21/04/09 04:40

春になってきました

昨日街へ行ったら桜は満開をちょっと過ぎたところでした。
8日間も。長持ちしますね。
去年の記録を見たら、ここでは5月3日に開花でしたが今年はずっと早くに咲きそうです。
去年は暖冬で雪の量はとても少なかったですが、春になってから寒くなって開花が遅れました。
雪はまだ残っています。膝より高い所も。
普通は5月初旬までありますが、今年はずっと早く消えそうです。
しかし今日はまた雪が降っています。幸い積もるほどではありません。

待望のキクザキイチゲが咲きました。
小さくて弱々しいのが一輪だけ。
この微妙な色合いが魅力です。
日本海側に行くともっと濃いブルーだそうです。

アズマイチゲは葉っぱが茂るだけで花はなし。来年に期待です。
プランターに植えて2年間はたくさん咲きましたが、地植えにしたらなぜか咲かなくなってしまいました。

チオドノクサです。
ヨーロッパ原産でギリシャ語だそうです。
私は「チオどの草?」日本語だと思っていました(笑)
もう植えて何年になるでしょうか。球根なので同じ場所に毎年咲いてくれます。

フキノトウですが、こうなるともう食べられません。
観賞用です。
赤カブも菜の花が咲きそう。花芽はとても美味しい。

できそこないのチンゲンサイも美味しい菜の花になります。
花芽を毎日ちぎって汁の実に。

庭に出たこれはたぶんエノキタケ。冬のキノコです。
見つけるのが遅かった。来年に期待です。

布団からキノコがはえた?(爆)
明るい光を当てたら目覚めて不機嫌そうな顔をしました。

 

ネコヤナギは小鳥たちに大人気です。

 

ヒガラはシジュウカラよりずっと小さく、頭の後側に白い縦のストライプ。「チビチャン、チビチャン」と美声で囀ります。(笑)

コガラはヒガラとシジュウカラの中間ぐらいの大きさで、黒いベレー帽をかぶって全体に白っぽいです。一見大福餅のような(笑)

ヤマガラです。リスのためのクルミはその後ヤマガラ専用になりました。2羽で食べに来ます。
去年うちの巣箱で生まれた子かも。
リスが食べないピーナツもヤマガラが食べます。
写真はないですがシジュウカラもいました。
マヒワはそろそろ北帰行です。
しっかり腹ごしらえして渡りに備えます。
春は美味しい物がいっぱいですね。

桜餅についてラジオで詳しい話を聞きました。
桜と食の研究家・平出氏「美味しい桜」という著書があります。
300年前に東京墨田区の長命寺の前の菓子屋(このお店は今も続いていて桜餅専門店)が考案し、それが大阪に伝わったのは100年後。
当初は江戸と同じ物が販売されていたが、後に京都で道明寺粉を使った物が考案され、それに置き換えられた。
今では名古屋より西では東京と同じ物は販売されていない。
一方、青森県弘前市は桜の名所として名高いが、桜餅はほとんど売られていない。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

21/01/01 00:29

新年のご挨拶

皆様、本年もよろしくお願いします。
話が長いのが悪い癖ですが、適当に斜めに読んでおいてくださいませ。
今年の目標は?いろいろありますよ(^_^)/

一番の目の上のたんこぶは確定申告と年金の手続きです。
いろんな面倒な手続きがあって、しかしコロナ禍の中あちこち走り回って書類を揃えて提出するのは、感染の危険もあって本当に嫌です。
日本はハンコと紙の文化だと言われますが、困りますね。しかし良い社会勉強になりそうです(汗)
難しすぎて自力では無理なので、手数料を払って税理士さんにおまかせですが、それでも大変です。
これが無事に終われば晴れて新生活のスタートです。
この家がやっと自分の名義になり、今後の生活設計ができます。

顔が大きく腫れて最悪のクリスマスで、年が越せるかと心配になってしまったトラちゃんですが、完全に元気になりました(^O^)/
食いだめして体力があったのが良かったです。
雪の中怪しい者が来ないかどうか、見張りにいそしんでいます。
怠慢な飼い主より猫のほうが勤勉です(笑)
寒さは厳しいですが、雪は今のところ少ないです

