは初めての場所。とても見晴らしの良い住宅地で「好評分譲中」という看板が立っていました。
この上の高台にはお洒落な家がたくさん建っていました。
羨ましいような素晴らしい環境です。
遠くに見えるなだらかな三角形の山は群馬県境の四阿山で2354m。高いです!
そのすぐ横に根子岳(ねこだけ)があって、中学のとき登りました。山頂には猫だけしかいなかった?(=^・^=)

その右側に見える丸い山は活火山の浅間山です。時々噴煙が立ち昇るのが見えますよ。この日も少し煙が出ていました。

ずっと下に見える街に灯りがともりました。
こんなに高い所まで上って来たんですよ。別世界です。

 

お留守番で寂しかったお待ちかね猫ちゃん。
お土産は?
今日は珍しい大分県産のカンパチを見つけたよ。
これ、鮮度が良くて最高に美味しかったんだけど・・・
こんな不満顔。実はカツオを期待していたんです。
最初はカツオと思い込んで食べたんだけど、2口3口食べると・・・
「味が違う。騙したな!」不機嫌になってしまいました。それでこの表情(笑)
残りは私が美味しくいただきました(^◇^)
トラちゃんはカツオ専門なんだよね。

さて、おでんが美味しい季節になりましたね。
古式バタ練り製法の群馬県産こんにゃくを初めて買いました。これは旨い!食感がとても良い。
3時間水に漬け、最後は軽く茹でる。これだけアク抜きすると独特のこんにゃく臭はなくなってキノコの風味もよくわかります。
先日のクリタケとシモフリシメジを使いました。良いダシが出ています。
クリタケは収穫した新鮮なとき、とても良い香りがします。
ところが煮込んで翌日になると香りは消えてしまいます。冷凍も美味しくない。当日中が美味しいです。

さつま揚げは、ホタテと野菜が入った特別美味しいのを見つけました。
厚揚げも美味しいのを見つけました。お客様に出す料理ではないので、手抜きで丸ごと放り込んであります。
食べるときに箸で切ればいいんです。
煮込んだ大根からも良いダシが出ています。
味付けは基本塩味で、醤油は少しだけにしてみました。
昆布だしです。次回は牛スジを煮込んでみようかな。
おでんは地方により家庭により違うのが面白いですね。

生姜は今が収穫期。いただき物があったので、紅生姜を作ってみました。
スライスし梅干しと一緒に入れて塩と砂糖と酢を少々。よく振って混ぜて冷蔵庫で4日後、おいしくできました。
とても簡単なのでお試しあれ。
紅の色付けは本式には赤シソを使います。本当は初夏に梅干しを作ったときに出る「梅酢」があれば良いのですが。
今回は市販の梅干しを使いましたが味は同じです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

20/10/30 00:54

美味しいお蕎麦

お蕎麦が美味しい季節になりましたね。
きのこ蕎麦を作りました。油揚げも入っています。
お湯を十分に沸騰させたんですが、火力が弱くて失敗しました。
ストーブではなくガスコンロを使うべきでした。
味は良いのですが、蕎麦がモチモチ食感になってしまって美味しくなかった。蕎麦はつるっとしてないといけませんね。
強火で短時間で茹で上げないと!蕎麦の茹で方は難しいです。

戸隠にある「おびなた蕎麦工場」です。
スーパーに売られている蕎麦の乾麺、
いろいろ食べ比べてみたけど、私はおびなたが一番美味しいと思います。
一袋2人前で100円という安さ。
生蕎麦は高価ですが、茹で方次第では安い乾麺のほうが美味しいかもしれません。
巨大な工場。従業員は何百人もいるんでしょう。
戸隠蕎麦という名前が付いていても実際に戸隠で作っているのは、たぶんここだけだと思います。

長野市街から遠く離れているので、地元に仕事があるのはありがたい。
旧戸隠村、今は合併して長野市なんですが、長野市は合併で大きくなりすぎて、もはや長野県全体の4分の1が長野市?そんな状態なので同じ市内なのに通勤は困難です。

玄関から入ると売店があって贈答用のセットなどが売られています。
2階へ行くと体育館のような広いフロアが食堂になっていて、事前にグループで予約すると蕎麦打ち体験もできます。
遠く富士山まで見えそうなくらい明るくて見晴らしが良い。ここで食べたお蕎麦は最高に美味しかった。
戸隠の観光地からはちょっと離れた場所なので、お客が少なくて安くて美味しい穴場です。
しかし事前に電話してから行ったほうが良いかもしれません。