昨年の暮れに面白い鳥さんが来ましたよ。
ヒレンジャクです。
カメラを向けたら怖い顔でにらまれました(笑)
頭の冠と尻尾の先の赤がお洒落ですね。威厳があります。
昔の掛け軸などの絵で見た記憶があります。花鳥風月、日本画に似合いますね。
大きさはムクドリと同じぐらいです。

こんなにたくさんいました。
シベリアから渡って来る冬鳥ですが、その行動はミステリーです。
来る年と来ない年があって、見られる地方もまちまち。
ここに来るのは普通3月なんですが、12月に見たのは初めてです。
放浪の旅の途中らしく、すぐにどこかへ行ってしまいました。

このカメラで撮影しました。
自作の超望遠レンズです。製作費用は600円ですが、性能は5万円クラスと同じです。
過去にもいろいろ作りましたが今度のは成功でした。とても使いやすいし良く写る。
前回の木星・土星もこれで撮影しました。

右上の写真も更新しました。
志賀高原から菅平へ、雪化粧した遠く東のほう群馬県境の山脈です。

年末に街へ買い物に行ったとき、道端で菜の花とオオイヌノフグリを見つけました。
もう春の花とは気が早いですね。
でもその後また冬に逆戻りしてしまいました。

美味しい水を汲みに行きました。
水は健康の源だと思います。どんな薬よりも良い薬です。
美味しそうなクレソンが生えていましたが、1本だけだったので採らずに増えるのを待つことにしました。
 

美味しい物を食べることも今年の目標です。
コロナ禍で外食をする気にならないので、工夫して家ご飯です。
前はいろいろ食べ歩いて美味しいお店を見つけるのが楽しみだったのに、とても残念です。
そのときの味を思い出して真似して家で作ります。これもまた楽しみです。

お雑煮は骨付き鶏肉と昆布ダシ。醤油味です。
白菜と人参からも美味しいダシが出ます。
今年は赤カブを入れてみました。おめでたい色だし、味も良いです。葉っぱも利用しました。
寒さにあったので、甘味が増していてミリンや砂糖が必要ないくらいです。まるで砂糖大根みたい。
もちろんネギも入ってます。油揚げも。
キノコも入ってます。晩秋に採れたシモフリシメジです。
ちょっと贅沢なお雑煮になりました。

右は赤カブの漬物とおひたしです。
ワサビのようなとても良い香りがします。
葉っぱは茹でて冷蔵庫に保存しておいて、味噌汁や鍋物に利用します。大量にあるので、お正月は毎日これです。

大晦日には鮭を焼きました。外で雪の中、炭火焼きです。
気温は−7度でした。ラッキー7かな(笑)
白く霞んでいるのは煙です。すごい煙が出るので住宅街では無理でしょうね。
こんがり美味しく焼けました。
お正月は餅に醤油を付けて海苔を巻いて、おかずは鮭です。これが最高(^◇^)

長野では鮭を食べないと正月は来ません。新潟の影響だと思います。松本ではブリだそうです。これは富山の影響です。
年越し蕎麦は食べません。大晦日は豪華お正月料理の先取りです。
今年はシーフードパスタとキムチ鍋も食べました。
家庭にもよると思いますが決まったパターンはなく、一年中で一番美味しい豪華料理てんこ盛りなんです(^O^)/
お刺し身やトンカツも出て来ます。ケーキも出るかな(笑)
大晦日だけは
子供が酒を飲んでも許される(。^p〇q^。)プッ
「お年取り」つまり昔はみんな同時に大晦日にひとつ年をとったわけです。まあ、誕生パーティみたいなもんですね。
一年で一番嬉しい日。古き良き伝統行事ですね。
つまり、トラちゃんはもう早16歳ということか(=^・^=)

トラちゃん、酒飲むかい?Σ( ̄□ ̄;)//ェッッ!!?(爆)

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0] 

20/06/19 04:57

シジュウカラも(^O^)/

激しい雨の中、先日のお昼前に巣立って行きました。
初めて見る外の世界。
一声出して、気合を入れて!
勇気を出して、いざ!!
次の子も^^¥ そして次も!
発育が良くて、すぐに飛ぶことができました。