 

きのこの話題はもう飽きてきたと思いますが、
とても珍しいムラサキシメジを見つけました。
裏側の薄紫色が実に美しい。良いダシが出て味も食感も上質です。
灰色のは待望のシモフリシメジです。11月に入るともっと出ると思います。
これは脆いので注意しないとバラバラになってしまいます。
しかし火を通すと身が締まって歯ごたえも良いです。ホンシメジの次にランクされる「味シメジ」黄色いスープが出てとても美味しい。
ちなみにホンシメジは松茸よりも希少品だそうです。
シメジ類は事前に茹でこぼさず、よく洗ってから酒蒸しにします。
葉っぱがこびりついていて洗うのが大変でした。包丁の背と歯ブラシを使って根気よく洗いました。
洗ったら半分に裂いて虫がいないか確認します。虫がいて腐っている場合は捨てるか、食べられそうなら熱湯をかけて虫を追い出します。

右は森に生えている状態です。
葉っぱに隠れているし目立たない色なので見つけるのが難しい。
シメジ類はよく似た毒キノコが多いので上級者向けです。
よく似た毒キノコ、ちょっと列挙してみますね。致死性の毒ではありませんが。
ニセシモフリ・ハイイロシメジ・クサウラベニタケ・イッポンシメジ・カキシメジ・ネズミシメジ・・・
シメジ類は全部毒!?と思われるほど毒キノコが多い。
裏が白いヒダになっているキノコは毒キノコが多くて見分けが難しい。猛毒のテングタケ類も白いヒダです。
裏がスポンジ状のイグチ類なら初心者でも安全です。

 

タンポポの綿帽子のような美しい不思議な物があるんですが、どんな花が咲いていたか不明です。
これは何年も前から気になっています。たぶん目立たない花なんだと思います。
ためしに家の庭に種まきしてみました。来年どんな植物が出て来るかな?
いつも散歩に行く公園にも同じ物がありました。
思い出してみると、その場所には小さい小菊が咲いていました。
来年が楽しみです。でもこれは花より種のほうが面白いかな。

 

薪置き場に美しい蝶が冬眠!
あやうくつぶすところでした。
希少なキベリタテハです。越冬して来春に子孫を残します。
たくましく生きぬいてほしい。

 

トラちゃんの見張り台、お気に入りの場所です。
写真が撮れませんでしたが、昨日はここにリスが来て可愛いポーズ。
トラちゃんは窓から外を見て悔しがっていました(笑)

落ち葉の中お散歩に行って爪とぎをしました。

紅葉はまだ序盤です。次回はもっとお見せできると思います。

カテゴリ[ 料理]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

20/10/16 00:35

鍋物の季節

秋も深まり鍋物の季節になりましたね。
鮭のアラで石狩鍋を作りました。
カレーと同じ材料(タマネギ・人参・ジャガイモ)+大根も入れて柔らかくなるまでストーブ上で煮込みます。
ダシは昆布と干し椎茸。これで旨くないはずがない!
味付けは食べる直前に、好みに応じてポン酢か味噌で。
北海道風に味噌バターがイチオシです。
ジャガイモに良く合います。自家製キタアカリ、来年も頑張って作ります。

翌日には油揚げとコンニャクを入れ、山のキノコ3種と青菜(蕪の葉っぱ)も追加。
これは味噌汁にしました。
「豪華味噌汁定食」ご飯がいくらでも食べられます。

雨が降ったのでキノコがたくさん出てきました。
ショウゲンジです。名前の由来は正源寺の和尚さんです。
これは松茸のように見た目が良く、食感も松茸ですが味が悪い(カビ臭い)
味を消すために下茹でします。
今度干し椎茸と一緒に甘辛く煮込んでみようかな。そうすれば美味しいかも。
濃い味付けのすき焼きが良いと本には書いてあります。

他にもいろんなキノコが採れました。
左端のは紫フウセンタケで観賞用。毒ではないが美味しくない。
茶色いのはクリタケ、黄色っぽいのはクリフウセンタケ。
どちらも和風鍋物向けです。

1本だけジョウゴ形のがありますが、チョコタケ(ホテイシメジ)です。
これは酒とともに食べると毒。
美味しいそうですが私は食べません。観賞用です。
これを食べるとひどく悪酔いするそうで、酒の量が少なくて済むので、そういう目的でわざと食べる人もいるとか(笑)