目撃したのは3羽でしたが、その前にも出て行ったかもしれません。
わずか5分の間にすばやく出て行ってしまったので、しっかり確認できませんでした。
すごく用心深いです。
両親がしっかり見守っていました。さすがですね。
取り残された者がいないか?
心配になりますが、仮にいたとしても私が助けることはできません。
当分の間、巣箱のフタを開けるつもりはありません。

昨日、外で昼食を食べていたらヤマガラが鳴きながら近くに来たので、
「可愛いね」と言ったらもっと近く(2mぐらい)へ来ました。
さすがに頭ナデナデまではできませんでしたけど(笑)
うちで子育てした親鳥かもしれません。


梅雨になるとカエルたちの活動が活発になります。
カエルは体が乾いてしまうと生きていけないので、雨の日と夜間に活動します。
夜になるとケロケロ鳴いて賑やかです。
庭に作った池にカエルたちが集まって来ていました。
そして産卵。
池のちょうど真上の木の枝に産卵しました。
毎年来るんですよ。

モリアオガエルです。
希少種なので地域限定ですが天然記念物に指定されています。
アマガエルの2倍ぐらいの大きな美しい緑色のカエルです。
繁殖期以外は水辺には近寄らず、樹上生活なので滅多に目撃できません。
雪の多い地方の山奥にいます。

アヤメの季節になりました。
アヤメには種類が多いですが、これは日本古来の本物のアヤメです。
この凛とした姿が私は大好きです。
アヤメは乾燥した草原に生えます。(湿地帯に生えるのはカキツバタ)

 

久しぶりに買い物に行ったのでカツオを買って来ました。
お誕生日のお祝いです。
撮影に手間取っていたら「早く食わせろ!」怒りました。

こんなふうに小さくちぎって与えます。
親鳥(私です)が口の中で噛み砕いて雛(トラちゃん)に与えるんですよ(笑)

「待て!」ができないので(お手もできません)
首根っこを押さえています(笑)
この後たくさん食べました。
色が変わっているのは熱湯で洗ったからです(鮮度がイマイチだった)
でも、とても美味しかったですよ。
タコも買ったんですけど、冷凍保存しました。
これも楽しみです。タコも好きなんですよ。
一緒に美味しい物を食べるのが一番の楽しみです。

お誕生日のお祝いは一応これで完了。
めでたく15歳になりました(^◇^)

お食事の後の
夕涼みが心地よい季節になりました。
なんか、物思いにふけっています・・・

カテゴリ[ ]   コメント[17 ]   トラックバック[0] 

20/05/29 05:36

おめでとう!!

ヤマガラが巣立ちました  (*^o^*)/
おめでたいです。赤飯でも炊いて祝いたいくらいです。
23日に1羽、26日に4羽です。全部で5羽というのは最大の数だと思います。
しかし3日も間を置くなんて普通ではありません。

最初の1羽は発育が特別良かったので、勢い余って飛び出してしまったらしい。
しかしまだよく飛べなくて地面に落ちてしまいました。
見たのは1羽だけでしたが、このとき何羽だったのかわかりません。
その後一人で生きていけたのか、心配です。
親が通って世話をしていたと思いたいですが。

巣の中がどうなっているのか心配でしたが、まだ雛が残っているとみえ、親鳥がせっせと餌を運んでいたし、大きな糞を運び出して捨てに行っていたので中には雛が残っているのがわかりました。
夫婦2羽でよく協力して子育てしていました。感心です。
餌はセミまで食べていました。春蝉なので小さいセミですが、それでもヤマガラにしてみれば大きい獲物です。
羽を食いちぎって解体していました。
ヤマガラは嘴が強いのです。ピーナツなど両足で支えて突いて食べます。
キツツキのようにコンコンと木もつつきます。

3日後の巣立ちでは、もう飛べる状態になっていました。
下に落ちてしまうことはなく、直接隣の木の枝まで飛びました。
巣箱の中からゴトゴト音がしていたので、大暴れしていた様子。
羽をバタバタやって飛ぶ練習をしていたのでしょう。

ヤマガラはとても賢い鳥です。
神社でおみくじ引きをやるし、山寺で座禅を組んでいる僧侶の肩に止まることもあるそうです。

シジュウカラが言語を持つという最新の研究がありました。
たぶんヤマガラも同じ、あるいはもっと賢いと思います。
言葉の種類は多くないですが、感心したのは
「蛇が来るぞ!」というのがあるんですよ。
巣箱に蛇が入って来たら逃げようがないですから、親鳥は蛇が近づくと雛に知らせます。
雛はまだ巣立ちの時ではなくても、外に飛び出して難を逃れます。
早く外に出ると危険がいっぱいですが、蛇に食われるよりマシです。
シジュウカラの雛は甘えていて、巣立ちできる状態でもまだ巣箱の中でヌクヌクしているのだそうです。
だから少し余裕があるので蛇から逃げることができる。
小さいときに襲われたらダメですけど。

うちで生まれた雛ですから、みんな家族のようなものです。
いつも遊びに来てほしいです。
秋になると他のカラ類と一緒に群れを作って毎日通って来ると思います。
人を恐れず、すぐ近くまで来ます。

 

トラちゃんは鳥さんの邪魔をしないように、裏庭に退避させました。
枯れ草の上でお昼寝は気持ちいいネ。
しかし見事な保護色ですねぇ。「猫踏んじゃった」になりそうだ(汗)
そろそろお誕生日。野良ちゃんだったので正確な誕生日はわかりませんが、15歳になります。
ヤマガラの巣立ちのお祝いの影にかすんでしまいました(笑)
お誕生日月間ということで、お祝いはまだしばらく続きますよ。
昨夜は美味しいメカジキを食べました。
お散歩、喜んで調子づいて可愛い声を出しながら走り出して、家の周りを2周して絶好調でした。
一緒に走る飼い主のほうがキツい(笑)
でも用心深くて、家の敷地から外には出ないし、ちょっとだけ出てもすぐに帰ります。
不思議なんですよね。土地の境界線がちゃんとわかってる!!

裏庭にも巣箱があってシジュウカラが子育てしています。
次回はそちらの巣立ちも見られるといいな。
しかし、昨日モズが巣箱を覗きに来ました。親鳥は最大限の威嚇鳴き!
モズは小鳥を食べるので危険!!クチバシが下に曲がっていて、小さい鷹みたいなもんですからねぇ。
もう雛が食われてしまったかも。昨日は親鳥が餌を持たずに来て、中を覗いてすぐに去って行ってしまいました。
今日はどうなるか?心配事はつきません。

クサボケの花が綺麗です。
レンゲツツジも咲き始めました。これは次回のお楽しみ。
またまたお花見シーズンです。
美味しい物の話もたくさんありますが、それも次回に。

 

カテゴリ[ ]   コメント[16 ]   トラックバック[0] 

20/05/01 04:49

北へ帰る冬鳥

庭のネコヤナギにマヒワの群れが来ました。
スズメより小さい可愛い小鳥です。メジロと同じぐらいの大きさです。
黄色いのがオス、地味なのはメスです。仲良く食べていますね。
北海道シベリア方面への長旅なので、しっかり食べて体力をつけます。

これはシメ。
巨大なクチバシ、意地悪そうな顔(笑)
スズメより大きいです。コレに噛みつかれたら痛いでしょうね(汗)
この鳥も北へ帰ります。太っていて重そうですが、頑張って遠くまで飛んで行くのですね。
右のヤマガラくんはオマケ。
ただいま巣箱で子育て中。

 

この1週間、雪が降って氷が張りました。霜柱も。
−5℃の日が続きましたが、昨日から急激に暖かくなりました。

 

菜の花の丘に桜が咲きました。

神代桜には及びませんが、この桜も見事!
平地の桜は終わり、桜前線が上に移動して来ました。

ホタルカズラは赤から青に色が変わるのが魅力です。
たくさん咲いている場所を見つけました。

庭の畑にも、赤カブが冬越しした菜の花の蕾。これが旨い!
外も暖かくなったのでトラちゃんは快適です。

ジャガイモごろごろのカレー。
昭和の昔なつかしいオリエンタルカレーです。なかなか売ってません。
甘口で家庭の味なので福神漬の代わりにキムチを(笑)
オリジナルのお皿は、ちょっとしたお宝です。
ジャガイモは高級品種キタアカリで自家製です。寒いので長持ちしました。去年の物です。
今年はもっと力を入れてたくさん作ります。

カテゴリ[ ]   コメント[18 ]   トラックバック[0]