不味いショウゲンジですが、茹でこぼした後セロリと一緒にパスタソースに入れてみたら、これは正解!
とても美味しかった。セロリの味でショウゲンジの臭みが消えました。
この前のハラタケも旨味を出す目的で入れました。
キノコもいろいろあって適材適所ですね。
右端はとろけるチーズです。チキン(胸肉)も入ってます。
ピーマンも入ってますが、庭の畑から唐辛子を摘んで来て入れました。タバスコの代わりです。若い葉っぱも美味しい。
唐辛子は寒さに強いので晩秋でも元気に育ちます。

飛騨赤カブも作っています。ネギも。
雨のおかげで生き生きとしてきました。
この土地は山の土で強い酸性なので、石灰と堆肥を大量に入れないと畑になりません。
10年目にしてようやくです。
大根もできてきました(右)

キャベツは玉になるかな?右はニラです。
秋は美味しい物がいっぱいですね。

ピカピカの赤い実はミヤマガマズミです。これも食べられるらしいですが、観賞用。
トラちゃんは秋晴れの日に日向ぼっこ。ゴキゲンでお手入れです。

カテゴリ[ 料理]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/09/25 05:17

高い高ーい(^◇^)

トラちゃんの新しい見張り台です。
高いので遠くまで良く見えるし、日当たりが良くて快適です。
高いので偉くなった気分^^¥
人間や動物(犬・キツネ・タヌキ・熊?)たちを見下ろして優越感にひたる。

これは実は私の天体観測台です。
振動が出ないように頑丈に作りました。
高いので木の枝に邪魔されずに低い空まで見えます。
今後ますます楽しくなります。

先日のヤマドリタケ、ピザトースト風です。
上のほうの茶色いのがヤマドリタケです。こういう食べ方が一番良いです。
下にキャベツを敷いたのは余計だったかな。
でも焼きそば風の味で美味しかった。

これは売れ残って値引きされたカレー。
辛いのは大好きなんですが、これは辛すぎてまいりました(汗)
こんなに辛いんじゃ、売れ残るわけだ。確かに美味しいんですけどねぇ。
皆さんも見つけたら買ってみて・・・とは言えません(苦笑)
半分残っているので、甘口のカレーに混ぜて使います。

キノコが出始めました。
ヌメリイグチとヤマイグチ。
どちらも長野では「ジコボ」と呼びます。
味噌汁やうどんに合う和風の、ナメコに似た味です。

右はハツタケ。傷つくと緑色になるのですぐわかります。
油炒めにしてから炊き込みご飯にすると美味しい。
この土地では珍しいです。たまに1本ぐらい見つかりますが、こんなにまとまって出たのは初めてです。
キノコって神出鬼没です。前年に出た場所に出る場合もあるけど、2度と出なくなってしまったり、このように予想外の場所にいきなり出ることがあります。
出るまでに何年間も土の中で菌糸を増やしていたのでしょう。
同じ場所に来年も出るかもしれません。

ハツタケはキノコ飯に、ジコボは味噌汁に。
本来は炊き込みご飯にするんですが、炊飯器を油で汚すと後が面倒なので、フライパンでチャーハンのように作りました。残りご飯利用です。
これは簡単で良いアイデアでした。味も良いです。
油揚げを入れて、庭で細いアスパラが1本だけ採れたので茹でてから入れ、最後にミョウガを散らしました。
味噌汁はニラと油揚げでキノコとの相性抜群でした。

お墓参りに行ったら見事なキノコの行列(ヌメリイグチ)に遭遇!!
毎年行ってるけど、こんなのは初めてです。
大量にあったので、全部採ればバケツに山盛りの量だったと思います。
虫食いの少ない傘の開いていない物だけ少量採って来ました。

不思議なのは、道端の目立つ場所にキノコが多いこと。
森の中に入って行ってもキノコはありません。
上のも公園の芝生に生えてたんですよ。
明るくて日当たりの良い場所を好むのかな。

アサギマダラがまだいました。
これから南方へ旅立つのでしょう。この蝶が沖縄や台湾まで渡って行くのかも。
珍しい可愛い美しい蝶がいました。
シジミチョウの仲間かな?図鑑を見ても載っていない。
蝶かと思ったら蛾でした。蛾の所に載っていました。よく蝶と間違われるそうです。イカリモンガです。

ナギナタコウジュ。面白い形をしていますね。

カテゴリ[ 料理]   コメント[20 ]   トラックバック[0]